FC2ブログ

    「愚かな軍国主義復活野望-朝鮮中央通信論評-」:菅が安倍を引き継ぎ、安倍が「素晴らしいスタート」と賛美したと (2020年10月28日 「朝鮮中央通信」)

    28日、「朝鮮中央通信」に以下。

    *******************
    愚かな軍国主義復活野望-朝鮮中央通信論評-
    어리석은 군국주의부활야망
    --조선중앙통신사 론평--
    (平壌 10月28日発 朝鮮中央通信)
    (평양 10월 28일발 조선중앙통신)

    日本反動共の軍国主義復活策動がさらに頭を持ち上げている。
    일본반동들의 군국주의부활책동이 더욱 고개를 쳐들고있다.

    少し前、首相に就任した菅が、秋季大祭に合わせて靖国神社に真榊を奉納した事実が、それをよく物語っている。
    얼마전 수상으로 취임한 스가가 가을철대제를 맞으며 야스구니진쟈에 비쭈기나무를 공물로 봉납한 사실이 그것을 잘 말해주고있다.

    これは、新たに発足した政権も日本社会に軍国主義毒素を浸透させるために、手段と方法を選ばず、過去の犯罪の歴史を賛美し、軍国主義の亡霊を蘇られ、海外侵略の道へ向かおうという島国の下心が今も昔も変わっていないことを示している。
    이것은 새로 들어앉은 정부도 일본사회에 국수주의독소를 침투시키기 위해 수단과 방법을 가리지 않고있으며 과거의 범죄력사를 찬미하고 군국주의망령을 되살려 해외침략의 길에 나서려는 섬나라의 흉심은 예나 지금이나 변함이 없다는것을 보여주고있다.

    菅が権力の座につくと直ぐに見せた極右的な色彩に合わせ、日本の政治家もぞろぞろと出てきて靖国神社に対する参拝と奉納でせせこましく動き回ったかと思えば、軍国主義を鼓吹している度を超えた妄言を躊躇することなく吐いている。
    스가가 권력의 자리에 오르자마자 보인 극우익적인 색채에 맞추어 일본의 정객들도 줄줄이 나서서 야스구니진쟈에 대한 참배와 공물봉납으로 부산을 피웠는가 하면 군국주의를 고취하는 도수넘는 망발들을 꺼리낌없이 줴쳐대고있다.

    特に、防衛相なる者は、靖国神社参拝は当然のことという詭弁を吐き、超党派議員連盟の会長という者は神社参拝後、記者の前で「日本と世界が平和になることを願っている心情を抱いて参拝した」とほざいた。
    특히 방위상이라는자는 야스구니진쟈참배는 응당한 일이라는 궤변을 늘어놓았으며 초당파의원련맹 회장이란자는 진쟈참배후 기자들앞에서 《일본과 세계가 평화로와지기를 바라는 심정을 안고 참배하였다.》고 뇌까리였다.

    過去、日本により深い傷を負った我々民族とアジア諸国の人民に対する耐え難い愚弄であり、正面からの挑戦に他ならない。
    과거 일본에 의해 깊은 상처를 입은 우리 민족과 아시아나라 인민들에 대한 참을수 없는 우롱이고 정면도전이 아닐수 없다.

    過ぎた世紀に犯した万古の罪悪と被った敗北を恥と感じ、相応な教訓を見いだす代わりに、それに極度の復讐心を抱き、歴史歪曲と軍事大国化をはじめとした再侵略策動に狂奔する一方、特大反人倫犯罪を清算することについての国際社会の要求を無効にしようとありとあらゆる悪事を行っている日本である。
    지난 세기에 저지른 만고의 죄악과 당한 패배에서 수치를 느끼고 응당한 교훈을 찾을 대신 그에 극도의 앙심을 품고 력사외곡과 군사대국화를 비롯한 재침책동에 미쳐날뛰는 한편 특대형반인륜범죄를 청산할데 대한 국제사회의 요구를 무마시켜보려고 온갖 발악을 다해온 일본이다.

    その道で前代未聞の「治績」を重ねた以前の政権の後を現菅政権が引き継いでいる。
    그 길에서 전대미문의 《치적》을 쌓은 이전 정권의 뒤를 현 스가정부가 이어가고있다.

    今、日本政府は、以前の執権者である安倍から「本当に素晴らしい始まりを切った」という「賛辞」を受け、海外侵略実現のための法的、軍事的土台構築の最終完成を終えようとしている。
    지금 일본정부는 이전 집권자인 아베로부터 《정말 훌륭한 시작을 뗐다.》는 《찬사》를 받으며 해외침략실현을 위한 법적,군사적토대구축의 최종완성을 다그치려 하고있다.

    自民党に現行憲法を戦争憲法へと取り替えるための草案作成委員会なるものを作り、その本格的な稼働の下で年末までに会見原案を完成しようとしており「敵基地攻撃能力」保有のための動きにも拍車をかけている。
    자민당안에 현행헌법을 전쟁헌법으로 뜯어고치기 위한 초안작성위원회라는것을 내오고 그 본격적인 가동하에 년말까지 개정원안을 완성하려 하고있으며 《적기지공격능력》보유를 위한 움직임에도 박차를 가하고있다.

    今、この時も列島の各地と周辺海域、そして上空では、離島防衛作戦と宇宙及びサイバー戦、電子戦などの対処方法を錬磨するという美名の下、「自衛隊」武力の海外侵略熟達のための大規模戦争演習騒動が狂乱的に行われている。
    지금 이 시각도 렬도의 각지와 주변해역 그리고 상공에서는 외딴섬방위작전과 우주 및 싸이버전,전자전 등의 대처방법을 련마한다는 미명하에 《자위대》무력의 해외침략숙달을 위한 대규모전쟁연습소동이 광란적으로 감행되고있다.

    こうした日本が、いくら「世界の平和」を吟じながら靖国神社参拝を正当化し、血の臭いがする過去の歴史を粉飾しようとしても、それに騙される国はどこにもない。
    이런 일본이 제아무리 《세계의 평화》를 읊조리며 야스구니진쟈참배를 정당화하고 피비린내나는 과거력사에 분칠을 해대도 그에 넘어갈 나라는 그 어디에도 없다.

    軍国主義の亡霊を蘇らせ、世界を再び侵略と殺戮の乱舞場にしようとしている許し難い行為は、むしろ、国際社会の糾弾と憎悪だけを増加させるだけである。
    군국주의망령을 되살려 세계를 또다시 침략과 살륙의 란무장으로 만들려는 용납 못할 행위는 오히려 국제사회의 규탄과 증오심만을 증대시킬뿐이다.

    歳月がいくら流れても、世代が替わっても、我々民族と人類は、過去、日本が犯した罪悪を絶対に忘れず、その対価をしっかりと受け取る。
    세월이 아무리 흐르고 세대가 바뀌여도 우리 민족과 인류는 과거 일본이 저지른 죄악을 절대로 잊지 않을것이며 그 대가를 기어이 톡톡히 받아내고야말것이다.

    日本反動共は、こうした世人の意志をまず正しく知り、みっともなく奔走してはならない。
    일본반동들은 이런 세인의 의지부터 똑바로 알고 멋없이 날뛰지 말아야 한다.(끝)

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR