FC2ブログ

    「孤立と自滅を促す『脅威』太鼓」 (2018年6月27日 「労働新聞」)

    27日、『労働新聞』紙面pdf6面に以下。

    **********************************
    孤立と自滅を促す『脅威』太鼓
    고립과 자멸을 재촉하는 《위협》타령

    日本が朝鮮の「脅威」に対処するという美名の下、新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を何とか配備しようと狂奔している。小野寺が新型迎撃ミサイルシステムの配備候補地である秋田県と山口県を訪れ、それについて討議するという。
    일본이 조선의 《위협》에 대처한다는 미명하에 신형요격미싸일체계 《이지스 어셔》를 기어이 배비하려고 날뛰고있다.방위상 오노데라가 신형요격미싸일체계의 배비후보지인 아끼다현과 야마구찌현에 찾아가 그에 대해 토의할것이라고 한다.

    朝鮮半島に流れている平和的気流を必死で遮り、緊張激化の黒雲をもたらそうという平和破壊行為として、厳重視せざるをえない。
    조선반도에 흐르고있는 평화적기류를 한사코 가로막고 지역에 긴장격화의 검은구름을 몰아오려는 평화파괴행위로서 엄중시하지 않을수 없다.

    最近、この新型迎撃ミサイルシステムの配備と関連し、自民党内部から巨額の予算が必要だ、米朝関係が変化している状況で当該計画を再検討する必要があるという意見が提起されているという。
    최근 이 신형요격미싸일체계의 배비와 관련하여 자민당내부에서 거액의 예산이 필요하다, 미조관계가 변화되고있는 조건에서 해당 계획을 재검토할 필요가 있다는 의견이 제기되였다고 한다.

    しかし首相安倍は、国会参議院決算委員会で、いかなる事態にも備えられるよう万全を期すことは当然だと言いながら、新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備を正当化した。
    그러나 수상 아베는 국회 참의원 결산위원회에서 어떤 사태에도 대비할수 있도록 만전을 기하는것은 당연하다고 하면서 신형요격미싸일체계 《이지스 어셔》의 배비를 정당화하였다.

    防衛相小野寺も朝米首脳会談では、日本を射程距離に治めている短距離、中距離ミサイルの廃棄は約束されなかった。弾道ミサイルの脅威が存在する状況で、予定どおり新型迎撃ミサイルシステムを配備しなければならないと口を揃えた。
    방위상 오노데라도 조미수뇌회담에서는 일본을 사정거리에 두고있는 단거리, 중거리미싸일의 페기는 약속되지 않았다, 탄도미싸일의 위협이 존재하는 상황에서 예정대로 신형요격미싸일체계를 배비해야 한다고 맞장구를 쳤다.

    日本がまるで「脅威」のために新型迎撃ミサイルシステムの配備が必要なように騒ぎ立てているのは理屈に合わない。
    일본이 마치도 《방위》를 위해 신형요격미싸일체계의 배비가 필요한듯이 떠들어대는것은 어불성설이다.

    「イージス・アショア」は、攻撃用ミサイルも発射できる装置を備えている。安倍政権が、それを日本列島に配備することを決定したことについて、周辺諸国が深刻な憂慮を示しているのは、決して偶然ではない。
    《이지스 어셔》는 공격용미싸일도 발사할수 있는 장치를 갖추고있다.아베정부가 그것을 일본렬도에 배비하기로 결정한데 대하여 주변나라들이 심각한 우려를 표시하고있는것은 결코 우연하지 않다.

    日本は「脅威」太鼓で、奴らの不純な目的を達成しようとしているが、タイミングを誤ったようだ。
    일본은 《위협》타령으로 저들의 불순한 목적을 이루어보려 하지만 때를 잘못 정한것 같다.

    今、国際社会は、世界最大の熱点地域であった朝鮮半島に和解の雰囲気が作られていることについて歓迎しながら、それが強固な世界平和を保障することに繋がることを願っている。
    지금 국제사회는 세계최대의 열점지역이였던 조선반도에 화해의 분위기가 마련되고있는데 대해 환영하면서 그것이 공고한 세계평화를 보장하는데로 이어지기를 바라고있다.

    しかし日本は、朝鮮半島でのこうした劇的な情勢変化をおかしな視線で見ており、それを何とかして後退させようとあらゆる努力をしている。
    그런데 일본은 조선반도에서의 이러한 극적인 정세변화를 못마땅한 눈길로 보고있으며 그것을 어떻게 하나 되돌려세워보려고 무진 애를 쓰고있다.

    中国の「環球網」は、米国と南朝鮮の「ウルチ・フリーダムガーディアン」合同軍事演習中止は、日本が最も予想できなかった問題だ、これについて彼らは不安を隠しきれずにいると暴露した。
    중국의 환구망은 미국과 남조선의 《을지 프리덤 가디언》합동군사연습중지는 일본이 가장 예상치 못한 문제이다, 이에 대해 그들은 불안을 감추지 못하고있다고 폭로하였다.

    少し前、日本の防衛省からは、4万7000人あまりの駐日米軍は東北アジア安全保障で非常に重要である、駐日米軍と日本の「自衛隊」の役割強化は、必須不可欠だという差し迫った声が上がっている。
    얼마전 일본방위성에서는 4만 7 000여명의 주일미군은 동북아시아안전보장에서 매우 중요하다, 주일미군과 일본《자위대》의 역할강화는 필수불가결하다는 다급한 소리가 울려나왔다.

    問題は、日本が何のために我々の「脅威」を執拗に吠えているのかということである。
    문제는 일본이 무엇때문에 우리의 《위협》을 검질기게 물고늘어지는가 하는것이다.

    安倍一味にとって、それは政権延命の必須的な口実となっている。
    아베일당에게 있어서 그것은 집권연명의 필수적인 구실로 되고있다.

    安倍は、対朝鮮敵対視政策を元手に、権力の座を占め、執権危機に追い込まれる度に我々の「脅威」を薬局の甘草のように使っており、政治的危機を免れてきた。現在、不正醜聞で窮地に追い込まれている安倍一味が、再び「脅威」太鼓を叩いているのは、そのためである。
    아베는 대조선적대시정책을 밑천으로 권력의 자리를 차지하고 집권위기에 몰릴 때마다 우리의 《위협》을 약국의 감초처럼 써먹으며 정치적위기를 모면해왔다.현재 부정추문으로 궁지에 몰리고있는 아베패당이 또다시 《위협》타령을 불어대는것은 그때문이다.

    安倍は、我々の「脅威」を理由に、日本を戦争国家にしようとしている。
    아베는 우리의 《위협》을 명분으로 삼고 일본을 전쟁국가로 만들려 하고있다.

    憲法さえ改悪すれば、日本は戦争国家としての面貌を完全に備えることになる。日本人民は、「平和憲法」と呼ばれる現行憲法を維持することを願っている。
    헌법만 개악하면 일본은 전쟁국가로서의 면모를 완전히 갖추게 된다.일본인민은 《평화헌법》이라고 부르는 현행헌법을 유지할것을 바라고있다.

    安倍一味は、我々の「脅威」を騒々しく宣伝し、人民の中に不安感と恐怖感を増大させ、彼らから憲法改悪に必要な支持を引き出そうとしている。
    아베패당은 우리의 《위협》을 요란하게 선전하여 인민들속에 불안감과 공포감을 증대시키고 그들로부터 헌법개악에 필요한 지지를 얻어내려 하고있다.

    安倍一味が、ややもすれば退避訓練を行ったのは、日本人民の中で朝鮮に対する敵対感を引き起こすためであった。
    아베일당이 쩍하면 대피훈련을 벌려놓군 한것은 일본인민들속에서 조선에 대한 적대감을 불러일으키기 위해서였다.

    日本は、軍事費を6年連続史上最高水準へ引き上げた。そこに、補充予算を付けて、ずる賢い方法で従前の軍事費割当限界線を既に突破した。
    일본은 군사비를 6년 련속 사상 최고수준으로 끌어올렸다.여기에 보충예산을 덧붙이는 간특한 방법으로 종전의 군사비할당한계선을 이미 돌파하였다.

    日本の「自衛隊」は、以前の姿を見出せない。膨大な陸・海・空軍武力は、「専守防衛」の束縛から完全に抜け出し、サイバー、宇宙空間にまで活動領域を拡大した。
    일본《자위대》는 이전 모습을 전혀 찾아볼수 없다.방대한 륙, 해, 공군무력은 《전수방위》의 속박에서 완전히 벗어나 싸이버, 우주공간에까지 활동령역을 확대하였다.

    最近には、我々の軍事施設を監視する目的でスパイ衛星を発射した。この衛星まで含め、日本は8つのスパイ衛星を保有している。今後、上のような衛星を10個まで保有しようとしている。長距離巡航ミサイルまで配備しようと試みている。こうしたスパイ衛星と攻撃用尖端装備が、決して我々の「脅威」に対処するためのものではないことは、あまりにも自明である。中国やロシアなど、周辺諸国が日本の軍事的な動きに鋭敏に反発しているのは当然である。
    최근에도 우리의 군사시설들을 감시할 목적으로 간첩위성을 발사하였다.이 위성까지 포함하여 일본은 8개의 간첩위성을 보유하고있다.앞으로 우와 같은 위성을 10개까지 보유하려 하고있다.장거리순항미싸일까지 배비하려고 시도하고있다.이러한 간첩위성들과 공격용첨단장비들이 결코 우리의 《위협》에 대처하기 위한것이 아니라는것은 너무나 자명한것이다.중국과 로씨야 등 주변나라들이 일본의 군사적움직임에 예민하게 반발해나서고있는것은 당연하다.

    に日音は、何とかして周辺諸国の不満と反発を鎮め、軍事大国化を実現し、戦争国家をデッチ上げるために我々の「脅威」説を執拗に騒ぎ立てている。
    일본은 어떻게 해서나 주변나라들의 불만과 반발을 눅잦히고 군사대국화를 실현하며 전쟁국가를 조작하기 위해 우리의 《위협》설을 집요하게 떠들어대고있다.

    しかし、安倍一味が他国をそそくさと訪問しながら、日本が深刻な「脅威」に晒されている、強力な圧迫共調が必要だと言いながら、我々の「脅威」に対する国際的な共感気流を形成しようとしても、それに耳を傾ける人はいない。
    하지만 아베패당이 다른 나라들을 분주히 찾아다니며 일본이 심각한 《위협》에 직면하고있다, 강력한 압박공조가 필요하다고 하면서 우리의 《위협》에 대한 국제적인 공감기류를 형성해보려 해도 거기에 귀를 기울이는 사람은 없다.

    緊張激化と戦争の脅威が覆っていた朝鮮半島では、新たな歴史が展開している。我が国の主導的で平和愛護的な措置により、和解と緩和の気運が覆っている。
    긴장격화와 전쟁위험이 감돌던 조선반도에서는 새로운 력사가 펼쳐지고있다.우리 국가의 주동적이면서도 평화애호적인 조치들에 의해 화해와 완화의 기운이 감돌고있다.

    国際社会は、日本が騒ぎ立てている我々の「脅威」太鼓を時代錯誤的だと非難しており、それを「アジアの盟主」の昔の地位を取り戻そうという危険千万な野望の発露と糾弾している。
    국제사회는 일본이 떠드는 우리의 《위협》타령을 시대착오적인것이라고 비난하고있으며 그것을 《아시아의 맹주》의 옛 지위를 되찾으려는 위험천만한 야망의 발로라고 규탄하고있다.

    安倍一味が、戦争国家樹立の道へ多砂を引くならば、もたらされるのは孤立と自滅だけである。
    아베일당이 전쟁국가수립의 길로 줄달음친다면 차례질것은 고립과 자멸뿐이다.
    *****************************

    韓国の保守勢力が地方選挙で惨敗したことから、攻撃の勢いが弱まり、その代わりに日本に対する攻撃が強まっている。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR