FC2ブログ

    「<録画報道>敬愛する金正恩同志がキョンサン幼稚園を視察された-2012.7.14-」(2012年7月15日 「朝鮮中央TV」)

    金正恩さんがキョンサン幼稚園を視察した動画が「朝鮮中央TV」で放映されたようである。

    http://www.uriminzokkiri.com/php_tmp/download.php?ptype=movie2&no=10570

    この動画は、形式的には金正恩さんが「また来る」と5月にした約束を守り、この幼稚園を再び訪問したというストーリーであるが、事実上、ミセス金正恩のお披露目動画であるといえる。

    モランボン公演以来、小出しにしてきたミセス金正恩であるが、この動画では「多情」ぶりがいかんなく映し出されている。日本語の「多情」はある意味「浮気者」のような意味が含まれるが、朝鮮(韓国)語の「多情」は、純粋に「情が深い」あるいは「愛情が深い」という意味である。朝鮮人民は、ミセス金正恩に対する金正恩さんの다정한 모습、つまり「愛情深い姿を」この動画から見て取れるように作られている。以下の画像を参照されたい。

    2012-07-15-11-y(1)flv_000753720.jpg
    Source: KCTV,http://www.uriminzokkiri.com/php_tmp/download.php?ptype=movie2&no=10570

    2012-07-15-11-y(1)flv_000833120.jpg
    Source: KCTV,http://www.uriminzokkiri.com/php_tmp/download.php?ptype=movie2&no=10570

    こうした画像を公開していることからして、遅からず、この女性について何らかの公式情報が公開されるであろう。過去記事にも書いたが、夫人、そうではなくとも最低限婚約者がいなければ、ただでさえ若い金正恩さんは北朝鮮社会で「一人前の男」としてみなされない。父親の死の悲しみから脱却し、お爺さん生誕100周年のお祭りを無事こなしたこの時期、ミセス金正恩をお披露目するのはタイミングとして悪くない。

    今日、「懲罰」第4部を見たが、ヒロインの金ヒョクシンがこの女性だという確信は揺らいできた。というのも、職場の同僚に写真を見せて判断を仰いだところ、「同じだと言われれば・・・」という評であったからだ。上に書いたように、これもいずれ明らかになるだろうから、これからはあまりそのことを気にしないで「懲罰」を楽しむことにする。

    一言だけ書いておけば、金ヒョクシンが演ずる鄭シンエは、北朝鮮当局が放った女スパイであることが分かった。幼なじみ兼恋人の鉄道保安隊員には、結局その事実は伝えられなかった。と、これだけでは分からないであろうが、実によくできたドラマである。

    字幕をつけてYou Tubeにアップロードしたいが、各編40分のドラマなので、無理だ。

    ともあれ、早く続きを見たい。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR