FC2ブログ

    「<常識>朝鮮半島鳥類図鑑 キタタキ」(2012年10月3日 「朝鮮中央TV」)

    5分弱の短い番組であるが、キタタキ(北朝鮮名:클락새、韓国名:크낙새)を紹介する番組があった。番組を見てキツツキの仲間であることは分かったが、ハトよりも大きい鳥ということで、そんなに大きなキツツキは見たことがない。では、この番組にしたがって、キタタキを紹介していく。

    キタタキ
    2012-10-03-14flv_000019040.jpg
    Source: KCTV, http://www.uriminzokkiri.com/contents/movie/centertv/streams/_definst_/2012-10-03-14.flv

    キツツキ目キツツキ科の四季鳥
    2012-10-03-14flv_000025040.jpg
    http://www.uriminzokkiri.com/contents/movie/centertv/streams/_definst_/2012-10-03-14.flv

    左がオス、右がメス
    2012-10-03-14flv_000040120.jpg
    http://www.uriminzokkiri.com/contents/movie/centertv/streams/_definst_/2012-10-03-14.flv

    体の大きさ、ハトより10センチほど大きい。
    2012-10-03-14flv_000053640.jpg
    http://www.uriminzokkiri.com/contents/movie/centertv/streams/_definst_/2012-10-03-14.flv

    木に止まりやすいように、足の指の形が特徴的である。
    2012-10-03-14flv_000069040.jpg
    http://www.uriminzokkiri.com/contents/movie/centertv/streams/_definst_/2012-10-03-14.flv

    木の中の虫(害虫)を食べる。
    2012-10-03-14flv_000119040.jpg
    http://www.uriminzokkiri.com/contents/movie/centertv/streams/_definst_/2012-10-03-14.flv

    キタタキのメス(番組では動画)
    2012-10-03-14flv_000133040.jpg
    http://www.uriminzokkiri.com/contents/movie/centertv/streams/_definst_/2012-10-03-14.flv

    キタタキのオス(番組では動画)
    2012-10-03-14flv_000137080.jpg
    http://www.uriminzokkiri.com/contents/movie/centertv/streams/_definst_/2012-10-03-14.flv

    キタタキの鳴き声。飛んでいるときは「クルララック、クルララック」と鳴き、木に止まっているときは「カルカル、クルララクルララ、キイヤッキイヤッ」と鳴くそうだが、残念ながら実際の鳴き声は番組では聞くことができない。擬声語というのは実際の鳴き声と随分異なるので、我々が聞いてそう聞こえるのかどうかは分からない。

    若干話題がそれるが、昔、韓国語学習に使った教科書に「ウグイス」が出てきた。その教科書では「꾀꼬리(クゥェッコリ)」を「ウグイス」と訳し、この鳥は「クゥェッコリと鳴くからそういう名前になった」と書かれていたのを今でも覚えている。その時は、ウグイスは「ホーホケキョ」と日本では鳴くのに、韓国・朝鮮の人が聞くと随分違うのだなぁと思ったのだが(というか、実は過去完了形でほんの5分前まではそう思っていた)、ネットであれこれ検索してみたら、クゥェッコリは「コウライウグイス」で日本のいわゆる「ウグイス」とは異なる鳥であることが分かった。しかも、鳴き声は「ホーホケキョ」ではなく「ギャー」という感じに聞こえる。

    コウライウグイスの声が聞けるサイト:
    http://outdoor.geocities.jp/phyllon2000/Wildbird/Oriolus_chinensis.html

    話を戻して、キタタキの声を紹介する画面。
    2012-10-03-14flv_000143880.jpg
    http://www.uriminzokkiri.com/contents/movie/centertv/streams/_definst_/2012-10-03-14.flv

    キタタキの産卵期は4月初から6月初、1回に2~4個産卵。
    2012-10-03-14flv_000158040.jpg
    http://www.uriminzokkiri.com/contents/movie/centertv/streams/_definst_/2012-10-03-14.flv

    キタタキは1879年に京畿道で初めて発見され、
    2012-10-03-14flv_000178440.jpg
    http://www.uriminzokkiri.com/contents/movie/centertv/streams/_definst_/2012-10-03-14.flv

    日本の対馬も含む地域に多く生息したが、
    2012-10-03-14flv_000191040.jpg
    http://www.uriminzokkiri.com/contents/movie/centertv/streams/_definst_/2012-10-03-14.flv

    1920年頃、乱獲の影響で、対馬のキタタキは絶滅してしまった。
    2012-10-03-14flv_000196920.jpg
    http://www.uriminzokkiri.com/contents/movie/centertv/streams/_definst_/2012-10-03-14.flv

    その後、「日帝の強制占領」や朝鮮戦争の影響により、南朝鮮地域に生息したキタタキも1960年頃に絶滅し、、
    2012-10-03-14flv_000212840.jpg
    http://www.uriminzokkiri.com/contents/movie/centertv/streams/_definst_/2012-10-03-14.flv

    現在は、北朝鮮のリサン郡、ピョンサン郡、ポンチョン郡などでの生息が確認されている。北朝鮮政府は、キタタキを天然記念物に指定し、保護した結果、その数は増えていると番組では言っている。
    2012-10-03-14flv_000233560.jpg
    http://www.uriminzokkiri.com/contents/movie/centertv/streams/_definst_/2012-10-03-14.flv

    キタタキと対馬の関係を検索していたら、「対馬新聞社」が運営するポータルサイトに行き着いた。このサイトによると「キタタキは、現在韓国京畿道の一部に少数が生息しているにすぎない。」と書かれているが、サイト管理者に「北朝鮮にも(かなりの数が)生息しているようだ」とメールを出しておいた。政治宣伝であれば、嘘や誇張もあろうが、キタタキの話にはそういう臭いはほとんどない。

    「対馬ポータルサイト」のキタタキ紹介ページ:
    http://www.tsushimanews.com/index.php?%A5%AD%A5%BF%A5%BF%A5%AD

    「韓国京畿道の一部」というのは、非武装地帯のことを言っているのであろうか。あそこは、人がほとんど入り込まない(込めない)場所なので、自然が相当に良い状態で保存されており、貴重な種が残っているという話をどこかで読んだことがある。南北分断という不幸から生まれた、小さいが貴重な実ということなのだが、そこを再び戦車で踏みつぶしたり砲火で焼き尽くしたりする事態だけは絶対に避けなければならない。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR