FC2ブログ

    「朝鮮民主主義人民共和国外務省報道官談話」:韓米合同訓練の計画発表を受け、訓練実施ならこれまでにない「持続的で強力な対応」と、3月に偵察衛星発射、固形燃料ミサイル、さらには核実験も (2023年2月17日 「朝鮮中央通信」)

    17日、「朝鮮中央通信」に以下。

    ***********
    朝鮮民主主義人民共和国外務省報道官談話
    조선민주주의인민공화국 외무성 대변인담화

    1月、国連安全保障理事会で我々の自衛権行使を問題視する公開会議を行おうとして失敗した米国が再び少なからぬ加盟国の反対意見を無視したまま安全保障理事会会議を強圧招集した。
    지난 1월 유엔안전보장리사회에서 우리의 자위권행사를 걸고드는 공개회의를 벌려놓으려다 실패한 미국이 또다시 적지 않은 성원국들의 반대의견을 무시한채 안전보장리사회회의를 강압소집하였다.

    これは国際平和と安全保障の重大な責任を持つ国連安保理を彼らの不法無道な対朝鮮敵対視政策実行機構に転落させようという米国の策動がこれ以上許容できない極端なレベルに達していることを示している。
    이것은 국제평화와 안전보장의 중대한 책임을 지닌 유엔안전보장리사회를 저들의 불법무도한 대조선적대시정책실행기구로 전락시키려는 미국의 책동이 더이상 허용할수 없는 극단에 이르고있다는것을 보여주고있다.

    今年に入り、我々は自体の発展計画実現と朝鮮半島と地域の平和と安定を維持することに全ての力を集中してき、主権国家として相応に講じなければならない正常な国防力強化日程の他にはいかなる特定の軍事的行動措置も自制している。
    올해에 들어와 우리는 자체의 발전계획실현과 조선반도와 지역의 평화와 안정을 유지하는데 모든 힘을 집중하여왔으며 주권국가로서 응당히 취해야 할 정상적인 국방력강화일정외에는 그 어떤 특정한 군사적행동조치도 자제하고있다.

    反面、米国と南朝鮮は、年初から朝鮮民主主義人民共和国の安全利益を重大に侵害する憂慮すべき軍事的示威行為を行っている。
    반면에 미국과 남조선은 년초부터 조선민주주의인민공화국의 안전리익을 엄중히 침해하는 우려스러운 군사적시위행위에 매달리고있다.

    1月、米国防長官が南朝鮮を行脚し、我々に対する核兵器使用とさらに多くの戦略資産の朝鮮半島展開について力説した後、米国と南朝鮮は朝鮮西海上空でステルス戦闘機と戦略爆撃機を動員した連合空中訓練を3回も強行し、最近には、米国、日本、南朝鮮が我々に反対する3角軍事協力態勢をさらに強化することで合意した。
    지난 1월 미국방장관이 남조선을 행각하여 우리에 대한 핵무기사용과 더 많은 전략자산의 조선반도전개에 대하여 력설한 이후 미국과 남조선은 조선서해상공에서 스텔스전투기와 전략폭격기를 동원한 련합공중훈련을 3차례나 강행하였으며 최근에는 미국, 일본, 남조선이 우리를 반대하는 3각군사공조태세를 더욱 강화하기로 합의하였다.

    米国と南朝鮮が今年中に20回あまりの各種の合同軍事演習を計画し、その規模と範囲を歴代最大規模の野外機動戦術訓練水準で行おうとしているのは、朝鮮半島と地域情勢を再び重大な緊張激化の渦の中に落とし込むようにするであろうことを予告している。
    미국과 남조선이 올해중에 20여차의 각종 합동군사연습들을 계획하고 그 규모와 범위를 력대 최대규모의 야외기동전술훈련수준에서 벌려놓으려 하는것은 조선반도와 지역정세가 또다시 엄중한 긴장격화의 소용돌이속에 빠져들게 될것이라는것을 예고해주고있다.

    現実は、米国と南朝鮮こそが朝鮮半島と地域の平和と安定を意図的に破壊している主犯であることを明白に示している。
    현실은 미국과 남조선이야말로 조선반도와 지역의 평화와 안정을 의도적으로 파괴하는 주범이라는것을 명백히 보여주고있다.

    事実がそうであるいもかかわらず、国連安保理は朝鮮半島の緊張緩和のために忍耐と自制力を維持している朝鮮民主主義人民共和国を根拠なく問題にしており、朝鮮半島を戦争演習の場に、軍事基地に転変させようという米国を制止させるどころか、いかなる憂慮表明もしていない。
    사실이 이러함에도 불구하고 유엔안전보장리사회는 조선반도의 긴장완화를 위해 인내와 자제력을 유지하고있는 조선민주주의인민공화국을 무근거하게 걸고들고있으며 조선반도를 전쟁연습터로, 군사기지로 전변시키려는 미국을 제지시키기는커녕 그 어떤 우려표명도 하지 않고있다.

    主権平等と自主権尊重、内政不干渉を明示した国連憲章の目的と原則に乱暴無道に違反する米国の不公正な態度に対して、国際社会が相応の声を出せていないのは、実に遺憾なことである。
    주권평등과 자주권존중, 내정불간섭을 명시한 유엔헌장의 목적과 원칙을 란폭무도하게 위반하는 미국의 불공정한 행태에 대하여 국제사회가 응당한 목소리를 내지 못하고있는것은 참으로 유감스러운 일이다.

    時を構わずついには、癖のように朝鮮民主主義人民共和国の自衛権を問題にしながら、国連を彼らの対外政策実行に服務する道具に使おうという米国の憂慮すべき強権と専横に対して国連安保理メンバー国は真の世界平和と安全保障、そして自国と地域の安全利益と結びつけ冷静に省みなければならない。
    때없이 이제는 버릇처럼 조선민주주의인민공화국의 자위권을 걸그락질하며 유엔을 저들의 대외정책실행에 복무하는 도구로 삼으려는 미국의 우려스러운 강권과 전횡에 대하여 유엔안전보장리사회성원국들은 진정한 세계평화와 안전보장 그리고 자국과 지역의 안전리익과 결부하여 랭정하게 돌이켜보아야 한다.

    我々は、国連安保理が正義と公正性という自己の本道を忘却し、米国の好みに従い主権国家の正当な自衛権についてだけ論議のテーブルの上に載せることについて重大な警告をし、これを強力に糾弾する。
    우리는 유엔안전보장리사회가 정의와 공정성이라는 자기의 본도를 망각하고 미국의 구미에 따라 주권국가의 정당한 자위권에 대해서만 론의탁우에 올려놓는데 대하여 엄중히 경고하며 이를 강력히 규탄한다.

    地域情勢を激化させている米国と南朝鮮の度を超えた行動に対しては、どうしようもない既成事実として受け止めながら、是非を全く論じることなく、それを抑制するための我々の正当で合法的な自衛権行使に対してだけ問題視しているのは、朝鮮民主主義人民共和国の自主権に対する露骨な無視、侵害であり、我々が必ずや対応せざるを得ない敵対行為である。
    지역정세를 격화시키는 미국과 남조선의 도를 넘는 행동에 대해서는 어쩔수 없는 기정사실로 받아들이면서 옳고그름을 전혀 론하지 않고 이를 억제하기 위한 우리의 정당하고 합법적인 자위권행사에 대해서만 문제시하는것은 조선민주주의인민공화국의 자주권에 대한 로골적인 무시이고 침해이며 우리가 반드시 대응하지 않을수 없는 적대행위이다.

    米国と南朝鮮が朝鮮半島と地域で展望的な軍事的優勢を獲得しようという危険千万な企図を露骨に示した以上、我々は反応せざるを得ない。
    미국과 남조선이 조선반도와 지역에서 전망적인 군사적우세를 획득하려는 위험천만한 기도를 로골적으로 드러낸 이상 우리도 반응하지 않을수 없다.

    万一、国連安保理が今後も今のように米国が願っているとおりに引きずられる場合、朝鮮民主主義人民共和国は米国の一方的な対朝鮮圧迫道具に変質している国連安保理に対する抗議として正常な軍事活動の範疇外で追加的な行動措置を再考せざるを得なくなった。
    만일 유엔안전보장리사회가 앞으로도 지금처럼 미국이 원하는대로 끌려다니는 경우 조선민주주의인민공화국은 미국의 일방적인 대조선압박도구로 변질되고있는 유엔안전보장리사회에 대한 항의로 정상적인 군사활동범주외에 추가적인 행동조치를 재고하지 않을수 없게 될것이다.

    力を示威し、力で対応するのが米国の選択ならば、我々の選択もそれに相応することになる。
    힘을 시위하고 힘으로 대응하는것이 미국의 선택이라면 우리의 선택도 그에 상응할것이다.

    米国と南朝鮮が我々が憂慮と根拠を持って侵略戦争準備と見做している彼らの訓練構想を既に発表したとおりに実行に移すのなら、今まで見ることができなかった持続的で前例のない強力な対応に直面することになるであろう。
    미국과 남조선이 우리가 정당한 우려와 근거를 가지고 침략전쟁준비로 간주하고있는 저들의 훈련구상을 이미 발표한대로 실행에 옮긴다면 지금까지 보지 못했던 지속적이고 전례없는 강력한 대응에 직면하게 될것이다.

    主体112(2023)年2月17日
    주체112(2023)년 2월 17일
    平壌
    평 양(끝)
    www.kcna.kp (주체112.2.17.)
    **********************

    「光明星節」は、住宅と農場建設着工式のみで軍事的な動きはなかった。しかし、「太陽節」頃までに「第1回偵察衛星発射」が予定されており、3月中旬に予定されている合同軍事演習に合わせて発射するのではないかと予想される。

    今回の「談話」では、発表された計画通りに米韓合同軍事演習が行われた場合としているが、現状からすれば米韓が軍事演習の規模を縮小したり中止することは考えにくい。すると北朝鮮は「これまでに見られなかった」、「持続的」、「強力」な「対応措置」を行うことになるが、「持続的」とされていることからすれば、「偵察衛星発射」だけでは終わらず、その他のミサイル発射もあるものと予想される。既存の短距離ミサイルの連続発射は22年10月にしているので、「これまでに見なかった」というのであれば、それ以上の何かを行う計画があるのだろう。「閲兵式」に登場した新型ミサイル(のTEL)の発射、場合によっては核実験まで行う可能性もある。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR