FC2ブログ

    「人間性が死滅した腐って病んだ日本社会」 (2023年12月24日 「朝鮮中央通信」)

    24日、「朝鮮中央通信」に以下。

    ************************
    人間性が死滅した腐って病んだ日本社会
    인간성이 사멸된 썩고 병든 일본사회

    (평양 12월 24일발 조선중앙통신)

    24日付け「民主朝鮮」に掲載された記事「人間性が死滅した腐って病んだ日本社会」の全文は次のとおり。
    24일부 《민주조선》에 실린 개인필명의 글 《인간성이 사멸된 썩고 병든 일본사회》의 전문은 다음과 같다.

    極度の人間憎悪思想が蔓延している資本主義社会は、人々の指向と行動までも黄金の付属品にする腐って病んだ社会である。
    극도의 인간증오사상이 만연하는 자본주의사회는 사람들의 사고와 행동까지도 황금의 부속물로 만드는 썩고 병든 사회이다.

    日本の例を見てみよう。
    일본의 경우를 놓고보자.

    少し前、千葉県船橋市では、40代の男性が自分の母を刃物で刺して無残に殺害する事件が発生した。その前には、大分県では息子が自分の父親を窒息させて殺す事件が発生して物議を醸した。
    얼마전 지바현 후나바시시에서는 40대의 남성이 자기 어머니를 칼로 찔러 무참히 살해하는 사건이 발생하였다.앞서 오이다현에서는 아들이 자기 아버지를 질식시켜 죽이는 사건이 발생하여 물의를 일으켰다.

    今、日本では金のためなら誰であれ対象に関係なく殺すことが普遍的な現象となっている。
    지금 일본에서는 돈을 위해서라면 그가 누구이든 대상에 관계없이 서로 죽일내기를 하는것이 보편적인 현상으로 되고있다.

    今年だけでも、北海道の札幌市で73歳の妻が夫を殺害した事件、茨城県で息子が家で一緒に暮らしていた年老いた母親をタオルを口に入れて窒息させて殺した事件、大阪府の八尾市のある住宅で夫が真夜中に妻を刃物で刺して殺した事件、栃木県で30代の女性が自分が生んだ子供を殺して捨てた事件をはじめとし、実の親この間で発生している血生臭い殺人犯罪が毎日のように行われている。
    올해에만 놓고보아도 혹가이도의 삿뽀로시에서 73살 난 안해가 남편을 살해한 사건,이바라기현에서 아들이 집에서 같이 살고있던 늙은 어머니를 수건으로 목을 졸라 질식시켜 죽인 사건,오사까부의 야오시에 있는 한 주택에서 남편이 한밤중에 안해를 칼로 찔러죽인 사건,도찌기현에서 30대의 녀성이 자기가 낳은 애기를 죽여 내버린 사건을 비롯하여 친혈육들사이에 벌어지는 피비린 살인범죄가 매일과 같이 감행되였다.

    大量に発生するこうした犯罪行為は、人々を黄金の奴隷に、精神的障害者にした腐って病んだ日本社会の必然的な産物である。
    꼬리를 물고 일어나는 이러한 범죄행위들은 사람들을 황금의 노예로,정신적불구자로 만들어놓은 썩고 병든 일본사회의 필연적산물이다.

    「私が生きるためには、私が殺さなければならない」という弱肉強食の生活感が骨に染みこんだ自分自身のためならば他人はもちろん、父母子供や親戚、同僚をたいしょうに殺人や強盗行為を躊躇なく行っている。
    《내가 살자면 네가 죽어야 한다.》는 약육강식의 생활관에 물젖은자들은 오직 자기자신을 위해서라면 남은 물론이고 부모처자와 친척,동료들을 대상으로 살인과 강도행위를 서슴지 않고있다.

    いつだったかある殺人犯罪者は陳実でこのように吐露した。
    언제인가 한 살인범죄자는 진술에서 이렇게 뇌까렸다.

    「金は私にとって親よりも大切だ。金のためなら何も恐れることはなく、後悔することもない。だから、親を私の手で殺してしまった。」
    《돈은 나에게 있어서 부모보다도 귀중했다.돈을 위해서라면 그 무엇도 두려울것이 없었고 후회할것도 없었다.그래서 부모를 내 손으로 죽여버렸다.》

    これがまさに「経済成長」と「文明」について騒ぎ立てている日本社会の末世紀的実状である。
    이것이 바로 《경제성장》과 《문명》에 대해 떠들어대고있는 일본사회의 말세기적실상이다.

    だから、ある大学教授は日本社会に蔓延している弱肉強食の生存方式、極度の人間憎悪思想が人々を親も、人間の初歩的な倫理も知らない野獣、精神的奇形児にしてしまったと慨嘆した。
    하기에 한 대학교수는 일본사회에 만연된 약육강식의 생존방식,극도의 인간증오사상이 사람들을 부모도,인간의 초보적인 륜리도 모르는 야수로,정신적기형아로 만든다고 개탄하였다.

    立て続けに発生している殺人犯罪のせいで、日本では人々が自分の家に訪れるお客を嫌がり、街でも歩いてくる人々を恐れており、さらには親戚や家族まで警戒し、排斥している。
    련이어 벌어지는 살인범죄때문에 일본에서는 사람들이 자기 집에 찾아오는 손님을 꺼려하고 거리에서도 마주치는 사람들을 두려워하고있으며 지어는 친척과 가족들까지 경계하고 배척하고있다.

    現実は、極度の個人主義、黄金万能主義が支配する日本、さらには資本主義社会こそが人間性が死滅した腐って病んだ社会、人が生きられない人間生き地獄だということを如実に示している。
    현실은 극도의 개인주의,황금만능주의가 지배하는 일본,나아가서 자본주의사회야말로 인간성이 사멸된 썩고 병든 사회,사람 못살 인간생지옥이라는것을 여실히 보여주고있다.(끝)
    www.kcna.kp (주체112.12.24.)

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR