FC2ブログ

    「日本は敗戦の教訓を肝に銘じるべきだ」 (2019年5月21日 「朝鮮中央通信」)

    21日、「朝鮮中央通信」に以下。

    **********
    日本は敗戦の教訓を肝に銘じるべきだ
    일본은 패전의 교훈을 명심해야 한다

    朝鮮中央通信社論評
    --조선중앙통신사 론평--


    (평양 5월 21일발 조선중앙통신)

    日本でコンピューターウィルスが戦争装備として登場することになった。
    일본에서 콤퓨터비루스가 전쟁장비로 등장하게 된다.

    日本の防衛省は、2019年度内にコンピューターウィルスを開発完成し、防衛装備品として保有することを公式に決定した。
    일본방위성은 2019년도내에 콤퓨터비루스를 개발완성하여 방위장비품으로 보유할것을 정식 결정하였다.

    戦争国家、侵略国家らしい危険な発想に他ならない。
    전쟁국가,침략국가다운 위험한 발상이 아닐수 없다.

    共同通信は「相手の情報通信網を妨害するためのコンピューターウィルスが防衛装備品となるのは初めて」と報道した。
    교도통신은 《상대방의 정보통신망을 방해하기 위한 콤퓨터비루스가 방위장비품으로 되기는 처음》이라고 보도하였다.

    こうして2014年3月「自衛隊」で発足したサイバー部隊は、数年間で攻撃型武力として態勢を整え、戦争遂行に入れるようになった。
    이로써 2014년 3월 《자위대》에 발족된 싸이버부대는 몇년사이에 공격형무력으로서의 태세를 갖추고 전쟁수행에 들어갈수 있게 되였다.

    これは、日本の戦争狂いが日々高まっており、「自衛隊」武力の実戦化が多角的に強行、推進されていることを示している。
    이것은 일본의 전쟁광증이 날로 더해지고있으며 《자위대》무력의 실전화가 다각적으로 강행추진되고있다는것을 보여주고있다.

    軍事大国化と海外膨張は、日本の変わらぬ野望である。
    군사대국화와 해외팽창은 일본의 변함없는 야망이다.

    毎年、莫大な軍事費を支出してきた日本は、今日、海外侵略戦争をいくらでもできる軍事的実体、危険な戦争勢力へと成長した。
    해마다 막대한 군사비를 지출해온 일본은 오늘날 해외침략전쟁을 얼마든지 치를수 있는 군사적실체,위험한 전쟁세력으로 자라났다.

    それにもかかわらず、日本は軍事大国化に対する執拗な野望の下、今年も先端兵器開発と購入、配備に熱を上げている。
    그럼에도 불구하고 일본은 군사대국화에 대한 끈질긴 야망밑에 올해에도 첨단무기개발과 구입,배비에 열을 올리고있다.

    少し前にも日本政府は、人工知能兵器の活用と関連した論議に積極的に関与する意向を示したのに続き、他国の新型ミサイルの脅威に対処するという公開された美名の下、米国とともに新たな「イージス」レイダーシステム研究開発を宣言し、2025年までに米国から迎撃ミサイルシステムの一部分である「国土防衛レイダー」を持ち込もうと画策している。
    얼마전에도 일본정부는 인공지능무기의 활용과 관련한 론의에 적극 관여할 의향을 표시한데 이어 대국들의 신형미싸일위협에 대처한다는 공개적인 미명하에 미국과 함께 새로운 《이지스》레이다체계연구개발을 선포하였으며 2025년까지 미국으로부터 요격미싸일체계의 일부분인 《국토방위레이다》를 끌어들이려고 획책하고있다.

    「自衛隊」武力の戦争遂行熟達と海外進出も見逃すことができない状況に至っている。
    《자위대》무력의 전쟁수행숙달과 해외진출도 간과할수 없는 지경에 이르고있다.

    準航空母艦と呼ばれている海上「自衛隊」艦船「いずも」号が、米海兵隊級である水陸機動団を乗せて、数ヶ月間、インド、太平洋方面の水域を動き回り、中国牽制を目的とした合同軍事演習を行っており、「安全保障関連法」を引っさげて、エジプトのシナイ半島にまで「自衛隊」人員を派遣した。(別論1-1)
    준항공모함으로 불리우고있는 해상《자위대》 함선 《이즈모》호가 미해병대급인 수륙기동단을 태우고 여러달동안 인디아태평양방면 수역을 돌아치며 중국견제에 목적을 둔 합동군사연습을 벌리고있으며 《안전보장관련법》을 턱에 걸고 에짚트의 시나이반도에까지 《자위대》인원을 파견하였다. (별론1~1)

    昨年8月には、日本の参議院が「自衛隊」とフランス軍及びカナダ軍間に食料と弾薬、労力をお互いに融通する「物品労力相互提供協定」締結を承認した。
    지난 8일에는 일본참의원이 《자위대》와 프랑스군 및 카나다군사이에 식량과 탄약,로력을 서로 융통하는 《물품로력상호제공협정》체결을 승인하였다.

    問題は、日本がこれら全てのものを「防衛」のためと描写しながら、公然と侵略戦争準備を進めていることである。
    문제는 일본이 이 모든것을 《방위》를 위한것으로 묘사하며 공공연히 침략전쟁준비를 다그치고있는것이다.

    今回もコンピューターウィルスの開発、保有の名文として「安全保障」だの、「防衛」だのと騒ぎ立てているが、現実が示しているように、これもやはり奴らの侵略的正体を隠すための安っぽい口実に過ぎない。
    이번에도 콤퓨터비루스의 개발,보유의 명분으로 《안전보장》이니,《방위》니 하고 떠들고있지만 현실이 보여주는바와 같이 그것 역시 저들의 침략적정체를 가리우기 위한 서푼짜리 구실에 지나지 않는다.

    日本が必死になって「自衛隊」武力の実戦化に邁進しているのは、いわゆる安全のためではなく、必ずや戦争ができる国となり、敗亡の復讐をするためである。
    일본이 기를 쓰고 《자위대》무력의 실전화에 매달리고있는것은 그 무슨 안전을 위한것이 아니라 기어이 전쟁을 할수 있는 나라가 되여 패망의 복수를 하자는것이다.

    日本の軍事的膨張策道は、朝鮮半島と地域、世界の平和と安全に重大な脅威となるものなので、地域諸国をはじめとした国際社会の強い憂慮と警戒心を引き起こしている。
    일본의 군사적팽창책동은 조선반도와 지역,세계의 평화와 안전을 엄중히 위협하는것으로 하여 지역나라들을 비롯한 국제사회의 강한 우려와 경계심을 자아내고있다.

    日本は敗戦の苦い教訓を既に忘れているのか。
    일본은 패전의 쓰디쓴 교훈을 벌써 잊었는가.

    国際社会の厳しい視線が奴らの一挙一動を注視していることを忘れてはならない。
    국제사회의 엄정한 시선이 저들의 일거일동을 주시하고있다는것을 잊지 말아야 한다.(끝)

    ***********
    文中にある「(別論1-1)」は、「朝鮮中央通信」のエラーで、参考文献のリストが残ってしまったものと思われる。もう1件、米国の前副大統領に関する記事も翻訳しているが、こちらにもエラーがある。厳しい検閲を通しているはずなのだが、どうしたのだろうか。

    赤点部分が「(別論1-1)」
    20190521 kcne error japan34540
    Source: KCNA, 2019/05/21、赤点は筆者

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR