FC2ブログ

    「朝鮮民主主義人民共和国外務省スポークスマン談話」:再び発射した飛翔体の背景、「対話の立場は変わりない」が今はその必要がない、「新たな道を模索」 (2019年8月6日 「朝鮮中央通信」)

    6日、「朝鮮中央通信」に以下。

    *******
    朝鮮民主主義民人共和国外務省スポークスマン談話
    조선민주주의인민공화국 외무성 대변인담화

    我々の繰り返されている警告にもかかわらず、米国と南朝鮮当局がついに我々を狙った合同軍事演習を行った。
    우리의 거듭되는 경고에도 불구하고 미국과 남조선당국이 끝끝내 우리를 겨냥한 합동군사연습을 벌려놓았다.

    これは、新たな朝米関係を樹立し、朝鮮半島で恒久的で堅固な平和体制を構築することで合意した6.12朝米共同声明と板門店宣言、9月平和共同宣言に対する露骨な無視であり公然たる違反である。
    이것은 새로운 조미관계를 수립하고 조선반도에서 항구적이며 공고한 평화체제를 구축하기로 합의한 6.12조미공동성명과 판문점선언,9월평양공동선언에 대한 로골적인 무시이며 공공연한 위반이다.

    米国と南朝鮮当局が、今回の演習を正当化しようとあれこれと誤魔化しをしているが、合同軍事演習の侵略的性格はいかなる場合にも絶対に隠すことも美化することもできない。
    미국과 남조선당국이 이번 연습을 정당화해보려고 별의별 요술을 다 피우고있지만 합동군사연습의 침략적성격은 그 어떤 경우에도 절대로 가리울수도,미화할수도 없다.

    停戦協定が締結された次の年である1954年、南朝鮮で「フォーカス・レンズ」合同軍事演習が初めて行われて以来、米国と南朝鮮がさる65年間、毎年行っている合同軍事演習は、例外なく我々に対する突然の奇襲攻撃を仮想した侵略戦争演習であった。
    정전협정이 체결된 다음해인 1954년 남조선에서 《포커스 렌즈》합동군사연습이 처음으로 진행된이래 미국과 남조선이 지난 65년동안 해마다 벌려놓고있는 합동군사연습들은 례외없이 우리에 대한 불의적인 선제공격을 가상한 침략전쟁연습들이였다.

    さらに重大なことは、米国がシンガポール朝米首脳会談と板門店朝米首脳会談をはじめとした様々な契機に首脳級でした合同軍事演習中止公約は眼中にもなく、最新攻撃型武装装備を南朝鮮に大々的に持ち込んで、我々を敵対視する軍事的緊張状態を高めていることである。
    더우기 엄중한것은 미국이 싱가포르조미수뇌회담과 판문점조미수뇌상봉을 비롯한 여러 계기들에 수뇌급에서 한 합동군사연습중지공약은 안중에도 없이 최신공격형무장장비들을 남조선에 대대적으로 끌어들이면서 우리를 적대시하는 군사적긴장상태를 고취하고있는것이다.

    シンガポール朝米首脳会談が行われた以後だけでも米国と南朝鮮当局は、海兵隊連合訓練、「同盟19−1」、連合空中訓練、「電波安保発揮」など、我々を狙った各種の侵略戦争演習を切れ目なく行っており、我々の大陸間弾道ロケット迎撃を仮想した実験を行ったのに続き、大陸間弾道ミサイル「ミニットマン3」と潜水艦弾道ミサイル「トライデント2D-5」の試験発射も躊躇しなかった。
    싱가포르조미수뇌회담이 진행된 이후에만도 미국과 남조선당국은 해병대련합훈련,《동맹 19-1》,련합공중훈련,《전파안보발기》 등 우리를 겨냥한 각종 침략전쟁연습들을 끊임없이 벌려놓았으며 우리의 대륙간탄도로케트요격을 가상한 시험을 진행한데 이어 대륙간탄도미싸일 《미니트맨-3》과 잠수함탄도미싸일 《트라이든트 2 D-5》의 시험발사도 서슴지 않았다.

    それだけではなく米国は、「米国の核抑止政策」という報告書で我々に対する核先制使用を禁止するのに反対する政策的立場を明らかにし、我が国を「不良国家」、核技術と核兵器、弾道ミサイル「伝播国」と決めつけるなど、我々に対する拒否感を躊躇なく表している。
    뿐만아니라 미국은 《미국의 핵억제정책》이라는 보고서에서 우리에 대한 핵선제사용을 금지하는것을 반대하는 정책적립장을 밝히였으며 우리 나라를 《불량배국가》,핵기술과 화학무기,탄도미싸일의 《전파국》으로 매도하는 등 우리에 대한 거부감을 꺼리낌없이 드러내놓았다.

    最近には「F-35A」ステルス戦闘機が南朝鮮に搬入され、米核戦略潜水艦「オクラホマ・シティー」号が釜山港に入港したかと思えば、高高度精密無人機「グローバル・ホーク」の南朝鮮搬入まで推進しながら我々を激しく刺激している。
    최근에는 《F-35A》스텔스전투기들이 남조선에 반입되고 미핵전략잠수함 《오클라호마 씨티》호가 부산항에 입항하였는가 하면 고고도정찰무인기 《글로벌 호크》의 남조선반입까지 추진하면서 우리를 심히 자극하고있다.

    諸般の事実は、米国と南朝鮮当局が、朝米、北南関係改善を公約した共同声明を履行する政治的意志を全く持っておらず、我々に継続して敵として対応するという立場には変わりがないことを立証している。
    제반 사실들은 미국과 남조선당국이 조미,북남관계개선을 공약한 공동성명들을 리행할 정치적의지를 전혀 가지고있지 않으며 우리를 계속 적으로 대하겠다는 립장에는 변함이 없다는것을 립증해주고있다.

    朝鮮民主主義人民共和国外務省スポークスマンは、米国と南朝鮮当局の軍事的敵対行為が危険ラインに至ったことと関連し、これを峻烈に断罪、糾弾しながら、次のような原則的立場を明らかにする。
    조선민주주의인민공화국 외무성 대변인은 미국과 남조선당국의 군사적적대행위들이 위험계선에 이른것과 관련하여 이를 준렬히 단죄규탄하면서 다음과 같은 원칙적립장을 밝힌다.

    第一に、米国と南朝鮮は、我々に国家安全の潜在的、直接的危険を除去するための対応措置を取るように押し動かした責任から免れることはできない。
    첫째,미국과 남조선당국은 우리로 하여금 국가안전의 잠재적,직접적위협들을 제거하기 위한 대응조치들을 취하도록 떠민 책임에서 벗어나지 못할것이다.

    米国と南朝鮮当局が、我々の反発があることを明白に知りながらも我々を刺激し、威嚇している合同軍事演習をついに強行している底意がいったいどこにあるのかということだ。
    미국과 남조선당국이 우리의 반발이 있을것이라는것을 뻔히 알면서도 우리를 자극하고 위협하는 합동군사연습을 기어코 강행하는 저의가 과연 어디에 있는가 하는것이다.

    我々は、既に合同軍事演習が朝米、北南関係進展を遮り、我々が既に取った重大措置を再考させる可能性があることについて一度や二度警告しただけではない。
    우리는 이미 합동군사연습이 조미,북남관계진전을 가로막고 우리가 이미 취한 중대조치들을 재고하는데로 떠밀수 있다는데 대하여 한두번만 경고하지 않았다.

    一方は公約を破り捨てても、我々だけ公約を守らなければならないという法はない。
    일방은 공약을 줴버려도 되고 우리만 공약을 지켜야 한다는 법은 없다.

    米国と南朝鮮当局が口さえ開けば合同軍事演習が「防御的」だの、戦闘準備のための「必須的な要素」だのと言って騒ぎ立てているが、我々もやはり国家防衛に必須な強力な物理的手段を開発実験、配備しなければならなくなり、米国と南朝鮮当局は口が10個あっても何も言えない。
    미국과 남조선당국이 입만 벌리면 합동군사연습이 《방어적》이라느니,전투준비를 위한 《필수적인 요소》라느니 뭐니 하고 떠들고있는데 우리 역시 국가방위에 필수적인 위력한 물리적수단들을 개발,시험,배비하지 않으면 안되게 될것이며 그에 대하여 미국과 남조선당국은 입이 열개라도 할 말이 없을것이다.

    南朝鮮がそれほど「安保脅威」に苦しんでいるなら、いっそのこと対話するふりをしない方が賢明な行動となる。
    남조선이 그렇게도 《안보위협》에 시달리고있다면 차라리 맞을짓을 하지 않는것이 더 현명한 처사로 될것이다.

    第二に、対話で問題を解決しようという我々の立場には変わりはないが、軍事的敵対行為が継続される限り、対話の動力は徐々に消えていくことになる。
    둘째,대화로 문제를 해결하려는 우리의 립장에는 변함이 없지만 군사적적대행위들이 계속되는 한 대화의 동력은 점점 더 사라지게 될것이다.

    造成された情勢は、朝米、北南合意履行に対する我々の意欲を急激に落としており、今後の対話展望にも良くない影響を及ぼしている。
    조성된 정세는 조미,북남합의리행에 대한 우리의 의욕을 급격히 떨어뜨리고있으며 앞으로의 대화전망에도 좋지 못한 영향을 미치고있다.

    対話相手を狙った戦争謀議が行われているときに、建設的な対話を期待できないのは自明の理であり、言葉が分からない人々と向かい合って座り脈を取りながら所得のない対話をする必要もない。
    대화상대방을 겨냥한 전쟁모의판이 벌어지고있는 때에 건설적인 대화를 기대할수 없다는것은 자명한 리치이며 말귀를 알아듣지 못하는 사람들과 마주앉아 맥을 뽑으면서 소득없는 대화를 할 필요도 없다.

    前では対話について大声で叫び、振り返って座って我々を害する刀を磨くのが米国と南朝鮮当局が騒ぎ立てている「創発的な解決策」であり、「常識を越えた想像力」であるなら、我々もやはり既に明らかにしたとおり新たな道を模索せざるを得なくなるであろう。
    앞에서는 대화에 대하여 곧잘 외워대고 뒤돌아 앉아서는 우리를 해칠 칼을 가는것이 미국과 남조선당국이 떠들어대는 《창발적인 해결책》이고 《상식을 뛰여넘는 상상력》이라면 우리 역시 이미 천명한대로 새로운 길을 모색하지 않을수 없게 될수도 있을것이다.

    米国と南朝鮮当局が我々の繰り返される警告を軽く扱いながら、まぐれ当たりを願っているなら、我々はそれを超える高価な対価を支払わせる。
    미국과 남조선당국이 우리의 거듭되는 경고를 무심히 대하면서 요행수를 바란다면 우리는 그들이 고단할 정도로 값비싼 대가를 치르게 할것이다.

    主体108(2019)年8月6日
    주체108(2019)년 8월 6일

    平壌
    평 양(끝)

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR