FC2ブログ

    「朝鮮民主主義人民共和国、崔ソンフィ外務相第1副相談話」:トランプの「ロケットマン」発言に抗議、「元帥様」の言葉を避けつつ「老いぼれ」で対抗 (2019年12月5日 「朝鮮中央通信」)

    5日、「朝鮮中央通信」に以下。

    *************
    朝鮮民主主義人民共和国、崔ソンフィ外務相第1副相談話
    조선민주주의인민공화국 최선희 외무성 제1부상 담화

    数日前、NATO首脳会議期間に再び登場した対朝鮮武力使用なる表現は、国際的に大きなショックを引き起こし、憂慮を大きくしている。
    며칠전 나토수뇌자회의기간에 다시 등장한 대조선무력사용이라는 표현은 국제적으로 큰 파장을 일으키며 우려를 키우고있다.

    我々にとって、さらに気分が悪いことは、共和国の最高尊厳に対して丁重さを失い、なんと比喩法をデタラメに使ったことだ。
    우리가 더욱더 기분나쁜것은 공화국의 최고존엄에 대해 정중성을 잃고 감히 비유법을 망탕 쓴것이다.

    こうして、米国と米国人に対する我々人民の憎悪は激しい波をなし、より一層盛り上がっている。
    이로하여 미국과 미국인들에 대한 우리 인민들의 증오는 격파를 일으키며 더한층 달아오르고있다.

    報道されたように、朝鮮人民軍は、これに対して即時自らの激しい立場を明らかにした。
    보도된바와 같이 조선인민군은 이에 대하여 즉시 자기의 격한 립장을 밝혔다.

    我々外務省もやはり最大に鋭敏な時期に不適切に吐いたトランプ大統領の発言に不快感を禁じ得ない。
    우리 외무성 역시 최대로 예민한 시기 부적절하게 내뱉은 트럼프대통령의 발언에 불쾌감을 자제할수 없다.

    トランプ大統領の武力使用発言と比喩呼称が即興的で飛び出した失言なら幸いであるが、意図的に我々を狙った計画された挑発ならば問題は異なる。
    트럼프대통령의 무력사용발언과 비유호칭이 즉흥적으로 불쑥 튀여나온 실언이였다면 다행이겠지만 의도적으로 우리를 겨냥한 계획된 도발이라면 문제는 달라진다.

    まさに2年前、大洋を越えて舌戦が行き来した時を連想させる表現を意図的に再び登場させているのであれば、それは非常に危険な挑戦となる。
    바로 2년전 대양건너 설전이 오가던 때를 련상시키는 표현들을 의도적으로 다시 등장시키는것이라면 그것은 매우 위험한 도전으로 될것이다.

    我々は武力使用と比喩呼称が再び登場するのかを見守る。
    우리는 무력사용과 비유호칭이 다시 등장하는가를 지켜볼것이다.

    もしも、もしも、そのような表現が再び登場し、我々に対する米国の計算された挑発であったことが再確認される場合、我々もやはり米国に対する正面からの対応暴言を始める。
    만약,만약 그러한 표현들이 다시 등장하여 우리에 대한 미국의 계산된 도발이였다는것이 재확인될 경우 우리 역시 미국에 대한 맞대응폭언을 시작할것이다.

    今のような危機一髪の時期に、意図的に再び対決雰囲気を増幅させる発言と表現を使うなら、本当に老いぼれのボケが再び始まるモノと診断しなければならない。
    지금과 같은 위기일발의 시기에 의도적으로 또다시 대결분위기를 증폭시키는 발언과 표현을 쓴다면 정말로 늙다리의 망녕이 다시 시작된것으로 진단해야 할것이다.

    我々国務委員長は、トランプ大統領に向かって未だにそのような表現も使わなかった。
    우리 국무위원장은 트럼프대통령을 향하여 아직 그어떤 표현도 하지 않았다.

    主体108(2019)年12月5日
    주체108(2019)년 12월 5일
    平壌
    평 양(끝)

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR