FC2ブログ

    「朝鮮民主主義人民共和国外務省、米国研究所政策研究室長談話」:「常識を越える想像力」と文在寅を非難、「新型誘導兵器」は韓国攻撃用 (2019年7月11日 「朝鮮中央通信」)

    11日、「朝鮮中央通信」に以下。

    ************
    朝鮮民主主義人民共和国外務省米国研究所政策研究室長談話
    조선민주주의인민공화국 외무성 미국연구소 정책연구실장 담화

    南朝鮮当局が去る3月に続き、今月中旬、再び米国からステルス戦闘機F-35A、2機の納入しようとしている。
    남조선당국이 지난 3월에 이어 이달중순 또다시 미국으로부터 스텔스전투기 《F-35A》 2대를 납입하려 하고있다.

    一名「見えない殺人兵器」とも呼ばれるF-35Aの納入が地域から周辺地域に対する軍事的優位を保障し、特に朝鮮半島有事に北進の「大門」を開くことにその目的があるのは疑う余地がない。
    일명 《보이지 않는 살인무기》라고도 불리우는 《F-35A》의 납입이 지역에서 주변나라들에 대한 군사적우위를 보장하며 특히 조선반도유사시 북침의 《대문》을 열기 위한데 그 목적이 있다는것은 의심할 여지가 없다.

    こうして南朝鮮当局は、相手を狙った武力増強を全面中止することに対して明白に規制した「板門店宣言軍事分野履行合意書」に正面から挑戦した。
    이로써 남조선당국은 상대방을 겨냥한 무력증강을 전면중지할데 대하여 명백히 규제한 《판문점선언 군사분야리행합의서》에 정면도전하였다.

    歴史的な板門店朝米首脳対面で朝鮮半島に肯定的な気流が造成されている時に、同族を攻撃する殺人兵器を持ち込むことに順応することが、南朝鮮当局者が騒ぎ立てている「常識を飛び越える想像力」の創案品なのか尋ねたい。
    력사적인 판문점조미수뇌상봉으로 조선반도에 긍정적인 기류가 조성되고있는 때에 자기 동족을 해칠 살인무기를 끌어다놓는데 순응하는것이 남조선당국자가 떠들어대는 《상식을 뛰여넘는 상상력》의 창안품인지 묻고싶다.

    今回の戦闘機搬入が我々の反発をももたらし、朝鮮半島情勢を軍事的緊張激化へと差し向ける危険千万な行為となるのをはっきりと知りながらも、嫌だと言えずにボスである米国のご機嫌を取りながら生きていくのが南朝鮮当局の不思議な人々だ。
    이번 전투기반입이 우리의 반발을 초래하고 조선반도정세를 군사적긴장격화에로 떠미는 위험천만한 행위로 된다는것을 뻔히 알면서도 울며 겨자먹기로 상전인 미국의 비위를 맞추어 살아가는것이 남조선당국의 이상한 사람들이다.

    そうしながら、北南間の和解と協力を騒ぎ立てているのを見ると、図々しくもあり、惨めでもある。
    그러면서도 북남사이의 화해와 협력을 떠들어대고있는것을 보면 뻔뻔스럽기도 하고 가련하기도 하다.

    南朝鮮当局が、朝米関係が改善される雰囲気が見れば一歩前進し、ホワイトハウスで遮断棒を下ろせば反対に後退する外部勢力依存の宿命から抜け出せなければ、北南関係の展望は期待できることはない。
    남조선당국이 조미관계가 개선될 기미가 보이면 일보 전진하였다가 백악관에서 차단봉을 내리면 이보 후퇴하는 외세의존의 숙명에서 벗어나지 못한다면 북남관계전망은 기대할것이 없다.

    我々もやはりやむを得ず南朝鮮に増強される殺人装備を焦土化させられる特別兵器開発と実験をせざるを得なくなった。
    우리 역시 불가불 남조선에 증강되는 살인장비들을 초토화시킬 특별병기개발과 시험을 하지 않을수 없게 되였다.

    南朝鮮当局は、米国に追従すれば北南関係改善の機会が来るという荒唐無稽な妄想を捨て、今からでも正気に戻るべきである。
    남조선당국은 미국에 추종하면 북남관계개선의 기회가 올수 있을것이라는 허황한 망상을 버리고 이제라도 정신을 차리는것이 좋을것이다.

    主体108(2019)7月11日
    주체108(2019)년 7월 11일
    平壌
    평 양 (끝)
    ***********************

    拙ブログでも紹介したが、「常識を飛び越える想像力」は、文在寅が板門店朝米会談を受けて出したメッセージに含まれる言葉である。「南朝鮮当局者」とはしているものの、明らかに文在寅を非難していることが分かる。また、韓国政府関係者を指して「米国のご機嫌を取りながら生きていくのが南朝鮮当局の不思議な人々」とも言っている。

    そして、北朝鮮が「新型誘導兵器」の発射実験をした理由についても「我々もやはりやむを得ず南朝鮮に増強される殺人装備を焦土化させられる特別兵器開発と実験をせざるを得なくなった」と説明し、5月4日に「試験発射」されたイスタンダル型と言われる「新型誘導兵器」は、韓国に配備されているステルス戦闘機など「殺人兵器」を破壊するためのミサイルであることを明らかにした。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR