FC2ブログ

    「20時報道」:労農赤衛隊、中国全人代 (2013年3月14日 「朝鮮中央TV」)

    14日の「20時報道」でも「米帝」に激怒しながら戦闘訓練をする内務軍などが紹介している。

    咸鏡北道人民保安局(警察)でも戦闘訓練を行っている。警察犬だろうか、火の輪を飛び抜けたり壁を飛び越したりしているが、人間の方は低い壁を飛び越すこともなく、横を通り抜けている。インタビューに答える人は「無尽強大な力を誇示する」と言っているが、壁を飛び越せないのは人民保安局とはいえ今一つである。
    2013-03-14-17flv_000400200.jpg
    Source: KCTV, http://www.uriminzokkiri.com/contents/movie/centertv/streams/_definst_/2013-03-14-17.flv

    また、昨日書いた記事のコメントで話題になった「労農赤衛軍」も登場している。コメントには労農赤衛「軍」になったのではないかと書いた。軍事パレードのナレーションなどではそう言っているのだが、朝鮮人民の口には「労農赤衛隊」という言葉がなじんでいるようでインタビューを受ける人はみなそう言っている。あるいは、予備役としての労の赤衛隊とは別に正規軍組織としての労農赤衛軍が組織されたのであろうか。

    銃を受け取る労農赤衛軍の隊員。銃には番号が付けられている。
    2013-03-14-17flv_000470838.jpg
    Source: KCTV, http://www.uriminzokkiri.com/contents/movie/centertv/streams/_definst_/2013-03-14-17.flv

    三人の子供の母という労農赤衛軍の隊員。
    2013-03-14-17flv_000535602.jpg
    Source: KCTV, http://www.uriminzokkiri.com/contents/movie/centertv/streams/_definst_/2013-03-14-17.flv
     
    「20時報道」の国際ニュースの中では、中国全人代で習近平さんが主席に選出されたことなどを伝えている。映像なしのニュースであるが、中国関連のニュースは久しぶりのような気がしてならない(事実関係は未確認)。過去の同報道について映像を使っていたとすれば、今回は格下げということになろうが、さすがに全人代で中国の最高指導者が決まったことについて伝えないわけにもいかなかったということか。

    金正恩さんも14日に祝電を送っている。彼は祝電の中で中国が「初歩的に富裕な社会主義社会を全面的に建設していく」成果を出すことを願っているとしているが、「初歩的に富裕な」というのは一体どういう意味なのであろうか。中朝間の社会主義建設で使う通常の表現なのかもしれないが、そうでないとすれば北朝鮮から見れば随分と「富裕」な中国を随分低く表現していることになる。

    金正恩祝電はまた、「朝中親善を重んじ強固に発展させていくのは、我が党と共和国政府の一貫した立場」であり、「伝統的な朝中親善協力関係が双方の共同の努力によって継続して立派に発展していくことを信じ」ているているとしている。年賀状の返信を出したとは報じられていない金正恩さんであるが、定型文程度の祝電ではあるが中国新指導部に送った。

    『労働新聞』、「중국공산당 중앙위원회 총서기인 중화인민공화국 주석,중화인민공화국 중앙군사위원회 주석에게 축전을 보내시였다」、
    http://www.rodong.rep.kp/InterKo/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2013-03-15-0002

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR