FC2ブログ

    2024年のベストTシャツ、「娘様」が2番目、衛星の大型太陽光パネル4枚 (2023年11月24日 「朝鮮中央通信」)

    24日、「元帥様」と「娘様」、「女史」、「(第1)副部長同志」が総出で参加した偵察衛星打ち上げに貢献した科学者・技術者をねぎらう宴会の様子が「朝鮮中央通信」などで報じられている。金ファミリーを紹介する部分では、「元帥様」の次は「女史」ではなく、「尊敬する娘様」となっている。「尊敬する」が「娘様と女史」なのか、「娘様」だけなのかは不明ながら、これまでも「娘様」と「女史」には「尊敬する」が使われてきているので、両方と考えるべきであろう。しかし、「女史」よりも「娘様」を先に出しているのは、やはり「後継者」としての位置づけを明確にするためと思われる。一方、記念撮影の記事では「娘様」に「愛する」が使われている点にも留意しておく必要はある。

    また、「(第1)副部長同志」は、他の「副部長」とは異なり、「副部長」として紹介されていない。閲兵式のように隅の方にたっているまだまなしも、メインテーブルに座っているのに「副部長」として紹介していないのは、「副部長」としての参席ではなく金ファミリーとしての参席を示すためだと思われる。「(第1)副部長同志」はこれまで、正式に「元帥様」との関係は北朝鮮メディアで報じられていない。人民は妹であることを知っているだろうが・・・

    いずれにせよ、今回の発射成功に金ファミリー、とりわけ「元帥様」と「娘様」が大きく貢献したことを示す意味合いがあると思われる。想定していた「元帥様がお一人で労苦され」というパターンにはならなかったようだ。5月の発射失敗により、それ以前の準備状況報道を北朝鮮系webから削除したぐらいなので、失敗の痛手は「元帥様」、それよりもミサイル、衛星と順調にデビューを進めていた「娘様」にとって大きかったのだろう。

    今回の発射成功でその痛手は挽回され、金ファミリー総出でという形になったものと思われる。今後、「娘様」の露出も再び増加するのではないだろうか。

    「元帥様」と崔ソンフィ外相以外は、全ておそろいのTシャツを着ている。Tシャツのデザインはもちろん「国家航空宇宙技術総局」のマーク。同「総局」は、9月の第14期第9回最高人民会議で名称変更されているが、5月と8月の発射失敗とも関連しているものと思われる。

    また、発射場にいた白い服の科学者・技術者の胸のワッペンはよく見ると「国家宇宙開発局(NADA)」のものであり、韓国メディアなどはそれに目をつけて、「間に合わなかったのだろう」などと揶揄していた。北朝鮮も当然それを見ているはずなので、見ろとばかりに「NATA」マークが入ったTシャツを参加者全員に着させたのであろう。「元帥様」は特別なので良いとし、外相だけが着ていないのはサイズが合わなかったからだと思われる。崔外相は朝鮮人女性としてはかなり体格が良い。

    20241124 PIC0077379
    Source: KCNA, 2023/11/24

    PIC0077380.jpg
    Source: KCNA, 2023/11/24

    もう一つ、背景の絵にある「万里鏡-1」に注目する必要がある。絵を見ると「万里鏡-1」は太陽光パネルを4枚備えており、明らかに衛星の大型化を示している。

    20241124 PIC0077378
    Source: KCNA, 2023/11/24

    北朝鮮の切手に描かれた「光明星-4」の太陽光パネルは小さく、2枚ないしは3枚のように見える。
    スクリーンショット 2023-11-24 124847

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR