FC2ブログ

    講演会紹介「米朝首脳会談と朝鮮半島情勢、講師:平井久志氏」7月13日 (2018年6月6日)

    朝米会談から約1ヶ月後の7月13日、日本大学国際関係学部国際関係研究所主催の学術講演会がある。今年は、平井久志氏をお招きし、「米朝首脳会談と朝鮮半島情勢」というテーマでご講演をお願いしている。12日は予定どおり開催されるとし、その後、後続措置なども含め、興味深いお話しを聞かせて頂けるのではないかと楽しみにしている。

    静岡県三島市での開催ではあるが、一般公開の講演会なので、関心のある方は、下のポスターにある連絡先にお申し込み頂ければ幸いである。

    20180606 hirai poster

    コメントの投稿

    非公開コメント

    12日はモヤモヤ

     1週間を切るところまで来ました。
    どうも、玉虫色というか、ショーというか、自国への「説明」がつくような決着がついてしまうような、気がします。
     我が尻尾ふりふり外交は、結局は何も得られず、北に馬鹿にされておしまい!また、世界も3度目の裏切りに、会うかもしれません。(濃厚!)
     今後の情勢の勉強のため、ぜひ拝聴いたしたいと思います。

    Re: 12日はモヤモヤ

    勝ち負けないというところまで、「核抑止力」を引き上げたのが、「元帥様」の業績だと思います。これは、西側の正義、国際的な正義、朝鮮人民にとっての最善の選択、ではないかもしれません。しかし、朝鮮半島での戦争の可能性がとりあえずは遠くなったことだけで、十分ではないでしょうか。戦争が始まれば、拉致被害者も何もありません。

    「朝鮮労働党第7期痔3回全員会議」の決定をあまり西側のメディアは出しませんが、これは、かつての「裏切り」の時にはなかったことです。米帝が裏切ったとしても、「元帥様」の決断であるこの「全員会議」の決断が、「国際情勢」や「トランプの裏切り」により揺らぐのであれば、朝鮮の「党」の決定も所詮、「外部勢力」に左右されるものとなりかねません。

    ともかく、メラニアか、駄目ならばイバンカと李雪主「女史」が、ビーチでビキニ姿で水を掛け合ってはしゃいでいる姿が全世界に流れれば、世界は平和になります。

    もちろん、それは、フロリダのトランプ・リゾートに持ち越しても良いのですが。

    >  1週間を切るところまで来ました。
    > どうも、玉虫色というか、ショーというか、自国への「説明」がつくような決着がついてしまうような、気がします。
    >  我が尻尾ふりふり外交は、結局は何も得られず、北に馬鹿にされておしまい!また、世界も3度目の裏切りに、会うかもしれません。(濃厚!)
    >  今後の情勢の勉強のため、ぜひ拝聴いたしたいと思います。
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR