FC2ブログ

    「朝鮮で干ばつ被害を防ぐための事業に総動員」(2012年5月26日 「朝鮮中央通信」)

    「朝鮮中央通信」が干ばつ被害防止対策の様子を伝えている。

    政府としては、「内閣と農業省では干ばつ被害を防ぐための緊急対策を樹立し、全ての部門、全ての単位でこの事業を群衆的に展開するよう組織政治事業を行っている」としているが、スローガン以外には事実上無策のようである。万景台遊技場の雑草などどうでもよいので、金正恩最高司令官は、内閣や農業省に押しつけるのでなく、緊急対策本部でも組織し、なぜ陣頭に立てないのか。最高司令官が陣頭に立ったからどうなるという話ではないことは分かりきっているが、少なくともそういう姿勢を朝鮮人民に示すことは、遊技場の草取りよりも信任を得られることは間違いない。

    「農村では、井戸などを整備保守し、揚水設備、畑の冠水施設をフル稼働し、圃場を覆ったり、河川の底を掘ったりするなどして、流水を全て圃場に向ける事業を展開している」としているが、これらの施設をフル稼働させるための資材や燃料は十分に供給されているのであろうか。さらにいえば、万景台遊技場の改良工事を行っている軍人建設者をこうした事業に向けるべきではないのだろうか。人民軍は、揚水機など、それなりの装備を持っているはずである。

    続いて、各地での干ばつ対策を紹介しながら、「灌漑体系をうまく利用する」、「干ばつの被害が著しい、トウモロコシ、ジャガイモ、小麦、大麦などに優先的に水をやる」、「農業労働者と支援者も毎日、多くの面積の圃場に水をやる」、「労力組織を実情に合うようにうまく使い、水源泉を効果的に利用し」、「アミノ酸複合肥料の散布」などを挙げているが、いずれも限界があろう。

    朝鮮半島での干ばつに関する、韓国建設技術研究院の趙鏞柱院長の参考になる資料があった。

    JICE REPORT vol.15/ 09.07 「干ばつ対策に関する小考」:
    http://www.jice.or.jp/report/pdf15/jice_rpt15_06.pdf#search=%27%E5%B9%B2%E3%81%B0%E3%81%A4%20%E5%AF%BE%E7%AD%96%27

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR