FC2ブログ

    「朝鮮人民軍軍楽団とロシア国防省中央軍楽団の共同公演」:何とも奇妙な雰囲気の楽曲構成、『カチューシャ』を踊る朝鮮人民 (2014年7月1日 「朝鮮中央TV」)

    「国防委員会」が韓国に呼びかけた「自主、平和、民族大団結の3大原則を固守し、北南関係改善の新たな局面を開いていこう 南朝鮮当局に送る特別提案」を読みながら、1日に放送された「中ロ軍楽団共同公演」をBGMとして聞いていた。「特別提案」を読むに際して、過去に南北間で出された「宣言」や「合意」を読み返していたのだが、「共同公演」の演目が進むについれて、そちらの作業を放置して「共同公演」に見入ってしまった。音楽の魅惑には勝てない。

    この公演、朝露の「共同公演」ということなので、奏者の数はとても多い。きちんと数えてはいないが、100人以上いそうだ。

    北朝鮮の「愛国歌」を演奏する両国の軍楽団
    20140701_kctvasf_009245964.jpg
    Source: KCTV, 2014/07/01放送

    曲目は、1.(朝鮮曲)「我々はあなたしか知らない」(「元帥様」称賛曲)、2.(ロシア曲)「街に雪嵐が吹いているのに」(恋人に対する愛の歌)、3.(朝鮮曲)「魅惑と敬慕」(「元帥様」称賛曲)ロシア人女性歌手

    (朝鮮曲)「魅惑と敬慕」を朝鮮語で歌うロシア人歌手
    20140701_kctvasf_009863614.jpg
    Source: KCTV, 2014/07/01放送

    4.(朝鮮曲)「朝鮮人民軍歌」(「帝国主義侵略者、まとめて叩きつぶせ」と歌う私の好きな曲)、5.(ロシア曲)「ウグイス」、6.(ロシア曲)「アムール川の流れ」、7.(ロシア曲)「遠い道」(日本では「花の季節」というタイトルが一般的。中学校の音楽教科書にも出ているらしい)、8.(ロシア曲)「黒い瞳」(YouTubeでこの曲のジャズまたはジャズ・アレンジとして出ているものを聞いてみたが、このトランペットもそれにかなり近い。過去記事にも書いたが、北朝鮮で外国の楽団とはいえ、これほどジャズっぽい曲の演奏はあったのだろうか。)

    「黒い瞳」を演奏するロシア人トランペッター
    20140701_kctvasf_011040766.jpg

    Source: KCTV, 2014/07/01放送

    ジャズで盛り上がったかと思うと、9.(朝鮮曲)「金正日同志に捧げる歌」(金正日称賛曲)、 10.(朝鮮曲)「同志愛の歌」(ロシア人男性歌手が朝鮮語で歌う)、 

    「同志愛の歌」を朝鮮語で歌うロシア人歌手。軍服着用なので軍楽団員であろう。
    20140701_kctvasf_011442351.jpg
    Source: KCTV, 2014/07/01放送

    12.(ロシア曲)「先軍勝利行進曲」(テロップの解説では、「この作品は、ロシア連邦武力軍楽曲調兼軍楽総指揮者、ウァルレリ・ハリロブが我が国を何回も訪問し、偉大な金正日将軍が展開される先軍政治こそが最も正当な政治であり、先軍思想を具現していけば、進歩的人類は本当の自由と平和を守ることができるということを心より切実に感じ、自身が直接創作したものです。2006年のお目出度い2月の名節にこの軍楽団が我が国を訪問して演奏しました」となっている)、13.「グリンカ作曲、歌劇『ルスランとリュドミラ』より序曲」、14.(朝鮮曲)「祖国賛歌」(拙ブログで何回も紹介した曲である。今回はロシア軍楽団との共演なので迫力がある。背景スクリーンに使われている映像は、過去記事で紹介した吹奏楽バージョンで使われていたものである)、 

    そして、「将軍様」が「元帥様」を推薦する「お言葉」も出てくる。
    20140701_kctvasf_012378387.jpg
    Source: KCTV, 2014/07/01放送

    15.(ロシア曲)「ウグイス」(5とは別の同名の曲、こちらは人民軍軍楽団男性歌手が朝鮮語とロシア語で歌う)、16.(ロシア曲)「モルドバ幻想曲」、17.(朝鮮曲)「あなたがいなくては生きられない」(金正恩称賛歌)、18.(ロシア曲)「行商人たち」、19.(朝鮮曲)「前戦行き列車」(この曲の歌詞を知らないが、もしかすると金正日の前線視察を歌った歌かもしれない、タンゴのような曲調でも演奏されアレンジがおもしろい)、20.(どこの曲か不明)「ジャングルの中で」(この演奏は、「黒い瞳」以上に驚いた。「黒い瞳」はそれでもロシア曲であるが、この「ジャングルの中で」はどこの曲かも分からない。テロップには「この作品は、題目自体が示しているように音もなく木々で覆われた熱帯地方の森の情緒を音楽的に描いています」と出ている。奏者は、電子クラリネットのような楽器を使って演奏しており、相当にジャズっぽい。「ジャズっぽい」というのは、何というかジャズ独特のダラダラした感じを意味している。「ジャングルの中で」の原曲名などは検索したが見つけることができなかった)

    「ジャングルの中で」を演奏する奏者
    20140701_kctvasf_013884899.jpg
    Source: KCTV, 2014/07/01放送

    21.(ロシア曲)「カチューシャ」

    この曲でおもしろかったのは、ロシア人女性歌手がステージの袖をどんどん歩いて行き、
    20140701_kctvsf_014147388.jpg
    Source: KCTV, 2014/07/01放送

    歌いながら朝鮮人民聴衆の手を引いてステージに連れて行く。女性がこの男性の手を握った瞬間、会場からは「ウォーー」と声が上がった。
    20140701_kctvasf_014166991.jpg
    Source: KCTV, 2014/07/01放送

    男性は初めは戸惑っていたようだが、女性歌手に促されて一緒に踊っていた。
    20140701_kctvasf_014199073.jpg
    Source: KCTV, 2014/07/01放送

    会場からは手拍子が起き、曲が終わった瞬間、「ワー」という歓声と共にこの公演最大の拍手喝采があった。この演出、仕組まれたものかどうかは何とも言えないが、男性の戸惑いようからすると、サプライズだったのかもいしれない。しかし、平素、ロシア風のフォークダンスを「舞踏会」で踊っているためか、しばらくするとリズムに乗っていた。

    22.(朝鮮曲)「7.27行進曲」(これも、ロシア軍楽団との共演なので、とても迫力があった)、23.(ロシア曲)「我々は朝鮮へ戻ってきた」(演奏の前にロシア功勲文化人アレクサンドル・サバスキーが「我々は朝鮮へ帰ってきた」を朗読した。この詩は、「敬愛する金正恩同志の偉大性に魅了され、今回我が国を訪問しながら、本人が直接創作したもの」であるという)

    詩を朗読するロシア功勲文化人
    20140701_kctvasf_014594220.jpg
    Source: KCTV, 2014/07/01放送

    23.(ロシア曲)「モスクワ郊外の夕べ」(定番のロシア曲。良い曲だ。人民軍軍楽団女性歌手などがロシア語で歌う)、24.(朝鮮曲)「革命武力は元帥様の領導だけ頂く」(会場から手拍子)、25.「公演を終わります」のアナウンス後に、曲名不詳の曲を1曲演奏

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    曲名不詳の曲は「スラブの娘の別れ」ですね
    ロシアでは知らない人はいないほどの名曲となっております

    No title

    お世話になります。

    演目について

    19.前線行き列車

    これはこの前の公演でモランボン楽団が歌った曲です。
    https://www.youtube.com/watch?v=kp04PatNqAo

    最後の曲「ロシア革命」
    https://www.youtube.com/watch?v=BuGr84ITJfs

    旧ソ連時代はよく演奏されていました。
    今回は北朝鮮にゴマすったのでしょう。
    でもいい曲で昔から好きです。

    個人的には「アムール川の流れ」が好きです。
    中学生の頃、学校で歌っていた曲(もちろん日本語)なので、つい歌ってしまいました。

    合同パレードの様子も結構いいです。

    北朝鮮のパレード曲のCDとか出してほしいです。
    中国人民解放軍はパレードの後CD出してくれるのに。

    曲名

    コメントありがとうございます。曲名の方、ビンゴ!です。詳細は、もうお一方、曲名についてコメントを下さった方へのお返事に書きますので、それをご参照下さい。

    > 曲名不詳の曲は「スラブの娘の別れ」ですね
    > ロシアでは知らない人はいないほどの名曲となっております

    Re: No title

    演目について、ご教授いただきありがとうございます。「前戦行き列車」はモランボンでもやっていましたか。金正日時代の曲ということでよろしいでしょうか。

    最後の曲ですが、教えていただいたYouTubeでは「Russian Revolution(ロシア革命)」となっていますが、どうやら「ロシア革命」はビデオクリップに投稿者が勝手に付けたタイトルのようで、曲名は「スラブ娘の別れ」のようです。これは、別途コメントを下さった方に教えていただいたのですが、やはりYoutTubeでこの曲を検索してみると「スラブ娘の別れ」でたくさん出てきます。

    「アムール川の流れ」がお好きですか。中学生の頃に学校で歌われたとのことですが、私は記憶がありません。一方、「モスクワ郊外の夕べ」は、かつてBCLをやっていた頃に、ダイヤルを回しているとあちこちで聞こえたIDだったので親しみがあります。

    合同パレードの様子は、放送されたのですか?差し障りなければ、放送日を教えていただけますでしょうか。このところ雑用で忙殺されているので、中央テレビを完全にカバーできておらず、見落としている可能性があります。

    よろしくお願いします。

    > お世話になります。
    >
    > 演目について
    >
    > 19.前線行き列車
    >
    > これはこの前の公演でモランボン楽団が歌った曲です。
    > https://www.youtube.com/watch?v=kp04PatNqAo
    >
    > 最後の曲「ロシア革命」
    > https://www.youtube.com/watch?v=BuGr84ITJfs
    >
    > 旧ソ連時代はよく演奏されていました。
    > 今回は北朝鮮にゴマすったのでしょう。
    > でもいい曲で昔から好きです。
    >
    > 個人的には「アムール川の流れ」が好きです。
    > 中学生の頃、学校で歌っていた曲(もちろん日本語)なので、つい歌ってしまいました。
    >
    > 合同パレードの様子も結構いいです。
    >
    > 北朝鮮のパレード曲のCDとか出してほしいです。
    > 中国人民解放軍はパレードの後CD出してくれるのに。

    軍服について

    気づいてはいたんですが去年6月の金正恩最高司令官の活動を伝える記録映画で朝鮮人民軍の名誉衛兵隊と軍楽隊、合唱団の新軍服の試着会を伝えていましたがその時から私が思ったのは北朝鮮の「ロシア化」でした。
    なぜ「ロシア化」と言うのは飾緒(右肩から襟にかけてかかっている紐のこと)が右肩に付いていること(中国では左肩につける)や軍帽の刺繍などがロシアとかなり似ていたんですね
    内務軍協奏団に至ってはロシアのように胸のポケットを廃止にしていました
    唯一中国似だったのが女性の軍帽の形でした。
    もしかしたら政治的理由関係なく両国の軍服の良い所を吸収して独自色を残した軍服にしたかったのかもしれません

    No title

    お世話になります。

    あの曲はずっと「ロシア革命」だと思っていました。
    昔のソ連軍パレードではよく演奏される曲でしたし。


    パレードはここで観れます。
    https://www.youtube.com/watch?v=v_XhznGU7TI

    前線行き列車は今年の曲です。

    モランボン楽団の為に作曲された歌のようです。

    http://juche.blog.fc2.com/

    ちなみに最近のモランボンの曲では「私の心の声」が好きです。

    Re: 軍服について

    コメントありがとうございます。軍服の「ロシア化」は興味深いご指摘です。各国の軍服のディーテールはよく分からないので、まったく意識していなかったのですが、女性の軍帽については、中国に似ているなと思っていました。これが元々似ていたのか、それとも最近似てきたのかは分からないのですが、数年前に「中央TV」で放送された「パルコルム」を歌っている「人民解放軍軍楽隊」(正式名称不詳)の女性兵士がかぶっている帽子と随分似ているなという感じでした。

    ロシアと中国を組み合わせて独自色を出そうという試みなのでしょうか。

    > 気づいてはいたんですが去年6月の金正恩最高司令官の活動を伝える記録映画で朝鮮人民軍の名誉衛兵隊と軍楽隊、合唱団の新軍服の試着会を伝えていましたがその時から私が思ったのは北朝鮮の「ロシア化」でした。
    > なぜ「ロシア化」と言うのは飾緒(右肩から襟にかけてかかっている紐のこと)が右肩に付いていること(中国では左肩につける)や軍帽の刺繍などがロシアとかなり似ていたんですね
    > 内務軍協奏団に至ってはロシアのように胸のポケットを廃止にしていました
    > 唯一中国似だったのが女性の軍帽の形でした。
    > もしかしたら政治的理由関係なく両国の軍服の良い所を吸収して独自色を残した軍服にしたかったのかもしれません

    No title

    トロンボーンですかね。。それか音が高ければスライドドランペット。
    電子~は、※EWIっぽいですね・・
    ぜひ見てみたい。

    ※EWI・・・AKAIというメーカーのイーウィ(エレクトリックウィンドインストゥルメント)

    パレード動画

    パレード動画のURL情報ありがとうございます。沿道で朝鮮人民も楽しそうに見ていますね。珍しいからか、子供も多かったような気がします。「私の心の声」ですか、メロディーが頭に浮かびませんが、注意して聞いてみます。

    > お世話になります。
    >
    > あの曲はずっと「ロシア革命」だと思っていました。
    > 昔のソ連軍パレードではよく演奏される曲でしたし。
    >
    >
    > パレードはここで観れます。
    > https://www.youtube.com/watch?v=v_XhznGU7TI
    >
    > 前線行き列車は今年の曲です。
    >
    > モランボン楽団の為に作曲された歌のようです。
    >
    > http://juche.blog.fc2.com/
    >
    > ちなみに最近のモランボンの曲では「私の心の声」が好きです。

    トロンボーン

    コメントありがとうございます。トロンボーンかもしれません。下記で見られますから、もしよろしければご覧になって、楽器についてコメントにて教えていただければ幸いです。

    https://www.youtube.com/watch?v=g1WmDw9EL04

    演奏は1:16:15ぐらいからです。

    > トロンボーンですかね。。それか音が高ければスライドドランペット。
    > 電子~は、※EWIっぽいですね・・
    > ぜひ見てみたい。
    >
    > ※EWI・・・AKAIというメーカーのイーウィ(エレクトリックウィンドインストゥルメント)

    No title

    「ロシア革命」 vs「スラブの娘の別れ」

    この曲についての事実関係を知りませんので断言はしませんが当時の革命歌は既存曲に歌詞を変えただけというのが結構あります。有名どころでは「ワルシャワ労働歌」で元来は極めて穏便なポーランド民謡にすぎません。

    海自軍楽隊での解説でも
    http://www.youtube.com/watch?v=SVUsr6-Fo6U
    帝政時代に演奏されていた曲とあり、同じ歌詞、同じ曲調、同じ曲名で使われる方が奇跡です。

    結局のところ曲名は記憶の強い方に引きずられるわけで多分どちらも正解なのかと思われます。



    No title

    動画見てきました。
    「黒い瞳」は、右の白い人がトロンボーン、真ん中がクラリネット、そして左側に出てくる人がトランペットです。
    ジャズというよりは、米に渡ってジャズに進化する以前から欧州・ロシアにある音楽に感じました。コンサートホールではなくサーカスや道端や酒場で流れてそうな。調べてみて、まさしくジプシー音楽だな、と感じました。現代なのでジャズ要素も多少還元されてるかもしれませんが、よく聴いてると、メロディをフェイクアレンジしただけのものであって、ややジャズとは言いがたいです。北的には、ロシアにもともとあるジャズ発祥以前の音楽ということでセーフなのでしょうか。

    でも、「ジャングル~」のほうは思いっきりジャズブルースですね!非常に驚きました!だらだらをブルージーなんて言ったりしますが、そのけだるさやブルーノートという音列、ジャズビッグバンドでよく使われる奏法・フレーズ、さらにはEWIという近代電子楽器まで出てきて、これは古くからある曲とは思えません。
    非常に興味深いですね・・・。

    Re: No title

    コメントありがとうございます。私もどちらという確信があるわけではなく、単にYouTubeで検索すると「スラブの娘の別れ」の方が多そうだという程度です。海事でも演奏するのですね。

    同じ曲調に違った歌手やタイトルを付けて演奏するケースはよくありますね。

    音楽的な証明は全くできないのですが、南北朝鮮の「愛国歌」は、何度聞いても「蛍の光」に繋がるように思えてなりません。

    > 「ロシア革命」 vs「スラブの娘の別れ」
    >
    > この曲についての事実関係を知りませんので断言はしませんが当時の革命歌は既存曲に歌詞を変えただけというのが結構あります。有名どころでは「ワルシャワ労働歌」で元来は極めて穏便なポーランド民謡にすぎません。
    >
    > 海自軍楽隊での解説でも
    > http://www.youtube.com/watch?v=SVUsr6-Fo6U
    > 帝政時代に演奏されていた曲とあり、同じ歌詞、同じ曲調、同じ曲名で使われる方が奇跡です。
    >
    > 結局のところ曲名は記憶の強い方に引きずられるわけで多分どちらも正解なのかと思われます。

    ジャズ

    動画をご覧頂いた上でのコメントありがとうございます。北朝鮮の楽曲や社会主義圏の楽曲にお詳しい方はしばしばコメントを下さるのですが、ジャズに通じた方から貴重なコメントを頂き有り難い限りです。

    「黒い瞳」の方は、ジャズとまでは言えないということですね。拙記事にも書いたと思うのですが、私は聞いて直ぐに思ったのは、ブラバンが演奏するジャズっぽい曲みたいだなということです。

    一方、「ジャングル」は本当のジャズですか。ジャズというのは、北朝鮮の映画を見ていると、「米帝の植民地南朝鮮の酒場」や「酒に酔った米帝軍人が朝鮮人女性とダンスをしているバー」のようなところでよく流れており、「腐敗」のイメージです。それを、人民軍の楽団の横(あの演奏には、人民軍軍楽隊は参与していなかったと思います)でやってしまうのは、驚きました。ロシアの軍楽隊とはいえ、あの奏者は隊員ではないと思います。北朝鮮報道でも「俳優」という表現を使っていますから、軍楽隊にくっついてきた歌手や奏者なのでしょう。曲は聞いたことがあるような感じがするのですが、「ジャングル」を英語や日本語で検索しましたが、見つかりませんでした。ロシアのオリジナル曲なのでしょうか(ジャングルはない国ですが)。もし、どこかで曲名をみつけられましたら、またこちらで教えていただければ幸いです。

    ありがとうございます。



    > 動画見てきました。
    > 「黒い瞳」は、右の白い人がトロンボーン、真ん中がクラリネット、そして左側に出てくる人がトランペットです。
    > ジャズというよりは、米に渡ってジャズに進化する以前から欧州・ロシアにある音楽に感じました。コンサートホールではなくサーカスや道端や酒場で流れてそうな。調べてみて、まさしくジプシー音楽だな、と感じました。現代なのでジャズ要素も多少還元されてるかもしれませんが、よく聴いてると、メロディをフェイクアレンジしただけのものであって、ややジャズとは言いがたいです。北的には、ロシアにもともとあるジャズ発祥以前の音楽ということでセーフなのでしょうか。
    >
    > でも、「ジャングル~」のほうは思いっきりジャズブルースですね!非常に驚きました!だらだらをブルージーなんて言ったりしますが、そのけだるさやブルーノートという音列、ジャズビッグバンドでよく使われる奏法・フレーズ、さらにはEWIという近代電子楽器まで出てきて、これは古くからある曲とは思えません。
    > 非常に興味深いですね・・・。
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR