FC2ブログ

    「進め朝鮮よ、並進路線で前に」:新しく出た歌、米中韓外交、日本の靖国参拝、開城工団 (2013年4月25日 「朝鮮中央TV」)

    今朝から、「労働新聞」と「中央通信」への接続がほぼできなくなっている。「労働新聞」には「核と平和」なる「政論」が出ていて読みたいと思っているのだが、記事への接続ができない。uriminzokkiriも朝一時的に復活していたが、再び接続不能な状態に陥っている。

    今朝は、北朝鮮の休日となので朝9時から「朝鮮中央TV」の放送をしている。ずっと眺めているのだが、特別な内容のものはない。1時間ぐらい前には、朝鮮人民軍創建60周年の時の記録映画を再放送していた。例の金正日さんの北朝鮮でテレビ放送された「英雄的朝鮮人民軍将兵たちに、栄光あれ!」という唯一の肉声が収録させている記録映画である。こちらも、既に何回か見たので横目で眺めていたが、苦難の行軍に入っていく前の映像なので、人民軍兵士の中に背が低い人はほとんど見られない。

    北朝鮮系メディアが全滅しているので、米国や中国のサイトを見ながらコメントを残したりしていた。China Daily.comでは、「新華社」の記事を引用しながら韓国の尹炳世外相と中国の李克強首相と会談をし朝鮮半島の非核化に向けて協力をしていくことを確認したというニュースを伝えている。また、中国のウ・ダウェイ朝鮮半島担当特使がワシントンを訪問してグリン・デービス米国務省対北朝鮮政策特別代表などと会談をしたことを伝えながら、「静かな外交が進展している」と北朝鮮問題解決に向けて米中韓が接触をしていることを伝えている。ウ・ダウェイさんとデービスさんが具体的にどのような話をしたのかは、米国務省定例記者会見でも「協力していくことで合意」以上の内容については明らかにされていない。今後、ウ・ダウェイさんが北朝鮮訪問をするかどうかが焦点となるが、するにしても米韓合同演習終了後ということになろう。

    China Daily.com, "Chinese premier meets ROK foreign minister", http://usa.chinadaily.com.cn/china/2013-04/24/content_16446923.htm
    China Daily.com,"Beijing vows to continue easing Korean tensions", http://usa.chinadaily.com.cn/china/2013-04/25/content_16447136.htm
    China Daily.com, "Envoy's visit excites hope of DPRK talks", http://usa.chinadaily.com.cn/epaper/2013-04/23/content_16438413.htm
    U.S. Department of State, "Daily Press Briefing", http://www.state.gov/r/pa/prs/dpb/2013/04/207905.htm#DPRK

    北朝鮮は、昨年、3回目の核実験を思いとどまらせるために北朝鮮を訪れようとしたウさんの訪問を拒否したと伝えられている。今回、北朝鮮がウ訪問に対してどのような回答を出すかは分からないが、「朝鮮中央通信」が正常稼働していた昨夜、同通信の記事を見ていて、中国、それも中国政府や人民解放軍の動向を伝える記事が増えているのではないかと思った。対内向けの「労働新聞」でも同様の傾向が見られるのか確認したかったのだが、サーバーが重く関連記事を抽出することができなかった。詳しく調べてみる必要はあるが、中国関連の報道を北朝鮮が再開しているとすれば、水面下で中朝交渉が行われ両国関係が修復に向かって動き出している可能性もある。

    The Voice of Russia「日本語版」、 「北朝鮮 核実験に関する交渉のための中国特使の受け入れを拒否」、http://japanese.ruvr.ru/2013_02_07/103894448/

    日本はといえば、安倍内閣閣僚の靖国参拝を巡り韓中との間で摩擦が生じている。安倍さんは独自の歴史観を表明したりしながら、韓中に「北朝鮮問題での協力」を呼びかけているが、北朝鮮問題解決にどれほどのプライオリティーをおいているのか疑わしい。確かに、北朝鮮の脅威を煽りながら日本の軍備強化や日米同盟関係強化などを目指していはいるものの、実は北朝鮮の脅威は口実に過ぎないような気がしてならない。もし、北朝鮮の脅威に本当に対処しようとするならば、そして彼が主張するように「飴と鞭」を使いながらしようとするのであれば、韓国や中国との協力を阻害するようなことは敢えてしなかったのではないだろうか。日本は米国と協力していれば全て上手くいくというのが彼の認識なのかもしれないが、その米国ですらそんな安倍政権に一抹の不安を感じているはずである。安倍さんが中韓に対して靖国参拝と北朝鮮問題でトレードをしようとしたのであれば、それは全く間違った認識である。中韓にとっては、北朝鮮問題と性質は異なれどその重要性においては靖国参拝問題も全く変わらない。特に、誕生直後の両国の政権にとっては、対内的に絶対に譲れない問題である。

    韓国・統一部の開城工業団地に関する話し合いを再び北朝鮮側に求めた。その内容は以下のとおり。

    1.北朝鮮の4月3日の開城工団に対する一方的通行遮断と、4月8日の開城工団暫定中断措置以後、開城工団に在留している我が方人員は、食材・医療品などの不足により深刻な状態にあり、投資企業も大きな被害と苦痛を被っている。

    2.韓国政府は、何よりも在留中の我が国民が置かれている人道的問題を解消することが至急であるという認識のもと、昨日(4月24日)、我が方の開城工業地区管理委員長と北朝鮮中央特区開発指導総局長間の面談を提起し、次のような事項を要求した。

    ・開城工団の問題解決のためには、まず北朝鮮の最小限の措置が必要である。
    ・特に、我が方人員の人道的問題を解消するための医療陣と食材の運送のための最少人員の訪北を北朝鮮側が認めなければならない。

    3.しかし、北朝鮮は、こうした我が方の面談提起を拒否し、我が方の要求事項を盛り込んだ書面文献の受け取りさえも拒否した。

    ・北朝鮮が開城工団の我が方勤務者のための最低限の人道的措置を拒否したのは、非常に遺憾である。

    4.こうした状況のまま現在の開城工団状況を長期的に放置することはできない。

    5.したがって、我が政府は、今日(4月25日)、開城工団勤務者の人道的問題解決と開城高弾性浄化のための責任ある南北当局間の実務会談開催を北朝鮮当局に対して公式に提案する。

    ・北朝鮮当局に対して明日(4月26日)午前までに我々の当局間実務会談提案に対する立場を回答するよう要求する。

    6.開城工団が安定的に維持・発展しなければならないという我が政府の確固たる立場は変わらないが、北朝鮮が今回、我が方が提案している当局間会談さえ拒否するのであれば、我々としては重大な措置を取らなければならないと言うことを明らかにしておく。

    北朝鮮が「人道」に乗ってくるのか「重大な措置」に反発するのかはまだ分からない。また、韓国側が挙げる「重大な措置」が実際に何を示しているのかも分からない。韓国としても開城工団に残っている人々が心配なのであろうが、人道的というのであれば彼らを撤収させれば良いだけの話である。北朝鮮も出て行くことは禁止していない。しかし、そうなるとますます再操業が難しくなるので彼らをなんと残留させ、ギリギリの提案をしているのであろう。いずれ、北朝鮮が回答を出すであろうが、現状、「中央TV」以外ではフォローできなくなってしまっている。

    統一部、「統一部スポークスマン声明」、http://www.unikorea.go.kr/CmsWeb/viewPage.req?idx=PG0000000344&boardDataId=BD0000225492&CP0000000002_BO0000000027_Action=boardView&CP0000000002_BO0000000027_ViewName=board/BoardView

    そんなことを考えながら「朝鮮中央TV」を見ていたら「新しい歌」が流れた。今日の放送が初回かは分からないが、相当に「新しい歌」であることは間違いないので紹介しておく。マーチのような曲である。

    「進め朝鮮よ、並進路線で前に」
    20130425-1 kctvasf_009365112
    Source: KCTV、2013.04.25放送

    「進め朝鮮よ、並進路線で前に」
    作詞:ユン・ドゥグン
    作曲:チン・クォン
    編曲:チプ・チェ
    独唱:チャン・ヒョンオク
    出演:銀河水管弦楽団
    指揮:李・ミョンイル

    1.
    進め朝鮮よ、並進路線で前に
    輝かしい太陽旗の祝福を受け
    白頭山大国は進撃していく
    進め朝鮮よ党中央の呼びかけに従い
    経済と核戦力、並進、並進前に

    2.
    この地に侵略の敵がいる限り
    我々が進む道はこの道だけ
    進め朝鮮よ必勝の信念を高く抱き
    経済と核戦力、並進、並進前に

    3.
    経済を建設して幸福を謳歌する
    核兵器を生産し運命を守る
    進め朝鮮よ世界に声高々と
    経済と核戦力、並進、並進前に

    進め朝鮮よ党中央の呼びかけに従い
    経済と核戦力、並進、並進前に

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR