FC2ブログ

    朝鮮、高級中学校で「選択科目制」教育実施、人材育成のために早期の専門教育(理系と文系)、課外教育との違い (2024年4月12日 「朝鮮中央TV」)

    12日、「朝鮮中央TV」を見ていたら「選択科目制」に関する番組を放送していた。

    「党中央委員会第8期第9回全員会議」で「元帥様」が提起した「我々の教育を先進国水準にするために2024年を教育においてさらに大きな変革の年とすることについて」と関連して「選択科目制」が導入されたようだ。

    新たに導入された「選択科目制」について、朝鮮人民もまだよく理解できていないので、番組ではその理解を助けるために「教育研研究院院長」と対談しながら「選択科目制」を解説している。

    以下、「院長」の言葉と画面に表示された要約を拾ってみる。

    ・選択科目制の理解を正確にすることは、普通教育段階で学生に一般基礎知識を十分に持たせることを基本とし、彼らの天性と素質に合った教育を行うことに関する党の政策を実現するのに優先的な問題となる。

    ・「選択科目制」:高級中学校の教育課程内で誰もが共通して、義務的に学ばなければならない必修科目と共に、天性と素質を発揚させることに必要な科目をさらに設定して教育する教授管理制度

    ・文学科目の場合:文学創作、文学史、文学評論に素質がある学生がいるので、文学創作、文学理論、文学評論、文学史のような細分化された科目を選択科目として定める。そうした学生は、大学でさらに文学に関する専門知識を深め、文学専門家として成長する。

    ・選択科目制教育を実施する目的:普通教育段階で学生に彼らの転成と素質に合った教育をし、様々な分野の優秀な人材を育てる十分な基礎を作るところにある。

    ・課外教育と選択科目制の違い:課外教育は、学生の天性的な才能と素質を開発し、多方面的な文化的素養を育てる(してみたいことを全てやらせる)。一方、選択科目制は学生の転成的な才能と素質を開発し、当該分野の優れた人材を育てる(自分の素質と個性に合った方向を明確に選定し、そこに力を集中させる)。

    ・これまでも教育部門では、天性と素質に合った教育を行ってきたにもかかわらず、今日、それが重要だと強調されているのは、党が提示した社会主義の全面的発展のためには世界的な競争力がある様々な分野の人材が必要となる。世界各国でも、人材を育てるために天性と素質を正確に確定し、理想目標と発展方向を提示してやり、選択教育を強化している。

    ・党が提示した「20×10政策」を教育で支えるためにも選択科目制は重要だ。地方工業を発展させるためには、技術者、技能工が必要となる。こうした人材を育成するためにも天性と素質に合った教育をする必要がある。
    https://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#
    ・選択科目制を実施するに際して関心を持たなければならない重要な問題:選択科目を正しく設定し、教科書や参考書など物質的条件と環境を作り、選択科目教員を計画的に養成、天性と素質を科学的判定することなどが重要です。教員が学生の天性と素質を判定する実務的な資質とそれを実施するための制度的装置が必要だ。学生の天性と素質は学校でだけではなく、家庭でも見られるので、教員は親との協力が必要になる。

    ・親は自分の主観的な見方で子供の天性と素質を判断する傾向がある。天性と資質を無視すると、子供は絶対に人材として育たない。親は子供に対する信頼と自信を持たなければならない。

    20240412 senta1
    Source: KCTV, 2024/04/12

    20240412 sena1223
    Source: KCTV, 2024/04/12

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR