FC2ブログ

    ティラーソン、朝米対話の話、北朝鮮から直接聞きたい:北朝鮮が反応するか (2018年3月13日 「聯合ニュースTV」)

    13日、『聯合ニュースTV』が、アフリカ訪問中のティラーソンが、「朝米対話に関することを北朝鮮から直接聞きたい」と述べたと報じた。

    『聯合ニュースTV』、「틸러슨 “북미 정상회담, 북한에 직접 들어야”」、http://www.yonhapnewstv.co.kr/MYH20180313000200038/

    『労働新聞』を見ている限り、トランプを名指しで非難するような記事はなくなっている。12日に掲載された「社説」では、米国による「制裁策動」について書かれていたが、趣旨は「制裁の中でも白頭の刃の風精神で突破する」というもので、米国を非難するような内容ではなかった。13日の『労働新聞』には「帝国主義者共の(北朝鮮)人権騒動」に関する記事があるが、ざっと見た限り「米国」は名指しにされておらず、まとめて「帝国主義者」となっている。米国関連の記事では、鉄鋼・アルミの関税引き上げの記事があるが、これもざっと見た限り、『労働新聞』らしからぬ、西側の新聞に出ているような関税引き上げを非難する論調になっている。

    今回のティラーソン発言は、朝米チャンネルを通じてさえ、北朝鮮が意思表明をしていないということになろう。「公に意思を明確にしろ」ということを意味している可能性もあるが、表面的に見えていることだけからすれば、韓国大統領特使の「伝言」だけで全てが動いているのが現状である。

    北朝鮮としては、文在寅との首脳会談の結果を踏まえて、公の意思表明をする考えなのかも知れない。北南関係改善については、「元帥様」の「新年の辞」や「第1副部長同志」の開会式派遣、そして韓国大統領特使と「元帥様」の会見報道を通じて知っているはずであるが、朝米改善意思については、ほとんど知らないはずである。

    さらに、今後、北南関係、あるいは朝米関係が悪い方向に進むような事態になれば、北朝鮮は「我々が言ってもいないことを南朝鮮当局者がデッチ上げた」と言い出す可能性もある。

    ともかく、ティラーソン発言には非常に重要なメッセージが込められているので、北朝鮮の反応に注目したい。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR