FC2ブログ

    文在寅平壌訪問日程詳細ブリーフィング (2018年9月17日 「聯合ニュースTV」)

    明日から3回目の南北首脳会談。首脳会談が定例化が重要

    1.18日、8時40分にソンナム空港出発。出発行事無し。
    2.10時に平壌国際空港に到着。空港で公式歓迎行事
    3.昼食後、1回目の会談
    4.金ジョンスク夫人は、児童病院などを視察
    5.経済人は、内閣経済担当副総理と会談
    6.午後には歓迎芸術公演と晩餐会

    7.19日、会談 追加会談 少年宮殿参観、金女史
    8.午前の会談後には 共同記者会見可能では
    9.緊張緩和と武力衝突防止に関する合意を出したいが、一部条項が残っている
    10.玉柳館で昼食
    11.午後は、ピョンヒャンの主要施設を参観
    12.特別随行員は別の所を参観するかも
    13.午後に会談が続く可能性も
    14.歓送晩餐、現地住民が行く食堂で、北側に要請、食堂名は不明

    15.20日、晩餐をしたので、昼食の予定はない 空港で歓送行事後、午前にソウルへ
    16.この日に両首脳間の親交日程の可能性もあり
    17.北側と協議中あり、変更の可能性あり。

    議題:
    1.南北関係の改善発展 板門店宣言を基準として、履行状況を確認、それを基に持続可能な方法を議論
    2.非核化で朝米対話促進 真剣な非核化を推進できるよう努力
    3.朝鮮半島での戦争の危機を終息 包括的合意を推進 衝突可能性を根源的になくす
    4.離散家族の苦痛も 深く議論

    特徴:
    1.生放送が一部行われる 平壌からの生放送は初めて 期待はしていなかったが可能になった どこまで生が可能かまだ未定
    中継車5台を平壌に送った 中央放送と協力が必要
    2.首脳会談が直接的で実質的な対話に重さ 形式的な日程はなし、直ぐに頂上会談、過去とは異なる
    3.議題は難しい。 南北発展と軍事緊張緩和は、実質的な合意が妥結されれば、非核化促進にも意味
    4.非核化議題が入っていることが重要 過去にはトップの議題になったことはなかった 難しい 楽観的展望は困難 朝米間の議題なので北も米国も喜ばなかった少し前までは 結果についてはとても制限的 実務では議論できないので、トップの間でどれほどの対話がなされるか次第、それを合意文に含むことが可能か、口頭合意となって発表できるのか、これはブランク

    質問:
    ・経済協力については、板門店宣言合意の枠内で、しかし制裁があるので限界、非核化と繋がっている。
    ・首脳会談直後に国連総会があり、トランプと文在寅の会談可能性 よって南北首脳の話の結果が重要
    ・文在寅は米国の苦悩を北側に伝える
    ・経済人の訪問は「特別ではない」、特別な「議題」もない。
    ・離散家族事業を積極化する話し合い 良いニュースを伝えられそう
    ・首脳会談の形式は、実質的な対話ができる形式で 板門店での形式に近いと思われる 拡大・単独という形ではなく実質的な対話ができる形式で

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR