FC2ブログ

    「敬愛する金正恩元帥様が諸部門の事業を現地指導 2013.9」 (2013年10月2日 「朝鮮中央TV」)

    金正恩さんの9月の「革命活動」の様子を紹介する「記録映画」が10月2日に「朝鮮中央TV」で放送された。その大部分は、「録画報道」などで既に紹介されたものであるが、私の見落としなのかも知れないが、知らなかった「革命活動」も含まれている。以下、それらを紹介していくことにする。

    20131003kctvhasf_009105633.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    9月2日「愛国石工場」現地指導、「愛国石展示場」を視察しながら「愛国石展示場は、展示場というよりも石宮殿のようだ」、「この工場は見るだけでも腹一杯になる工場」、「国家の建材工業を発展させ、建材国産の国産化基準を高めるのに愛国石工場は重要な位置にある」などと発言。

    20131003kctvhasf_009167894.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    20131003kctvhasf_009196188.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    9月3日「リョンヨン海岸(龍淵浅海)養魚事業所」現地指導
    20131003kctvhasf_009264221.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    「チョウザメは海へ、朝鮮は世界へと」というスローガンが掲げられている。2010年11月21日、お父さん(金正日)と共にこの事業所を訪れたということだが、このスローガンはその時にお父さんが言った言葉であろうか。
    20131003kctvhasf_009270827.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    「経営活動で実利を担保しなければならない」などと語る。
    20131003kctvhasf_009312534.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    チョウザメの卵が高価なキャビアであることはよく知られている。キャビアを普通の朝鮮人民が食しているとは考えられないし、そんなことをすれば「経営活動の実利は担保」できないので、中国あるいはロシアに輸出しているのであろう。すると朝鮮人民は、チョウザメの肉を食べることになるわけだが、こちらもなかなか美味だということである。私はキャビアを数粒食べたことがあるが、肉の方は食べたことがないので、機会があれば食してみたい。

    廣島蝶鮫を販売する業者のHP、http://www.tyouzame.jp/

    ナマコを手にしての重さを確かめながら「他国と比べ半分の生産周期で育てたという報告を聞き満足」する金正恩
    20131003kctvhasf_009321910.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    9月8日、「共和国創建65周年」を記念して建設された「銀河科学者通り」を視察した。
    20131003kctvhasf_009357178.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    「この地区が天地開闢された」と喜ぶ金正恩
    20131003kctvhasf_009408727.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    「科学者住宅」に併設された「銀河託児所」も視察。壁に描かれている絵に注目。明らかに馬息嶺スキー場を意識したものである。スキーとスノボ両方が描かれているところなど、さすが「若き元帥様」というか、心憎い。
    20131003kctvhasf_009511060.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    9月13日、「人民が着ることになる乗馬服、スキー服の見本」を見る。下は「乗馬服」の見本
    20131003kctvhasf_009771113.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    「スキー服」の見本を確認する金正恩。「我々人民が、この世に羨むものがないよう、馬息嶺スキー場で心ゆくまでスキーを楽しめるよう温情が込められた措置もして下さった」ということであるが、何のことだかよく分からない。いずれにせよ、「人民が心ゆくまでスキーを楽しめるようにするする」ためには、中古のレンタルスキーなどを大量に輸入する必要がある。中国には中古スキーはあまりなさそうなので、スイスか旧東欧から持ち込むのかも知れないが、中古のスキーセットも制裁品目に該当するのだろうか。
    20131003kctvhasf_009781657.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    また、同じ会場で「校服(学校の制服)見本」も見た。右に立っているのが、見本を着た生徒たち
    20131003kctvhasf_009808116.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    「女子学生の靴が、足の形に合うように調整できるのか自ら確認」する金正恩。誰かに言われてやっているということはないと思うので、この辺りは「朝鮮中央TV」のナレーターが言っているように本当に「細心の指導」といえそうだ。
    20131003kctvhasf_009819494.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    どうやら女子学生の「校服」により深い関心があるようだ。確かに、男子学生の「校服」はシャツとズボンというこれまでとあまり変化のない校服のように見える。女子の方はブラウスのデザインやスカートのショルダーベルト(というのかどうか知らないが)が一新されているような感じがする。赤いスカーフも結び目を工夫しているのか、少しかっこよくなった。「我々の学生が新しい校服を着るようになれば、社会の雰囲気が完全に変わり、国家の容貌が新しくなる」と金正恩さんは語ったとのことだが、「社会の雰囲気」をどのように変えていきたいのであろうか。それが重要であるにせよ、やはり何かを変えたいという彼の思いがこういう言葉に表れているのかも知れない。
    20131003kctvhasf_009850124.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    9月14日、「新たに改築された平壌体育館」を指導。バスケットボールをバウンドさせながら、「競技場フロアの跳ね返りと音の響き方を自ら確認、世界的水準だ」と語る金正恩。こういう所にこだわるのもやはり「若き元帥様」ならではなのかもしれない。
    20131003kctvhasf_009990926.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    「ルンラ人民遊園地の立体律動映画館と電子娯楽館」を指導。「律動」という漢字は、「朝鮮中央通信」の日本語訳を見るまで思いつかなかった。「立体」は3Dということですぐに分かったのだが、椅子が動くことと「律動」を結びつけることはできなかった。
    20131003kctvhasf_010210807.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    「立体律動映画」、「我々を待つな」。3D映画なので3D眼鏡を掛けずに見ると画面が二重に見える。
    20131003kctvhasf_010266795.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    「立体律動映画」を鑑賞する金正恩
    20131003kctvhasf_010268696.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    ディズニーランドなどの「立体律動映画」ではどのような装置を使っているのか分からないが、ここでは2台のプロジェクターから別々の映像を照射してスクリーン上で重ね合わせているようだ。
    20131003kctvhasf_010283311.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    「各道に立体律動映画館を建設する」ことと「多様な三次元立体映画をもっとたくさん制作する」よう指示する金正恩。なぜか、案内人が指指しているのは音響効果用のシンセサイザーであろうか。
    20131003kctvhasf_010304999.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    「電子娯楽館」を視察する金正恩。ゲーム機に書かれているブランド名はきれいに消されていると思ったのだが、SEGAはでかでかと書かれたままだ。
    20131003kctvhasf_010333193.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    9月17日、「ムンス・ウォーターパーク(紋繍遊泳場)」を現地指導。
    20131003kctvhasf_010410735.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    手前に立っている軍人のベルトには拳銃フォルダが付いたままになっている。金正恩の警護は、通常、若くて背の高い軍人があたっているが、この軍人も警護要員なのだろうか。一瞬、崔龍海かとも思ったのだが、『労働新聞』の記事で確認したところ、この日の指導には彼は同行していないようである。
    20131003kctvhasf_010561882.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    金正恩を歓迎する「軍人建設者」。この現地指導では「人民軍、軍人建設者」を高く評価する言葉を繰り返し述べている。馬息嶺スキー場もそうだが、やはり100万以上いる軍人を「実利あるように」使うためには建設事業に従事させるのが最良の方法と考えているのであろう。人民軍が軍需産業にどれほどコミットしているのかは分からないが、安保理制裁を受け武器輸出が難しくなっている中で、軍需産業に従事した労働力としての人民軍人と経済権益を建設事業にシフトさせているのかも知れない。重要な権力基盤でである人民軍は、いくら「先党政治」にシフトさせるにしても、絶対につぶせないわけだから、このような形で経済建設にコミットさせるのは良い方法なのかも知れない。
    20131003kctvhasf_010746261.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    ウォーターパークのレストランについて指導をする金正恩。やたらとそり込みが目立つが、髪型を変えたのであろうか。
    20131003kctvhasf_010673023.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    9月22日、再びウォーターパークを現地指導。脱衣室にて「脱衣室には乾髪機(ヘアドライヤー)を設置して人民の便宜を図れ」と指導。「乾髪機」は、北朝鮮で一般的に使われているのだろうか。
    20131003kctvhasf_010914691.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    数多くの「水槽(プール)」があるわけだが、気になるのは、こんなに大量の水をどのように浄水処理するのだろうか。金正恩さんは、タイルの材質だのスライダーの柱の色だの、外面的な部分については「細心」の指導をしているようだが、浄水処理については一切言及がない。そもそも、そういう発想がないのだろうか。
    20131003kctvhasf_010983758.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    同日、「ミリム(美林)乗馬クラブ」視察。
    20131003kctvhasf_011137708.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    「ミリム乗馬クラブを予定された期日内に完工する期待と確信を表明」する金正恩。「予定された期日」が党創建記念日(10月10日)だったような気もするが、そう言わなくなったのは間に合いそうもないからだろうか。
    20131003kctvhasf_011134037.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    9月23日、「完工段階に至った口腔病院建設場」視察
    20131003kctvhasf_011149019.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    「必要な口腔総合治療器具は党が準備した。それを使えば、1日に数百人治療できる」と語り、病院を「柳京口腔病院」と命名する金正恩。こちらは、はっきりと「党創建記念日に開業する」と言っている。
    20131003kctvhasf_011189958.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    9月24日、「5月1日競技場」視察し、「改修・補修事業を指示」。
    20131003kctvhasf_011311310.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    「競技観覧が楽にでき、見た目の良い新しい椅子を設置」するように指示している。「平壌体育館」の改築もそうであるが、どうも金正恩さんは椅子にこだわるようだ。映像を見る限りでは、それほど見た目が悪いことも座り心地が悪いこともなさそうなのだが、なぜだろうか。
    20131003kctvhasf_011393723.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    さらに「陸上トラックとサッカー場に国際基準に適合したゴム版と人工芝を敷き、如何なる競技も問題なく開催できるように夜間照明施設も備えろ」と指示をする金正恩。
    20131003kctvhasf_011415645.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    9月28日、「完工を前にした金日成総合大学教育者住宅建設場」を視察。
    20131003kctvhasf_011519512.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    金正恩が視察した1号棟3階の部屋。これまでに新たに建設された住宅を見てずっと気になっていたことは、立派な部屋にもかかわらず照明が貧弱だということだ。大体は、天井から電球型の蛍光灯がぶら下げられているだけで、傘も何もない。「元帥様」が視察する時の部屋も、入居後に紹介される部屋もこの点については全く変わっていないので、これが平均的というのか、平均以上ということなのであろう。しかしこの住宅には、下の写真にあるようにダイニング・キッチンであろうか、テーブルの上にそれらしい照明が取り付けられている。
    20131003kctvhasf_011561453.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    こちらの照明もカバーが付いているように見える。「全ての住居には液晶テレビも設置してやろう」と語る金正恩。
    20131003kctvhasf_011577836.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    「住宅の各階を歩いて登り、建設状況を視察する敬愛する元帥様」ということであるが、この住宅にはエレベータが設置されていないのであろうか。上の写真で見る限りかなりの高層アパートなので、もしないとすると上層階の人は大変なことになる。
    20131003kctvhasf_011712600.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    9月29日早朝、「ムンス・ウォーターパーク建設場」を再び現地指導。「記録映画」を見る限りでは、真っ暗な時間帯にやってきて、下の写真のように明るくなるまで現地指導をしたようだ。
    20131003kctvhasf_012142952.jpg
    Source: KCTV,2013/10/02放送

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    >照明が貧弱

    何時もの推論ではありますLED照明への移行を踏まえているのではないかと。

    我が家では白熱球に関してはLEDへの転換をすませましたが各室の蛍光灯は値段がネックとなって手付かずのままです。けっして手の届かない値段ではないにしろ少し待てば馬鹿安になるとの思いで、そのままになっております。

    それとLEDは照明としての形状は変幻自在であり、下手に造り付けにしてしまうと後々その形に拘束されてしまうというデメリットも出てきます。

    電力事情に制約のある朝鮮としても省エネLEDへの移行は切実なものがあるはずで、その交換までは引っ掛けシーリングにぶら下げられた、そっけない照明が一番合理的なのではないでしょうか。

    No title

    률동は율동と韓国では表記されまして幼児
    特に保育現場ではかなり多用されることが
    あります.金正恩さんは,音や音響に相当の
    こだわりがあろうと感じます.

    LED

    コメントありがとうございます。LEDへの移行ですか。可能性はありそうですが、LED電球が電球型蛍光灯並みの値段に落ちるのにはまだしばらく時間がかかりそうですね(というわけで、拙宅も全て交換したのは電球型蛍光灯です)。近所の100均には5W程度のLED電球は出ていますが、二桁WのLED電球はまだありません。これが中国で安価に生産されるようになると、北朝鮮にも一気に広がりそうな気がします。

    電力事情についてはお説のとおりだと思います。信号機がLED化されていたという話し過去記事にも書きましたが、テレビに出てくる場面を見ていても、電球型蛍光灯が積極的に使われていることが分かります。

    > >照明が貧弱
    >
    > 何時もの推論ではありますLED照明への移行を踏まえているのではないかと。
    >
    > 我が家では白熱球に関してはLEDへの転換をすませましたが各室の蛍光灯は値段がネックとなって手付かずのままです。けっして手の届かない値段ではないにしろ少し待てば馬鹿安になるとの思いで、そのままになっております。
    >
    > それとLEDは照明としての形状は変幻自在であり、下手に造り付けにしてしまうと後々その形に拘束されてしまうというデメリットも出てきます。
    >
    > 電力事情に制約のある朝鮮としても省エネLEDへの移行は切実なものがあるはずで、その交換までは引っ掛けシーリングにぶら下げられた、そっけない照明が一番合理的なのではないでしょうか。

    律動

    コメントありがとうございます。そうですか、「リズムを合わせる」というような意味で使われているのでしょうか。金正恩さんですが、音楽ならともかく、バスケットボールのバウンド音にまで「細心」なのには驚きました。

    > 률동は율동と韓国では表記されまして幼児
    > 特に保育現場ではかなり多用されることが
    > あります.金正恩さんは,音や音響に相当の
    > こだわりがあろうと感じます.
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR