FC2ブログ

    「政治屍の断末魔的あがき-朝鮮中央通信社論評-」:前首相安倍辞職を間接的に確認、新首相管には触れず (2020年9月30日 「朝鮮中央通信」)

    9月30日、「朝鮮中央通信」に以下。

    *************
    政治屍の断末魔的あがき
    정치송장의 단말마적발악
    -朝鮮中央通信社論評-
    --조선중앙통신사 론평--

    (平壌9月30日発 朝鮮中央通信)
    (평양 9월 30일발 조선중앙통신)

    日本反動共が軍国化策動にさらにあくどくしがみついている。
    일본반동들이 군국화책동에 더욱 발악적으로 매달리고있다.

    少し前、病苦を口実に首相職を辞任した安倍が、1週間も経たず、軍国主義の象徴である靖国神社を電撃的に参拝した。
    얼마전 병고를 구실로 수상직을 사임한 아베가 한주일도 안되여 군국주의의 상징인 야스구니진쟈를 전격적으로 참배하였다.

    それでも満足せず、ツイッターに「今日、靖国神社を参拝し、首相職から退任したことを英霊に報告した」という妄言まで図々しく投稿した。
    그것도 모자라 트위터에 《오늘 야스구니진쟈를 참배하고 수상직에서 퇴임했다는것을 영령에게 보고했다.》는 망발까지 뻐젓이 올리였다.

    これは、軍国主義狂信者の醜悪な正体を再び満天下に示すことで、日本を変わらぬ再侵略策動へと煽る悪辣な妄動である。
    이것은 군국주의광신자의 추악한 정체를 다시금 만천하에 드러내놓은것으로서 일본을 변함없는 재침책동에로 부추기는 발악적망동이다.

    祖先からファシズム復活の「遺伝因子」を譲り受けた安倍は、執権期間、その実現に血眼になり奔走する一方、自分の陰険な下心を隠すためにありとあらゆる術策を使ってきた。
    조상으로부터 파시즘부활의 《유전인자》를 물려받은 아베는 집권기간 그 실현에 피눈이 되여 날뛰는 한편 자기의 음흉한 속심을 가리우기 위해 갖은 술책을 다 부려왔다.

    首相の山高帽をかぶった時から、1年にも満たない2013年12月、靖国神社を参拝し、国内外から叩かれると、直接的な参拝を自制する代わりに、供物奉納のような狡猾な方法で日本社会に軍国主義を継続して鼓吹してきた。
    수상벙거지를 쓴 때로부터 1년이 되는 2013년 12월 야스구니진쟈를 참배하였다가 안팎으로부터 얻어맞게 되자 직접적인 참배를 자제하는 대신 례물봉납과 같은 교활한 방법으로 일본사회에 국수주의를 계속 고취해왔다.

    「大東亜共栄圏」の昔の夢を実現するための法整備と前代未聞の武力増強、海外膨張策動にしがみつきながらも、それを「同盟者保護」と「周辺国の脅威によるもの」、「国際社会に対する貢献」、「積極的平和主義」として破廉恥に宣伝した。
    《대동아공영권》의 옛꿈을 실현하기 위한 법정비와 전대미문의 무력증강,해외팽창책동에 매달리면서도 그것을 《동맹자보호》와 《주변국 위협에 따른것》,《국제사회에 대한 공헌》,《적극적평화주의》로 파렴치하게 광고해댔다.

    しかし、袋に入れた錐を隠せないように、今回の靖国神社参拝を通して、安倍は自分の極右的な正体と在任期間してきた策動の侵略的な面貌を世界の前で明白に刻印した。
    그러나 자루속의 송곳을 감출수 없듯이 이번 야스구니진쟈참배를 통하여 아베는 자기의 극우익적인 정체와 재임기간 해온 책동의 침략적인 면모를 세계앞에 명백히 각인시키였다.

    安倍が国際社会の抗議と糾弾を無視して靖国神社を参拝したのは、在任期間に達成することができなかった憲法改悪策動に影響力を行使しようという下心が隠されている。
    아베가 국제사회의 항의와 규탄을 무릅쓰고 야스구니진쟈를 참배한데는 재임기간 이루지 못한 헌법개악책동에 계속 입김을 불어넣으려는 흉심도 깔려있다.

    今、日本内では「防衛力」増強をはじめとした反人民的で、侵略的な策動により、著しい社会的不安を巻き起こした以前の執権者に対する非難が日々高まっている。
    지금 일본내에서는 《방위력》증강을 비롯한 반인민적이며 침략적인 책동으로 극심한 사회적불안을 몰아온 이전 집권자에 대한 비난이 날로 고조되고있다.

    そうかと思えば、自民党と連合政権を運営している公明党内から安倍の「敵基地攻撃能力」保有主張に反対する声が響いている。
    그런가 하면 자민당과 련립정권을 운영하고있는 공명당내에서까지 아베의 《적기지공격능력》보유주장을 반대하는 목소리들이 울려나오고있다.

    それに不満を感じた安倍が、神社参拝のような悪辣な策動で日本の軍国主義の針路を維持しようと奔走しているのである。
    이에 불안을 느낀 아베가 진쟈참배와 같은 발악적인 책동으로 일본의 군국주의침로를 유지해보려고 날뛰고있는것이다.

    いつだったか、前日本軍兵士が記者会見で、我々はアジア人民に大きな惨害を被らせた、だから破滅した我々だったと告白した。
    언제인가 전 일본군병사들은 기자회견에서 우리는 아시아인민들에게 커다란 참해를 입혔다,그래서 파멸했던 우리들이였다라고 고백하였다.

    侵略者には、未来がないことを認識させる深刻な教訓である。
    침략자들에게는 앞날이 없다는것을 깨우치는 심각한 교훈이다.

    万が一、日本反動共がこれを忘却し、最後まで軍国主義の道を進むのであれば、再び蘇生できない悲惨な敗北の運命を免れることはできない。
    만일 일본반동들이 이를 망각하고 끝까지 군국주의길로 나간다면 다시는 소생할수 없는 비참한 패배의 운명을 면치 못할것이다.(끝)

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR