FC2ブログ

    「不穏なサムライ末裔共の参拝騒動」:「制服組」の靖国参拝を非難、「軍事強国」を「再侵略」すれば「再生不能」になる (2024年1月18日 「朝鮮中央通信」)

    18日、「朝鮮中央通信」に以下。

    ********************
    不穏なサムライ末裔共の参拝騒動
    심상치 않은 사무라이후예들의 참배놀음
    조선중앙통신사 론평

    (평양 1월 18일발 조선중앙통신)

    軍国主義の亡霊が徘徊している日本で、新年早々から靖国神社に対する「異例な」集団参拝騒動が起こった。
    군국주의망령이 배회하는 일본에서 새해벽두부터 야스구니진쟈에 대한 《류다른》 집단참배놀음이 벌어졌다.

    陸上「自衛隊」陸上幕僚監部、副幕僚長をはじめとした数十人に達する「制服組」高位人物達が神社に押し寄せ、戦犯者の位牌の前で頭を下げたのだ。
    륙상《자위대》 륙상막료감부 부막료장을 비롯한 수십명에 달하는 《제복조》고위인물들이 진쟈로 몰려가 전범자들의 위패앞에 머리를 조아린것이다.

    過去、日本では政治家が春期大祭だの、秋期大祭だのと言いながら、各種の機会に靖国神社に対する供物奉納と参拝を「伝統化」することにより、それらが行われる度に国際社会の糾弾と抗議を受けていた。
    지난 시기 일본에서는 정객들이 봄철대제요,가을철대제요 하면서 각종 계기들에 야스구니진쟈에 대한 공물봉납과 참배를 《전통화》한것으로 하여 사사건건 국제사회의 규탄과 항의를 불러일으켰다.

    しかし今年には、年初から「制服組」が神社へと出動し、「厳粛な儀式」を行ったのを見ると、その意味が非常に不穏である。
    그러나 올해에는 년초부터 《제복조》가 진쟈에로 출동하여 《엄숙한 의식》을 차린것을 보면 그 의미가 매우 심상치 않다.

    今、朝鮮半島に米国と傀儡戦争チンピラ共の狂的な行為で武力衝突が誘発される極端な状況が醸成されていることは、周知の事実である。
    지금 조선반도에 미국과 괴뢰 전쟁깡패들의 광적인 행위로 무력충돌이 유발될수 있는 극단상황이 조성되여있다는것은 주지의 사실이다.

    特に、昨年、日本は米国、傀儡一味と共和国を狙った「3者軍事訓練例年化」について謀議し、「ミサイル警報情報実時間共有体制」を正常に稼働させるなど、朝鮮半島をめぐる安全環境に脅威となることをわざわざ行った。
    특히 지난해 일본은 미국,괴뢰패당과 우리 공화국을 겨냥한 《3자군사훈련 년례화》에 대해 모의하고 《미싸일경보정보 실시간공유체제》를 정식 가동시키는 등 조선반도를 둘러싼 안전환경에 위해로운짓들만 골라하였다.

    それに毎年、史上最高を更新する日本の「防衛費」増強とそれに伴う尖端攻撃型武装装備開発及び購入、国内外での各種の訓練を通した戦争能力熟達で、今日の「自衛隊」武力は「専守防衛」の範囲を遙かに超越した侵略武力に徹底して変身した。
    여기에 해마다 사상최고를 갱신하는 일본의 《방위비》증강과 그에 따른 첨단공격형무장장비개발 및 구입,국내외에서의 각종 훈련을 통한 전쟁능력숙달로 오늘날의 《자위대》무력은 《전수방위》의 범위를 훨씬 초월한 침략무력으로 철저히 변신하였다.

    まさにこうしたときに、侵略武力の親分共が集団的に靖国神社を参拝したのは、米国と傀儡一味の間の3角軍事協力を通して朝鮮半島に対する武力展開と侵略的海外軍事活動に「適法性」を付与し、今年をそれほどまで願ってきた再侵略野望実現の「決定的な年」にすることで、過ぎた世紀の血生臭い侵略の歴史を再び復活させるという「意志」を内外に「闡明」にしたのに他ならない。
    바로 이러한 때에 침략무력의 우두머리들이 집단적으로 야스구니진쟈를 참배한것은 미국과 괴뢰패당사이의 3각군사공조를 통해 조선반도에 대한 무력전개와 침략적해외군사활동에 《적법성》을 부여하고 올해를 그토록 바라던 재침야망실현의 《결정적인 해》로 만듦으로써 지난 세기의 피비린 침략력사를 다시 써나가겠다는 《의지》를 내외에 《천명》한것이나 다름이 없다.

    つまり、戦争の危機が一層、高まっている朝鮮半島に「自衛隊」武力を出動させて漁夫の利を得ることで、再侵略野望も、「大東亜共栄圏」の昔の妄想も実現しようと軍国主義の亡霊達の前で「盟約」したと考えられる。
    다시말하여 전쟁위기가 한껏 고조되고있는 조선반도에 《자위대》무력을 출병시켜 어부지리를 얻음으로써 재침야망도,《대동아공영권》의 옛 망상도 실현해보겠노라고 군국주의망령들앞에서 《맹약》하였다고 볼수 있다.

    しかし日本は、彼らがいかなる相手に向かって再侵略の刀を振るのか慎重に考えなければならず、その相手が不義を憎悪する正義の軍事強国であることを肝に銘じなければならない。
    그러나 일본은 저들이 어떤 상대를 향해 재침의 칼을 빼들었는지 심사숙고해야 하며 그 상대가 불의를 증오하는 정의로운 자주의 군사강국이라는것을 명심해야 한다.

    日本が過去の侵略の歴史を繰り返す場合、もたらされるのはたった一つ、再生不能な運命だけである。
    일본이 과거의 침략력사를 되풀이하는 경우 차례질것은 오직 하나 재생불능의 운명뿐이다.(끝)
    www.kcna.kp (주체113.1.18.)

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR