FC2ブログ

    「金正恩同志が在日朝鮮人総連合会中央委員会議長に祝電を送られた」:総連議長米寿、「私の家庭」と「元帥様」、「同志愛の歌」、総連(副)議長が「将軍様」と共に歌う (2023年2月22日 「朝鮮中央通信」)

    22日、「朝鮮中央通信」などに以下。

    **********
    敬愛する金正恩同志が在日本朝鮮人総連合会中央委員会議長に祝電を送られた
    경애하는 김정은동지께서 재일본조선인총련합회 중앙상임위원회 의장에게 축전을 보내시였다

    日本、東京
    일본 도꾜

    在日本朝鮮人総連合会中央委員会議長
    재일본조선인총련합회 중앙상임위원회 의장

    許宗萬同志へ
    허종만동지 앞

    私は議長同志の誕生88周年に際し、偉大な将軍様のお気持ち、私の家庭の真心の染みこんだ長寿の願いを込め、祝賀の挨拶を差し上げます。
    나는 의장동지의 생일 88돐을 맞으며 위대한 장군님의 마음,우리 가정의 진정어린 축수를 담아 열렬한 축하의 인사를 드립니다.

    議長同志は、生涯をひたすら祖国の統一と復興発展のために、在日同胞の尊厳高い生き様と幸福のために、全てを捧げて闘った真の革命家、海外同胞運動の名望高い活動家です。
    의장동지는 한생을 오로지 조국의 통일과 부흥발전을 위하여,재일동포들의 존엄높은 삶과 행복을 위하여 모든것을 다 바쳐 싸운 참다운 혁명가,해외교포운동의 명망높은 활동가입니다.

    我が党と共和国政府は、激しい異国の狂風の中でも「同志愛の歌」を信念と義理の頌歌として高く歌い、偉大な首領様と偉大な将軍様の愛国遺産である総連を英勇に守護、発展させてきた議長同志の特出した功績を高く評価しています。
    우리 당과 공화국정부는 거치른 이역의 광풍속에서도 《동지애의 노래》를 신념과 의리의 송가로 높이 부르며 위대한 수령님과 위대한 장군님의 애국유산인 총련을 영용하게 수호발전시켜온 의장동지의 특출한 공적을 높이 평가하고있습니다.

    親愛なる許宗萬議長同志、
    친애하는 허종만의장동지,

    私は議長同志が主体偉業の永遠なる同行者という価値の高い称号を大切に胸に刻み、総連復興の新時代を切り開くための道でさらに精進して下さることを願いながら、議長同志のご健康と全ての家庭の幸福を祝願します。
    나는 의장동지가 주체위업의 영원한 동행자라는 값높은 칭호를 소중히 간직하고 총련부흥의 새시대를 열어나가기 위한 길에 더욱 정진해주기를 바라면서 의장동지의 귀체건강과 온 가정의 행복을 축원합니다.

    朝鮮民主主義人民共和国国務委員長
    조선민주주의인민공화국 국무위원장
    金正恩
    김정은

    主体112(2023)年2月22日
    주체112(2023)년 2월 22일
    平壌
    평 양(끝)
    www.kcna.kp (주체112.2.22.)

    **************************
    「元帥様」、総連に祝電を送ることはあったが、「議長」の誕生日の祝電はこれが初めてだろう。総連議長の年齢が米寿ということもあり、特に送ったものと思われる。<追記>初めてではないというコメントを頂き、調べたら15、20、21、22年にも祝電を送ったようだ。

    初めの部分で「私の家庭」と言っているが、朝鮮でよく使う全人民による「大家庭」を意味しているのか、「元帥様」ファミリーを言っているのか今一つはっきりしないが、最後に総連議長の「家庭」という言葉も使われているので、「元帥様」ファミリーという意味合いであろう。このようなケースでは普通に使われてきた表現かも知れないが、昨今の「娘様」との関連で、少し気になる部分ではある。

    「同志愛の歌」を持ち出しているが、総連議長の愛唱歌なのか、それとも「大元帥様達」が過去、この歌と総連の関係について何か言ったのだろうか。


    Source: 我々民族同士、2018/02/01

    <追記>
    コメントで「同志愛の歌」と総連(副)議長に関する情報を頂いた。「我々民族同士」の出版物コーナーの書籍の中身なのだが、本の名前は分からない。

    *************************
    一緒に歌われた「同志愛の歌」
    함께 부르신 《동지애의 노래》

    主体80(1991)年5月2日のことだった。
    주체80(1991)년 5월 2일이였다.

    総連のある幹部に会われて長時間、貴重な教示を下さった敬愛する将軍様は、日が暮れてたので彼と素朴な夕食を共にされた。
    총련의 한 일군을 만나시여 오랜 시간 귀중한 가르치심을 주시던 경애하는 장군님께서는 날이 저물자 그와 소박한 저녁식사를 같이하시였다.

    これといったこともしていない自分をそれほどまで手厚く歓待して下さるそのお方の前で彼は恐縮してどうしてよいか分からなかった。
    별로 한 일도 없는 자기를 그처럼 극진히 환대하여주시는 그이앞에서 그는 황송하여 어찌할바를 몰라하였다.

    そして彼に敬愛する将軍様は、手に取って食べ物を勧めながら、気を遣わずに食事をしろ、自分は形式張ったことを好まないと言われ、彼と話をされた。
    그러는 그에게 경애하는 장군님께서는 손수 음식을 권하시며 마음놓고 음식을 들라고, 자신께서는 틀차리는 놀음을 좋아하지 않는다고 하시며 그와 이야기를 나누시였다.

    心置きなく接して下さる将軍様の人間味に惹かれた彼は、緊張をほぐして食事をした。
    허물없이 대해주시는 장군님의 인간미에 끌린 그는 긴장을 풀고 음식을 들었다.

    時間がある程度流れたときだった。
    시간이 어느 정도 흘렀을 때였다.

    敬愛する将軍様は、座中を見回され、この意義深い場で食事だけしているのかと言われ、このように言われた。
    경애하는 장군님께서는 좌중을 둘러보시며 이 뜻깊은 자리에서 그저 음식만 들겠는가고 하시며 이렇게 말씀하시였다.

    「・・・副委員長同志が『同志愛の歌』を上手に歌うそうだが、一度、歌うのが良いと思います」
    《…부의장동무가 〈동지애의 노래〉를 잘 부른다고 하는데 한번 불러보는것이 좋겠습니다.》

    そして、先に拍手をして下さった。
    그러시고는 먼저 박수를 쳐주시였다.

    私がいつだったか彼の息子と会い、話をしたことがあるのだが、そのとき、彼が父が祖国で「同志愛の歌」を学んで来て、楽しそうに歌っていると言っていた。
    내가 언제인가 그의 아들을 만나 이야기를 나눈적이 있었는데 그때 그가 아버지가 조국에서 《동지애의 노래》를 배워가지고 와서 즐겨 부르고있다고 말하였다.

    私がその事実を将軍様に申し上げたのだが、それをお忘れにならずにおられたのだ。
    내가 그 사실을 장군님께 말씀드렸는데 그것을 잊지 않고계시였던것이다.

    間もなく、副委員長が席から立ち上がり、歌を歌い始めた。それほど高くないながらも、深い感情と情緒が染みこんだ旋律で静かな部屋に響いた。
    이윽고 부의장이 자리에서 일어나 노래를 부르기 시작하였다. 그닥 높지 않으면서도 깊은 감정과 정서가 어린 선률이 고요한 방안에 울렸다.

    進む道、厳しくても
    가는 길 험난하다 해도
    試練の峰を越える
    시련의 고비 넘으리



    崇高な感情を抱き、一小節、一小節、歌っていく彼の歌を敬愛する将軍様は思索に耽られ注意深く聞いておられた。
    숭엄한 감정을 안고 한소절한소절 불러나가는 그의 노래를 경애하는 장군님께서는 사색에 잠겨 주의깊이 듣고계시였다.

    岩の上に咲いている花は
    돌우에 피여나는 꽃은
    その真心を育てたもので
    그 정성 키운것이고
    死んでも失わない命は
    죽어도 잃지 않는 생은
    その愛が下さったものだ
    그 사랑 주신거라네

    歌詞に込められた深い意味が胸に響いているのか、この歌詞で副委員長は溢れる嗚咽を抑えながら、すすり泣く声で歌を歌い続けた。
    가사에 담긴 깊은 뜻이 가슴을 울려서인지 이 대목에서 부의장은 넘치는 오열을 삼키며 흐느끼는 소리로 노래를 불러나갔다.

    繰り返されるリフレイン部分に至ったときだった。
    반복되는 후렴부분에 이르렀을 때였다.

    歌を聞かれながら深い思索の海を渡っておられるように荘厳な感情に浸かっておられた敬愛する将軍様も一緒に歌を歌われたのであった。
    노래를 들으시며 깊은 사색의 바다를 건느시듯 숭엄한 감정에 잠겨계시던 경애하는 장군님께서도 함께 노래를 부르시는것이였다.

    雨が降っても、雪が降っても
    비가 오나 눈이 오나
    進まなければならない革命の道に
    가야 할 혁명의 길에
    誓った誓い、変わらずいよう
    다진 맹세 변치 말자
    一つの星を仰ぎ見る
    한별을 우러러보네

    いつのまにか歌は合唱となり高調し、部屋の中に大きく響き渡った。
    어느덧 노래는 합창으로 번져졌고 고조되여 방안을 드렁드렁 울리였다.

    歌えば歌うほど、敬愛する将軍様の熱い同志愛が胸にこみ上げ、不変の信念と意志が全身で煮えたぎる歌だった。
    부르면 부를수록 경애하는 장군님의 뜨거운 동지애가 가슴에 안겨와 불변의 신념과 의지가 온몸에 타번지는 노래였다.

    歌が終わると敬愛する将軍様は、真っ先に拍手をして下さり、このように仰った。
    노래가 끝나자 경애하는 장군님께서는 선참으로 박수를 쳐주시며 이렇게 말씀하시였다.

    「・・・『同志愛の歌』をとても上手に歌いました。『同志愛の歌』は良い歌です。我々は『同志愛の歌』の歌詞で表現されているように雨が降っても雪が降っても進まなければならない革命の道で誓った誓い、変わらぬ永遠の同行者にならなければなりません。」
    《…〈동지애의 노래〉를 아주 잘 불렀습니다. 〈동지애의 노래〉는 좋은 노래입니다. 우리는 〈동지애의 노래〉가사에서 표현한것처럼 비가 오나 눈이 오나 가야 할 혁명의 길에서 다진 맹세 변치 않는 영원한 동행자가 되여야 합니다.》

    歌を通して我々全ての胸を熱くした敬愛する将軍様のお言葉を心臓の中に鉄の信念で刻んだ総連幹部は、雨が降っても、雪が降っても、将軍様に誓った誓いを永遠に変えずに進む心臓の決意を繰り返し誓った。
    노래를 통하여 우리모두의 가슴을 뜨겁게 한 경애하는 장군님의 말씀을 심장속에 철의 신념으로 새긴 총련일군은 비가 오나 눈이 오나 장군님께 다진 맹세를 영원히 변치 않고 나아갈 심장의 결의를 다지고 또 다지였다.

    「権威主義にはおべっかが伴うが、信頼と愛には心が伴う 金正日」
    《세도에는 아첨이 따르지만 믿음과 사랑에는 마음이 따른다. 김 정 일 》

    *************************

    こういう「意義深い事情」があり、「元帥様」がこの歌を持ち出したということが分かった。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR