FC2ブログ

    「教育で保証する未来のために」:日本のような教科書、板書で漢字を使用 (2020年8月17日 「朝鮮中央TV」)

    17日、「朝鮮中央TV」で「教育で保証する未来のために」という「紹介編集物」を放送した。学校の休みの期間を利用して教員が模擬授業、教材開発などをして、授業の質を改善している様子を紹介する番組である。

    この種の教育改善活動を紹介する番組は、新型コロナの影響で学校の休みになったこともあり、授業を受ける生徒達の様子がほとんど放送されなくなった反面、今年はとても増えている。特に、コンピューターを使っての教材開発に力を入れていることが分かるが、こうした活動は以前からされてきたとはいえ、新型コロナの影響で対面授業が難しくなっており、オンライン授業を拡大する必要が高まっていることとも関連しているのであろう。

    今回紹介するのは、こうした活動とは直接的な関係はないが、これまであまり見られなかった2つの点である。一つは、物理の1年生用の教科書である。

    「不等速直線運動」
    20200817 butsuri1 erwerrerewr
    Source: KCTV, 2020/08/17

    北朝鮮の教科書というと茶色いわら半紙に不鮮明に白黒で印刷された教科書というイメージが強いが、この教科書を見ると紙質、印刷の質のみならず、編集の仕方が随分と良くなっている(過去の物理教科書と比較したわけではないが)。高校の教科書は時々手に取ってみるが、編集のされ方が日本の教科書と近いような印象を受ける。

    もう一つは、漢字の使用である。これは、ある教員が模擬授業をやっている様子であるが、黒板には「光電効果」と漢字で板書されている。その左横には朝鮮文字で「ひかり電気効果(ひかりは朝鮮語の固有語、その他は漢字語)」と書かれている。こうした用語を英語で表記しているのは何回か見ているが、漢字で表記しているのは初めてである。日本語を理解するためではなく、中国語を理解するためなのだろうが、それでも中国語の学習や朝鮮の古典を読むための漢文の勉強ではなく、理系科目でこうした使われ方をしているのは初めて見た。
    20200817 kanjisiyou039482390
    Source: KCTV, 2020/08/17

    「高校1年の物理」と言っているが、この模擬授業のように通常の授業でも教員が板書で漢字を使用し、それを生徒達が理解できるということになると、朝鮮でも義務教育の中である程度の漢字教育をしている可能性がある。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    なかなかおもしろい動画でした。
    漢字を少しずつ使用はどうやらしているみたいですが,極めて限定的なものかと思われます。基準がよくわかりませんが。

    教科書はかなり外国のものを研究しているはずで,日本の教科書も相当見ているはず。特に新型コロナ下,中国や韓国では種類によっては教科書がネットで公開されています。

    遠隔授業自体は,金正恩時代直前からすでに試行されていますが,近年まさにてこ入れされかけてきたところに新型コロナ…でしたので,遠隔授業拡大の側面としてはプラスにとらえ,積極的にICT・情報教育,英語教育,珠算教育に力を入れていくものと思われます。特に遠隔授業をうまく全国的に行っていけば,コロナの拡大化を防ぐだけでなく,教室内の様子を「管理」することで,さらなる統制化を実現できるわけで。

    北朝鮮でも模擬授業の方法には様々な種類があるようですが,教室内の他の教員とは異なり,授業者のみがネクタイを締めるあたり,興味深いです。
    それにしても,諸要因で模擬授業がしづらくなっている日本とは違い,それ(模擬授業等)に力を入れる点は学ぶべきところかもしれません。
    長くなりすみません。

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR