FC2ブログ

    「朝鮮外務省スポークスマン、米国が敵対視政策に継続してしがみつくなら、朝米共同声明の運命は破棄されざるを得ないと強調」 (2019年6月4日 「朝鮮中央通信」)

    日本語字幕付き

    Source: KCTV, 2019/06/04 2215JST頃

    4日、「朝鮮中央通信」に以下。本報道は、「朝鮮中央TV」でも21時35分頃、公開とほぼ同時に放送されており、対外向けだけではなく、対内的にも重要な報道である。

    *********
    朝鮮外務省スポークスマン、米国が敵対視政策に継続してしがみつくなら、朝米共同声明の運命は破棄されざるを得ないと強調
    조선외무성 대변인 미국이 적대시정책에 계속 매여달린다면 조미공동성명의 운명은 기약할수 없다고 강조

    (평양 6월 4일발 조선중앙통신)

    朝鮮民主主義人民共和国外務省スポークスマンは、4日、次のような談話を発表した。
    조선민주주의인민공화국 외무성 대변인은 4일 다음과 같은 담화를 발표하였다.

    去る6月、シンガポールで歴史上初めて開催された朝米首脳会談は、朝鮮半島と地域の平和と安定を図り、和解と協力の歴史的流れを推し動かすことにおいて重大な意義を持つ事変的な契機であった。
    지난해 6월 싱가포르에서 력사상 처음으로 진행된 조미수뇌상봉과 회담은 조선반도와 지역의 평화와 안정을 도모하고 화해와 협력의 력사적흐름을 추동하는데서 중대한 의의를 가지는 사변적인 계기였다.

    朝米首脳首脳会談で採択された6.12朝米共同声明は、最も敵対的な関係にある国であっても平和と安定を守護することを最優先し、そのための政策的勇断をすれば、いくらでも新たな関係樹立のための活路を作ることができることを現実として立証したものとして、世界の全ての国と人民の全幅的な支持と賛同を得た。
    조미수뇌상봉과 회담에서 채택된 6.12조미공동성명은 가장 적대적인 관계에 놓여있는 나라들이라 할지라도 평화와 안정을 수호하는것을 첫자리에 놓고 이를 위한 정책적용단을 내린다면 얼마든지 새로운 관계수립을 위한 활로를 마련할수 있다는것을 현실로 립증한것으로 하여 세계 모든 나라와 인민들의 전폭적인 지지와 찬동을 받았다.

    国際社会が公認するように、朝鮮民主主義人民共和国政府は、去る1年間、6.12朝米共同声明で明らかにされた新たな朝米関係を樹立し、朝鮮半島での恒久的で堅固な平和体制を構築し、朝鮮半島の非核化を実現するために切れることない努力を傾けてきており、戦略的決断を要求する実践的措置を推し進める措置をはじめとし、できる努力は全てした。
    국제사회가 공인하는바와 같이 조선민주주의인민공화국정부는 지난 1년간 6.12조미공동성명에서 천명된 새로운 조미관계를 수립하고 조선반도에서의 항구적이며 공고한 평화체제를 구축하며 조선반도비핵화를 실현하기 위해 끊임없는 노력을 경주해왔으며 전략적결단을 요구하는 실천적조치들을 주동적으로 취한것을 비롯하여 할수 있는 모든 노력을 다하였다.

    しかし、残念ながら米国は、去る1年間、朝米共同声明履行を意図的に無視し、我々の一方的な核放棄だけに固執しながら、我々を力で圧殺しようという企みをさらに露骨にした。
    하지만 유감스럽게도 미국은 지난 1년간 조미공동성명리행을 의도적으로 외면하고 우리의 일방적인 핵포기만을 고집하면서 우리를 힘으로 압살하려는 기도를 더욱 로골적으로 드러냈다.

    全世界の大きな関心と期待の中でベトナムのハノイで行われた第2回朝米首脳会談で、米国は「先核放棄」主張に固執し、千載一遇の機会を逃すという最大の失策を犯し、これは朝米対話の展望に暗い影を投げかけた。
    온 세계의 커다란 관심과 기대속에 윁남의 하노이에서 진행된 제2차 조미수뇌회담에서 미국은 《선 핵포기》주장을 고집하여 천재일우의 기회를 놓치는 최대의 실책을 범하였으며 이것은 조미대화전망에 어두운 그림자를 던지였다.

    米国が、朝米共同声明を履行しようという真の姿勢と誠実な態度を持って問題解決に少しでも役立つことをしていたなら、朝鮮半島非核化問題も遙かに進展したことであろう。
    미국이 조미공동성명을 리행하려는 진지한 자세와 성실한 태도를 가지고 문제해결에 조금이라도 도움이 되는 일을 하였더라면 조선반도비핵화문제도 퍼그나 전진하였을것이다.

    朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長同志は、歴史的な施政演説で、朝米間に根深い敵対感が存在している条件で、6.12朝米共同声明を履行していこうとするなら、双方がお互いの一方的な要求条件を引っ込め、各自の利害関係に合う建設的な解法を見つけなければならず、そのためにはまず、米国が今の計算法をたたみ、新たな計算法を持って我々に近づくことが必要だと言われた。
    조선민주주의인민공화국 국무위원회 위원장동지께서는 력사적인 시정연설에서 조미사이에 뿌리깊은 적대감이 존재하고있는 조건에서 6.12조미공동성명을 리행해나가자면 쌍방이 서로의 일방적인 요구조건들을 내려놓고 각자의 리해관계에 부합되는 건설적인 해법을 찾아야 하며 그러자면 우선 미국이 지금의 계산법을 접고 새로운 계산법을 가지고 우리에게 다가서는것이 필요하다고 말씀하시였다.

    6.12朝米共同声明は、世界と人類の前に朝米両国が誓った公約であり、双方が共同で責任を持たなければならない課題である。
    6.12조미공동성명은 세계와 인류앞에 조미 두 나라가 다진 공약이며 쌍방이 공동으로 책임져야 할 과제이다.

    朝米間の初の首脳会談で両国首脳が直接署名された6.12朝米共同声明を大切に考え、今後もその履行に忠実であろうという我々の立場と意志には変化がない。
    조미사이의 첫 수뇌회담에서 두 나라 수뇌분들이 직접 서명하신 6.12조미공동성명을 귀중히 여기고 앞으로도 그 리행에 충실하려는 우리의 립장과 의지에는 변함이 없다.

    しかし、対話の一方である米国が、自分の義務を捨て、必死で対朝鮮敵対視政策に継続してしがみつこうとするなら、6.12朝米共同声明の運命は破棄されざるを得ない。
    그러나 대화일방인 미국이 자기의 의무를 저버리고 한사코 대조선적대시정책에 계속 매여달린다면 6.12조미공동성명의 운명은 기약할수 없다.

    今、米国が我々の公明正大な立場にどのように応じてくるのかにより、6.12朝米共同声明が生き残るのか、そうでなければ空っぽの紙切れとして残るのかという問題が決定される
    이제는 미국이 우리의 공명정대한 립장에 어떻게 화답해나오는가에 따라 6.12조미공동성명이 살아남는가 아니면 빈종이장으로 남아있는가 하는 문제가 결정될것이다.

    歴史的な6.12朝米共同声明発表1周年を迎え、米国は当然、去る1年間を振り返らなければならず、手遅れになる前にどちらが正しい戦略的選択となるのかを熟考しなければならない。
    력사적인 6.12조미공동성명발표 1돐을 맞으며 미국은 마땅히 지난 1년간을 돌이켜보아야 하며 더 늦기전에 어느것이 옳바른 전략적선택으로 되는가를 숙고해야 할것이다.

    米国は今の計算法を変え、一日も早く我々の要求に応じるべきである。
    미국은 지금의 셈법을 바꾸고 하루빨리 우리의 요구에 화답해나오는것이 좋을것이다.

    我々の忍耐力にも限界がある。
    우리의 인내심에도 한계가 있다.(끝)
    ***************

    6.12に際して、何か言ってくるだろうとは思っていたが、1周年を1週間前にして「談話」を出してきた。まず、6.12の1週間前に出している点が重要で、この後、1週間で、米国がこの「談話」に対する何らかの答えを出すことを求めているものと思われる。上にも書いたように、「朝鮮中央TV」でもこの「談話」は放送されており、対外的のみならず、対内的にも重要な意味がある「談話」という点で、重みがある。

    「談話」では、「非核化」の意志があることを再び明らかにしながら、ハノイ会談で米国が要求した「先非核化」には応じないという北朝鮮の立場を明白にしている。ハノイまで「元帥様」が出向いたのは、ビーガンと金ヒョクチョルの会談で、北朝鮮が受け入れられる「解法」が提示されていたからであろう。ところが、ハノイ当日、出されることになっていた「解法」と異なる「解法」が米国から提示され、「元帥様」が「当惑した」というのは、ハノイ会談直後に崔ソンフィが海外の記者に対する記者会見を開き言っている。

    米国は、その条件提示で北朝鮮を押し戻したことになるのだから、米国の要求をある程度引っ込めることで、ハノイ会談前にビーガンと金ヒョクチョルの間で合意された条件より米国側に有利な条件にしておくことで、非核化に向けた対話を続けることはできるのではないだろうか。

    「元帥様」は、12月といっていたが、この時点で再びこのような「談話」を出させているということは、やはりできるだけはやく米国との対話を再開し、トランプ政権が確実な時期に、朝米関係で決定的な進展を見たいという気持ちがあるからであろう。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR