FC2ブログ

    「North Korea redefines 'minimum' wage」(2012年4月24日「Asia Times Online」)

    「Asia Times Online」に韓国・国民大学のAndrei Lankovさんが書いた記事が掲載された。

    http://www.atimes.com/atimes/Korea/ND25Dg03.html

    タイトルは「北朝鮮が『最低賃金』を再定義する」であるが、そもそも最低賃金だけではなく、北朝鮮は賃金体系など明らかにしていない。Lankovさんの記事を読むと、どうやらLankovさんが北朝鮮の賃金について分析をするということのようである。

    現在の北朝鮮は配給と市場が混在する「二重経済」の状態にあることは間違いないであろう。ただし、その時その時の政策、むしろ命令といった方が良いかもしれないが、により市場の規模や自由度が伸縮している。ここまでは、理屈として分かっているのであるが、その中で朝鮮人民が配給と賃金を使い分けながら、どのように生活しているのかというのは、ほとんど想像がつかない。ましてや資本主義の世界でしか生活をしたことがない私にとってはそうである。

    しかし、Lankovさんは、Wikipedia情報が正しければ、1963年にレニングラードで生まれている。したがって、青年期ぐらいまでは、社会主義を身をもって経験しているわけで、私がする想像以上の実感をもって北朝鮮の経済状況、とりわけ庶民の暮らしについて語ることができるのであろう。

    http://en.wikipedia.org/wiki/Andrei_Lankov

    もちろん、そのLankovさんにとってすら、朝鮮人民の経済生活の実態は、脱北者情報などを通じて知る以外にないのが現状のようであるが、彼は恐らくそれとソ連社会主義の実体験を結びつけて分析しているので、客観性も説得力もあるように思える。

    私は、Lankovさんと面識はないのだが、機会があれば是非お目にかかってお話を伺ってみたい方の一人である。英文の記事であるが、一読する価値は十分にある。
    <追記:2012年4月27日 17:0>
    別記事に書いた、平壌の万寿橋に開店した魚・肉店の映像の中にいくつかの価格が映し出されている。Lankovさんの記事との関連で、考えてみるとおもしろい。

    (水槽で泳いでいる)サケの一種: 2000北朝鮮ウォン(1kg)
    2012-04-26-12-yflv_000172040.jpg
    Source: KCTV, http://www.uriminzokkiri.com/php_tmp/download.php?categ1=12&no=9534

    (水槽で泳いでいる)サメの一種(ヨロイザメ?):9900北朝鮮ウォン(1Kg)
    2012-04-26-12-yflv_000189040.jpg
    Source: KCTV, http://www.uriminzokkiri.com/php_tmp/download.php?categ1=12&no=9534

    牛精肉:9000北朝鮮ウォン(1Kg)
    2012-04-26-12-yflv_000484040.jpg
    Source: KCTV, http://www.uriminzokkiri.com/php_tmp/download.php?categ1=12&no=9534

    とはいえ、動画を見る限りでは、殆どの商品に値札が付いていないので値段が分からないし、上の写真のように値段が付いていても一律9000ウォンのような感じがしないでもない。Lankovさんの記事によると「比較的豊かな地域の1ヶ月の世帯所得は10万ウォン(約30米ドル)」と書いてあるので、ここで売られている魚や肉の値段は食べられない額ではない。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR