FC2ブログ

    「朝鮮外務省スポークスマン、共和国の正常的で自衛的な軍事訓練にあれこれ言っている一部勢力を糾弾」:ミサイル実験非難を非難、「勢力」と対象を不明確に (2019年5月8日 「朝鮮中央通信」)

    日本語字幕付き。

    Source: KCTV, 2019/05/08


    8日、「朝鮮中央通信」が以下。

    ********
    朝鮮外務省スポークスマン、共和国の正常的で自衛的な軍事訓練に文句を言っている一部勢力を糾弾
    조선외무성 대변인 공화국의 정상적이며 자위적인 군사훈련을 걸고들고있는 일부 세력들을 규탄

    (평양 5월 8일발 조선중앙통신)

    朝鮮民主主義人民共和国外務省スポークスマンは、一部勢力が最近行われた我々の軍事訓練についてあれこれ言っていることと関連し、8日、、朝鮮中央通信社記者が提起した質問に次のように答えた。
    조선민주주의인민공화국 외무성대변인은 일부 세력들이 최근에 진행된 우리의 군사훈련을 걸고들고있는것과 관련하여 8일 조선중앙통신사 기자가 제기한 질문에 다음과 같이 대답하였다.

    既に報道されたように、4日、朝鮮東海海上では、前縁及び東部戦線防衛部隊の大口径長距離放射砲、戦術誘導武器運用能力と火力任務遂行正確性、武装装備の戦闘的性能を判定検閲し、これを契機に全軍を名射手、名砲手運動へとさらに力強く呼び起こし、経常的な戦闘動員準備を抜け目なく備えるようにすることを目的にした火力打撃訓練が行われた。
    이미 보도된바와 같이 4일 조선동해해상에서는 전연 및 동부 전선방어부대들의 대구경장거리방사포,전술유도무기운영능력과 화력임무수행정확성,무장장비들의 전투적성능을 판정검열하고 이를 계기로 전군을 명사수,명포수운동에로 더욱 힘있게 불러일으키며 경상적인 전투동원준비를 빈틈없이 갖추도록 하는데 목적을 둔 화력타격훈련이 진행되였다.

    訓練を通して、いつ、いかなる時に命令が下されても即時戦闘に進入できるよう、万全の態勢を備えている前縁と東部戦線防御部隊の迅速反応力が再び確証された。
    훈련을 통하여 언제 어느 시각에 명령이 하달되여도 즉시 전투에 진입할수 있게 만반의 태세를 갖추고있는 전연과 동부전선 방어부대들의 신속반응능력이 다시금 확증되였다.

    ところが、我々のこうした正常的で自衛的な軍事訓練について、とげの刺さったことを言っている一部勢力がいる。
    그런데 우리의 이러한 정상적이며 자위적인 군사훈련에 대해 가시박힌 소리를 하는 일부 세력들이 있다.

    我々が今まで朝鮮半島の平和と安定のために重大な戦略的決断を要求する措置を推し進めてきたことについて、そしてそれに対する当然の相応措置を取ることもなく、6.12朝米共同声明履行が膠着状態に陥ったことと関連し、我々が最大限の忍耐を発揮していることについては、喉が詰まった口がきけない人のように沈黙を守ってきた国々が、我々が最近行った正常的で自衛的な軍事訓練に対してだけは横から口を出しながら棘のあることを言っている。
    우리가 지금까지 조선반도의 평화와 안정을 위해 중대한 전략적결단을 요구하는 조치들을 주동적으로 취한데 대하여 그리고 그에 대한 응당한 상응조치들이 취해지지 않아 6.12조미공동성명리행이 교착상태에 빠진것과 관련하여 우리가 최대한의 인내심을 발휘하고있는데 대하여서는 꿀먹은 벙어리처럼 침묵을 지키던 나라들이 우리가 최근에 진행한 정상적이며 자위적인 군사훈련에 대해서만은 중뿔나게 나서서 가시박힌 소리를 하고있다.

    今回、我が軍隊が行った訓練は、誰それを狙ったものではない正常な軍事訓練の一環であり、地域情勢を激化させたこともない。
    이번에 우리 군대가 진행한 훈련은 그 누구를 겨냥한것이 아닌 정상적인 군사훈련의 일환으로서 지역정세를 격화시킨것도 없다.

    どの国でも国家防衛のための軍事訓練を行っており、これは極めて正常なことなので、一部の国々が他の主権国家を狙って行っている戦争演習とは明白に区別される。
    어느 나라나 국가방위를 위한 군사훈련을 진행하고있으며 이것은 지극히 정상적인 일로서 일부 나라들이 다른 주권국가를 겨냥하여 진행하는 전쟁연습과는 명백히 구별된다.

    去る3月と4月だけでも南朝鮮では米国ー南朝鮮合同軍事演習「同盟19-1」と連合空中訓練が行われ、今、この時にも我々を狙った戦争演習計画が切れることなく作成されている。
    지난 3월과 4월에만도 남조선에서는 미국-남조선합동군사연습《동맹19-1》과 련합공중훈련이 진행되였으며 지금 이 시각에도 우리를 겨냥한 전쟁연습계획들이 끊임없이 작성되고있다.

    しかし、いかなる理由からか、挑発的な軍事訓練と戦争演習については、誰も何も言っていない。
    그러나 어떤 리유에서인지 이러한 도발적인 군사훈련과 전쟁연습에 대해서는 누구도 일언반구하지 않고있다.

    ただ、我々の正常的で自体防衛的な軍事訓練に対してだけ挑発的だと文句を言うのは、漸次的に我が国の武装解除まで圧迫し、最後には我々を食おうと攻め込んでくる企てを露骨に表出したものである。
    오직 우리의 정상적이며 자체방어적인 군사훈련에 대해서만 도발이라고 걸고드는것은 점차적으로 우리 국가의 무장해제까지 압박하고 종당에는 우리를 먹자고 접어드는 기도를 로골적으로 표출시킨것이다.

    我々はこれについて大変不快であり、遺憾に思っており、警鐘を鳴らす。
    우리는 이에 대하여 대단히 불쾌하고 유감스럽게 생각하며 경종을 울린다.

    一部勢力が、誰それにそそのかされ、我々をでたらめに云々しながら、我々の自主権、自衛権を否定しようとするのなら、我々も彼らも望んでいない方向へ、我々を押しやる結果をもたらす可能性があることを肝に銘じるべきである。
    일부 세력들이 그 누구의 충동을 받아 우리를 무턱대고 걸고 들면서 우리의 자주권,자위권을 부정하려든다면 우리도 그들도 원치 않는 방향으로 우리를 떠미는 후과를 초래할수 있다는것을 명심하는것이 좋을것이다.

    我々は、このような勢力の今後の言動を見守る。
    우리는 이러한 세력들의 차후 언동을 지켜볼것이다. (끝)
    ********************

    4日、北朝鮮が発射したミサイルに対する非難を米国や韓国がしていることを非難する談話を北朝鮮外務省が出した。ただ、「一部勢力」と非難の対象を明確にしておらず、トランプ政権や文在寅政権を直接的に名指しして、刺激することは避けている。今回の訓練が、米韓合同軍事演習に対する対抗措置であることを明確にしつつも、北朝鮮の訓練を非難することが、「我々も彼らも臨んでいない方向へ押しやる」悪い結果をもたらすと警告している。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR