FC2ブログ

    「朝鮮民主主義人民共和国保健省医学研究院子供栄養管理研究所所長談話」 (2021年4月6日 「朝鮮中央通信」)

    6日、「朝鮮中央通信」に以下。

    ****************
    朝鮮民主主義人民共和国保健省医学研究院子供栄養管理研究所所長談話
    조선민주주의인민공화국 보건성 의학연구원 어린이영양관리연구소 소장 담화

    最近、私は我が国の子供達の健康状態を甚だしく歪曲する外信報道資料を見て驚きと激憤を禁じ得なかった。
    최근 나는 우리 어린이들의 건강실태를 심히 외곡하는 외신보도자료를 보고 놀라움과 격분을 금할수 없었다.

    それによると、国連のある専門家グループが発表した「報告書」に新型コロナウィルス流入を防ぐための我々の国家的な非常防疫措置により、数多くの栄養失調の子供達が適切な治療を受けられずにいるという荒唐無稽なねつ造資料が公然と言及されたという。
    그에 따르면 유엔의 어느 한 전문가그루빠가 발표한 《보고서》에 신형코로나비루스류입을 막기 위한 우리의 국가적인 비상방역조치로 하여 수많은 영양실조어린이들이 적절한 치료를 받지 못하고있다는 황당한 날조자료가 뻐젓이 언급되여있다고 한다.

    私は、我が国の子供達の栄養管理に責任がある者として、上記の資料が全く事実無根であり、根拠がない嘘であると断言しながら、断固として排撃する。
    나는 우리 나라 어린이들의 영양관리를 책임진 사람으로서 상기자료가 전혀 사실무근하고 터무니없는 거짓말이라고 단언하면서 단호히 배격한다.

    我が国では、たとえ国家事業が困難で、全てが不足した状況でも子供達の健康管理を最優先重大事として取り上げている。
    우리 나라에서는 비록 국가사정이 어렵고 모든것이 부족한 조건에서도 어린이들의 건강관리를 최우선중대사로 내세우고있다.

    国連の帽子をかぶり、専門家のフリをしている人々が、我が国深刻な「子供の栄養失調」問題が存在するかのごとく現実を歪曲しているのは、我が国の姿に墨を塗ろうという不純な敵対行為に他ならない。
    유엔의 모자를 쓰고 전문가행세를 하고있는 사람들이 우리 나라에 심각한 《어린이영양실조》문제가 존재하는것처럼 현실을 외곡하고있는것은 우리 국가의 영상에 먹칠을 하려는 불순한 적대행위라고밖에 달리 볼수 없다.

    私は最も神聖で、尊重されなければならない子供達の清い名前さえも政治的目的に盗用している敵対勢力共の卑劣な行いを峻烈に断罪する。
    나는 가장 신성시되고 존중시되여야 할 어린이들의 깨끗한 이름마저 정치적목적에 도용하고있는 적대세력들의 비렬한 처사를 준렬히 단죄한다.

    敵対勢力共がいくら悪辣に策動しても、我々の子供達の明るく明朗な姿は絶対に消し去ることはできない。
    적대세력들이 아무리 발악해도 우리 어린이들의 밝고 명랑한 모습은 절대로 지워버릴수 없다.

    この機会に誰も目もくれないゴミのような資料を手渡し、反共和国謀略騒動の先頭に立っている南朝鮮の御用メディアに警告する。
    이 기회에 그 누구도 거들떠보지 않는 쓰레기같은 자료들을 되받아넘기며 반공화국모략소동에 앞장서고있는 남조선의 사이비언론들에 경고한다.

    誰それに煽られたのであれ、その理由がどうであれ、純真な子供達まで巻き込み、北南対決を引き起こそうとするのなら、後代の前に消し去れない大罪を犯すことになる。
    그 누구의 부추김을 받았든,그 리유가 어떻든 순진한 어린이들까지 건드리며 북남대결을 야기시키려 한다면 후대들앞에 씻지 못할 대죄를 짓게 될것이다.

    私は国連と非政府団体の看板を背負って行われている「人道主義協力」事業が、我々にいったい役立つのかを厳正に検討し、敵対勢力共とグルになって、奔走している機構と団体に断固とした対応措置を取らなければならないと考えている。
    나는 유엔과 비정부단체의 간판을 가지고 진행되는 《인도주의협조》사업이 우리에게 과연 도움이 되는가를 엄정히 검토하며 적대세력들과 한짝이 되여 돌아치는 기구와 단체들에 단호한 대응조치를 취해야 한다고 생각한다.

    我々の子供達の健康と未来は、我が国が全的に責任を持つ。
    우리 어린이들의 건강과 미래는 우리 국가가 전적으로 책임진다.

    主体110(2021)年4月6日 平壌
    주체110(2021)년 4월 6일
    평양 (끝)

    *************************

    北朝鮮国内で「まともに」活動している国際機関や団体が排除されることがなければよいのだが。

    その系で、北朝鮮から退去したロシア大使館員が「他国の大使館員も続々と北朝鮮から退去した」とツイートしたことについて、様々な報道が出されているが、想像するに、北朝鮮に自国から送られる貨物が一切入ってこなくなったからではないことが原因と思われる。とりわけ、食品などについては、大使館員であっても、北朝鮮産の食品を日常的に食さなければならない状況に陥っているのではないだろうか。

    「朝鮮中央TV」が流した丹東からの貨物を消毒する写真や港湾での検疫報道を理由に、中朝間の貨物輸送は陸送と海上輸送で続いているとしてきたが、朝鮮系(つまり、脱北者などのねつ造ではない)の情報筋によると、去年の後半辺りからは、こうした貨物輸送も完全にストップしているそうだ。言われてみれば、貿易に関する宣伝煽動放送でも、海外からの貨物に関する検疫に関する言及は、全くなくなっている。入ってこないから、検疫する必要もなくなったということであろう。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR