FC2ブログ

    「朝鮮労働党中央委員会、金ヨジョン副部長談話」:米国連大使の「朝米対話再開」発言には留意するも、「主権」(核)放棄は拒否 (2023年11月30日 「朝鮮中央通信」)

    30日、「朝鮮中央通信」に以下。

    ***************
    朝鮮労働党中央委員会、金ヨジョン副部長談話
    조선로동당 중앙위원회 김여정부부장 담화

    私は国連憲章の目的と原則が厳格に尊重されなければならない国連安全保障理事会が、米国とそれに追従する一部の勢力により主権国家の自主権が乱暴に蹂躙され、極度のダブルスタンダードが破廉恥に作用し、不正義と強権が乱舞している無法天地に変質していることについて慨嘆し、これを断固として糾弾、排撃する。
    나는 유엔헌장의 목적과 원칙이 엄격히 존중되여야 할 유엔안전보장리사회가 미국과 그에 추종하는 일부 세력들에 의해 주권국가들의 자주권이 란폭하게 유린되고 극도의 이중기준이 파렴치하게 적용되며 부정의와 강권이 란무하는 무법천지로 변질되고있는데 대하여 개탄하며 이를 단호히 규탄배격한다.

    米国とその追従勢力の強盗的要求により、我々の偵察衛星発射と関連して招集された国連安全保障理事会公開会議の全過程は、朝鮮民主主義人民共和国の主権的権利を拒否する一部の国連加盟国の非合理的な論拠がどれほど飛躍し、虚偽的で、下劣であるのかを示している。
    미국과 그 추종세력들의 강도적요구에 따라 우리의 정찰위성발사와 관련하여 소집된 유엔안전보장리사회 공개회의의 전 과정은 조선민주주의인민공화국의 주권적권리들을 거부하는 일부 유엔성원국들의 비합리적인 론거가 얼마나 박약하고 허위적이며 루추한가를 자명하게 보여주고있다.

    私は、国連駐在米国代表、トーマス・グリーンフィールドが、論駁する余地がない朝鮮民主主義人民共和国の宇宙開発権を「不法」だと決めつけるほどの名分的根拠が不足していることからして、米国をまるで現状況の「犠牲者」のように描写しながら、彼らの「意味のある対話」の立場と「平和的解決」努力を汲々として説明したことについて留意した。
    나는 유엔주재 미국대표 토마스 그린필드가 론박할 여지가 없는 조선민주주의인민공화국의 우주개발권리를 《불법》으로 밀어붙일만한 명분적근거가 부족한데로부터 미국을 마치 현 상황의 《희생자》처럼 묘사하면서 저들의 《의미있는 대화》립장과 《평화적해결》노력을 구구히 설명한데 대하여 류의하였다.

    しかし、トーマス・グリンフィールドは、米国の武器が朝鮮民主主義人民共和国を狙っていなかったと断言する前に、平壌から僅か500から600kmしか離れていない南朝鮮の軍港に時に関係なく出没している戦略的目標がどこから、なぜ来たのかを明白に解明しなければならなかった。
    하지만 토마스 그린필드는 미국의 무기들이 조선민주주의인민공화국을 겨냥하지 않았다고 장담하기에 앞서 평양으로부터 불과 500~600㎞ 떨어진 남조선의 항구들에 때없이 출몰하고있는 전략적목표들이 어디에서,왜 온것인가를 명백히 해명해야 했을것이다.

    ペンタゴンも米国の「外交的関与」の立場と「対話再開」努力が腸炎半島地域に展開された米核航空母艦と核潜水艦の挑発的な軍事活動とどのような調和を成しているのかについて国連駐在の自分の代表がもう少し論理的に弁明できるように幇助してやらなければならなかった。
    펜타곤도 미국의 《외교적관여》립장과 《대화재개》노력이 조선반도지역에 전개된 미핵항공모함과 핵잠수함의 도발적인 군사활동과 어떤 조화를 이루고있는지에 대해 유엔주재 자기 대표가 좀더 론리있게 변명할수 있도록 방조해주었어야 했을것이다.

    言葉と行動が全く異なる米国の両面的立場と行動こそが、強権と専横の極致であるダブルスタンダードと共に、朝鮮半島地域の平和と安定を破壊している悪性因子である。
    말과 행동이 전혀 다른 미국의 량면적립장과 행태야말로 강권과 전횡의 극치인 이중기준과 더불어 조선반도지역의 평화와 안정을 파괴하는 악성인자이다.

    正面では対話について云々しながら、裏では軍事力を振り回わすのが米国が選好する「力を通した平和」であるなら、対話にも対決にも同じように準備しなければならず、特に対決にさらに徹底して準備しなければならないというのが我々の一貫した対米スタンスである。
    앞에서는 대화타령을 늘어놓고 뒤에서는 군사력을 휘두르는것이 미국이 선호하는 《힘을 통한 평화》라면 대화에도 대결에도 다같이 준비되여야 하며 특히 대결에 더 철저히 준비되여야 한다는것이 우리의 일관한 대미립장이다.

    今回の機会に我々と朝米対話再開の時間と議題を定めろと言った米国に再び明白にしておく。
    이번 기회에 우리더러 조미대화재개의 시간과 의제를 정하라고 한 미국에 다시한번 명백히 해둔다.

    主権国家の自主権は、いかなる場合にも交渉議題になり得ず、それにより我々が米国と向かい合って座ることは起きない。
    주권국가의 자주권은 그 어떤 경우에도 협상의제로 될수 없으며 그로 인해 우리가 미국과 마주앉는 일은 일어나지 않을것이다.

    国際平和と安全に関する主な危険は、超せっh民主主義人民共和国の主権的権利行使から来ているのではなく、それを誹謗し、抑圧しようとしている米国の強権と専横から来ている。
    국제평화와 안전에 대한 주되는 위협은 조선민주주의인민공화국의 주권적권리행사에서 오는것이 아니라 이를 훼방하고 억압하려는 미국의 강권과 전횡으로부터 초래되고있다.

    我が国の主権的権利に属する全てを育てて行くための我々の努力は継続され、朝鮮民主主義人民共和国は全ての国連加盟国が享有している主権的権利を今後も継続して堂々と、制限なく行使していく。
    우리 국가의 주권적권리에 속하는 모든것을 키워나가기 위한 우리의 노력은 계속될것이며 조선민주주의인민공화국은 모든 유엔성원국들이 향유하는 주권적권리들을 앞으로도 계속 당당히,제한없이 행사해나갈것이다.

    主体112(2023)年11月29日
    주체112(2023)년 11월 29일
    平壌
    평 양(끝)
    www.kcna.kp (주체112.11.30.)

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR