FC2ブログ

    北朝鮮にいないことを公開した「元帥様」、自信感と信頼、CIA がクーデターを画策? (2018年6月11日)

    11日、いつもコメントをくださる方への返信。話が面白くなったので、記事に転載しておく。

    *****************
    名誉儀仗隊については、完全にスルーしていました。「戦略軍」は「核」主に扱う部隊ですから、米国を刺激しないようにという配慮でしょうね。「特殊作戦軍」は対南ではあるものの、その中には当然米軍も含まれるという話でしょうか。そこまで米国が気にするのかは分かりませんが、向こうの専門家も分析結果をトランプに報告するでしょうから、「元帥様」の「気持ち」は伝わるのではないかと思います。ないとは思いますが、「新たな戦略的路線」の採択で「戦略軍」が解散したとか。

    国内にいないことを公開したこともそうですが、使える「白頭の血統」連れてきてしまったことです。「女史」は血統ではないですし、血統の子供たちも幼すぎます。ジョンチョルは残していますが、ジョンチョルについては、絶対変なことをしでかさないという自信があるのだと思います。

    後は、軍部や党の不満分子ですが、奇妙なことに、あまり変なことをやりそうではない金永南を同じタイミングでロシアに出しています。もしかすると、金己男解任絡みで若干の心配があったのかもしれません。残してきたメンバーでいうと、崔龍海と朴ポンジュ、そして軍部は金スギル総政治局長を相当に信頼しているのではないかと思います。

    CIAが北朝鮮でのクーデターを画策するのであれば、絶妙のタイミングだと思うのですが、それもないという自信があったのでしょうね。

    しかし、明日の会談が決裂した途端に、CIAが仕組んだクーデターが起きるという可能性もゼロとは言えませんね。

    書いていたら、面白い話になったので、記事に転載しておきます。


    > 平壌国際飛行場での儀式で
    > 名誉衛兵隊が3つの隊しかおらず
    > 戦略軍と特殊作戦軍がいなくなっていました
    > 首脳会談を前に相手を刺激しないような配慮ですかね?
    >
    > 報道で驚いたのが最高領導者同志が自国内にいない状態になっているのを公表してしまったことです。
    > 軍の強硬派がクーデター起こすんじゃないかという見方もある中流石のペッチャンを示しました。
    > 人民武力相が交代していましたが総参謀長はそのままのようですね。
    ****************

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    皆さまの卓見、とても勉強になります。

    元帥様は「戦争終結」を目指しているのではないか、と個人的には思います。

    そもそもなぜアメリカと話し合わなければならないのか考えると、
    休戦ラインを挟んで、米軍の脅威と日常的に対峙しているという、
    普通の国家にはありえない不正常な状態があるからではないでしょうか。

    戦争を終わらせ、普通に諸外国と関係を結び、
    アジアの強権国家のひとつとなること、
    経済発展に集中して南との格差を減らし、統一の機運を高めること、
    こういう戦略があるのでは、などと推測してしまいます。

    将軍様の時代のような、
    小出しにしながら経済支援を受けるような戦略では、
    永遠に不正常な国家・関係のままに思えます。

    少なくとも元帥様は、
    きわめて長期的な戦略のもとで動いているように見受けられます。

    明日の会談で、何かわかるかもしれません。

    Re: No title

    こちらも、返信が遅れてしまいました。すみません。

    「終戦宣言」が「共同声明文」に盛り込まれるという予想は外れてしまいましたが、記事にも書きましたが、信頼関係を構築しながら、米国との関係を改善し、「開発独裁」を模索しているのかもしれませんね。ただ、70年代のような「開発独裁」スタイルがどこ受け入れられるのか。社会主義圏をモデルにするにしても、中国式でもない、ベトナム式でもない、北朝鮮式が必要になると思います。体制保障をされたとしても、非核化以上に難しい課題だと思っています。

    > 皆さまの卓見、とても勉強になります。
    >
    > 元帥様は「戦争終結」を目指しているのではないか、と個人的には思います。
    >
    > そもそもなぜアメリカと話し合わなければならないのか考えると、
    > 休戦ラインを挟んで、米軍の脅威と日常的に対峙しているという、
    > 普通の国家にはありえない不正常な状態があるからではないでしょうか。
    >
    > 戦争を終わらせ、普通に諸外国と関係を結び、
    > アジアの強権国家のひとつとなること、
    > 経済発展に集中して南との格差を減らし、統一の機運を高めること、
    > こういう戦略があるのでは、などと推測してしまいます。
    >
    > 将軍様の時代のような、
    > 小出しにしながら経済支援を受けるような戦略では、
    > 永遠に不正常な国家・関係のままに思えます。
    >
    > 少なくとも元帥様は、
    > きわめて長期的な戦略のもとで動いているように見受けられます。
    >
    > 明日の会談で、何かわかるかもしれません。
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR