FC2ブログ

    『白頭とハルラは我が祖国』を聞きながら、涙を流す金永南 (2018年2月12日)

    コメントを頂き、その返信として書きかけたのだが、非常に意味があるので、記事にすることにした。

    12日夜は、昨夜書いた記事にもしたように、KBS2で女子アイスホッケーの生中継を見ていた。実は、昨日、夕方、Abema Primeから電話取材があり、北朝鮮代表団の訪韓の所感などについて聞かれた。それが、字幕で出るというので、どのように編集されるのか確認するために別のPCでその番組もチラチラと見ていたのだが、番組の中に、ヒョン・ソンウォルが歌う『白頭とハルラは我が祖国』を聞きながら金永南が涙を流すシーンが出てきた。

    このシーンは、実に感動的だった。というのは、「朝鮮中央TV」を見ていると、音楽公演の会場で曲を聞きながら涙を流している朝鮮人民はたくさん出てくるのだが、カメラが来たら一応、涙を流しておいた方が無難という程度の演技をしているしている人も案外多いのではないかと思っていた。

    しかし、韓国で、しかも指導者と何の関係もない曲を聞きながら涙を流す金永南には驚いた。横にいる「第1副部長同志」のように普通に聞いていても何の問題もない曲と状況であるにもかかわらず、自然と涙が出てきてしまうのが、「普通」の朝鮮人民なのだと思った。

    特に分断前から生き続けている金永南のような人にとっては、「大業」を成し遂げた「南朝鮮」で、北朝鮮の歌手が歌う曲で聞き、北朝鮮がよく使う表現で表せば「心筋に響き渡った」のであろう。そして、発展した「南朝鮮」の現実を目にし、「社会主義朝鮮」との違い(敢えて「格差」とは書かないが)に考えることも多かったのであろう。そんな気持ちで聞いた統一志向の曲『白頭とハルラは我が祖国』は、やはり金永南にとって特別な意味があったのだろう。

    昨日の記事にも書いたように、北朝鮮メディアは今回の「南朝鮮訪問」を「意義があった」と評価しているが、金永南の涙にそれが集約されているような気がしてならない。

    感涙シーンは下の動画で見られる。

    Source: YouTube

    コメントの投稿

    非公開コメント

    もらい泣きしたくなります。

    先生、連日お疲れ様です。
    金永南団長が何度も涙をぬぐう姿に、感銘を受けました。
    右耳に補聴器をされているようですね。
    お元気なうちに、情勢が良い方向に進めばと思います。

    Re: もらい泣きしたくなります。

    いつもは、だいたい北側だけチェックしていればよいのですが、今回は南側もチェックしなければならず、同時にオリンピックが開催されているという状況で、特に韓国はメディアが多数あるので大変です。中国外務省や米国国務省まで、とても手が回らない状況です。

    金永南、本当にもらい泣きしそうになりますね。元気で頑張ってほしいものです。

    > 先生、連日お疲れ様です。
    > 金永南団長が何度も涙をぬぐう姿に、感銘を受けました。
    > 右耳に補聴器をされているようですね。
    > お元気なうちに、情勢が良い方向に進めばと思います。
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR