FC2ブログ

    「敬愛する最高司令官金正恩同志が人民軍隊事業を現地で指導 2014.3-4」:女性飛行士の飛行機、「党中央軍事委員会拡大会議」での着座位置、「朝鮮速度」、「砲射撃訓練」での叱責 (2014年5月7日 「朝鮮中央TV」)

    金正恩の2014年3月-4月期の軍部隊関連現地指導をまとめた「朝鮮記録映画」が、7日「朝鮮中央TV」で放送された。同テレビ放送を中継するサーバーが不調だったこともあり、同時期の彼の動きを十分にフォローできていない部分があったので、この「総集編」を見てなるほどと気付いた点もある。

    20140507_kctvrasf_011531263.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    まず、『労働新聞』で3月7日に報道されている「航空及び反航空軍第2620軍部隊の飛行訓練指導」であるが、女性空軍兵士の指導ということで、使用される飛行機が何なのかと思っていた。今、振り返って3月9日に放送されたこの「現地指導」を伝える静止画による「録画報道」を見ると、使われた飛行機が写っているが、どうやら使われた飛行機は旧ソ連製のYak-18という練習機のようだ。Wikipedia以外でできちんとした確認はしていないのだが、第二次大戦終了直後から2001年までライセンス生産も含めて多く生産された飛行機のようだ。

    『労働新聞』、「조선인민군 최고사령관 김정은동지께서 오중흡7련대칭호를 수여받은 조선인민군 항공 및 반항공군 제2620군부대의 비행훈련을 지도하시였다」、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2014-03-07-0001&chAction=L

    Yak-18とみられる飛行機
    20140507_kctvrasf_011629425.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    シミュレーターで飛行訓練をする「女性飛行士」。シュミレーター画面には「訓練も戦闘だ」と書かれている。
    20140507_kctvrasf_011897354.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    20140507_kctvrasf_011906596.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    この部隊には複数の「夫婦飛行士」がいるようで、金正恩は彼らと記念撮影をしている。
    20140507_kctvrasf_011942164.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    この「現地指導」で金正恩は「女性飛行士の歌」を創作させると言ったという。モランボン楽団の曲目としていずれ登場するのであろうか。

    「朝鮮人民軍芸術宣伝隊」の公演観覧の様子に続き、3月17日の『労働新聞』に掲載された「党中央軍事委員会拡大会議」の動画が出てくる。4月末に再び開催された同会議での崔龍海の職責変更が分かっているので、1月前の彼の様子を観察してみる。

    拍手をする崔龍海(右から3人目)
    20140507_kctvrasf_012285934.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    この時に黄炳瑞がどこにいたのかと調べてみると、かなり大写しのカットを使っている(一番右の人物)。なお、同様のカットは、『労働新聞』の同会議の様子を伝える記事の中でも使用されており、今思えば、黄炳瑞の昇格を予想させるものであったといえる。
    20140507_kctvrasf_012241724.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    『労働新聞』の写真。真ん中一番右が黄炳瑞
    2014-03-17-02-02.jpg
    Source:『労働新聞』、「조선로동당 중앙군사위원회 위원장 김정은동지의 지도밑에 당중앙군사위원회 확대회의가 진행되였다」、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2014-03-17-0001&chAction=L

    さらに、「拡大会議」終了後に開催されたと思われる「モランボン楽団公演」では、黄炳瑞は『労働新聞』の同公演を伝える記事では8番目で紹介されているにもかかわらず、崔龍海が金正恩の左側、そして黄炳瑞が右側に座っている。
    <追記>コメントで座っているのは黄炳瑞ではなく李永吉ではないかというご指摘を頂いた。
    2014-03-17-02-03.jpg
    Source: 『労働新聞』、「경애하는 최고사령관 김정은동지께서 인민군장병들과 함께 모란봉악단의 공연을 관람하시였다」、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2014-03-17-0002&chAction=L

    この後、砲撃訓練現地指導やサッカー観戦の様子が紹介され、4月22日『労働新聞』に掲載された「敬愛する最高司令官金正恩同志が操業を前にした朝鮮人民軍1月8日水産事業所を視察された」という記事に関する動画が紹介される。

    この動画を見て直ぐに思ったのは、ふんぞり返って手を前に組み右を向いたり左を向いたりしながら顎を挙げて自慢げに話をする金正恩が、なんともお爺さんに似ているということだ。似せるためのパフォーマンスかどうかはさておき、血は争えないという感じだ。
    20140507_kctvrasf_013177173.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    『労働新聞』、「경애하는 최고사령관 김정은동지께서 조업을 앞둔 조선인민군 1월8일수산사업소를 돌아보시였다」、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2014-04-22-0001&chAction=S

    この視察の中で、金正恩は「朝鮮速度」という言葉を使っている。

    「この水産事業所建設を発議したときから僅か2ヶ月あまりの短い期間で、膨大な工事課題を成功裏に遂行し、操業を目前にしたのは驚くべき奇跡であり、これこそが朝鮮速度と言える」

    実は、3月、4月頃から「馬息嶺速度」に代わり「朝鮮速度」という言葉が頻繁に使われ始めた。今まで、この言葉についてきちんと調べることもせずに放置しておいたのだが、この機会に調べてみた。例によって、張成沢事件の影響で、古い記事は削除されてしまっているが、同新聞DBに残っている限りでは2014年1月24日に「朝鮮中央通信」が配信した記事を転載した「中国の出版報道物、馬息嶺スキー場を紹介」という記事の中で使われたのが初めてのようである。しかも、この言葉は北朝鮮が作り出したのではなく、中国の『環球時報』が創作した言葉のようで、『労働新聞』には「『環球時報』とインターネットホームページ『新華網』も20日『馬息嶺で朝鮮速度体験』などの題目で馬息嶺スキー場を紹介する記事を掲載した」と書かれている。

    『労働新聞』、「중국의 출판보도물들 마식령스키장을 소개」、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2014-01-24-0038&chAction=S

    続いて2月2日の『労働新聞』記事「世界が見た馬息嶺スキー場の魅力」の中でも『環球時報』を引用しながら「朝鮮速度」を紹介している。

    『労働新聞』、「세계가 본 마식령스키장의 매력」、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2014-02-02-0051&chAction=S

    北朝鮮政府関係者が初めて「朝鮮速度」という言葉を使ったのは、金正恩第1秘書推戴「慶祝大会」における金己男演説の中でである。金己男は

    「『馬息嶺速度』、熙川速度創造者たちの、その気性、その心意気が引き継がれ『朝鮮速度』という世界的な新たな時代語が創造されることで、偉大な党、金日成、金正日朝鮮を全世界が羨むようにしなければなりません」

    と語っており、「世界的な新たな時代語」という表現を巧みに使いながら、『環球時報』の造語を北朝鮮化している。

    『労働新聞』、「희세의 선군령장을 진두에 높이 모시고 백두에서 개척된 주체혁명,선군혁명의 천만리를 꿋꿋이 이어가자 경축대회에서 한 조선로동당 중앙위원회 정치국 위원이며 당중앙위원회 비서인 김기남동지의 보고」、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2014-04-12-0005&chAction=S

    この後は、『労働新聞』の社説や論説の中でも「朝鮮速度」という言葉が頻繁に使われるようになり、上記のように金正恩が自らこの言葉を発するに至っている。それにしても、「朝鮮速度」という大きなくくりで「速度」を作ってしまうと、これからはどこそこの軍部隊だの突撃隊が「創造」した「速度」を命名しにくくなってしまいそうなのだが大丈夫なのだろうか。

    続いて「航空及び反航空軍第188軍部隊指導」の動画が紹介される。この「指導」については過去記事でも少し書いた。その時に問題にした「空軍兵士がサングラスをして金正恩とツーショット写真」であるが、この「朝鮮記録映画」にも出てくる。しかし、彼がサングラスを掛ける過程は見せていないので、依然として謎のままである。

    次に「朝鮮人民軍第851軍部隊管下女性放射砲兵区部隊の砲射撃訓練」を指導する様子を紹介している。きちんと読むと『労働新聞』の同訓練指導を紹介する記事にも書かれているのだが、ポイントは「敬愛する最高司令官同志は、射撃場に既に展開した放射砲兵中隊をご覧になり、現在位置している陣地から不意に機動することについての命令を下された」というところにあるようだ。

    時計を見ながら機動にかかる時間をチェックすると指揮官に伝える金正恩
    20140507_kctvrasf_013641093.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    「最高司令官命令」で放射砲を移動する女性兵士。移動させることが予め伝えられていたのか、金正恩のサプライズだったのかは分からない。ナレーションは「敬愛する最高司令官同志が定めて下さった火力陣地に迅速に機動しました」と語っている。
    20140507_kctvrasf_013650269.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    そして「いつも言っていることだが、訓練から形式主義を根絶し」なければならないと、後日の現地指導での叱責に使った言葉と同じ言葉をここでも使っている。

    この現地指導は「ああよくやってる、よくやっている」という「形式的」な雰囲気ではなく、本当に「最高司令官」が陣頭指揮を執っているような雰囲気がある。
    20140507_kctvrasf_013686771.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    そして射撃が始まる。
    20140507_kctvrasf_013702854.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    次にまたポイントがあるのだが、目標とされた島に命中し火炎が上がっている。
    20140507_kctvrasf_013708092.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    「命中射撃だと大きな満足を示される」金正恩
    20140507_kctvrasf_013739489.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    続けて「記録映画」は、「朝鮮人民軍第681軍部隊管下砲兵区分隊砲射撃訓練指導」の様子を紹介する。過去記事にも書いたとおり、この部隊で金正恩は訓練方法について厳しく叱責している。この「記録映画」の動画から、その理由が何となく分かった。

    この部隊でも金正恩は「新たな火力陣地を指定」している。指定された火力陣地に移動する自走砲
    20140507_kctvrasf_013841456.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    不満そうな顔つきで腕時計を眺める金正恩
    20140507_kctvrasf_013846694.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    そして、金正恩を怒らせたのは、どうやら彼が定めた新たな「火力陣地」から撃った砲弾が目標とされる島に命中しなかったことのようだ。この種の訓練を紹介する動画では、上の女性部隊での訓練のように命中して火炎が上がる島の様子を見せるのが通常である。しかし、金正恩のために準備されたモニターに映し出されている島では煙が全く上がっていない。
    20140507_kctvrasf_013863377.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    厳しい表情でモニターを見る金正恩
    20140507_kctvrasf_013865713.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    指揮官を叱る金正恩。彼の口元を見ていると「・・・・말이야!(・・・じゃないか!)」と怒鳴っているように見える。
    20140507_kctvrasf_013883797.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    次に4月27日『労働新聞』に掲載された2014年2回目の「党中央軍事委員会拡大会議」の様子が紹介される。会議のプロセスを紹介する映像に関しては崔龍海も黄炳瑞も1回目の会議と変わっていない。

    大きく写った黄炳瑞
    20140507_kctvrasf_013934347.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    大将たちと最前列に座る崔龍海(右から3番目)
    20140507_kctvrasf_013918898.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    続いて「西南海上の主要敵対象物打撃任務を担っている長距離砲兵区部隊の砲射撃訓練指導」を紹介する。おもしろいのは、同じような自走砲を使っているにもかかわらず、この訓練では「火力陣地」を移動させることなく、1度目の砲射撃を始めている。

    20140507_kctvrasf_014046390.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    そして目標に命中
    20140507_kctvrasf_014050561.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    次に金正恩は、自走砲を移動させて再び砲射撃を命じる。下は移動する自走砲。
    20140507_kctvrasf_014066443.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    移動後の地点からも目標の島に見事に命中させ、金正恩は「大満足を示された」。
    20140507_kctvrasf_014083793.jpg
    Source: KCTV, 2014/05/07放送

    コメントの投稿

    非公開コメント

    拡大会議後のモランボン公演

    金正恩の隣は崔氏と李永吉総参謀長ではないのでしょうか記事では崔竜海同志、李永吉同志、張正男同志と紹介しています
    また画像から判断するに上将ではなく大将の肩章をつけているように思います
    さらに幹部壇にいる時の座る位置が
    |崔竜海|金正恩|李永吉|張正男|か
    |張正男|崔竜海|金正恩|李永吉|
    この2つが3月までの座り位置でした
    これからは崔竜海氏のいた位置が黄炳瑞氏に変わるものと思われます

    Re: 拡大会議後のモランボン公演

    コメントありがとうございます。記事ではそう紹介しているのですが、もしかすると着座位置だけ先取りしたのではないかと思いました。眼鏡を掛けて顔が四角いので黄炳瑞かと思ったのですが、やはり李ヨンギルでしょうか。これから、主席壇の着座位置がどう変わるか見物ですね。

    ご指摘いただいた点、記事に追記しておきました。また何かありましたらよろしくお願いします。

    > 金正恩の隣は崔氏と李永吉総参謀長ではないのでしょうか記事では崔竜海同志、李永吉同志、張正男同志と紹介しています
    > また画像から判断するに上将ではなく大将の肩章をつけているように思います
    > さらに幹部壇にいる時の座る位置が
    > |崔竜海|金正恩|李永吉|張正男|か
    > |張正男|崔竜海|金正恩|李永吉|
    > この2つが3月までの座り位置でした
    > これからは崔竜海氏のいた位置が黄炳瑞氏に変わるものと思われます

    170mm主体砲

    いつもお世話になってます。

    今回、かなり鮮明な主体砲の射撃シーンを見れました。


    ちなみに最初の命中しなかった部隊と、後の命中した部隊では、確かにいろいろな点で違いがありました。

    最初の(命中しない)部隊

    砲のマズルブレーキが新型
    射撃時に車体浮き上がるほどが大きく揺れてしまっている。
    移動時に砲兵が車体に同乗していない。動画ではありませんでしたが、自分の足で走っている。
    移動時に砲を固定するトラベリングロックをかけないでいるため、走行時に車体や砲がガックンガックン揺れてしまっている車両がある。これでは素早い移動は不可。

    後の(命中した)部隊

    マズルブレーキが旧型で、また車体に迷彩が施されている。
    砲兵が車体に同乗して猛スピードで走っている。(もともと車両に同乗する仕様らしく、砲弾も車体に搭載されている。)

    発射時の車体の浮き上がりが前者より小さい。
    (車両をしっかり固定しているのか、駐退機の整備をしっかりしているのか?)

    前者の部隊はまだ新設の部隊で、訓練や砲の整備が不十分、後者はかなり訓練の行き届いた熟練部隊であると思います。


    ちなみに旧タイプの主体砲M1978と新型のM1989は車体ベースが違うといわれてましたが、今回の映像で、旧タイプと同じT-62ベースではないかと思いました。

    同じT-62ベースの主力戦車「天馬号」や「暴風号」などと足回りを共通化をしているというか、T-62への依存度が高いらしいあたりは北朝鮮らしいと思いました。

    北朝鮮の女性飛行士は主に爆撃機(il-28)に乗っているというのは本当なんでしょうか?


    Re: 170mm主体砲

    コメントありがとうございます。他の記事を書いていたら、お返事が遅れてしまい、申し訳ございません。「主体砲」の挙動の細かな分析、大変勉強になりました。兵器関係の知識が乏しいので、全く私には分からなかったのですが、頂戴したコメントを要約すると、金正恩に叱られた部隊は新型兵器を導入したがために十分な訓練が出来ていなかったが、褒められた部隊は旧型兵器を使っていたので、十分に訓練が出来ていたという理解でよろしいのでしょうか。だとすると、新型兵器の部隊を叱るのはある意味酷ですし、場合によっては金正恩が兵器の違いを理解していなかったということにもなりますね。

    女性空軍兵士が登場している航空機については分かりませんが、本日書いた「先頭飛行大会」にはプロペラ爆撃機も並べられていたようです。

    > いつもお世話になってます。
    >
    > 今回、かなり鮮明な主体砲の射撃シーンを見れました。
    >
    >
    > ちなみに最初の命中しなかった部隊と、後の命中した部隊では、確かにいろいろな点で違いがありました。
    >
    > 最初の(命中しない)部隊
    >
    > 砲のマズルブレーキが新型
    > 射撃時に車体浮き上がるほどが大きく揺れてしまっている。
    > 移動時に砲兵が車体に同乗していない。動画ではありませんでしたが、自分の足で走っている。
    > 移動時に砲を固定するトラベリングロックをかけないでいるため、走行時に車体や砲がガックンガックン揺れてしまっている車両がある。これでは素早い移動は不可。
    >
    > 後の(命中した)部隊
    >
    > マズルブレーキが旧型で、また車体に迷彩が施されている。
    > 砲兵が車体に同乗して猛スピードで走っている。(もともと車両に同乗する仕様らしく、砲弾も車体に搭載されている。)
    >
    > 発射時の車体の浮き上がりが前者より小さい。
    > (車両をしっかり固定しているのか、駐退機の整備をしっかりしているのか?)
    >
    > 前者の部隊はまだ新設の部隊で、訓練や砲の整備が不十分、後者はかなり訓練の行き届いた熟練部隊であると思います。
    >
    >
    > ちなみに旧タイプの主体砲M1978と新型のM1989は車体ベースが違うといわれてましたが、今回の映像で、旧タイプと同じT-62ベースではないかと思いました。
    >
    > 同じT-62ベースの主力戦車「天馬号」や「暴風号」などと足回りを共通化をしているというか、T-62への依存度が高いらしいあたりは北朝鮮らしいと思いました。
    >
    > 北朝鮮の女性飛行士は主に爆撃機(il-28)に乗っているというのは本当なんでしょうか?

    主体砲 その2

    お世話になります。
    コメントありがとうございます。

    主体砲はもともと海岸砲兵隊に配備されていた沿岸砲だったのですが、シルクワーム対艦ミサイルを配備し始めたため不要になった砲を車載に転用したものだと聞いています。

    2両ほどがかつてイラン・イラク戦争の際にイランに輸出され、その後それを捕獲したイラク軍が湾岸戦争で使用しています。

    機動性という点で使い勝手もあまりよくないため、北朝鮮もこれまでは「ないよりマシ 脅しくらいには使える」程度に配備されていたようです。

    今回の熟練部隊のものはその転用した砲を使用した、かなり以前から存在する部隊で、ダメだった部隊は、自走砲用にわざわざ新たに製造した砲を使用した部隊であり、つまり、主体砲の部隊が金正恩体制になってから増えていて、これを積極的に活用する方向に移りつつあるのはないかということです。
    この砲は北朝鮮領内から直接ソウルを攻撃できるので、金正恩は正日よりも現実的に戦争という状況を頭の中で描きつつ、実際に戦争になった場合、我が軍の力で勝てる見込みがあるのか、とりわけ先制攻撃でどの程度勝算を掴めるかをシュミレートしているのではないでしょうか?

    「新型兵器の部隊を叱るのはある意味酷」という点では、撃てば遠くまで飛んでしまう砲であり、韓国やアメリカを刺激してしまうため、むやみに実弾射撃ができないというペナルティもあると思いますが、もともともっと旧式で小型の固定砲を使用する部隊だったか、新兵の多い部隊なのではないかと思います。

    Re: 主体砲 その2

    コメントありがとうございます。再びお返事が遅れてしまい、申し訳ございません。

    詳しいご説明ありがとうございます。ご説明を読んで分かったことは、自走部分と大砲部分がセットとして設計されているのではなく、個別に製造して合体しているようだということですが、この理解が正しいのかは分かりません。

    説明に書かれた、金正恩の作戦構想と叱られた部隊の推測される事情を勘案すると、ただただ叱っただけではないというようなことも分かりました。

    ソウルに到達する長距離砲訓練、空軍訓練現地指導、そして昨日出された「国防委員会重大報道」を合わせて考えると、フェリー沈没事件や地下鉄事故で窮地に陥っている朴槿恵政権に揺さぶりを掛けて6月4日の統一地方選挙で惨敗という結果を出させようとしているのかもしれませんね。

    「南の地の汚物を跡形もなく小気味よく清算する」に実力行使が伴わないと良いのですが。

    > お世話になります。
    > コメントありがとうございます。
    >
    > 主体砲はもともと海岸砲兵隊に配備されていた沿岸砲だったのですが、シルクワーム対艦ミサイルを配備し始めたため不要になった砲を車載に転用したものだと聞いています。
    >
    > 2両ほどがかつてイラン・イラク戦争の際にイランに輸出され、その後それを捕獲したイラク軍が湾岸戦争で使用しています。
    >
    > 機動性という点で使い勝手もあまりよくないため、北朝鮮もこれまでは「ないよりマシ 脅しくらいには使える」程度に配備されていたようです。
    >
    > 今回の熟練部隊のものはその転用した砲を使用した、かなり以前から存在する部隊で、ダメだった部隊は、自走砲用にわざわざ新たに製造した砲を使用した部隊であり、つまり、主体砲の部隊が金正恩体制になってから増えていて、これを積極的に活用する方向に移りつつあるのはないかということです。
    > この砲は北朝鮮領内から直接ソウルを攻撃できるので、金正恩は正日よりも現実的に戦争という状況を頭の中で描きつつ、実際に戦争になった場合、我が軍の力で勝てる見込みがあるのか、とりわけ先制攻撃でどの程度勝算を掴めるかをシュミレートしているのではないでしょうか?
    >
    > 「新型兵器の部隊を叱るのはある意味酷」という点では、撃てば遠くまで飛んでしまう砲であり、韓国やアメリカを刺激してしまうため、むやみに実弾射撃ができないというペナルティもあると思いますが、もともともっと旧式で小型の固定砲を使用する部隊だったか、新兵の多い部隊なのではないかと思います。
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR