FC2ブログ

    「二重基準はより重大な事態を招くであろう-朝鮮民主主義人民共和国チョ・チョルス外務省国際機構局長談話-」 (2021年3月29日 「朝鮮中央通信」)

    29日、「朝鮮中央通信」に以下。

    *****************
    二重基準はより重大な事態を招くことになる
    이중기준은 보다 엄중한 사태를 초래할것이다
    -朝鮮民主主義人民共和国チョ・チョルス外務省国際機構局長談話-
    --조선민주주의인민공화국 조철수 외무성 국제기구국장 담화--

    25日に行われた我々の新型戦術誘導弾試験発射は、朝鮮半島にもたらされている軍事的脅威を抑制し、我が国の平和と繁栄を守護するための正々堂々たる自主権の行使である。
    25일 진행된 우리의 신형전술유도탄시험발사는 조선반도에 가해지는 군사적위협을 억제하고 우리 국가의 평화와 번영을 수호하기 위한 정정당당한 자위권의 행사이다.

    ところが、我が国の自衛権を否定しようという重大な試みが公然と発生している。
    그런데 우리 국가의 자위권을 부정하려는 위험한 시도가 공공연히 나타나고있다.

    26日、緊急招集された国連安全保証理事会対朝鮮制裁委員会非公開実務級協議で、米国は我々の自衛的措置を「国連決議違反」と問題視しながら、「制裁履行強化」と「追加制裁適用」を主張した。
    26일 긴급소집된 유엔안전보장리사회 대조선제재위원회 비공개실무급협상에서 미국은 우리의 자위적조치를 《유엔결의위반》으로 걸고들면서 《제재리행강화》와 《추가제재적용》을 주장하였다.

    30日には、英国、フランスのような一部の国々の提起により、我々の新型戦術誘導弾試験発射問題を論議する国連安全保証理事会非公開会議を招集することにしたという。
    30일에는 영국,프랑스와 같은 일부 나라들의 제기에 따라 우리의 신형전술유도탄시험발사문제를 론의하는 유엔안전보장리사회 비공개회의를 소집하기로 하였다고 한다.

    米国の対朝鮮敵対視政策の直接的産物である国連「決議」に準じて、国連安全保証理事会が我が国の自衛権に属する正常的な活動を問題視することは、主権国家に対する無視であり、明白な二重基準である。
    미국의 대조선적대시정책의 직접적산물인 유엔《결의》들에 준하여 유엔안전보장리사회가 우리 국가의 자위권에 속하는 정상적인 활동을 문제시하는것은 주권국가에 대한 무시이며 명백한 이중기준이다.

    世界の多くの国々が軍事力強化を目的に様々な形態の発射体を打ち上げているのに、我々の正々堂々たる自衛的措置だけを問題視するというのは、話にならない。
    세계의 많은 나라들이 군사력강화를 목적으로 각이한 형태의 발사체들을 쏘아올리고있는데 유독 우리의 정정당당한 자위적조치만 문제시한다는것은 말도 되지 않는다.

    客観性と公正性の原則からしてもそうだ。
    객관성과 공정성의 원칙에서 보아도 그러하다.

    問題発生の根源を客観的に公正に明らかにすることは、問題解決の初歩的な順理であり、順序である。
    문제발생의 근원을 객관적으로 공정하게 밝히는것은 문제해결의 초보적인 순리이고 순차이다.

    国連安全保証理事会は米国が常に我が共和国に反対する戦争演習を我々の面前で強行するときには口を紡ぎ、我が国が国家の安全保障のために取っている自衛的対応措置に対しては何でもかんでも問題視している。
    유엔안전보장리사회는 미국이 때없이 우리 공화국을 반대하는 전쟁연습을 우리의 면전에서 강행할 때에는 함구무언하다가도 우리가 국가의 안전보장을 위해 취하고있는 자위적대응조치들에 대해서는 무작정 걸고들고있다.

    では、我々の自衛的措置を問題視している米国、英国、フランスはどうなのか。
    하다면 우리의 자위적조치를 걸고드는 미국,영국,프랑스는 어떠한가.

    米国がシリア領土に対する空襲を行ったのは少し前のことであり、英国が核軍縮義務を捨て去り、核弾頭を大幅に増やすと公式発表したのも数日前のことであり、フランスが新世代多弾頭大陸間弾道ミサイル試験発射をしたのもそんなに前のことではない。
    미국이 수리아령토에 대한 공습을 감행한것은 얼마전의 일이며 영국이 핵군축의무를 저버리고 핵탄두수를 대폭 늘이겠다고 공식 발표한것도 며칠전의 일이며 프랑스가 새 세대다탄두대륙간탄도미싸일시험발사를 진행한것도 그리 오래전의 일이 아니다.

    こうした行為が国連安全保障理事会で問題視されたり取り扱われたことは、たった1度もない。
    이러한 행위들이 유엔안전보장리사회에서 문제시되거나 취급된적은 단 한번도 없었다.

    世界の平和と安定を破壊している誰それよりも先頭に立っているのは、こうした国々が我々の自衛的措置を問題視していること自体が言語道断である。
    세계의 평화와 안정을 파괴하는데 누구보다 앞장서고있는 이런 나라들이 우리의 자위적조치를 걸고들고있는것자체가 언어도단이다.

    私は国連安全保障理事会が極度の偏見と二重基準を持って、我が共和国を狙った会議と調査を行っていることについて、主権国家の尊厳と自主権に対する厳重な侵害として、国連憲章に対する乱暴な違反として強く糾弾する。
    나는 유엔안전보장리사회가 극도의 편견과 이중기준을 가지고 우리 공화국을 겨냥한 회의와 조사를 벌려놓고있는데 대하여 주권국가의 존엄과 자주권에 대한 엄중한 침해로,유엔헌장에 대한 란폭한 위반으로 강력히 규탄한다.

    国連安全保障理事会が本来の使命に合わせて世界の平和と安全保障に貢献しようとするなら、公正性と客観性、均衡性の原則から徹底して守らなければならない。
    유엔안전보장리사회가 본연의 사명에 맞게 세계의 평화와 안전보장에 이바지하려면 공정성과 객관성,형평성의 원칙부터 철저히 지켜야 할것이다.

    国連安全保障理事会が二重基準に継続してしがみつくなら、朝鮮半島で情勢緩和ではなく激化を、対話ではなく対決だけを煽ることになる。
    유엔안전보장리사회가 이중기준에 계속 매여달린다면 조선반도에서 정세완화가 아닌 격화를,대화가 아닌 대결만을 부추기게 될것이다.

    我々は国連安全保障理事会の一部のメンバー国が自主的な国の主権を侵害し、発展を阻害するための不純な目的実現に幸連を盗用していることについて絶対に見過ごすことはない。
    우리는 유엔안전보장리사회의 일부 성원국들이 자주적인 나라들의 주권을 침해하고 발전을 저해하기 위한 불순한 목적실현에 유엔을 도용하고있는데 대하여 절대로 간과하지 않을것이다.

    我々の自主権を侵害する試みは、必ず相応の対応措置を誘発させることになる。
    우리의 자위권을 침해하려는 시도는 기필코 상응한 대응조치를 유발시키게 될것이다.

    主体110(2021)年3月28日
    주체110(2021)년 3월 28일
    平壌
    평 양(끝)

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR