FC2ブログ

    「敬愛する金正恩同志が新たに建造された総合奉仕船『ムジゲ(虹)号』を視察された」:中国の中古観光船か?、回転寿司らしきものも、水質汚染にも配慮した「お言葉」 (2015年9月28日 「朝鮮中央TV」)

    28日、「朝鮮中央TV」などの北朝鮮メディアが、「元帥様」が「新たに建造された」大同江に浮かぶ「総合奉仕船」を視察したと伝えた。この種の船としては、2013年3月25日の報道で「大同江」が紹介されている。

    今回建造された「ムジゲ号」は、「(4階建てで)一度に1230人の乗客が朝鮮民俗料理、世界的に有名な料理などのサービスを受けることができ、風光明媚な大同江を遊覧することができるよう」建造されており、「総床面積は1390平方メートル、長さ120メートル、幅25メートル、排水量3500トン」ということである。過去に建造された「『大同江』と名付けられたこの「食堂船」は、全長68.98m、全高26m、排水量820トン、収容人員は300人の2階建ての船」と過去記事に書いてあったので、収容人数が4倍以上の大型の「奉仕船」ということになる。

    http://dprknow.blog.fc2.com/blog-entry-533.html

    「大同江」を「食堂船」、今回の「ムジゲ号」を「総合奉仕船」と呼んでいることからして、「ムジゲ号」は食事をするだけではなく、様々なレジャーができる船なのであろう。今回の「報道」では、レジャー施設らしきものは紹介されなかったが、売店などは紹介されていた。

    2015-09-28-11-yflv_000058499.jpg
    Source: KCTV, 2015/09/28放送

    「ムジゲ号」は、「南浦造船所をはじめとした、船舶工業部門と朝鮮人民軍第541軍部隊」が「我々式に立派に建造した」と「元帥様」が称賛しているが、ゼロからの建造ではなく、中国の中古観光船を「我々式」に改造したような感じがする。何の根拠もないのだが、かつて重慶で乗った観光船と何となく雰囲気が似ているからである。

    「我々式」といえば、乗務員、特に女性乗務員の制服がなかなかよろしい。特に、首に巻いているスカーフ(と呼ぶのか?)が、北朝鮮ではこれまで見られなかったスタイルではないだろうか。革命的な赤一色ではなく、虹のような配色にしているところも心憎いデザインである。アシアナ航空のカラーと似ているところは気になるが、同じ民族なのだから、色彩感覚が似てしまうのはやむを得ないのであろう。
    2015-09-28-11-yflv_000165539.jpg
    Source: KCTV, 2015/09/28放送

    今や、回転寿司は「世界的な有名な料理」の地位を得たのかもしれないが、船内には回転寿司が食べられそうな施設もある。紹介された写真では、カラフルな皿を流しているだけであるが、値段をさらの色で区別する日本の回転寿司を連想させる。厳しい制裁の中、総連が回転寿司テーブルを献上したということはないだろうが、だとすると、回転寿司という発想がどうにも中国的である。やはり、中古船なのであろうか。
    2015-09-28-11-yflv_000322996.jpg
    Source: KCTV, 2015/09/28放送

    この「視察」には金ヨジョン「副部長同志」も同行しているが、彼女がはっきりと確認できる写真は一枚もない(らしき人はいるが、恐らく船舶関係者であろう)。

    「元帥様」は、10月10日までに就航するようにと指示したが、「元帥様」の「恩情深い措置」があったとしても、これだけの船を定常的に運用しながら、それなりの食料を提供し続けるというのは、なかなか大変なような気がする。習近平の豪華ビュッフェ禁止令がだされても、まだまだ飽食状態が続く中国を連想してしまうからかもしれないが、「ムジゲ号」の「奉仕」内容を見たいものである。

    「元帥様」は、「汚水処理を規定の要求どおり行うことで、大同江を汚染させることが絶対にあってはならないと強調」しているので、「ムジゲ号」からのポイ捨てや垂れ流しは厳しい処罰の対象となりそうである。

    「特別賞金」を受け取った平壌市民は、「ムジゲ号」での大同江クルーズを楽しめるということなのだろう。

    <追記>
    コメントで「ムジゲ号」がgoogle mapに写っているという情報を頂いた。確かに見事に写っていた。

    20150930rainbowship.jpg
    Source: Google Map

    また、近くには桟橋と思われる構造物も建設されているようだ。構造物の下の橋が「大同橋」。
    20150930bridge11.jpg
    Source: Google Map

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ムジゲ号

     またまた、元帥の大宣伝と無駄使い!
    3500tもの船を、大同江で自由に運航できるのでしょうか?橋などもそんなに高く作られているようには見えませんが。
     中古船では?も船体の溶接跡を見るとうなずけます。
    先ごろ中国で転覆した船と同じで、重心が高く、復元力が少ないタイプです。乗りたくないです。もしかすると、航行するというよりは、フローティングレストラン的かもしれないですね。
     食材の供給は難題でしょうね。あと、女性パーサーはステキですね!ポイントあげましょう!。

    Re: ムジゲ号

    コメントありがとうございます。「玉柳橋と大同橋の間に浮かべておき」と書かれているので、動くのかどうかは分かりませんが、船長らしき人がおり排水量も書かれていたので、航行するのではないかと思っていました。お説のとおり、かなり背が高い船なので、上記の橋の下をくぐれないので、航行するにしても、2つの橋の間を往来するだけなのかも知れません。

    いつもの言葉が書かれていなかったので、私が書いておきます。「女子力」ですね。

    >  またまた、元帥の大宣伝と無駄使い!
    > 3500tもの船を、大同江で自由に運航できるのでしょうか?橋などもそんなに高く作られているようには見えませんが。
    >  中古船では?も船体の溶接跡を見るとうなずけます。
    > 先ごろ中国で転覆した船と同じで、重心が高く、復元力が少ないタイプです。乗りたくないです。もしかすると、航行するというよりは、フローティングレストラン的かもしれないですね。
    >  食材の供給は難題でしょうね。あと、女性パーサーはステキですね!ポイントあげましょう!。

    ムジゲ号2

     「女子力」の付加有難うございます。(笑)
    GoogleMapを見ると、「ムジゲ号」ありますね!
    両橋の間を往ったり来たりが、クルーズなんですね。まあ、平壌で一番美しい部分でしょうから。もしその外側に行けたにしても、「暗闇クルーズ」になるでしょうから。
     元帥も、Googleでこんなことも分ってしまうこと、つまり「米帝」の力を、知るべしでしょうね。もっとも彼一人知っていて、「存続基盤」にしていると言うべきでしょうか。(軍高官連中なども、外の世界は分かっていないでは?)
     肝心の「女子力」は、美人パーサー以外なく、(与正氏はよく判らないです)つぎに期待しましょう。

    Re: ムジゲ号2

    Google Mapに関する情報ありがとうござます。撮影時期が分かりませんが、見事に写ってますね。記事に追記させて頂きました。

    >  「女子力」の付加有難うございます。(笑)
    > GoogleMapを見ると、「ムジゲ号」ありますね!
    > 両橋の間を往ったり来たりが、クルーズなんですね。まあ、平壌で一番美しい部分でしょうから。もしその外側に行けたにしても、「暗闇クルーズ」になるでしょうから。
    >  元帥も、Googleでこんなことも分ってしまうこと、つまり「米帝」の力を、知るべしでしょうね。もっとも彼一人知っていて、「存続基盤」にしていると言うべきでしょうか。(軍高官連中なども、外の世界は分かっていないでは?)
    >  肝心の「女子力」は、美人パーサー以外なく、(与正氏はよく判らないです)つぎに期待しましょう。
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR