FC2ブログ

    文在寅、晩餐会での歓迎の辞、「白頭山」は意図的か、ベストショット、ノーベル平和賞候補の女性たち (2018年4月27日 「聯合ニュースTV」)

    27日、北南会談後の晩餐会における文在寅、歓迎の辞。

    *****************
    金正恩国務委員長と貴賓の方々、「旅の友が良ければ、遠い道も近い」という北側の諺の真実性を感じます。金正恩委員長と私は今、この世に二つとない良い「旅の友」になりました。

    今年の「新年の辞」から今日に至るまで、世界が驚くような速い速度で、昨日を昔のようにしました。我々が共に手を取り合って走って行けば、平和の道も繁栄の道も統一の道も、確実に近づいてきます。今、この郷土で暮らす誰も、戦争による不幸を経験することはないでしょう。

    延辺のツツジは、毎年春になれば咲き乱れ、南側の海のツバキも心配することなく咲くでしょう。乾杯を提起いたします。

    私にはずっと前から叶えられていない夢があるのですが、それは白頭山とケマ公園をトレッキングすることです。金正恩委員長が、その願いを必ず聞いて下さるものと信じています。私が退任したら、白頭山とケマ公園の旅行券を1枚送って下さいますか?

    しかし、それは私にだけ与えられる特恵ではなく、我々民族誰もにそのような日が来ることを祈っています。

    では、一緒に杯を上げて下さい。

    北側では、乾杯をどのようにするのか分かりませんが、今日、私は「ために」(注:韓国で、何かのために乾杯をする際に発する声「위하여」)を一緒に唱和することに致します。

    南と北が自由に往来できるその日の「ために」!

    「ために」!


    Source: YTN, YouTube
    **************************

    文在寅の旅行券に「元帥様」は、答辞の中では触れていないが、席上、文在寅に何かを言った可能性は充分にある。文在寅は、会談の最中、確認できているだけで2回、白頭山に触れているので、秋の訪朝が実現すれば、「元帥様」は、文在寅と共に白頭山を訪れることになろう。

    文在寅が本当に白頭山観光を望んでいるのかどうかはさておき、「革命の聖山」2度も触れているのは、実に戦略的である。28日付けの『労働新聞』の記事は、まだ見ることができないが、「南朝鮮大統領が、白頭山に行きたいと言った」というようなエピソードは紹介されてもおかしくないし、そのこと自体が、「白頭の血統」の正当性の宣伝になり、朝鮮人民の自負心を高めることにもなる。そこまで考えていれば、文在寅とスタッフは凄いと思う。

    宴会では、多くの歴史的写真が撮影されているが、ベストショットを選ぶとすれば、これだと思う。
    PYH2018042737020001300_P4.jpg
    Source: 『聯合ニュース』、http://www.yonhapnews.co.kr/pictorial/index.html?template=5561

    そして、平和の流れが年末まで続き、ノーベル平和賞が授与されるのであれば、この2人の女性であろう。
    PYH2018042736920001300_P4.jpg
    Source: 『聯合ニュース』、http://www.yonhapnews.co.kr/pictorial/index.html?template=5561

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR