FC2ブログ

    「オオタカ2号機」到着 (2018年5月12日)

    12日、「オオタカ2号機」が拙宅に到着した。「オオタカ1号機」のつもりで買ったのだが、残念ながら「国務委員長」マークではなく、共和国旗なので、「オオタカ2号機」としておく。

    全景。
    P5120069.jpg

    搭乗口の共和国旗、朝鮮民主主義人民共和国というフォントは素晴らしい
    P5120067.jpg

    尾翼の「オオタカ」マーク
    P5120068.jpg

    ここからとても驚いた。危うく紛失するところだったのだが、なんと補助輪が2つセットになっている。
    P5120065.jpg

    ネットニュースで見ただけなので、ソースを忘れてしまったが、この補助輪を「つっかえ棒」と表現していた。どうやら、これはつっかえ棒ではなく、標準装備品のようだ。後部に重い貨物がある際、この補助輪を使うのではないだろうか。

    また、短いタイプも付属していた。後部ハッチから、荷物を降ろす際は、この短い補助輪を使い、フロントを浮かすような形にするのかも知れない。
    P5120066.jpg

    P5120070.jpg


    なかなか芸の細かいモデル。是非、現行の「オオタカ1号機」も販売して欲しいものである。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    オオタカ2号

     話題のIL-62「オオタカ2号」就航おめでとうございます。
    例の尾輪は、伸縮式で駐機時、リヤ4発のテールヘビーな機体を安定させるものでしょう。
     それにしても、空飛ぶ棺桶IL-62は、シンガポールに辿り着くことができるのでしょうか?
    この辺、トランプの策略では?

    Re: オオタカ2号

    オオタカ2号、なかなか気に入っています。オオタカマークもなかなかカッコイイです。

    中国機を使うという話もありますが、それは体面上やらないでしょうね。今、ロシアや中国から部品や技術者を呼んで、整備を進めているのかも知れません。そのためには安保理制裁の禁輸品が多数持ち込まれるのでしょうが、トランプが黙認すれば、誰も文句を言わないということなのだと思います。もしかすると、シンガポールを北朝鮮が飲んだ交換条件として、そうした条件もあったのかもしれません。

    金日成の病死で米朝会談が流れてしまった轍を踏まないよう、「オオタカ1号機」は無事、シンガポールまで飛んで欲しいです。

    >  話題のIL-62「オオタカ2号」就航おめでとうございます。
    > 例の尾輪は、伸縮式で駐機時、リヤ4発のテールヘビーな機体を安定させるものでしょう。
    >  それにしても、空飛ぶ棺桶IL-62は、シンガポールに辿り着くことができるのでしょうか?
    > この辺、トランプの策略では?
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR