FC2ブログ

    「各級非常防疫指揮部でウィルス伝染病防疫事業継続深化」:隔離解除者数、「隔離者」は2万以上?、食料不足に注意 (2020年3月20日 「朝鮮中央通信」)

    20日、「朝鮮中央通信」が「追加された隔離者」が発生していることを報じた。

    ************
    各級非常防疫指揮部でウィルス感染症防疫事業継続深化
    각급 비상방역지휘부들에서 비루스전염병 방역사업 계속 심화

    (平壌3月20日発、朝鮮中央通信)
    (평양 3월 20일발 조선중앙통신)

    我が国の中央と地方の各級非常防疫指揮部でウィルス伝染病防疫事業を継続して高強度で深化させている。
    우리 나라의 중앙과 지방의 각급 비상방역지휘부들에서 비루스전염병방역사업을 계속 강도높이 심화시켜나가고있다.

    中央非常防疫指揮部では、毎週、全国的な画像会議システムを通して各非常防疫指揮部にCOVID-19を徹底して遮断するための週別事業方向を明確に提示し、その執行での成果と経験を積極的に一般化すると共に偏向を強く総括対策している。
    중앙비상방역지휘부에서는 매 주마다 전국적인 화상회의체계를 통하여 각 비상방역지휘부들에 《COVID-19》를 철저히 차단하기 위한 주별사업방향을 명확히 제시해주고 그 집행에서의 성과와 경험을 적극 일반화하는것과 함께 편향들을 강하게 총화대책하고있다.

    国境と分界線、海岸沿線地域では、伝染病の流入と伝播を科学的かつ先制的、封鎖的に防ぐための対策をさらに講究し、すべての人々が非常防疫指揮部の指揮と統制に絶対服従するよう掌握統制を強化している。
    국경과 분계연선,해안연선지역들에서는 전염병의 류입과 전파를 과학적이면서도 선제적이고 봉쇄적으로 막기 위한 대책을 더욱 강구하고 모든 사람들이 비상방역지휘부의 지휘와 통제에 절대복종하도록 장악통제를 강화하고있다.

    国家防疫体系の中で隔離された外国人と外国出張者、その接触者をはじめとした医学的監視対象者に対する隔離解除事業も継続して正確に執行されている。
    국가방역체계안에서 격리되였던 외국인들과 외국출장자,그 접촉자들을 비롯한 의학적감시대상자들에 대한 격리해제사업도 계속 정확히 집행되고있다.

    十分な医学的監視と病気検査事業をとおして、異常症状がないkとが確証されたことにより、19日現在、3人を除外したすべての外国人が隔離解除された。
    충분한 의학적감시와 검병검진사업을 통하여 이상증세가 없다는것이 확증된데 따라 19일현재 3명을 제외한 모든 외국인들이 격리해제되였다.

    平安南道、平安北道でそれぞれお1500人あまり、1090人あまりを追加で隔離解除したのをはじめとし、各道で隔離期間が完了し、ウィルス感染症がない人々を続けて隔離解除している。
    평안남도,평안북도에서 각각 1 500여명,1 090여명을 추가로 격리해제시킨것을 비롯하여 각 도에서 격리기간이 완료되고 비루스감염증세가 없는 사람들을 련이어 격리해제시키고있다.

    江原道では、現在まで1430人を隔離解除させ、彼らに対する一定の期間の医学的監視組織も積極的に打ち立てている。
    강원도에서는 현재까지 1 430여명을 격리해제시키였으며 그들에 대한 일정한 기간의 의학적감시조직도 적극 따라세우고있다.

    各級非常防疫指揮部では、春の衛生月間に街や村、職場をより衛生文化的にし、消毒事業を正常に行い、この事業がウィルス感染症を防ぐための全群集的な事業として転換されるようにしている。
    각급 비상방역지휘부들에서는 봄철위생월간에 거리와 마을,일터를 보다 위생문화적으로 꾸리고 소독사업을 정상적으로 진행하여 이 사업이 비루스전염병을 막기 위한 전군중적인 사업으로 전환되도록 하고있다.(끝)
    *****************

    過去記事にも書いた3月1日の『労働新聞』には「平安南道・・・道内の2420人の医学的監視対象者が」と書かれていたので、その後、隔離対象者が発生していないと仮定すれば、隔離対象者が900人に減少したことになるし、同様に江原道は「1500人あまりの医学的監視対象者がいる江原道」ということからすると、隔離対象者(医学的監視対象者)が70人に減少したことになる。

    ただし、3月1日以降、「医学的監視対象者」の数を発表していないことからすると、「医学的監視対象者」は継続して増加しているとみるべきであろう。過去記事にも書いたように、北朝鮮で隔離の対象となっているのは、「疑診者」、すなわち「病気の診断、治療事業で確実な根拠はないが、病気にかかったと疑われる人、つまり、現在、新型コロナウィルス感染症と類似した症状の病気を患っている患者」、日本の基準では下記に該当するのであろう。

    20200320 kourou soudn32904823094832940324840
    Source: 日本厚労省HP、https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000596905.pdf

    そして、厚労省の定義としては、
    20200320 gijisesshoi8u409238493208294023
    Source: 日本厚労省HP、https://www.niid.go.jp/niid/images/epi/corona/2019nCoV-02-200312.pdf

    にある「疑似症患者」ということだろう。


    そして「医学的観察者」は、「患者や病気の伝播地域から来た人と近くで接触したことで、医学的監視をされなければならない人、つまり、ウィルスに感染している危険性は内在しているが、なんら病的症状がない正常な人」としているので、日本も最近、そのような要請を始めたが、そもそも「帰国者」は隔離の対象になっている北朝鮮では、国内の「伝搬地域から来た人と近くで接触した」、日本の基準で言うと「濃厚接触者」に該当するものと思われる。

    20200320 noukou239048290389024375029733242
    Source: 日本厚労省HP、https://www.niid.go.jp/niid/images/epi/corona/2019nCoV-02-200312.pdf

    北朝鮮でPCR検査がどれほど行われているのかは不明であるが、PCR検査の有無にかかわらず日本で言うところの「「疑似症患者」と「濃厚接触者」は、「隔離」の対象者となっているものと思われる。ただし、北朝鮮で言うところの「隔離」は、病院などの隔離施設のみならず、「自宅待機」も含まれている。

    日本厚労省が3月19日に発表した資料によると、「国内事例」は892人とあり「退院した者」は200人となっており、単純に計算すると22%が退院している。この退院者は、症状の有無にかかわらずPCR検査で陽性と出た人なので、北朝鮮の「疑診者」や「医学的観察者」と必ずしも同じではないが、とりあえず20%程度が北朝鮮が言うところの「隔離解除」状態になったと考える。

    20200319 kourousdr230948230948429304
    Source: 日本厚労省HP、https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10335.html

    今回、北朝鮮は「隔離解除者」が約4000人いるとしているので、乱暴ではあるが、この数を隔離対象者の20%とすると、2万人ぐらいが「隔離対象」となっている可能性がある。4000人という数も3つの道だけに限定されるので、他の道も含めるともっと多くなるのかもしれない。

    日本におけるPCR検査陽性者と北朝鮮の「可能性がある人」では、当然、母数に大きな違いは出てくるが、「朝鮮中央TV」であまり見せなくなった平壌の街の様子などからしても、自宅待機者はかなりいるのではないかと思われる。

    しかしこれは北朝鮮が異常ということではなく、イタリアやフランスなどが出している「都市封鎖」、「外出禁止令」などを見れば、むしろ、北朝鮮の言うとおり「先制的、封鎖的」に感染拡大を抑止する対策を講じたと評価することができる。

    もちろん、過去記事にも書いたように、先進国に比べて食料備蓄が絶対的に少ない北朝鮮で、「自宅待機」により農業活動が停滞すると食料不足という別の問題が発生する。病院建設も良いが、「元帥様」は中国と連携しながらこの問題に今から対処しておく必要がありそうだ。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR