FC2ブログ

    「敬愛する最高領導者、金正恩同志が中国共産党中央委員会対外連絡部長を接見された」 (2018年4月15日 「朝鮮中央TV」)

    芸術団、習近平が直接選抜
    国際情勢について、深く話し合い

    写真無し

    20180415 rodong1111
    Source: 『労働新聞』紙面pdf版1面、2018/04/15

    北京に同行した「1号通訳員」が再び登場しているようだ。

    ******************
    朝鮮労働党委員長であられ、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長であられる我が党と国家、軍隊の最高領導者金正恩同志は、4月14日、中国芸術団を引率して我が国を訪問している中国共産党中央委員会対外連絡部長宋涛同志を接見された。

    敬愛する最高領導者同志は、宋涛部長に再び会ったことを喜ばれ、熱い挨拶をされた。

    敬愛する最高領導者同志は、大規模の貫禄ある芸術団を引率して我が国を訪問した宋涛部長と一行を歓迎され、温かい談話を交わされた。

    席上、宋涛同志は、金正恩同志に送った習近平同志の温かい挨拶をお伝えした。

    敬愛する最高領導者同志は、これに謝意を示され、習近平同志をはじめとした中国の党と政府指導幹部に挨拶を伝えられた後、少し前にあった中国訪問の忘れられない日々、中国の同志達が温かい同志的友誼と親善の情を込め、最大の誠意を尽くして手厚く歓迎してくれたことについて感慨深く話された。

    宋涛同志は、朝鮮に到着した初めての瞬間から中国芸術団に対する朝鮮の党と政府の温かい情と熱情的で特殊な歓待を直接体験し、特別に大きな感動を受けたと言いながら、それに対する所感を述べた。

    そして彼は、敬愛する金正恩同志と、それから朝鮮労働党と朝鮮政府と朝鮮人民に心より謝意を方すると述べた。

    敬愛する最高領導者同志は、習近平総書記同志が特別に関心を持ち、直接選抜して送った芸術団員なので、自分で迎接事業に直接取り組み、特例的にしっかりと受け入れることは当然の道理であり、また主人として、近い友人として相応のことであると言われながら、中国芸術団の在留期間、党と政府の当該部門が総動員され、全ての条件を最上の水準で最優先で保障すると述べられた。

    敬愛する最高領導者同志は、中国芸術団が平壌訪問期間、公演活動で立派な成果を挙げることと、これを契機に両国人民の感情がさらに疎通し、朝中芸術交流の新たな時代を想像することになることを願っていると述べられた。

    接見席上ではまた、朝鮮労働党と中国共産党の共同の関心事となる重大な問題と国際情勢について深い意見が真摯に交換された。

    敬愛する最高領導者同志は、最近、朝中両党、両国間の関係発展に満足を示されながら、今後、両党間の高位級代表団交流をはじめとし、党的関係をさらに強化し、各分野、各部門間の協力と往来を頻繁に行うことで、伝統的な中朝親善を新たな時代的要求に合うように新しい発展段階へと積極的に継承発展させて行くことについて指摘された。

    宋涛同志は、中朝関係を立派に守護し、立派に強固にし、立派に発展させていくことは、中国の党と政府の確固不動な方針であると言いながら、中朝関係の長期的で安定的発展を推し動かし、両国と両国人民に幸福をもたらし、半島の平和と安定守護に新たな寄与をすると述べた。
    **********************

    「半島」はママ。「朝鮮半島」とは書かれていない。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR