FC2ブログ

    「朝鮮民主主義人民共和国外務省、金ソンギョン国際機構担当副相談話」:「人権決議」を排撃 (2024年4月5日 「朝鮮中央通信」)

    5日、「朝鮮中央通信」に以下。

    *****************
    朝鮮民主主義人民共和国外務省、金ソンギョン国際機構担当副相談話
    조선민주주의인민공화국 외무성 김선경 국제기구담당 부상 담화

    4日、国連人権理事会第55回会議で米国と追従勢力共が不法無道な反共和国「人権決議」を再び強圧採択した。
    지난 4일 유엔인권리사회 제55차회의에서 미국과 그 추종세력들이 불법무도한 반공화국《인권결의》를 또다시 강압채택하였다.

    私は、尊厳高い我が国の主権と社会主義制度を転覆しようという下心の下、米国と追従勢力がデッチ上げた反共和国「人権決議」採択騒動を厳重な自主権侵害、内政干渉行為と烙印し、断固として糾弾、排撃する。
    나는 존엄높은 우리 국가의 주권과 사회주의제도를 전복하려는 흉심밑에 미국과 그 추종세력들이 조작한 반공화국《인권결의》채택놀음을 엄중한 자주권침해,내정간섭행위로 락인하며 단호히 규탄배격한다.

    朝鮮民主主義人民共和国を敵対視する精力が中心となりデッチ上げた反共和国「人権決議」は我が国の真の人権保障政策と実状を根拠もなく中傷するあらゆる虚偽謀略資料で一貫された政治詐欺文書に過ぎない。
    조선민주주의인민공화국을 적대시하는 세력들이 주동이 되여 꾸며낸 반공화국《인권결의》는 우리 국가의 참다운 인권보장정책과 실상을 터무니없이 헐뜯는 온갖 허위모략자료들로 일관된 정치협잡문서에 불과하다.

    人民大衆第一主義を国策としている朝鮮民主主義人民共和国では、人民の権益が最優先、絶対視されており、人民大衆の理想と要求に徹底して合致する真の人権が保障されている。
    인민대중제일주의를 국책으로 하고있는 조선민주주의인민공화국에서는 인민의 권익이 최우선,절대시되고있으며 인민대중의 리상과 요구에 철저히 부합되는 참다운 인권이 보장되고있다.

    人民の自主的権利と福利を全的に責任を持ち、切れ目なく増進させていく朝鮮民主主義人民共和国の社会政治制度を中傷し、崩壊させようという米国と追従勢力の敵対行為は、人民の諸般の人権の最大の脅威となっている最も極悪な反人倫的蛮行となる。
    인민의 자주적권리와 복리를 전적으로 책임지고 끊임없이 증진시켜나가는 조선민주주의인민공화국의 사회정치제도를 헐뜯고 붕괴시키려는 미국과 그 추종세력들의 적대행위는 우리 인민의 제반 인권을 최대로 위협하는 가장 극악한 반인륜적만행으로 된다.

    日を追う毎に悪辣になっている敵対勢力の反共和国「人権」騒動は、朝鮮民主主義人民共和国との政治軍事的対決で窮地に追いやられた米国の不安、焦燥した敗北心理と道徳的劣勢をさらにはっきりとさせており、我々人民の対米対敵意識だけお倍加させている。
    날이 갈수록 악랄해지고있는 적대세력들의 반공화국《인권》소동은 조선민주주의인민공화국과의 정치군사적대결에서 궁지에 몰린 미국의 불안초조한 패배심리와 도덕적렬세를 더욱 부각시켜주고있으며 우리 인민의 대미대적의지만을 배가해주고있다.

    私はこの機会に国連憲章の原則に基づく国家間の尊重と協力を図り、世界的な人権保護増進に貢献しなければならない国連人権機構が米国と西側の不純な政治的目的実現の道具として盗用されていることについて再び強い憂慮を示す。
    나는 이 기회에 유엔헌장의 원칙에 기초한 국가들사이의 존중과 협력을 도모하여 세계적인 인권보호증진에 이바지해야 할 유엔인권기구들이 미국과 서방의 불순한 정치적목적실현의 도구로 도용되고있는데 대하여 다시금 강한 우려를 표시한다.

    米国と西側勢力が国連の舞台で行っている「人権」騒動は、決して正義と平等を指向する国際社会の民心を代表していない。
    미국과 서방세력들이 유엔무대에서 벌리고있는 《인권》소동은 결코 정의와 평등을 지향하는 국제사회의 민심을 대표하지 못한다.

    多くの国連加盟国は対朝鮮「人権決議」採択慣行こそが米国と西側の強権と専横により日々、政治化、対決化されている国連人権舞台の遺憾な現実態をそのまま示している縮図だと公正に評価している。
    많은 유엔성원국들은 대조선《인권결의》채택관행이야말로 미국과 서방의 강권과 전횡에 의해 날로 정치화,대결화되여가고있는 유엔인권무대의 유감스러운 현 실태를 그대로 보여주는 축도라고 공정하게 평가하고있다.

    今日、国家主権の侵害が不可避に人権蹂躙へと繋がっている冷酷な現実は、人権保護と主権守護の不可分離性を再び立証している。
    오늘날 국가주권의 침해가 불피코 인권유린에로 이어지고있는 랭혹한 현실은 인권보호와 주권수호의 불가분리성을 다시금 립증해주고있다.

    敵対勢力共のあらゆる威嚇と謀略策動から国家の主権と尊厳、人民の国益を徹底して守護しようという朝鮮民主主義人民共和国の立場は絶対不変である。
    적대세력들의 온갖 위협과 모략책동으로부터 국가의 주권과 존엄,인민들의 권익을 철저히 수호하려는 조선민주주의인민공화국의 립장은 절대불변하다.

    「人権擁護」の看板の下で我々の主権を侵害しようとしている敵対勢力の策動は破産を免れない。
    《인권옹호》의 간판밑에 우리의 주권을 침해하려는 적대세력들의 책동은 파산을 면치 못할것이다.

    主体113(2024)年4月5日
    주체113(2024)년 4월 5일
    平壌
    평 양(끝)
    www.kcna.kp (주체113.4.5.)

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR