FC2ブログ

    「童心を騙そうとするネズミ朴の嘘」(2012年5月8日「ウリミンジョクキリ」)

    北朝鮮の李明博さん攻撃は久しい前からピークに達しており、ここに書くような新たなネタもつきてしまった感がある。本ブログの過去記事に北朝鮮を「悪い子」に例えて書いたが、奇しくも李明博さんがこどもの日に500人の子供たちを前に北朝鮮は「悪い子」と発言したそうである。当然、北朝鮮はこれに反発し、標記のような記事をuriminzokkiriに掲載した。

    http://www.uriminzokkiri.com/index.php?ptype=gisa1&no=53398&pagenum=1

    それによると、李明博さんと子供たちのやりとりは次のようだったそうである。

    李:「言うことを聞かない子供は悪い子でしょ。」
    子供たち:「はい」
    李:「北が言うことを聞きません。悪い子でしょ。」
    子供たち:「???」

    同記事では、このようなやりとりを紹介した後で「子供たちを集めるのならば、遊戯娯楽で楽しませ、おやつの袋でもやれば『よいおじいさん』と言われるのに、『北』に対する認識さえない無分別な子供たちに『ネズミ朴観』(対決観)から植え付けようとするのは、意地悪なノルブですら泣くに違いありません。」と書いている。ノルブとは、朝鮮半島の童話「フンブとノルブ」に登場する意地悪な人であるが、李明博さんはそれ以上ということである。

    そして、上の李明博さんと子供たちの対話に対抗するかのように、

    父母:「お父さんが、悪い子の中でも一番悪い子はどんな子だと言った?」
    子供たち:「嘘をつく子供だと言いました。」
    父母:「歯なしのオオカミが良い羊だと言ってウサギを騙すように、MB(李明博)が嘘を言いながら子供たちを騙そうとしています。本当に悪い子でしょ。」
    子供たち:「はい。」

    話はこれだけであるが、例によって北朝鮮固有の表現は翻訳するのに苦労をする。今回は上の対話の3行目に「이발」という言葉が出てきたのであるが、韓国では「理髪」である。初めは「髪のないオオカミ」なのかなとも思ったのだが、韓国では「歯」のことを「이빨」とも言うので、あれこれ調べていたら「文化語」(北朝鮮の標準語)では「이발」がそれに該当することが分かった。

    ともあれ、子供たちをあまりこういうことに巻き込むのは良くないと思う。「5.1節」(メーデー)には、北朝鮮の各地で運動会が開催されたと「20時報道」が動画で紹介していたが、その中に李明博カカシに子供たちがいっせいに石を投げつける競技があった。軍人が李明博カカシをロケット弾で粉砕するのならまだしも、子供たちに石を投げさせるというのは全くいただけない。

    そんなことを書いていたら、実にグロなオンラインゲームがuriminzokkiriに出ていた。お子様には絶対にお勧めしないが、こんなものもあるということで紹介しておく。北朝鮮の学校では、子供たちにこのゲームをやらせているのであろうか。

    http://www.uriminzokkiri.com/contents/game/20120508.swf

    首にかけられている板には「名前:ネズミ明博、学名:ネズミ科ハツカネズミ族、罪名:世紀の大罪」と書かれている。背景にあるのは青瓦台である。いいのであるが、なぜBGMはウェスタンなのだろうか。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR