FC2ブログ

    「米国のダブルスタンダードは朝鮮半島問題解決の基本障害物だである」:米国が対話を求めていることは知っているが、敵対視政策が先決、それがなければ非核化もないと (2021年9月17日 「朝鮮中央通信」)

    17日、「朝鮮中央通信」に以下。

    *****************
    米国のダブルスタンダードは、朝鮮半島問題解決の基本障害物である。
    미국의 이중기준은 조선반도문제해결의 기본장애물이다

    (평양 9월 17일발 조선중앙통신)

    最近、米国は我々が行った自衛的な当該活動を「国際平和と安保に対する脅威」と決めつけ、大事にでもなったように描写した。
    최근 미국은 우리가 진행한 자위적인 해당 활동들을 《국제평화와 안보에 대한 위협》으로 걸고들며 큰일이나 난것처럼 묘사하였다.

    誰それを狙って、何か特定の時点に合わせて行った「武力挑発」と規定しながら、我々の自衛権に属する措置を非難しているのは、傲慢で独善的な態度であり、典型的な米国式ダブルスタンダードの集中的な発露である。
    그 누구를 겨냥하고 그 어떤 특정한 시점에 맞추어 진행한 《무력도발》로 규정하면서 우리의 자위권에 속하는 조치들을 비난해나선것은 오만하고 독선적인 태도로서 전형적인 미국식이중기준의 집중적인 발로이다.

    米国は、未だに世界が自分立つの基準に服従しなければならないという時代錯誤的な観念に取り憑かれている。
    미국은 아직도 세상이 저들의 기준에 복종해야 한다는 시대착오적인 관념에 사로잡혀있다.

    今日、米国の専横は度を超した。
    오늘날 미국의 전횡은 도를 넘었다.

    米国は一部の国に対しては国際法違反しようが、地域の情勢を激化させようが、積極的に庇護して肩を持ちながら、反米自主的な国々に対してはいちいち問題視しながら、敵対視している。
    미국은 일부 나라들에 대해서는 국제법을 위반하든,지역정세를 격화시키든 적극 비호두둔하고있으며 반미자주적인 나라들에 대해서는 사사건건 시비질하며 적대시하고있다.

    米国が他国の「独立勢力」と騒擾分子達を「英雄」として、「闘士」として美化しながらも、人種差別に反対する自国の示威参加者を「暴徒」と決めつけている裏面にもダブルスタンダードという物差しが置かれている。
    미국이 다른 나라의 《독립세력》들과 소요분자들을 《영웅》으로,《투사》로 미화하면서도 인종차별을 반대하는 자국의 시위자들을 《폭도》로 매도하는 리면에도 이중기준이라는 자막대기가 놓여있다.

    米国のダブルスタンダードは、朝鮮半島で最も集中的に表現されている。
    미국의 이중기준은 조선반도에서 가장 집중적으로 표현되고있다.

    米国は、15日、よりによって同日同時に朝鮮半島で響いた爆音を聞きながらも「北朝鮮の行動は米国と国際社会に対する脅威」だと問題視し、南朝鮮の行動に対しては口をつぐんだ。
    미국은 15일 공교롭게도 동일동시에 조선반도에서 울린 폭음을 들으면서도 《북조선의 행동은 미국과 국제사회에 대한 위협》이라고 걸고들었고 남조선의 행동에 대해서는 함구무언하였다.

    我々に対する病的な拒否感に根ざす米国の二重の態度は、朝鮮半島問題解決の障害として、情勢激化の触媒として作用している。
    우리에 대한 병적인 거부감에 그 뿌리를 두고있는 미국의 이중적인 행태는 조선반도문제해결의 걸림돌로,정세격화의 촉매제로 되고있다.

    朝米対話の膠着状態が持続している原因も米国のダブルスタンダードにある。
    조미대화의 교착상태가 지속되고있는 원인도 미국의 이중기준에 있다.

    我々は、新たな米政権が数ヶ月間、我々を対話へと誘導する信号を送っていることについて知らないわけではなく、朝米対話再開が達成されていない責任が我々にあるかのように世論をミスリードしていることについてもよく知っている。
    우리는 새 미행정부가 몇달째 우리를 대화에로 유도하는 신호를 보내고있는데 대하여 모르지 않으며 조미대화재개가 이루어지지 못하고있는 책임이 우리에게 있는듯이 여론을 오도하고있는데 대해서도 잘 알고있다.

    我々は、対話、それ自体に反対したことはない。
    우리는 대화 그 자체를 반대한적이 없다.

    しかし、米国が二重の大きな態度を取っている条件で、対話相手に対する尊重と公正さ、平等が保障された対話が成立しないことは自明の理である。
    그러나 미국이 이중자대를 쥐고있는 조건에서 대화상대방에 대한 존중과 공정성,평등이 보장된 대화가 성립될수 없다는것은 자명한 리치이다.

    仮に今すぐに接触と対話が行われたとしても、米国は我々の自衛的な行動が世界の平和と同盟国に対する「脅威」だと二重の大きな態度で出てくることは分かりきっている。
    설사 지금 당장 접촉과 대화가 열린다고 해도 미국은 우리의 자위적인 행동들이 세계의 평화와 동맹국들에 대한 《위협》이라는 이중자대부터 내들것이 뻔하다.

    我々と関連した全ての問題でダブルスタンダードを振り回している米国と向かい合って座ったところで、何の進展もなく、彼らが願っている時間を無駄にすることになる。
    우리와 관련된 모든 문제들에서 이중기준을 휘두르는 미국과 마주앉았댔자 아무런 진전이 없이 그들이 바라는 시간이나 벌어주게 될것이다.

    米国の敵対視政策が変わったこことも、変えられることもないのに、当面、何について対話や交渉を論じるというのか。
    미국의 적대시정책이 바뀌지 않았고 바뀔수도 없는데 당장 무슨 대화와 협상을 론하겠는가.

    対話と圧迫は、絶対に両立されない。
    대화와 압박은 절대로 량립될수 없다.

    米国は、彼らの敵対視政策撤回を担保しない限り、非核化という言葉自体を持ち出すことは出来ない。
    미국은 저들의 적대시정책철회를 담보하지 않는 한 비핵화라는 말자체를 꺼낼수 없다.

    米国は、我々を見て、対応する初歩的な姿勢から正さなければならず、必死で問題視し、敵対視している慣習的な態度をまず撤回しなければならない。
    미국은 우리를 보고 대하는 초보적인 자세부터 바로가져야 하며 한사코 걸고들고 적대시하는 관습적인 태도부터 철회하여야 한다.

    国際社会は、朝鮮半島情勢激化をもたらしている米国のダブルスタンダードの危険性と不当性を正しく見分けなければならない。
    국제사회는 조선반도정세격화를 초래하고있는 미국의 이중기준의 위험성과 부당성을 똑바로 가려보아야 할것이다.

    国際問題評論家 金ミョンチョル
    국제문제평론가 김명철(끝)
    *******************

    「鉄道機動ミサイル検閲試験」に対する米国態度と韓国のSLBM発射を問題視しない態度が「ダブルスタンダード」ということなのであろう。

    また、名指しコトしていないが、米国が香港や台湾の「独立勢力」にてこ入れしていることも、「ダブルスタンダード」としている。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR