FC2ブログ

    「敬愛する金正恩元帥様をお迎えして開催されたモランボン楽団公演」:金正恩称賛ソングのオンパレード、あっさりとした出退場、ラップ? (2014年3月18日 「朝鮮中央TV」)

    3月18日の「朝鮮中央TV」の内容は濃かった。3月11日に日本で行われた反原発デモについて「17時報道」で紹介、「元帥様をお迎えして」開催された「ヘップル・カップ」での反則により出場停止処分をくらった先鋒チームと万景峰チームの「万景台賞体育競技大会1級男子サッカー1次リーグ戦」の様子を伝える「20時報道」、「黒白をひっくり返した米国の『挑発』太鼓」と題する座談会番組、「人民の国」という「新しく出た歌」、そしてこの記事のタイトルに使った久しぶりのモランボン楽団公演である。それぞれ皆、記事にしたいのだが、まずはモランボン公演について書いておく。

    番組は金正恩が既に着席しており「人民軍将兵」が万歳を叫ぶ場面から番組はスタートする。公演は「愛国歌」の演奏なく始まり、11曲演奏された。

    カメラワークについては、実に平凡で、ほぼ正面から歌手や奏者を映しているだけで、これまで見られたような派手な演出はなかった。

    特筆すべき点としては、11曲中3曲を除き、残りは全て金正恩称賛ソングであったという点である。私が見落としているだけなのかもしれないが、「新しく出た歌」として紹介されていないような称賛ソングがいくつも紹介されたので驚いた。演奏曲順に見ていくと、

    1.「人民の歓喜」(金正恩称賛ソング):この歌の存在は知らなかったが、歌の最後の方でかけ声というかラップというかそんな感じで歌っているところが面白い。

    かけ声(ラップ?)部分:「我々は何も羨ましくない。元帥様がいらっしゃるから。我々は誰も羨ましくない。元帥様に従うから」

    2.「希望が満ち溢れる私の祖国よ」(金正恩称賛ソング):この歌は過去記事で紹介した。
    3.「我々の父」(金正恩称賛ソング):この歌の存在も知らなかった。
    4.「海満風歌」(金正恩称賛ソング):演歌のような曲調で初めだけ聞くと大漁の喜びを歌う歌のように感じるが、曲の終わりの方で「元帥様の恩徳だ」と歌っている。
    5.「帰港の歌」:これも演歌のような雰囲気の歌だ。この中には「元帥様」は登場していない。
    6.「寝ても覚めても元帥様の思い」(金正恩称賛ソング):これも拙ブログで紹介していないようなので、知らない歌のようだ。
    7.「飛んでいけ、私の愛おしい(元帥様を思う)気持ちよ」(金正恩称賛ソング):これも6番同様、知らない歌のようだ。
    8.「祖国と人民のために服務する」:人民軍将兵の服務態度を歌った歌。ちょっとしたギター・ソロがあるが派手ではない。
    9.「党旗よ永遠にあなたと共に」:「新しく出た歌」として過去記事で紹介したはずである。
    10.「あなたなしでは生きられない」(金正恩称賛ソング):同上、この曲から金正恩の写真をスクリーンに映す。
    11.「我々はあなたしか知らない」(金正恩称賛ソング):同上、人民軍将兵が手拍子

    「偉大な金正恩同志、あなたに忠実であれ」という歌詞
    20140318kctvfmpgflv_024379334.jpg
    Source: KCTV, 2014/03/18放送

    このようなバンドリーダーのアップも今回は少ない(髪型を変えた?)。
    20140318kctvfmpgflv_023946834.jpg
    Source: KCTV, 2014/03/18放送

    人民軍将兵が対象なので派手にしなかったのかもしれないが、張成沢処刑後初の公演でもあり、「思想幹部会議」を開催して間もないので地味な内容にしておいたのかもしれない。

    もう一つは、称賛対象が金正恩だけで、お爺さんやお父さんが一切出てこないのも特徴的である。これまでのモランボン公演では、お爺さんが出ないことはあったかもしれないが、お父さんの写真は必ず出てきていたはずである。また、お父さんを称賛する歌もかなり演奏され、金正恩称賛ソングよりも多かったはずだ。お爺さんやお父さんの歌を1曲も出さないというのは、金正恩の権力基盤が強固になり、お爺さんやお父さんの威厳に頼らなくてもやっていけるということを示しているのであろうか。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    祝 ! モランボン楽団復活

    いつも拝見しています。

    いろいろ取り沙汰されていたモランボン楽団ですが、復活してくれてうれしく思います。
    ただ、コンサートマスターのソヌ・ヒャンヒは出ていません。
    だからアップが少ないし盛り上がりに欠けるのかものかも。
    あと、リュ・ジナも・・・。(--;)

    No title

    さっそく放送された全編を見てみましたが
    まずは先日報道されたリュジナ(류지아)の
    姿はありませんでした.やはり粛清は事実だと
    思います.その代わりかどうかわわかりませんが
    ラユミ(라유미)が入っています.声量も声質も
    とてもすばらしいように感じます.が,1曲目の
    ラップのような部分(単に音程つけずの歌詞唱)
    では,他の歌手が複雑な手拍子(裏拍のさらに
    半分の位置で早めに打つリズム)をうちながら
    ステップを踏むのに対し,足を動かしていない
    ことや,6曲目の独唱はゆったりとほぼ動かず
    歌唱していることなどから,今後,しばらく
    慣れるまで時間かかるかもしれません.
    4曲目「海満風歌」は新民謡かもしれません.
    キムソルミが民謡曲も歌うとは思いもより
    ませんでした.しかも傍唱形式(この曲以
    外にも)で,普天堡電子楽団の系譜とはいえ
    重なって見えました.この「海満風歌」では
    カヤグムの音色もキーボードで出されており,
    特色が出ていました.一方「帰港の歌」では
    打ち込みでもできそうなタンバリンのパートが
    サックス担当が手打ちで極めて正確なリズムで
    演奏しており,なかなか興味深いものでした.

    Re: 祝 ! モランボン楽団復活

    コメントありがとうございます。また、拙ブログをご覧頂きありがとうございます。

    私は髪型を変えただけかと思っていたのですが、ソヌ・ヒャンヒは出ていないのですね。リュ・ジナもいないとなると、楽団構成員の変更でもあったのでしょうか。モランボンには手を付けていないと思ったので、「朝鮮中央テレビ」の番組間で流れる映像もあまり注意して見ていませんでした。後で確認してみますが、今回出なかった2名の演奏する姿もそのまま流していると思うので、粛清というような話ではないと思います。

    ともかくも、久しぶりにオネエサンたちの歌声や演奏を聴けたのはよかったです。

    > いつも拝見しています。
    >
    > いろいろ取り沙汰されていたモランボン楽団ですが、復活してくれてうれしく思います。
    > ただ、コンサートマスターのソヌ・ヒャンヒは出ていません。
    > だからアップが少ないし盛り上がりに欠けるのかものかも。
    > あと、リュ・ジナも・・・。(--;)

    Re: No title

    コメントありがとうございます。今、一つ前にコメントを頂いた方に返信を書いたところなのですが、李ジア(ジナ?)についての粛清情報は韓国辺りから発せられているのでしょうか。前の方に対して書いたとおり、もし粛清というような事態になると、番組間で流されている映像からも消されていると思いますが、その辺りは如何ですか。私はバンドリーダーの顔も判別できないほど判別が苦手なので、誰が誰なのかほとんど分かりません。機会があれば、この辺りも教えてください。

    1曲目は記事にはラップと書きましたが、ゴスペルのリズムの取り方のような気もしています。

    それ以外の内容、専門的すぎて何ともお返事のしようがありませんが、いつもありがとうございます。

    > さっそく放送された全編を見てみましたが
    > まずは先日報道されたリュジナ(류지아)の
    > 姿はありませんでした.やはり粛清は事実だと
    > 思います.その代わりかどうかわわかりませんが
    > ラユミ(라유미)が入っています.声量も声質も
    > とてもすばらしいように感じます.が,1曲目の
    > ラップのような部分(単に音程つけずの歌詞唱)
    > では,他の歌手が複雑な手拍子(裏拍のさらに
    > 半分の位置で早めに打つリズム)をうちながら
    > ステップを踏むのに対し,足を動かしていない
    > ことや,6曲目の独唱はゆったりとほぼ動かず
    > 歌唱していることなどから,今後,しばらく
    > 慣れるまで時間かかるかもしれません.
    > 4曲目「海満風歌」は新民謡かもしれません.
    > キムソルミが民謡曲も歌うとは思いもより
    > ませんでした.しかも傍唱形式(この曲以
    > 外にも)で,普天堡電子楽団の系譜とはいえ
    > 重なって見えました.この「海満風歌」では
    > カヤグムの音色もキーボードで出されており,
    > 特色が出ていました.一方「帰港の歌」では
    > 打ち込みでもできそうなタンバリンのパートが
    > サックス担当が手打ちで極めて正確なリズムで
    > 演奏しており,なかなか興味深いものでした.

    No title

    たびたび失礼します.長文になりますお許し下さい.
    牡丹峰楽団の歌手一覧は顔写真併記でDVDの帯にあったように思います.リュジナの粛清のニュースは先月半ばに韓国の新聞報道で知りましたが,張成沢がらみです.彼の愛人云々ということだったように思います.私としてはその真偽はどうでもよくて,リュジナは最年少なのにもかかわらず称号を受けている歌手であり,色っぽい歌い方をはじめ,彼女の様子はこれまでの公演映像を見ても大衆受けしている印象を持ちました.つまり労働者の人気歌手としての彼女が「よりによって張成沢」と…という展開がなされていた場合,教化所送りにせざるを得なかったというところなのではないでしょうか,その意味でも粛清の一貫だと思います.ただ,一生出られないということではないでしょうから,何らかの形で社会には戻ることでしょう.ただ牡丹峰楽団復帰は難しいとみています.彼女の代わりはいくらでもいるでしょうから….そして鮮宇ヒャンヒ,これは単にリーダーとしての処罰だと思います.いわゆる管理不行届のような感じでしょうか,連帯責任を問われたものとみています.彼女がいないと他の方もブログでおっしゃるとおり,派手な演出(演奏技法も含め)は難しいと思います.早く彼女を戻すべきです.このままですと,もう演奏集合体として技能向上をするのは難しいように思えます.
    今後牡丹峰楽団はどうなるのか…今回の公演を見る限りでは普天堡電子楽団の二の舞になる危険性を感じます.普天堡電子楽団は当初からそれほど派手ではありませんでしたが,電子楽器の音色の工夫に力を入れ,傍唱の曲を増やし「新民謡」や「民謡風のうた」をレパートリーに入れたあげく,晩年は「啓蒙期歌謡」を普天堡≪小白水≫や普天堡≪銀河水≫でやったりしていましたから.それから,今回の公演のような曲目や演奏構成ですと別に映像だけに力を入れたり派手な演出をメインにするよりも,音色や歌詞重視の方向性が強いため,そうなると,これまであまりCDは出していないはずですが,DVDでなく,CD路線に移る可能性もあるかもしれませんね.あくまでも根拠は明確ではない,単なる私の妄想ではありますが….

    リュ・ジンア

    コメントありがとうございます。詳しい分析、大変勉強になります。

    リュ・ジンア(ジナ)ですが、粛清説は今一つ分かりません。というのは、張成沢処刑後に紹介された「新しく出た歌」である「希望が満ち溢れる私の祖国よ」や「あなたがいなければ生きられない」の「歌」として彼女の名前が紹介されているからです。彼女が「功勲国家合唱団」に移籍したという説もありますが、よく分からないのは、モランボンは「楽団」であっても「声楽組」は別扱いであったのではないかということです。だとすると、コスチュームだけ「楽団」に合わせて歌っていたという可能性はないでしょうか。

    ともあれ、今回のモランボン「楽団」公演に彼女は出なかったわけですから、何かあった可能性はありますね。また、鮮宇ヒャンヒがいなかった理由が李ジンア問題であれば、管理責任を問われての球場という可能性もありますが、もしリュ・ジンアが無事であるとすると、鮮宇ヒャンヒが出ないのも解せないですね。

    モランボンの派手さですが、これは金正恩時代を象徴するために仕組まれたものだと思います。投稿頂いたコメントを読んで思ったのは、鮮宇ヒャンヒがいないことによる今回の派手さのセット・バック(後退)があったとすると、金正恩時代を象徴する派手さと「思想的正しさ」の関係の説明がつかなくなり、金正恩称賛ソングをその大部分の曲目にしたのではないかということです。

    朝鮮人民に配布する媒体がCDなのかDVDなのかということは興味深いですが、朝鮮人民が持っている再生機器ということからすれば、CDにする必要性はあまりないのではないかと思います。映像的には迫力が欠けても、DVD
    で行くのではないでしょうか。

    少し前にValentina LisitsaのCDをAmazonで注文、即刻キャンセル、DVDに変更した私の話ですから、当てにはなりませんけども。

    これからも、コメント、よろしくお願いします。

    > たびたび失礼します.長文になりますお許し下さい.
    > 牡丹峰楽団の歌手一覧は顔写真併記でDVDの帯にあったように思います.リュジナの粛清のニュースは先月半ばに韓国の新聞報道で知りましたが,張成沢がらみです.彼の愛人云々ということだったように思います.私としてはその真偽はどうでもよくて,リュジナは最年少なのにもかかわらず称号を受けている歌手であり,色っぽい歌い方をはじめ,彼女の様子はこれまでの公演映像を見ても大衆受けしている印象を持ちました.つまり労働者の人気歌手としての彼女が「よりによって張成沢」と…という展開がなされていた場合,教化所送りにせざるを得なかったというところなのではないでしょうか,その意味でも粛清の一貫だと思います.ただ,一生出られないということではないでしょうから,何らかの形で社会には戻ることでしょう.ただ牡丹峰楽団復帰は難しいとみています.彼女の代わりはいくらでもいるでしょうから….そして鮮宇ヒャンヒ,これは単にリーダーとしての処罰だと思います.いわゆる管理不行届のような感じでしょうか,連帯責任を問われたものとみています.彼女がいないと他の方もブログでおっしゃるとおり,派手な演出(演奏技法も含め)は難しいと思います.早く彼女を戻すべきです.このままですと,もう演奏集合体として技能向上をするのは難しいように思えます.
    > 今後牡丹峰楽団はどうなるのか…今回の公演を見る限りでは普天堡電子楽団の二の舞になる危険性を感じます.普天堡電子楽団は当初からそれほど派手ではありませんでしたが,電子楽器の音色の工夫に力を入れ,傍唱の曲を増やし「新民謡」や「民謡風のうた」をレパートリーに入れたあげく,晩年は「啓蒙期歌謡」を普天堡≪小白水≫や普天堡≪銀河水≫でやったりしていましたから.それから,今回の公演のような曲目や演奏構成ですと別に映像だけに力を入れたり派手な演出をメインにするよりも,音色や歌詞重視の方向性が強いため,そうなると,これまであまりCDは出していないはずですが,DVDでなく,CD路線に移る可能性もあるかもしれませんね.あくまでも根拠は明確ではない,単なる私の妄想ではありますが….

    牡丹峰の新曲について

    海外向け朝鮮中央放送のモニター結果では《우리 어버이》は2月25日に、《인민의 환희》は3月18日、《자나깨나 원수님 생각》は3月19日に「新しく出た歌」として紹介されています。4番、5番、7番、8番は私は初耳です。《인민의 환희》はこれまでにない軽快な曲ですね。
    ソヌ・ヒャンヒに関してはチャンネルAの番組で金正恩の最近の愛人として触れられており、「20代の玄仙月と同じだ」と解説者が話しています。本当でしょうか?
    http://tv.ichannela.com/culture/story/clipvod/3/0401/20140122/60337106/1

    Re: 牡丹峰の新曲について

    コメントありがとうございます。「新しく出た歌」ですが、録画に失敗した日にいくつか出ていたような気がしています。恐らく、ご案内いただいた「우리 어버이」あたりがそれに該当するのではないかと思います。「인민의 환희」は、ブログにも書きましたとおり、私は「かけ声」が特徴的だと思いました。

    ソンウ(ソヌ)・ヒャンヒについては、ブログの方に追記しておくことにします。

    > 海外向け朝鮮中央放送のモニター結果では《우리 어버이》は2月25日に、《인민의 환희》は3月18日、《자나깨나 원수님 생각》は3月19日に「新しく出た歌」として紹介されています。4番、5番、7番、8番は私は初耳です。《인민의 환희》はこれまでにない軽快な曲ですね。
    > ソヌ・ヒャンヒに関してはチャンネルAの番組で金正恩の最近の愛人として触れられており、「20代の玄仙月と同じだ」と解説者が話しています。本当でしょうか?
    > http://tv.ichannela.com/culture/story/clipvod/3/0401/20140122/60337106/1

    リュ・ジナの粛清記事に関して

    労働新聞とKCNAで連日牡丹峰楽団公演の記事が出ていますね。特にKCNAのスライドショーは画面いっぱいにして見ると迫力がありますが、やはり歌手5名、弦楽奏者が3名しか出ていません。
    ところでリュ・ジナの粛清記事ですが、私は2月12日の自由アジアの声放送の記事で見たのが初めてです。テレビ朝日「ワイドスクランブル」でもこのサイトの写真が紹介されていたので、ニュースの出所はここではないかと思います。
    http://www.rfa.org/korean/in_focus/purge-02122014092316.html

    Re: リュ・ジナの粛清記事に関して

    コメントありがとうございます。お返事が遅れてしまい、申し訳ございません。KCNAのスライドショーですが、私も見ました。このところ朝鮮中央TVは録画がたまる一方なので、モランボン公演を放送したのかもわからないのですが、スライドショーを見る限りでは、歌手が肩の部分を露出した黒い衣装で歌っている場面もありますね。

    粛清については、数日前「アジア・プレス」の記事がYahooニュースに流れていました。ご教授いたただいたRFAのサイト、追って確認してみたいと思います。

    > 労働新聞とKCNAで連日牡丹峰楽団公演の記事が出ていますね。特にKCNAのスライドショーは画面いっぱいにして見ると迫力がありますが、やはり歌手5名、弦楽奏者が3名しか出ていません。
    > ところでリュ・ジナの粛清記事ですが、私は2月12日の自由アジアの声放送の記事で見たのが初めてです。テレビ朝日「ワイドスクランブル」でもこのサイトの写真が紹介されていたので、ニュースの出所はここではないかと思います。
    > http://www.rfa.org/korean/in_focus/purge-02122014092316.html

    モランボン楽団の動向

    いつもお世話になっています。

    最近、モランボン楽団は国内で精力的に巡業しているようですが、4月6日の北朝鮮のニュースの中で、姿を消していたソヌ・ヒャンヒの姿が確認できました。
    映像でアップになっていたので、間違いありません。
    また、リュ・ジナの姿はないようでしたが、強制収容所送りの噂もあったパク・ソニャンかどうかはわかりませんが、ボーカルも6人に戻ったようです。
    衣装がかなり古臭い人民軍の服になっていた点が気になりましたが、近いうちに大きなイベントがあるはずなので、北朝鮮が対外的に余計なことをしなければ動画も配信されるだろうと期待してはいます。

    Re: モランボン楽団の動向

    コメントありがとうございます。貴重な情報をありがとうございます。このところ、「朝鮮中央TV」は録りためるばかりで、まともに見ることができていませんでした。

    本件、記事として書かせていただきますので、それをコメントに対する返信と代えさせて下さい。

    これからも、よろしくお願いいたします。

    > いつもお世話になっています。
    >
    > 最近、モランボン楽団は国内で精力的に巡業しているようですが、4月6日の北朝鮮のニュースの中で、姿を消していたソヌ・ヒャンヒの姿が確認できました。
    > 映像でアップになっていたので、間違いありません。
    > また、リュ・ジナの姿はないようでしたが、強制収容所送りの噂もあったパク・ソニャンかどうかはわかりませんが、ボーカルも6人に戻ったようです。
    > 衣装がかなり古臭い人民軍の服になっていた点が気になりましたが、近いうちに大きなイベントがあるはずなので、北朝鮮が対外的に余計なことをしなければ動画も配信されるだろうと期待してはいます。
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR