FC2ブログ

    「朝鮮外務省スポークスマン、共和国漁船を沈没させた日本政府に賠償し、再発防止対策を講じることを要求」 (2019年10月12日 「uriminzokkiri」)

    日本語字幕付き。

    Source: KCTV, 「17時報道」、2019/10/12

    12日、「uriminzokkiri」に以下。

    *************
    朝鮮外務省スポークスマン、共和国漁船を沈没させた日本政府に賠償し、再発防止対策を講じることを要求
    조선외무성 대변인 공화국어선을 침몰시킨

    일본정부에 배상하며 재발방지대책을 강구할것을 요구

    (平壌10月12日発 朝鮮中央通信)
    (평양 10월 12일발 조선중앙통신)

    朝鮮民主主義人民共和国外務省スポークスマンは、最近、日本が朝鮮東海水域で我々の漁船を沈没させた事件が発生したことと関連し、12日、朝鮮中央通信社記者が提起した質問に次のように答えた。
    조선민주주의인민공화국 외무성 대변인은 최근 일본이 조선동해수역에서 우리 어선을 침몰시킨 사건이 발생한것과 관련하여 12일 조선중앙통신사 기자가 제기한 질문에 다음과 같이 대답하였다.

    7日、日本水産庁取締船が、朝鮮東海水域で正常に航行していた我々の漁船を沈没させる昼強盗的な行為を行った。
    7일 일본수산청 단속선이 조선동해수역에서 정상적으로 항행하던 우리 어선을 침몰시키는 날강도적인 행위를 감행하였다.

    日本側により我々の船員が救助されたとはいえ、彼らの生命安全は重大な脅威にさらされた。
    일본측에 의해 우리 선원들이 구조되였다고 하지만 그들의 생명안전은 엄중히 위협당하였다.

    日本政府当局者とメディアは、我々の漁船が取り締まりに応じず、急旋回して、彼らの取締船と衝突したことが事件の基本原因のように世論をミスリードしている。
    일본정부 당국자들과 언론들은 우리 어선이 단속에 응하지 않고 급선회하다가 저들의 단속선과 충돌한것이 사건의 기본원인인것처럼 여론을 오도하고있다.

    日本が自分の故意の行為を正当化しよう必死になって盗っ人猛々しくも騒ぎ立てているが、我々の漁船を沈没させ、船員の生命安全まで脅威にさらした今回の事件の責任から絶対に抜け出すことはできない。
    일본이 자기의 고의적인 행위를 정당화해보려고 극성을 부리면서 적반하장격으로 놀아대고있지만 우리 어선을 침몰시키고 선원들의 생명안전까지 위협한 이번 사건의 책임에서 절대로 벗어날수 없다.

    我々が既に我々の船員の活動に関する妨害や取り締まり、その他の物理的な行動が突発的な衝突を引き起こす可能性があることについて事前警告したにもかかわらず、挑発的に出てきた以上、それに相応して必要な行動措置を取っても、日本側は何も言えなくなった。
    우리가 이미 우리 어선들의 활동에 대한 방해나 단속 기타 물리적인 행동이 돌발적인 충돌을 야기시킬수 있다는데 대해 사전경고하였음에도 불구하고 도발적으로 나온 이상 그에 대응하여 필요한 행동조치를 취하여도 일본측은 할 말이 없게 되여있다.

    我々は、日本政府が我々の漁船を沈没させ、物質的被害を与えたことについて、賠償し、再発防止策を講じることを強く要求する。
    우리는 일본정부가 우리 어선을 침몰시켜 물질적피해를 입힌데 대하여 배상하며 재발방지대책을 강구할것을 강력히 요구한다.

    こうした事件が再び発生する場合、日本が願っていない結果をもたらすことになろう。
    이러한 사건이 다시 발생하는 경우 일본이 바라지 않는 결과를 초래하게 될것이다.

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR