FC2ブログ

    「荒唐無稽な『拉致』太鼓の真相-朝鮮中央通信社論評-」 (2020年6月30日 「朝鮮中央通信」)

    30日、「朝鮮中央通信」に以下。

    ***********
    荒唐無稽な「拉致」太鼓の真相
    황당무계한 《랍치》타령의 진상
    -朝鮮中央通信社論評-
    --조선중앙통신사 론평--

    (平壌、6月30日発 朝鮮中央通信)
    (평양 6월 30일발 조선중앙통신)

    荒唐無稽な「拉致」太鼓の真相が一つ一つ明らかになっている。
    허황한 《랍치》타령의 실상이 하나하나 드러나고있다.

    少し前、日本の富山県警察は、1996年に失踪した「北朝鮮による拉致可能性を排除できない」としていた2名の女性が自国内で死亡したと公式認定した。
    얼마전 일본 도야마현 경찰은 1996년에 실종되여 《북조선에 의한 랍치가능성을 배제할수 없다.》고 하던 2명의 녀성이 자국내에서 사망되였다고 공식인정하였다.

    失踪していた2名の女性は、今年3月、県内のある港の海底から引き上げられた車内で死体となって発見され、DNA検査を通して身元が確認されたという。
    실종되였던 두 녀성은 올해 3월 현내 어느 항구의 해저에서 끌어올린 차안에서 시체로 발견되였으며 DNA검사를 통하여 신원이 확인되였다 한다.

    こうして、日本反動共が主張している「拉致」被害者なるものの数は減っており、「拉致」問題の荒唐無稽さ、欺瞞性を示す確実な証拠の例はさらに増えることになった。
    이로써 일본반동들이 주장하는 그 무슨 《랍치》피해자수는 또 줄어들고 《랍치》문제의 허황성,기만성을 보여주는 확실한 증례는 더 늘어나게 되였다.

    それにもかかわらず、未だに日本全国に我々に「拉致」された可能性を排除できない特定失踪者数が数百名に達しているというのだから、実に荒唐無稽極まりない。
    그럼에도 불구하고 아직도 일본전국에 우리에게 《랍치》되였을 가능성을 배제할수 없는 특정실종자수가 수백명에 달한다고 하니 실로 황당무계하기 이를데 없다.

    行方不明者問題は、日本の反動的な社会制度が生んだ必然的産物として明白に自国内の問題であり、概念上から見ても、拉致と関係は遠い。
    행방불명자문제는 일본의 반동적인 사회제도가 낳은 필연적산물로서 명백히 자국내의 문제이며 개념상으로 보아도 랍치와 인연이 멀다.

    しかし日本では、一定の捜査機関が過ぎ、対策がないと、行方不明者が自動的に拉致被害者に変身するのが現実である。
    그러나 일본에서는 일정한 수사기간이 지나고 대책이 없으면 행방불명자들이 자동적으로 랍치피해자로 둔갑하는것이 현실이다.

    これは、単純に警察当局の無能力に限った問題ではなく、日本人行方不明者問題を政治、外交的な問題として極大化、国際化し、不純な利益を得ようとしている日本反動共の対朝鮮敵対視政策の一環である。
    이것은 단순히 경찰당국의 무능력에 한한 문제가 아니라 일본인행방불명자문제를 정치외교적인 문제로 극대화,국제화하여 불순한 리속을 채우려는 일본반동들의 대조선적대시정책의 일환이다.

    事実、日本は我々との関係問題で、条件なるものを出す資格も名文もなく、こともあろうに「拉致」問題を論じる立場ではさらにない。
    사실 일본은 우리와의 관계문제에서 그 무슨 조건을 내들 자격도 명분도 없으며 감히 《랍치》문제를 론할 처지는 더욱 아니다.

    歴史が示しているように、日本は根深い拉致の王国である。
    력사가 보여주는바와 같이 일본은 뿌리깊은 랍치의 왕국이다.

    過ぎた世紀、我が国を強制占領し、840万人あまりの青壮年と20万人あまりの女性を誘拐、拉致、強制連行し、死の戦場と工事現場に連れて行き、100万人あまりの罪のない人々を無残に殺戮した特大反人倫犯罪国である。
    지난 세기 우리 나라를 강점하고 840만여명의 청장년들과 20만명의 녀성들을 유괴,랍치,강제련행하여 죽음의 전쟁판과 공사장들에 내몰았으며 100여만명의 무고한 인민들을 무참히 살륙한 특대형반인륜범죄국가이다.

    口が10個でも言うことがない日本が、加害者の立場から抜けだし、被害者のふりをすることで、何とかして過去清算を回避し、自分たちの対朝鮮敵対視政策に当為性を持たせようと考え出したのが他でもない、既に全部解決した「拉致」問題である。
    입이 열개라도 할 말이 없는 일본이 가해자의 처지에서 벗어나 피해자흉내를 냄으로써 어떻게 하나 과거청산을 회피하고 저들의 대조선적대시정책에 당위성을 부여해보려고 고안해낸것이 다름아닌 이미 다 해결된 《랍치》문제이다.

    日本反動共は、古くさい「拉致」問題を継続して世論化することで、自殺者、失踪者が切れることなく増えている反人民的な社会制度の実情を隠し、国内の反政府気運を国外に振り向け、さらには再侵略野望実現に有利な雰囲気を造成しようとしている。
    일본반동들은 케케묵은 《랍치》문제를 계속 여론화함으로써 자살자,실종자들이 끊임없이 늘어나는 반인민적인 사회제도의 실상을 감추고 국내의 반정부기운을 국외로 돌리며 나아가서 재침야망실현에 유리한 분위기를 조성하려 하고있다.

    まさにそれが日本当局が「核心懸案」だの、「最優先議題」だのといいながら、騒ぎ立てている「拉致」問題の本質である。
    바로 이것이 일본당국이 《핵심현안》이요,《최우선의제》요 하며 떠드는 《랍치》문제의 본질이다.

    日本は、自分の過ちを人に転嫁するずるい行動を止めなければならない。
    일본은 제 허물을 남에게 넘겨씌우는 간특한 짓을 걷어치워야 한다.(끝)

    「名前のない英雄達」:「敵は敵」後の南朝鮮との対決ドラマ、金リョンリン、「元帥様」の創作活動に期待 (2020年6月28日 「朝鮮中央TV」)

    22日から「<テレビ連続ドラマ>名前のない英雄達」が連日放送されている。このドラマについては、2回目のシリーズ放送がされた2014年に記事にしたような記憶がある。2011年に初回放送、2014年が2回目、そして今回が3回目の放送になる。

    2014年は「朝鮮中央TV」もSD画質だったし、さらにストリーミングの質も良くなかったのだが、今回はその両方共向上していて色々よく見える。ストーリー自体は同じでも、小道具や大道具がよく見えるところはおもしろい。

    しかし、北朝鮮というのは、ある意味率直な国だと思う。というのは、「敵は敵」と韓国を「敵」と再定義するまでの間、「朝鮮中央TV」では、「敵」が登場するドラマや映画は「ほとんど」なかった。「全く」が正しいのかもしれないが、全て見ているわけではないので、「ほとんど」としておく。

    ところが、「敵は敵」と再定義してからは、「敵」である「南朝鮮傀儡」と戦う映画やドラマがたくさん放送されている。「日帝」と戦うドラマにも「防弾壁」のようにおもしろいものはあるが、やはり「南朝鮮傀儡」と諜報戦を繰り広げるドラマにはかなわない。特に、最近、北朝鮮最高の名優(と、私は思っている)金リョンリンが登場する映画やドラマを多く放送しているところも良い(全てが、南朝鮮と戦うものとは限らない)。なぜなのかはよく分からないが、金リョンリンが登場する映画などは、大体名作で、見ていても飽きないものが多い。

    「元帥様」が登場して数年間は、モランボン楽団の歌もそうだが、ドラマの新作も次々に登場したのだが、ここ数年、芸術創作活動は停滞していると言わざるを得ない。一応、節目毎に「元帥様」が発する色々なメッセージに「創作活動」活性化は触れられているのだが、残念ながら実現していない。

    南朝鮮の「愛の不時着」を人民がこっそり見ないよう、「元帥様」は創作活動にはっぱをかけた方が良い。「愛の不時着」よりもよほどおもしろい「名前のない英雄達」のような名作ができるのだから、頑張って欲しいものだ。

    米帝諜報機関の親玉クラウスの奥さんジャネットと話をするユリム(金リョンリン)。
    20200628 yurim834902389402
    Source: KCTV, 2020/06/28

    「白頭山地区革命戦績地」:白頭山の峰の名前、216に拘る、「行こう、白頭山へ」新映像 (2020年6月28日 「朝鮮中央TV」)

    28日、「朝鮮中央TV」で放送された「<編集物>白頭山地区の革命戦績地」の中で、天池付近の峰の名前が紹介された。峰は「将軍様」の誕生日に際して名付けられたり、「親筆」が刻まれているようで、「将軍様」の誕生日である216に拘っている。北朝鮮では数字に対するこだわりが強く、昨年、平壌に行った際、「記念碑的建造物」で講師の解説を聞くと、ことごとく石の数や高さなどで「首領様」や「将軍様」の何かに繋がっている。何回聞いても、あまりに色々ありすぎて忘れてしまうのだが、数字へのこだわりは相当なものだ。

    少し前、「<画面音楽>行こう、白頭山へ」の始まり部分の映像が変更されていたが、見れば、この番組で使われている雪の向こうに見える白頭山の映像だった。
    20200628 hakuztou938409234
    Source: KCTV, 2020/06/28

    216ある峰の名前のいくつかが分かる。日本語字幕付き。

    Source: KCTV, 2020/06/28

    コメントを下さった方へ
    727と216がどこかで混ざり合ってしまいました。ご指摘感謝します。

    文在寅、6.25、70周年演説 (2020年6月25日 「聯合ニュースTV」)

    25日、文在寅が6.26の70周年演説を米国から送還された朝鮮戦争犠牲兵の遺骨の前で行った。

    北朝鮮を非難する言葉はなく、「統一に至る前に、平和を達成しなければならない」と訴えた。

    一方で、朝鮮戦争を契機に「戦争特需」で儲け国もあると日本を間接的に非難した。

    文在寅の意図が韓日関係の悪化にあるのか、あるいは北南関係の好転にあるのかは分からないが、戦争当事者の兵站基地となった国が「特需」で潤うのは日本だけの話ではない。

    北朝鮮が文在寅のメッセージをどのように受け取るのかが注目される。

    「救国戦線」HP (2020年6月25日 uriminzokkiri)

    25日、uriminzokkiriに何か「声明」が出ていたので開いてみたら、「救国戦線」なるHPからの転載記事であった。見たことがないHPであるが、珍しくuriminzokkiriにURLが出ていた。

    20200625 kyuukokuuri02934820938423940
    Source: uriminzokkiri, 2020/06/25

    urlの先を見ると「救国戦線」のトップページに行くのだが、「白頭山天出偉人の映像」を見るとこんな感じで、「霊将」の朝鮮語表記が韓国式になっており、韓国のサイトを装っている。簡単にurlから逆引きしてみたが、どこのサーバーかは分からなかった。恐らく、uriminzokkiri同様、中国瀋陽のサーバーを使っているのであろう。

    20200625 kyuukoku320948390483209432430483290
    Source:「救国戦線」、2020/06/25

    「南朝鮮軍部に注意を喚起する-金ヨンチョル朝鮮労働党中央委員会副委員長談話-」:「南朝鮮当局の今後の態度如何で北南関関係は展望できる」、と、圧力をかけておき融和で大きな得点を稼ぐ戦術か (2020年6月24日 「朝鮮中央通信」)

    24日、「朝鮮中央通信」に以下。

    ************
    南朝鮮軍部に注意を喚起する
    남조선군부에 주의를 환기시킨다
    -金ヨンチョル朝鮮労働党中央委員会副委員長談話-
    --김영철 조선로동당 중앙위원회 부위원장 담화--

    報道されたところによると、6月23日に招集された朝鮮労働党中央軍事委員会第7期第5回会議予備会では、朝鮮人民軍総参謀部が提起した(複数の)対南軍事行動計画を保留し、推進中であった一連の対南行動も中止させる措置が取られた。
    보도된바와 같이 6월 23일에 소집된 조선로동당 중앙군사위원회 제7기 제5차회의 예비회의에서는 조선인민군 총참모부가 제기한 대남군사행동계획들을 보류하였으며 추진중에 있던 일련의 대남행동들도 중지시키는 조치가 취해졌다.

    南朝鮮当局の今後の態度と行動如何により、北南関係展望について見通せるこの時点で、南朝鮮『国防部」長官が機会を狙っては体面を維持することに汲々し、不必要な虚勢の声を出すという軽薄で愚かな行動をしていることについて、非常に大きな遺憾を湿さざるを得ない。
    남조선당국의 차후태도와 행동여하에 따라 북남관계전망에 대하여 점쳐볼수 있는 이 시점에서 남조선《국방부》 장관이 기회를 틈타 체면을 세우는데 급급하며 불필요한 허세성목소리를 내는 경박하고 우매한 행동을 한데 대하여 대단히 큰 유감을 표하지 않을수 없다.

    朝鮮半島の軍事的緊張緩和は、一方の姿勢と善意のある行動の結果だけでは実現できず、相互尊重と信頼に基づいた双方の努力と忍耐によってのみ初めて守られて保証される。
    조선반도의 군사적긴장완화는 일방의 자제와 선의적인 행동의 결과만으로는 실현될수 없으며 호상존중과 신뢰에 기초한 쌍방의 노력과 인내에 의해서만 비로소 지켜지고 담보될수 있을것이다.

    南朝鮮軍部は、この機会に彼らの「対応態勢」宣伝に力を入れている姿を必死になって演出しながら、「徹底した対北監視維持」と「対応態勢強化」のような対立的な軍事的性格が濃厚な行動強化の立場をはっきりと表明しているかと思えば、我々の行動に対して正面から「挑発」という極めて刺激的な表現を乱発している。
    남조선군부는 이 기회에 저들의 《대비태세》선전에 주력하는 모습을 생심먹고 연출해대면서 《철저한 대북감시유지》와 《대비태세강화》같은 대립적인 군사적성격이 농후한 행동강화립장을 두드러지게 표명하는가 하면 우리의 행동에 대해 무턱대고 《도발》이라는 극히 자극적인 표현들을 람발하고있다.

    24日、「国会」本庁舎で開催された法制司法委員会全体会議なる場所で、チョン・ギョンドゥ「国防部」長官が我々の軍事行動計画が保留ではなく完全「撤回」されなければならないと度が過ぎた失言をしたことについて非常に行動であったことを警告せざるを得ない。
    24일 《국회》 본청사에서 열린 그 무슨 법제사법위원회 전체회의라는데서 정경두 《국방부》 장관이 우리의 군사행동계획이 보류가 아닌 완전《철회》로 되여야 한다고 도가 넘는 실언을 한데 대하여 매우 경박한 처사였다는것을 경고하지 않을수 없다.

    今後、彼らの徹底した「危機監視努力」と「軍事的対応態勢」が朝鮮半島の平和と安定を保障することに寄与したと主張しようと思っているのなら、あまりにも不実で不適切な試みだと言ってやりたい。
    앞으로 저들의 철저한 《위기감시노력》과 《군사적대비태세》가 조선반도의 평화와 안정을 보장하는데 기여했다고 생색내기를 해볼 심산이였다면 너무도 부실하고 부적절한 시도라고 말해주고싶다.

    いつか我々は、今回と類似した南朝鮮「国防部」の分別のない言動に対して、驚いた犬が騒々しく吠えていると評したことがある。
    언제인가 우리는 이번과 류사한 남조선《국방부》의 분별없는 언동을 놓고 겁을 먹은 개가 더 요란하게 짖어댄다고 평한적이 있었다.

    我々が公式な対南立場表明で再びこのような険しい表現を使わないようにしようとするなら、賢明に思考し行動しなければならない。
    우리가 공식적인 대남립장발표에서 다시 이런 험한 표현들을 쓰지 않도록 하려면 현명하게 사고하고 처신해야 할것이다.

    威嚇的に聞こえるかもしれないが、我々の「保留」が「再考」となる時には、おもしろくないであろう。
    위협적으로 들릴지는 모르겠지만 우리의 《보류》가 《재고》로 될 때에는 재미없을것이다.

    南朝鮮「国防部」の繰り返される失言のせいで北南関係でさらに大きな危機状況が来てはならない。
    남조선《국방부》의 때없는 실언탓에 북남관계에서 더 큰 위기상황이 오지 말아야 한다.

    自重が危機克服の「鍵」であることを知らなければならない。
    자중이 위기극복의 《열쇠》라는것을 알아야 한다.

    主体109(2020)年6月24日
    주체109(2020)년 6월 24일
    平壌
    평 양 (끝)

    ******************
    日本語訳をしながら、これが正しい訳なのかと悩んだのだが、金ヨンチョルは「南朝鮮当局の今後の態度と行動如何により、北南関係展望について見通せるこの時点」と言っている。これまでの流れからすると、もう「破綻」したのだから「見通せない」、つまりいつ戦争になってもおかしくない情況なのだから、国防部長官の「軽率で愚かな行動」は「非常に大きな遺憾」となる。

    ところが、「見通せる」と言ってるのは、北南関係改善の意思を示していると判断できる。ストーリーとしては、「第1副部長同志」が激怒し、軍事的対応について人民軍総参謀部に委任、総参謀部は「第1副部長同志」の怒りを忖度して南朝鮮に対する軍事行動計画を策定する、ところが、「元帥様」が司会をした「党中央軍事委員会第7期第5回会議予備会議」でその「軍事行動計画」が「保留」となる。そして、党中央委員会の副委員長が「北南関係が見通せる」と発言している。

    そもそも、今回の北南関係悪化のきっかけは「屑共」のビラ飛ばしであり、北朝鮮側は「最高尊厳に触れた」と怒っているが、北朝鮮は「助長した」と主張するも、韓国政府は脱北者のビラまきなど毎度のことであり、この程度で北朝鮮は何も言わないだろうと考えていたはずである。

    韓国側としても、脱北者のビラ飛ばし制止する方法はいくらでもあり、そういう「態度」を見せれば、北朝鮮側も「我々の主張が通った」と振り上げた拳を降ろしやすい。ただ、何もせずに振り上げた拳を降ろせば、朝鮮人民に「腰抜け」と映ってしまうので、そうならないように北南共同連絡事務所「完全破壊」というデモンストレーションを行ったのであろう。

    もちろん、そこまでやれば韓国側も黙っていないことは計算しているはずだが、文在寅政権の性格からして、それに耐えても北南関係改善を優先するだろうと判断しているに違いない。

    23日に「屑共」がビラ飛ばしをしたと「聯合ニュースTV」が報じていたが、北朝鮮側はこれについて一切触れていない。ビラが北朝鮮に到達したかどうかにかかわらず、本当に怒っているのであれば、「屑共」の夜間奇襲作戦を制止できなかった「南朝鮮当局」を非難してもおかしくない。

    今日は6月25日、uriminzokkiriに何か声明みたいなものが出ていたので、これから訳出してみることにする。

    「朝鮮労働党中央軍事委員会第7期第5回会議の予備会議開催、金正恩同志が指導」:Web会議で開催、戦争抑止力強化の対策研究、人民軍総参謀部の対南軍事行動計画を保留 (2020年6月24日 「朝鮮中央通信」)

    24日、「朝鮮中央通信」に以下。

    *************
    朝鮮労働党中央軍事委員会第7期第5回会議予備会議開催
    조선로동당 중앙군사위원회 제7기 제5차회의 예비회의 진행
    朝鮮労働党中央軍事委員会委員長、金正恩同志が会議を指導された
    조선로동당 중앙군사위원회 위원장 김정은동지께서 회의를 지도하시였다

    (平壌6月24日発 朝鮮中央通信)
    (평양 6월 24일발 조선중앙통신)

    朝鮮労働党中央軍事委員会第7期第5回会議の予備会議がWeb会議で6月23日に開催された。
    조선로동당 중앙군사위원회 제7기 제5차회의 예비회의가 화상회의로 6월 23일 진행되였다.

    朝鮮労働党委員長であられ、朝鮮労働党中央軍事委員会委員長であられる金正恩同志が会議を司会された。
    조선로동당 위원장이시며 조선로동당 중앙군사위원회 위원장이신 김정은동지께서 회의를 사회하시였다.

    予備会議には、党中央軍事委員会副委員長、李ビョンチョル同志と党中央軍事委員会の一部の委員が参加した。
    예비회의에는 당중앙군사위원회 부위원장 리병철동지와 당중앙군사위원회 일부 위원들이 참가하였다.

    予備会議では、朝鮮労働党中央軍事委員会第7期第5回会議に上程させる中央軍事政策討議案を審議し、本会議に提出した報告、決定書と国の戦争抑止力をさらに強化するための軍事的対策を反映した各文献が研究された。
    예비회의에서는 조선로동당 중앙군사위원회 제7기 제5차회의에 상정시킬 주요군사정책토의안들을 심의하였으며 본회의에 제출할 보고,결정서들과 나라의 전쟁억제력을 더욱 강화하기 위한 국가적대책들을 반영한 여러 문건들을 연구하였다.

    予備会議で朝鮮労働党中央軍事委員会は、造成された最近の情勢を評価し、朝鮮人民軍総参謀部が党中央軍事委員会第7期第5回会議に提出した対南軍事行動計画を保留した。
    예비회의에서 조선로동당 중앙군사위원회는 조성된 최근정세를 평가하고 조선인민군 총참모부가 당중앙군사위원회 제7기 제5차회의에 제기한 대남군사행동계획들을 보류하였다.(끝)
    (2020.06.24)
    *************************

    企業所や研究機関でWeb会議を開催している様子は「朝鮮中央TV」などでも紹介されているが、「元帥様」が出席するWeb会議開催について報道されるのは今回が初めてとなる。コロナ対策のためにWeb会議形式にしたのか、敢えてWeb会議としているので、北朝鮮でも各国に後れを取っていないことを示したかったのか、あるいは、もっと現実的に「一部の委員」が平壌を離れて前線や「戦争抑止力」研究開発機関に行っているからなのか、それは分からない。

    人民軍総参謀部から出された「対南軍事計画を保留」としているが、予備会議で「保留」しておき、本会議で憤怒した人民と将兵の気持ちを込めて採択するという演出なのか、あるいは南朝鮮当局の反応を見るためなのか、「第1副部長同志」が義憤で暴走しているのを「元帥様」が抑えるという演出なのか、いずれにせよ、本会議が近々開催されるのだろうから、その時になれば明らかになろう。いずれにせよ、「対南軍事計画」はその時まで「保留」される決定はなされたので、当面は「史上最大規模のビラ散布闘争」だけということになろう。

    「一緒に見ましょう」:「朝鮮中央TV」で枠を拡大した新子供番組、放送開始は外国曲『ガボット』を使用 (2020年6月22日 「朝鮮中央TV」)

    日本語字幕付き。字幕を付けながら気がついたが、対話の雰囲気が自然になっている。北朝鮮のこの種の対話型の番組は、原稿読み上げ丸出しなのだが、この番組では、原稿があるにしても自分の言葉で話しても良い設定になっているようだ。日本語字幕付き。

    Source: KCTV, 2020/06/21

    「将軍様」の『ハリネズミとトラ』の話しもおもしろい。北朝鮮が棘(核ミサイル)で武装し、大きな威張ったトラ(米国)に勝つというシナリオを連想させる。
    *********************************

    21日、「朝鮮中央TV」を聞いていたら、『ガボット』が流れた。その時は他事をやっていたのであまり注目しなかったのだが、今朝、録画を見ていたら「児童放送時間」で放送された「一緒に見ましょ」という新番組のテーマ曲だった。『ガボット』自体はクラシック音楽なので、北朝鮮で演奏されても不思議ではないが、外国曲を子供向け番組のテーマ曲に使ったのは驚かされた。

    最近、「児童放送時間」の編成が少し変わっているのは気がついていた。たとえば、これまでは一人で担当していた部分に女性を2人登場させて対話スタイルで番組を進行させるなどの変更があった。これについては記事にしなかったが、21日からは大きな変更があったものと思われる。日曜日の「児童放送時間」の番組拡充だと思われるが、14日にはこれはなかったので、今週からなのかもしれない。

    コロナの期間、「朝鮮中央TV」では同じような番組ばかりでおもしろくなかったが、このところ、見る価値がある放送になっている。

    20200621 kodobo3234548193048190284930
    Source: KCTV, 2020/06/21

    「憤怒の気流、全ての人民の対敵報復熱気-朝鮮中央通信社報道-」:1500万枚のビラを3000の風船などで散布と、開城は南西よりの風と予想 (2020年6月22日 「朝鮮中央通信」)

    22日、「朝鮮中央通信」に以下。

    ***********
    憤怒の激流、全ての人民の対敵報復熱気
    분노의 격류,전체 인민의 대적보복열기
    -朝鮮中央通信社報道-
    --조선중앙통신사 보도--

    我々人民の最も神聖な精神的核に触れ、耐え難く冒涜した奴らにその代価から徹底して受け取るべく全国の全ての人民の激怒した意志と報復熱気が天に達した中で、歴代最大規模の対敵ビラ散布闘争のための準備が終わりつつある。
    우리 인민의 가장 신성한 정신적핵을 건드리며 참을수 없게 모독한 것들에게 그 대가를 철저히 받아낼 온 나라 전체 인민들의 격노한 의지와 보복열기가 하늘끝에 닿은 가운데 력대 최대규모의 대적삐라살포투쟁을 위한 준비가 끝나가고있다.

    中央の各級出版印刷機関では、各階層人民の憤怒と敵愾心が込められた1200万枚の各種ビラを印刷した。
    중앙의 각급 출판인쇄기관들에서는 각계층 인민들의 분노와 적개심이 담긴 1,200만장의 각종 삐라를 인쇄하였다.

    また、各道、市、郡の印刷工場でも数百万枚の対敵ビラを追加印刷するための準備を終えつつある。
    또한 각 도,시,군 인쇄공장들에서도 수백만장의 대적삐라를 추가인쇄하기 위한 준비를 다그치고있다.

    22日現在、3000あまりの様々な風船をはじめとし、南朝鮮の深い中心まで散布できる様々なビラ散布機材、手段が準備された。
    22일현재 3,000여개의 각이한 풍선을 비롯하여 남조선의 깊은 종심까지 살포할수 있는 여러가지 삐라살포기재,수단들이 준비되였다.

    我々の対敵ビラ散布闘争計画は、防ぐことができない全人民的、全社会的憤怒の噴出である。
    우리의 대적삐라살포투쟁계획은 막을수 없는 전인민적,전사회적분노의 분출이다.

    人民の指向と要求こそが法であり、実践であり、民心の激流は何を持っても遮ることはできない。
    인민들의 지향과 요구는 곧 법이고 실천이며 민심의 격류는 그 무엇으로도 막을수 없다.

    南朝鮮は余すところなくやられなければならない。
    남조선은 고스란히 당해야 한다.

    ビラと汚物、それを収拾することがどれほど頭の痛いことであり、どれほど気分を害することなのかを、一度しっかりと経験すれば、悪い癖が直るであろう。
    삐라와 오물 그것을 수습하는것이 얼마나 골치아픈 일이며 얼마나 기분 더러운 일인가 하는것을 한번 제대로 당해보아야 버릇이 떨어질것이다.

    応報報復の時刻は、今まさにやって来ている。
    응징보복의 시각은 바야흐로 다가오고있다.

    主体109(2020)年6月22日
    주체109(2020)년 6월 22일
    平壌
    평 양(끝)
    *****************

    22日、開城の風は南西よりと予想されていたので、今日はないであろう。

    「旅団政治委員」:2017年の放送を最後に今日まで放送されなかった南朝鮮を刺激する映画 (2020年6月21日 「朝鮮中央TV」)

    21日、2017年1月15日を最後に放送されていなかった『<朝鮮芸術映画>旅団政治委員』の前後編が放送された。この映画は、「首領様」死去直後に、韓国側が非常警戒令を宣布した上で、米軍との合同演習ウルチ・フォーカスレンズを行った際に朝鮮人民軍がとった行動がモデルとなっている。

    実際にそのような事件があったのかまでは確認していないが、北南関係が「破綻」したと主張し、韓国に圧力をかけ、国内の反南朝鮮当局ムードを高調させるために放送されたと思われる。

    『我々の銃鎗の上に平和がある』の「将軍様」版が挿入歌として入っている。

    これは、クライマックスの出撃、砲撃シーン。日本語字幕付き。

    Source: KCTV, 2020/06/21

    南朝鮮浸透・偵察用潜水艇:「屑共」威嚇のために見せているのか (2020年6月19日 「38 North」)

    19日、38 Northに新補付近で小型の潜水艦の動きが衛星写真で見られたとの記事が出た。

    https://www.38north.org/2020/06/sinpo061920/

    新補ではSLBM搭載可能な大型潜水艦が建造されており、それが注目されているが、注目されていることを知りながらも敢えて小型の浸透・偵察用の潜水艦を動かしている。また、新補付近の空港には「元帥様」が使うとされる高麗航空機も飛んで行っているが、Flight Radar 24に捕らえられていることからすると、識別信号(ADS-B)を敢えて発信しながら飛行したのであろう。

    米軍もこのところ識別信号を出しながら韓国上空で偵察機を飛行させているが、これは北朝鮮を威嚇するための飛行であることは間違いない。

    こうしたことからすると、浸透・偵察用の小型潜水艇を動かしたり、高麗航空機を飛ばしているのは、南朝鮮に見せるためと思われる。ではなぜか。北朝鮮は「屑共」を探し出して「切り裂いて殺す」と言っているので、工作員を浸透させて殺害する計画があっても不思議ではない。「屑共」もここまで大事になるとは想定していなかっただろうし、自分の身の危険も感じているであろう。「背信者」も「敵は敵」なのでターゲットにはなり得るが、そこまでやると戦争になるので北朝鮮も手は出さないはずだ。

    しかし、「屑共」であれば、何かあっても殺人事件、しかも99%工作員の犯行だと推定されても、証拠を残さず、逃げてしまえばどうにもならない。

    当然、韓国当局も警戒はしているだろうが、「対南ビラ散布闘争」などは国内向け宣伝で、本当はこうした作戦を着々と進めているのかもしれない。

    過去には、小型潜水艇は韓国軍に発見され、人民軍兵士が山に逃げ込み銃撃戦になったことがあるので、ある意味、へまをするともっと危険なことになるともいえる。

    uriminzokkiriには、脱北者チョン・グァンイルを非難する2015年に制作された動画が再掲載されている。
    20200621 kuzau93840943902
    Source: uriminzokkiri, 2020/06/21

    天気予報OPのBGM、他の番組の中で最後まで (2020年6月21日 「朝鮮中央TV」)

    21日、「朝鮮中央TV」を見ていたら、「天気」のBGMが流れた。初めの部分は毎日聞いているが、その後にどのような曲が続いているのかは今まで知らなかった。昨日書いた、「今日の中央新聞概観」の曲もそうだが、聞き慣れていても最後まで聞けていないし、曲名が分からないBGMがある。

    曲名は依然として不明だが、ナレーションのBGMとして最後まで聞くことができる。番組は「地球を支配する巨大な力1 -海-」。

    Source: KCTV, 2020/06/21

    「朝鮮労働党中央委員会統一戦線部スポークスマン談話」:「朝鮮中央TV」でも (2020年6月20日 「朝鮮中央通信」)

    日本語字幕付き

    Source: KCTV, 2020/06/21

    20日、「朝鮮中央通信」に以下。

    ************
    朝鮮労働党中央委員会統一戦線部スポークスマン談話
    조선로동당 중앙위원회 통일전선부 대변인담화

    6月20日、南朝鮮の「統一部」が、我々の対南ビラ散布計画について「遺憾」を表明し、即刻中断することを要求するという立場を表明した。
    6월 20일 남조선의 《통일부》가 우리의 대남삐라살포계획에 대해 《유감》을 표명하며 즉각 중단할것을 요구한다는 립장을 내놓았다.

    そして、我々の対南ビラ散布計画が北南合意に対する明白な違反だとデタラメなことをほざいた。
    그러면서 우리의 대남삐라살포계획이 북남합의에 대한 명백한 위반이라고 광언패설을 토하였다.

    これ以上、答えてやり、険しい言葉を言いたくはないが、恥ずかしくて顔が熱くなっていないのか聞かざるを得ない。
    더이상 대꾸해주고 험한 말을 하고싶지는 않지만 낯이 뜨겁지도 않은지 묻지 않을수 없다.

    今まで自分たちがしてきたことがあるのに、どうしてそんなにも唐突に遺憾だの、違反だのという言葉を口に出せるのか。
    여직껏 자기들이 해온짓이 있는데 어떻게 그렇게도 당돌스레 유감이요,위반이요 하는 말을 입에 담을수 있는가.

    その図々しさに対して言えば、世の中の何とも比べられない、まれに見る特級鉄面皮共だと言わざるを得ない。
    그 뻔뻔함에 대해 말한다면 세상 그 어디 짝질데 없고 보기드문 특급철면피한들이 아니라 할수 없다.

    本当に最近、南朝鮮当局の奔走は慌ただしい言動は一人で見るのが勿体ないくらいだ。
    정말로 요즘 남조선당국의 분주한 언동은 혼자 보기가 아깝다.

    はっきりとした立場を明らかにする。
    분명한 립장을 밝힌다.

    ビラ散布が北南合意に対する違反だということはさておき、嫌と言うほど既に壊されてしまった北南関係について、我々の計画を考慮したり変更する意思は全くない。
    삐라살포가 북남합의에 대한 위반이라는것을 몰라서도 아닐뿐더러 이미 다 깨여져나간 북남관계를 놓고 우리의 계획을 고려하거나 변경할 의사는 전혀 없다.

    違反だの何だのという手遅れの原則姓を持ち出す前に北南衝突の導火線に火を付け、誰が先に何をし、黙認し、事態をここまで悪化させたのかを振り返ってみなければならない。
    위반이요 뭐요 하는 때늦은 원칙성을 들고나오기 전에 북남충돌의 도화선에 불을 달며 누가 먼저 무엇을 감행했고 묵인했으며 사태를 이 지경까지 악화시켰던가를 돌이켜보아야 할것이다.

    今になってひっくり返そうとしてもひっくり返すことはできず、否認することもできない「ゴム風船事件」の顛末を全世界は全て知っている。
    지금에 와서 뒤집을래야 뒤집을수도 없고 부인할수도 없는 《고무풍선사건》의 전말을 전세계가 다 알고있다.

    今は紙くずとなってしまった合意について、南朝鮮当局はこれ以上論じてはならない。
    이제는 휴지장이 되여버린 합의에 대하여 남조선당국은 더이상 론하지 말아야 한다.

    全ての人民の意思により、計画されている対南報復ビラ散布闘争は、いかなる合意や原則に拘束されたり考慮されることはないことを再三はっきりと明らかにする。
    전체 인민의 의사에 따라 계획되고있는 대남보복삐라살포투쟁은 그 어떤 합의나 원칙에 구속되거나 고려되지 않을것이라는것을 재삼 분명히 밝힌다.

    今回の計画に南朝鮮当局者共がいつも口にしている「相手の身になって考える」の立場で、全く同じに一度、しっかりと対応してみてこそ、我々が感じている嫌悪感を少しでも理解し、それがどれほど気分を害するものなのかはっきりと知ることになろう。
    이번 기회에 남조선당국자들이 늘쌍 입에 달고 사는 《역지사지》의 립장에서 똑같이 한번 제대로 당해보아야 우리가 느끼는 혐오감을 조금이나마 리해하고 그것이 얼마나 기분더러운것인지 똑똑히 알게 될것이다.

    主体109(2020)年6月20日
    주체109(2020)년 6월 20일
    平壌
    평 양(끝)
    ****************

    21日の「朝鮮中央TV」でも放送開始直後にこの報道を放送した。

    トランプがツイート:ボルトンがリビアモデルを口にしたから、金正恩が「激怒(went ballistic)」と、トランプと握った手、ボルトンの本 (2020年6月18日)

    18日(現地時間)トランプがツイート。

    ****************
    凶人ジョン・ボルトンが国を損耗させ続けながら北朝鮮に対して「リビアモデル」を適用すると愚かにも言った時、地獄が始まった。我々との関係が良かった金正恩は彼の弾道ミサイルのように激怒した。当然そうだろう。

    彼はボルトンを知覚に寄せ付けたがらなかった。ボルトンの最も愚鈍な発言が北朝鮮との関係をとても悪い状況に押し戻し、それが今に至っている。私は「お前は何を考えているんだ?」とボルトンに尋ねた。彼は何も答えずに謝罪した。それが始まりだったのだが、私はあの時、あの場でボルトンを首にしておくべきだった!

    20200618 trup wt45989324203
    Source Twitter, 2020/06/18
    **************

    対北朝鮮と言うよりも対ボルトンのツイートなのであろうが、ボルトンが北朝鮮との交渉にマイナスな発言をしたので交渉自体が後退し、さらに「リビアモデル」はトランプの考えにないことが窺える興味深いツイートだ。

    米国の国内政治など、そもそも北朝鮮には関わりのない話なので、やはり「首脳同士の友人関係」の「握った手」を離さないままにし、トランプが大統領に再選されることを願っているのであろう。

    「南朝鮮当局者」はついに攻撃対象、「敵」になったが、トランプと「元帥様」が握った手はしばらくそのままにしていそうだ。

    そのボルトンの本、kindle版をamazonで予約しておいた。23日になれば読めそうだが、北朝鮮関連部分にどのようなことが書いてあるのかに関心がある。

    「人間の屑共と南朝鮮当局者共」に対する前線地帯の農民の反応 (2020年6月19日 「朝鮮中央TV」)

    19日、「朝鮮中央TV」の「20時報道」の中で、前線地帯に近い地域の農民の「声」に関する報道があった。また、人民軍の飛行機が「農薬散布」をするという例年の報道もあったが、北よりの風が吹いている日に農薬ではなくビラを散布すれば南側地域に飛んでいくのではと思いながら見ていた。

    日本語字幕付き

    Source: KCTV, 「20時報道」、2020/06/19


    https://youtu.be/8HpfgdEcemo
    Source: KCTV, 「20時報道」、2020/06/19

    回顧音楽放送時間:「将軍様」が1964年6月19日に党中央委員会で事業を始めた日、スタックした「将軍様」のGクラス (2020年6月19日 「朝鮮中央TV」)

    1964年6がつ19日は、「将軍様」が「朝鮮労働党中央委員会で事業を始められた日」と高麗航空のカレンダーに書いてある。休日ではないが、こういう重要な日を確認するには同カレンダーは便利だ。

    「朝鮮中央TV」では、「将軍様」回顧関連の「朝鮮記録映画」などが放送されており、「回顧音楽放送時間」を2回放送し、それぞれ異なる楽曲を放送していた。

    これは、その2回目であるが、なかなか良い曲で編成されている。

    1曲目の『その懐を離れては生きられない』は歌が入っていないバイオリン演奏。ソヌ・ヒャンヒが頑張っていた頃の収録だろうか。「将軍様」にひそひそ話をして、「将軍様」を驚かせている農家の嫁さんのシーンはとても良い。

    2曲目は、「今日の中央新聞概観」のBGMで使われている『野原の3つの花束』。この話は「朝鮮芸術映画」で映画化されていて、過去記事で紹介したような記憶がある。

    3曲目は『この山河、高い嶺、険しい道に』では、メルセデスのGクラス(W431かW432)が登場する。運転手が静止するにもかかわらず、「将軍様」は軍用車から降りて、雨の中、自ら軍用車が脱輪から抜けられるよう、押したという偉人逸話がある。映像では左後ろの車輪がスタックしているが、こんなものGクラスの実力からすれば、「将軍様」がずぶ濡れにならなくても楽々抜け出せる(私はドイツのGクラブの会合に何回か参加し、オーストリア、グラーツのGクラス、テストコースなどで何回も体験している)。こんなことで「将軍様」をずぶ濡れにさせたのなら、運転手は「低勇気」氏が大好きな「公開処刑」ものだ。ま、偉人伝説なので、あまり深く追求する必要もないが、この楽曲も良い。

    日本語字幕付き。

    Source: KCTV, 2020/06/20

    運転者に渡される記念メダル(ヤフオクでも時々売っているけど・・・これは現地から)
    DSC04262.jpg

    「元帥様」も4駆逸話を作ると良いのだが。

    振り返れば、もう10年前の話だった・・・


    「各地で大規模な対南ビラ散布闘争のための準備本格的に推進」 (2020年6月20日 「朝鮮中央通信」)

    17時報道より

    Source: KCTV, 2020/06/20

    20日、「朝鮮中央通信」に以下。『労働新聞』にも同様の記事。

    *************
    各地で大規模な対南ビラ散布闘争のための準備本格的に推進
    각지에서 대규모적인 대남삐라살포투쟁을 위한 준비 본격적으로 추진
    (平壌6月20日発 朝鮮中央通信)
    (평양 6월 20일발 조선중앙통신)

    我々の最も神聖な最高尊厳に触れ、全ての朝鮮人民を耐え難く冒涜した屑共と背信者共に対する憤怒と冒涜応報の熱気がさらに激烈になっている。
    우리의 가장 신성한 최고존엄을 건드리며 전체 조선인민을 참을수 없게 모독한 쓰레기들과 배신자들에 대한 분노와 보복응징의 열기가 더욱 극렬해지고있다.

    絶対に触れてはならない何に触れたのかを骨身に染みさせるための我々の報復聖戦は、最悪の群れを断罪する対南ビラ散布闘争へと移った。
    절대로 다쳐서는 안될 무엇을 잘못 다쳐놓았는가를 뼈아프게 새겨주기 위한 우리 인민의 보복성전은 죄악의 무리들을 단죄하는 대남삐라살포투쟁에로 넘어갔다.

    初歩的な道義すら喪失した南朝鮮の奴らに帳場のビラを胸がすくようにばらまこうという激怒した民心により、各地では大規模な対南ビラ散布のための準備作業が猛烈に推進されている。
    초보적인 도의마저 상실한 남조선것들에게 징벌의 삐라를 가슴후련히 뿌리려는 격노한 민심에 따라 각지에서는 대규모적인 대남삐라살포를 위한 준비사업이 맹렬히 추진되고있다.

    出版機関では、北南合意に込めた全ての民族の希望と期待を2年の歳月、邪悪な口先で愚弄してきた南朝鮮当局者達に無差別的にふっかける対敵ビラを印刷している。
    출판기관들에서는 북남합의에 담은 온 겨레의 희망과 기대를 2년세월 요사스러운 말치레로 우롱해온 남조선당국자들에게 무차별적으로 들씌울 대적삐라들을 찍어내고있다.

    北南関係を台無しにして、親米事大で民心に捨てられた南朝鮮当局の罪行を一つ一つ赤裸々に糾弾する論告状、告発状が南朝鮮の奴らに背信の代価がどれほど残酷なのかを骨に刻み込んでやろうという対敵意志の噴出のように、山のように積み上がっている。
    북남관계를 결딴내고 친미사대로 민심의 버림을 받은 남조선당국의 죄행을 조목조목 적라라하게 성토하는 론고장,고발장들이 남조선것들에게 배신의 대가가 얼마나 참혹한가를 골수에 박아주려는 대적의지의 분출마냥 산같이 쌓이고있다.

    今、各級大学の青年学生は、当該した手続きに従い、北南境界地帯開放と進出が承認されれば、大規模なビラ散布闘争を展開する万端の態勢を整えている。
    지금 각급 대학의 청년학생들은 해당한 절차에 따라 북남접경지대개방과 진출이 승인되면 대규모의 삐라살포투쟁을 전개할 만단의 태세를 갖추고있다.

    罪は犯したところに行くのが当然だ。
    죄는 지은데로 가기마련이다.

    今までしてきた悪事があるのだから、相応を返してやらなければならず、一度やられてみれば、どれほど気分が汚くなるのか絶対に分かるはずだ。
    여직껏 해놓은짓이 있으니 응당 되돌려받아야 하며 한번 당해보아야 얼마나 기분이 더러운지 제대로 알수 있을것이다.

    南朝鮮当局者達は、実に困惑する時間を経験することになる。
    남조선당국자들은 참으로 곤혹스러운 시간을 겪게 될것이다.(끝)

    20200620 bill1
    Source: KCNA, 2020/06/20

    20200620 bill2
    Source: KCNA, 2020/06/20

    20200620 bill3
    Source: KCNA, 2020/06/20

    20200620 bill4
    Source: KCNA, 2020/06/20

    ***********************
    20日の開城の天気は良いが、風は南よりの風。ビラ飛ばしには向いていない。

    平壌市民の声、北朝鮮、境界線付近からのビラ飛ばし近々か (2020年6月17日 「朝鮮中央TV」)

    17日の「朝鮮中央TV」、「20時報道」の中で、平壌市民の声が放送された。特徴的だったのは、中年女性が乱暴な口調でインタビューに答えている点だ。怒りの演出だとは思うが、いくら怒っていても通常、インタビューは丁寧語で話している。それとの関係で、「第1副部長同志」が、今回の「談話」でも前回の「談話」でも、話し言葉口調になっている部分があり、おもしろい。そもそも、まとめの部分で「私が言葉爆弾を炸裂させた」などと言っているところも、公式な「談話」というよりも、感想のような感じもある。

    日本語字幕付き

    Source: KCTV, 2020/06/17

    上の動画の中では、大学生が前線に駆けつけて「歴代最大規模のビラ散布闘争を展開」すると言っている。今日の開城の天気は悪くなく、風も南東の風から北東の風になるという。北東の風が吹けばビラ飛ばしには都合が良い。全てが「スピード感を持って」進められているので、ビラ飛ばしも近々実行されるであろう。

    「天気」より、6月18日の予想天気
    20200618 tenki425623415234314123
    Source: KCTV, 2020/06/17

    トランプ、対北制裁1年延長 (2020年6月18日 「聯合ニュースTV」)

    18日、「聯合ニュースTV」を見ていたら、トランプが対北制裁を1年延長したと。どのみち延長される措置であったにしても、このタイミングでの延長には注目する必要がある。北朝鮮はどう反応するか。

    「朝鮮民主主義人民共和国金ソンギョン外務省欧州担当副相の談話」:実は北朝鮮の国内問題、「一心団結」と継承、「第1副部長同志」と女の弱み、党創建75周年は (2020年6月17日 「朝鮮中央通信」)

    17日、「朝鮮中央通信」に以下。

    *********
    朝鮮民主主義人民共和国金ソンギョン外務省欧州担当副相の談話
    조선민주주의인민공화국 김선경 외무성 유럽담당 부상의 담화

    16日、EU外交及び安保政策担当行為代表スポークスマンは、我々の北南共同連絡事務所完全爆破措置を不当に非難しながら、緊張を激化させている全ての行動を慎めだの、誤解と誤判を避けるために通信線を開いておくことが必須的だの、朝鮮半島非核化のための対話再開を要求するだの、早い時期に核兵器のない朝鮮半島での信頼構築と恒久的平和確立のための持続可能な外交過程を再び始めなければならないだのつべこべと分不相応なことをほざいた。
    16일 EU외교 및 안보정책담당 고위대표 대변인은 우리의 북남공동련락사무소 완전파괴조치를 부당하게 걸고들면서 긴장을 격화시키는 모든 행동을 삼가하라느니, 오해와 오판을 피하기 위해 통신선을 열어두는것이 필수적이라느니, 조선반도비핵화를 위한 대화재개를 요구한다느니, 빠른 시일내에 핵무기없는 조선반도에서의 신뢰구축과 항구적평화확립을 위한 지속가능한 외교과정을 다시 시작해야 한다느니 횡설수설하며 주제넘게 놀아댔다.

    EUのこうした寝言のような言葉にはもうすっかり慣れているが、それでもEUの判別能力がこれほどだとは思わなかった。
    EU의 이런 잠꼬대같은 소리에 이제는 어지간히 익숙되였지만 그래도 EU의 판별능력이 이 정도일줄은 몰랐다.

    だからなのか、世界的版図で様々なことが全て起こっている時には口を少しも動かさず、我々につべこべ言うことができると、逃さず悪態を吐いているEU行いは憤激するよりも気の毒に思えてしまう。
    그래서인지 세계적판도에서 별의별 일이 다 터졌을 때에는 입도 벙긋 안하다가 우리를 걸고들 일감만 생기면 놓치지 않고 악청을 돋구어대고있는 EU의 행태에 분격하기보다는 안스러운 생각만 든다.

    現北南関係断絶の根源がどこにあるのかも分からず、自分の身から離れている朝鮮半島の「信頼構築」と「恒久的平和」太鼓ばかり陳腐に叩いているのが嘆かわしいだけだ。
    현 북남관계단절의 근원이 어디에 있는지도 모르면서 동에 닿지 않는 조선반도의 《신뢰구축》과 《항구적평화》타령만 진부하게 늘어놓고있는것이 개탄스러울뿐이다.

    我々人民の精神的核に触れたことに対する憤怒がどれほどなのか分かってむやみやたらと言葉は吐いているのか。
    우리 인민의 정신적핵을 건드린데 대한 분노가 어느 정도인지 알기나 하고 함부로 말을 내뱉는가.

    EUがこの場で一言言いたいのなら、我々人民が最も神聖視している最高尊厳をこともあろうに冒涜し、全ての人民を愚弄した人間の屑共を厳しく処分しろと南朝鮮当局に向かって注文しなければならない。
    EU가 이 마당에서 한마디 하고싶다면 우리 인민이 가장 신성시하는 최고존엄을 감히 모독하며 전체 인민을 우롱한 인간쓰레기들을 엄정처벌하라고 남조선당국을 되게 신칙해야 할것이다.

    過ぎた世紀、EUは我が国の自主権と生存権、発展権が重大に侵害されていることについては知らんぷりをしておき、我々が取っている自衛的な国防力強化措置については競って一件一件文句を言いながら、我々に対する誹謗を日常化してきた。
    지난 시기 EU는 우리 국가의 자주권과 생존권, 발전권이 엄중히 침해당하는데 대해서는 모르쇠하다가도 우리가 취하는 자위적인 국방력강화조치들에 대해서는 승벽내기로 사사건건 걸고들면서 우리에 대한 비방을 일삼아왔다.

    私はそれでも昨年末になって、EUの新指導部が国際問題で米国の対朝鮮圧迫政策に全的に便乗してきた前任者達とは異なり、公正性と客観性にある程度準ずるものという期待も持っていたことを隠さない。
    나는 그래도 지난해말 들어선 EU의 새 지도부가 국제문제에서 미국의 대조선압박정책에 무턱대고 편승해온 선임자들과는 달리 공정성과 객관성에 어느 정도 준할것이라는 기대도 가지고있었다는것을 숨기지 않는다.

    しかし、時間が流れるほどそうした期待はだんだんと消えている。
    그러나 시간이 흐를수록 이러한 기대는 점점 사라져가고있다.

    私は、公正性と客観性の普遍的原則に基づき、国際関係問題を正確に判別して取り扱うのがEUが国際舞台で一つの独自的な極になろうという構想を実現できる先決条件だと思っている。
    나는 공정성과 객관성의 보편적원칙에 기초하여 국제관계문제들을 정확히 판별하고 다루어나가는것이 EU가 국제무대에서 하나의 독자적인 극으로 되려는 구상을 실현할수 있는 선결조건이라고 생각한다.

    忠告しておくが、前後の分別もできず、やたらに我々に対して非難することにだけ熱を上げずに、EUの対朝鮮政策を至急、再定立することを要求している欧州の対朝鮮問題専門家の声に耳を傾けるべきである。
    충고하건대 앞뒤분별도 못하고 무턱대고 우리를 걸고들면서 비난하는데만 열을 올리지 말고 EU의 대조선정책을 시급히 재정립할것을 요구하는 유럽의 대조선문제전문가들의 목소리에 귀를 기울이는것이 좋을것이다.

    そのようにするのが、27個の国々で構成された地域的統合機構としてのEUの体を守る道だと思う。
    그렇게 하는것이 27개 나라들로 구성된 지역적통합기구로서의 EU의 체통을 지키는 길이라고 본다.

    主体108(2020)年6月17日
    주체109(2020)년 6월 17일
    平壌
    평양(끝)
    *********************

    トランプ、爆破に関して口を閉じているが、何か言えば、この種のコメントが出ると思うのだが、国内問題が忙しすぎて朝鮮半島には触れたくないのだろうか。核実験とICBMをやらなければ、トランプの大統領選に向けた実績は維持できるはずだし、下手に北朝鮮を刺激して、こうした行動に出られるよりも黙っているのが得策と考えている可能性がある。

    一方、北朝鮮も大統領選ではトランプに勝ってもらえば、一応、まだ「手を握っている」、「首脳同士の友人関係」を活かしながら朝米関係改善を進めていけると考えているのであろう。韓国は朝米関係に従属していると考えており、文在寅の「運転者論」突っつきながらも、現時点では何も期待をしていないようだ。

    「屑共のビラ飛ばし問題」で、米国の国内政治により朝米関係が停滞する中、韓国を動かそうとするのではと過去記事に書いたが、韓国側もついに怒りだしたので、それもできなくなった。文在寅演説に「第1副部長同志」がケチを付けたのもそうだが、大統領特使派遣の内幕を晒されたのは、青瓦台にとって許し難かったのであろう。

    韓国を怒らせれば、それを口実にさらに国内を団結させられる。この国民(人民)の目を外に向けさせて国内問題から目をそらさせる手法は、韓国が日韓関係を利用してやってきた。日本とて、とりわけ現執権者は、同じようなことをやっている為体だ。韓国や日本は、「一心団結」「一片丹心」の国ではないので、執権者がそのような手法を使うことはあるにしても、「一心団結」の国で「最高尊厳冒涜」で「一心団結」させる必要が出ているということは注意しておく必要がある。そもそも、たかが「屑共のビラ飛ばし」である。「北南合意第14条第2項に書いてある」と「第1副部長同志」は言っているが、そうだとしても昨日今日始まったことではないし、今回「屑共」が飛ばしたビラの内容が以前と比べて酷くなったわけでもない。「屑共」が飛ばしているビラは、卒業生が時々拾ってきて私にくれるのだが、見れば「最高尊厳冒涜」のオンパレードである。

    北南関係悪化の状況をこれほど早く、これほど正確に(北朝鮮の立場からではあるが)人民に伝えているというのは、やはり国内、人民と軍隊の「最高尊厳」に対する「一心団結」「一片丹心」を強化し、その過程で「第1副部長同志」の地位も向上させておくところにその目的があるものと思われる。

    「元帥様」が化学工場の竣工式に出てくるまでの期間、CNNが流した「体調悪化説」がまことしやかに拡散したが、どの程度であったのかは別とし、何らかの体調不良が「元帥様」にあった可能性は、その後の「第1副部長同志」を持ち上げる動きを見ているとあったのではないかと思われる。つまり、「元帥様」に何かがあった場合、その継承であれ代行であれする「白頭の血統」を人民に示しておく必要がある。今、「第1副部長同志」がやっていることは、「元帥様」を擁護する形を取りつつも、人民の目からすれば、「元帥様と同じ」に移るであろう。「元帥様」が登場した時も「将軍様と全く同じであられる」が枕詞だったので、「第1副部長同志」をその状態に近づけておく必要はあろう。

    特に、女である「第1副部長同志」には「弱さ」というハンディーがあるので、それを払拭するために「強さ」を演出し、人民軍にも「指示」を出すような人物像を作り上げているのであろう。

    党創建75周年は「経済建設で輝かせよう」がスローガンであるが、もしかすると「第1副部長同志」の大躍進で「輝かせる」ことも考えているのかもしれない。

    韓国は、その材料に使われいるわけであるが、適度に反発しながら、過度に刺激しすぎないという微妙なコントロールが必要になる。「元帥様」と微笑みながら悪手をする時よりも、文在寅の能力が試されているともいえる。米国選挙でトランプが勝てば、「春」は比較的早く戻ってくる。それまでの厳しい期間を以下に乗り越えるのか、それが文在寅の課題と言える。もちろん、トランプが負ければ、長い冬が続くことになりそうなのだが。

    「談話」と関係ないことをたくさん書いたが、欧州担当副相の金ソンギョンも名前からすると女性のようだ(やっと欧州に戻れた)。

    「朝鮮中央TV」、北南共同連絡事務所爆破動画に続き、複数の「談話」等を放送 (2020年6月17日 「朝鮮中央TV」)

    17日、「朝鮮中央TV」が一番初めの番組として、北南共同連絡事務所破壊報道、金ヨジョン談話等を連続して放送した。最後には、この一つ前の記事に訳出した『労働新聞』に掲載された開放されれば青年学生がビラ飛ばしをするという報道もあった。境界線付近の風向きが良い日を狙って韓国側にビラを飛ばす計画だと思われる。

    日本語字幕付き

    Source: KCTV, 2020/06/17

    「激怒した民心の爆発しは何を持っても止めることはできない」 (2020年6月17日 「労働新聞」)

    17日、『労働新聞』に以下。

    *********
    激怒した民心の爆発は何を持っても止めることはできない
    격노한 민심의 폭발은 그 무엇으로써도 막을수 없다

    (平壌6月16日発 朝鮮中央通信)我々の最も神聖な最高尊厳をこともあろうに冒涜してきた屑共とその妄動を黙認した背信者共を徹底して懲罰しようという我々人民の報復熱気が日を追う毎に高まっている。
    【평양 6월 16일발 조선중앙통신】 우리의 가장 신성한 최고존엄을 감히 모독해나선 쓰레기들과 그 망동질을 묵인한 배신자들을 철저히 징벌하려는 우리 인민의 보복열기가 날이 갈수록 달아오르고있다.

    特に、朝鮮人民軍総参謀部の公開報道が出た後、全国の各界各層勤労者と青年学生が対敵ビラ散布闘争に立ち上がる意志を固めている。
    특히 조선인민군 총참모부의 공개보도가 나간 후 온 나라 각계각층 근로자들과 청년학생들이 대적삐라살포투쟁에 떨쳐나설 의지를 가다듬고있다.

    各地の人民は「脱北者」屑共が敵対的な反共和国ビラ宣布妄動を展開した罪悪について、南朝鮮の奴らが図々しくほざいているのは、我々に対する耐え難い愚弄であり、腸が煮えたぎる激憤を爆発させながら、こうした屑共には相応の汚物をぶっかけなければならないと一致した声を高めている。
    각지 인민들은 《탈북자》쓰레기들이 적대적인 반공화국삐라살포망동을 벌려놓은 죄악을 놓고 남조선것들이 뻔뻔스럽게 놀아대고있는것은 우리에 대한 참을수 없는 우롱이라고 치솟는 격분을 터치면서 이런 쓰레기판에는 응당 오물들을 들씌워야 한다고 한결같이 목소리를 높이고있다.

    向上と農村、通りと村のどこでも敵共に対する敵愾心が活火山のように吹き出している中、青年大学生は先頭に立って正義の報復聖戦に立ち上がる一念で胸を煮えたぎらせている。
    공장과 농촌, 거리와 마을 그 어디에서나 원쑤들에 대한 적개심이 활화산처럼 타오르는 속에 청년대학생들이 선참으로 정의의 보복성전에 떨쳐나설 일념으로 가슴가슴을 끓이고있다.

    青年大学生は、北南合意後、南朝鮮当局者達の黙認の下に反動共と屑共が我々にしたことぐらいであれ、報復しなければならないと言いながら、対敵ビラ散布のための実質行動に出る万端の準備を整えている。
    청년대학생들은 북남합의이후 남조선당국자들의 묵인하에 반동들과 쓰레기들이 우리한테 한것만큼이라도 보복응징해야 한다고 하면서 대적삐라살포를 위한 실지행동에 나설 만단의 준비를 갖추고있다.

    最高に激揚した我々の民心が、いかなる行動に繋がり、どの限界に至るのかは誰も予測できない。
    격앙될대로 격앙된 우리의 민심이 어떤 행동으로 이어지고 어느 한계에 이를것인지는 그 누구도 예측할수 없다.

    北南関係が今のように破局的な終着点に到達したのは、全的に小さな罪悪意識さえ感じていない南朝鮮の奴らの厚顔無恥で背信的な行動にあり、こうした者共とはいかなる譲歩も慈悲もあり得ず、その罪悪の対価をきれいに払わせなければならないというのが、我々人民の共通した認識である。
    북남관계가 지금처럼 파국적인 종착점에로 가닿고있는것은 전적으로 자그마한 죄의식조차 느낄줄 모르는 남조선것들의 후안무치하고 배신적인 처사에 있으며 이런자들과는 추호의 양보나 자비도 있을수 없고 그 죄악의 대가를 깨끗이 받아내야 한다는것이 우리 인민모두의 공통된 인식이다.

    現事態は、南朝鮮の奴らとはいかなる約束も必要なく、ただ物理的な決算だけが選択であるという結論に到達した。
    현 사태는 남조선것들과는 그 어떤 약속도 필요없으며 오직 물리적인 결산만이 선택이라는 결론에 도달하게 한다.

    我々人民と青年学生は、当該した措置が取られていることにしたがい、前線地帯開放されたら、すぐに歴代最大規模の無差別ビラ散布を闘争に電撃進入する対敵意志を抱いている。
    우리 인민과 청년학생들은 해당한 조치가 취해지는데 따라 전선지대가 개방되면 곧바로 력대 최대규모의 무차별삐라살포투쟁에 전격진입할 대적의지를 가다듬고있다.
    **************

    「朝鮮中央TV」で他の談話などとセットで放送。

    「南朝鮮当局が特使派遣を懇願」:「第1副部長同志」が特使訪問を拒否と (2020年6月17日 「朝鮮中央通信」)

    17日、「朝鮮中央通信」に以下。

    ************
    南朝鮮当局が特使派遣を懇願
    남조선당국이 특사파견을 간청

    (平壌6月17日 朝鮮中央通信)
    (평양 6월 17일발 조선중앙통신)

    15日、南朝鮮当局が特使派遣を懇願する茶番を演出した。
    15일 남조선당국이 특사파견을 간청하는 서푼짜리 광대극을 연출하였다.

    我々の超強力対敵報復攻勢に当惑して慌てふためいた南側は、文在寅「大統領」が我々の国務委員会委員長同志に特使を送ると言い、特使はチョン・ウィヨン国家安保室長とソ・フン国家情報院長にするとしながら、訪問時期は最も早い時期とし、我々側が希望する日時を尊重すると懇願してきた。
    우리의 초강력대적보복공세에 당황망조한 남측은 문재인《대통령》이 우리 국무위원회 위원장동지께 특사를 보내고자 하며 특사는 정의용 국가안보실장과 서훈 국가정보원장으로 한다고 하면서 방문시기는 가장 빠른 일자로 하며 우리측이 희망하는 일자를 존중할것이라고 간청해왔다.

    南側が前後の区別ができず、こうした大変急な通知文を発送したことに対し、金ヨジョン党中央委員会第1副部長は、見え透いた術策が見える、この不純な提起を徹底して許さないという立場を伝えた。
    남측이 앞뒤를 가리지 못하며 이렇듯 다급한 통지문을 발송해온데 대해 김여정 당중앙위원회 제1부부장은 뻔한 술수가 엿보이는 이 불순한 제의를 철저히 불허한다는 립장을 알리였다.

    我々が前例のない国家非常防疫措置を施行し、共和国域内に対するいかなる出入りも許していない状態であることをはっきりと知りながら、もしかしたらという未練から空念仏を唱えながら、特使を送るという南側の不敬な態度を重大である。
    우리가 전례없는 국가비상방역조치를 시행하고 공화국경내에 대한 그 어떤 출입도 허용하지 않는 상태임을 뻔히 알면서도 혹시나 하는 미련으로 되거나말거나 공념불하면서 특사를 보내겠다는 남측의 불경스러운 태도를 엄중시하지 않을수 없다.

    南側が情況をどの程度として認識しており、その結果をどの程度予想しているのかは、大体、想像できるが、こうした分別のない判断と猪突な提案をしてきたことについて、我々はとても不快に思っている。
    남측이 현 상황을 어느 정도로 인식하고있고 그 후과를 어떤 정도로 예상하고있는가는 대충 짐작이 되지만 이렇듯 참망한 판단과 저돌적인 제안을 해온데 대해 우리는 대단히 불쾌하게 생각한다.

    南朝鮮執権者が「危機克服用」特使派遣騒動に関心を持って、ややもすれば荒唐無稽な提案を押しつけてきているが、今、これ以上、それが通じないということをはっきりと知らなければならない。
    남조선집권자가 《위기극복용》특사파견놀음에 단단히 재미를 붙이고 걸핏하면 황당무계한 제안을 들이밀고있는데 이제 더는 그것이 통하지 않을것이라는것을 똑똑히 알아두어야 할것이다.

    南朝鮮当局の無能力と無責任さにより将来された今回の北南危機は、何を持っても解決が不可能であり、当該する対価ぐらいの計算がしっかりとされてこそ終結させることができる。
    남조선당국의 무능력과 무책임성으로 인하여 초래된 이번 북남위기는 그 무엇으로써도 해결이 불가능하며 해당한 값만큼 계산이 똑똑히 되여야 종결될수 있다.

    金ヨジョン第1副部長は、南朝鮮当局が特使派遣のような非現実的な提案を持ち出さずに、何か努力しているというフリだけをするのではなく、正しい実践で補償し、険悪になっている今の情勢も見分けることができず、燃える火に油を注ぐように我々を継続して刺激する愚かな者共の言動を厳格に統制管理しながら、自重することが有益だと警告した。
    김여정제1부부장은 남조선당국이 특사파견과 같은 비현실적인 제안을 집어들고 뭔가 노력하고있다는 시늉만 하지 말고 옳바른 실천으로 보상하며 험악하게 번져지고있는 지금의 정세도 분간하지 못하고 타는 불에 기름끼얹는 격으로 우리를 계속 자극하는 어리석은자들의 언동을 엄격히 통제관리하면서 자중하는것이 유익할것이라고 경고하였다.(끝)
    ************

    『労働新聞』にも同記事。

    「我々軍隊は、党と政府が取っている全ての対内外的措置を軍事的に徹底して担保する-朝鮮人民軍総参謀部スポークスマン発表-」 (2020年6月17日 「朝鮮中央通信」)

    17日、「朝鮮中央通信」に以下。

    ***********
    我々の軍隊は等と政府が取っている全ての対内外的措置を軍事敵意徹底して担保する
    우리 군대는 당과 정부가 취하는 모든 대내외적조치들을 군사적으로 철저히 담보할것이다
    -朝鮮人民軍総参謀部スポークスマン発表-
    --조선인민군 총참모부 대변인발표--

    我々の軍隊は、党と政府が取っている全ての対内外的措置を軍事的に徹底して担保する。
    우리 군대는 당과 정부가 취하는 모든 대내외적조치들을 군사적으로 철저히 담보할것이다.

    朝鮮人民軍総参謀部は、既に去る16日、次の段階の対敵軍事行動計画方向について公開報道した。
    조선인민군 총참모부는 이미 지난 16일 다음단계의 대적군사행동계획방향에 대하여 공개보도하였다.

    17日現在、具体的な軍事行動計画が検討されているのに合わせて、次のとおりより明白な立場を明らかにする。
    17일현재 구체적인 군사행동계획들이 검토되고있는데 맞게 다음과 같이 보다 명백한 립장을 밝힌다.

    1.我々の共和国主権が行使される金剛山観光地区と開城工業地区に、この地域防衛任務を遂行する連隊級部隊と必要な火力区分隊を展開することになる。
    1. 우리 공화국주권이 행사되는 금강산관광지구와 개성공업지구에 이 지역 방어임무를 수행할 련대급부대들과 필요한 화력구분대들을 전개하게 될것이다.

    2.北南軍事合意により、非武装地帯から撤収していた民警哨所を再び進出展開し、戦線警戒勤務を鉄桶のごとく強化する。
    2. 북남군사합의에 따라 비무장지대에서 철수하였던 민경초소들을 다시 진출전개하여 전선경계근무를 철통같이 강화할것이다.

    3.西南海上戦線をはじめとした全ての戦線に配置された砲兵部隊の戦闘当直勤務を強化し、全般的戦線で戦線警戒勤務級数を1号戦闘勤務体系へ格上げし、境界線地域付近で日常的な各種の軍事訓練を展開する。
    3. 서남해상전선을 비롯한 전 전선에 배치된 포병부대들의 전투직일근무를 증강하고 전반적전선에서 전선경계근무급수를 1호전투근무체계로 격상시키며 접경지역부근에서 정상적인 각종 군사훈련들을 재개하게 될것이다.

    4.全戦線で対南ビラ宣布に有利な地域(区域)を開放し、我々人民の対南ビラ宣布闘争を軍事的に徹底して保障する抜け目のない安全対策を打ち立てる。
    4. 전 전선에서 대남삐라살포에 유리한 지역(구역)들을 개방하고 우리 인민들의 대남삐라살포투쟁을 군사적으로 철저히 보장하며 빈틈없는 안전대책을 세울것이다.

    朝鮮人民軍総参謀部は、このような対敵軍事活動計画をより細部化し、早い期日内に朝鮮労働党中央軍事委員会の批准を提起する。
    조선인민군 총참모부는 이와 같은 대적군사행동계획들을 보다 세부화하여 빠른 시일내에 조선로동당 중앙군사위원회의 비준에 제기하도록 할것이다.(끝)

    「汚い奴らとはこれ以上向き合って座ることはない-チャン・グムチョル朝鮮労働党中央委員会統一戦線部長談話-」:韓国特使派遣拒否の背景、韓国とのできごとは「一場の夢」 (2020年6月17日 「朝鮮中央通信」)

    17日、「朝鮮中央通信」に以下。

    ******************
    汚い奴らとはこれ以上向かい合って座ることはない
    께끈한것들과는 더는 마주앉을 일이 없을것이다
    -チャン・グムチョル朝鮮労働党中央委員会統一戦線部長談話-
    --장금철 조선로동당 중앙위원회 통일전선부장 담화--

    16日、我々は開城工業地区に見苦しく立っていた北南共同連絡事務所を爆破した。
    16일 우리는 개성공업지구에 꼴불견으로 서있던 북남공동련락사무소를 폭파해버렸다.

    切羽詰まった青瓦台が安全保証会議を招集し、その結果に対して公式的な立場なるものを明らかにしたが、過去、長い間、使って来たとても古い手法どおりに他人に責任を転嫁しながら、こともあろうに誰それの脅威となるごときの馬鹿げた戯言さえ吐いた。
    다급해난 청와대가 안전보장회의를 소집하고 그 결과에 대한 공식립장이라는것을 밝히였는데 지난 시기 오래동안 써먹던 아주 낡은 수법대로 남에게 책임을 전가하면서 감히 그 누구를 위협하는따위의 가소로운 입질까지 해대고있다.

    強い遺憾を表明するだの、期待を破り捨てた行為だの、全ての自体の責任が全的に来にあるだの、情況を継続して悪化させる措置を取る場合、協力に対応するだのと言いながら、まるで自分の体面を守るつもりで目をしっかりとつぶって、悲鳴のような声を上げているのをしっかりと見た。
    강한 유감을 표명한다느니,기대를 저버린 행위라느니,모든 사태의 책임이 전적으로 북에 있다느니,상황을 계속 악화시키는 조치를 취할 경우 강력히 대응할것이라느니 하며 그나마 체면치레라도 해볼 심산으로 눈을 질끈 감고 비명같은 소리를 질러대는 꼴을 지켜보았다.

    今になっても屑共の反共和国敵対行為を黙認したという我々の叫びの前で苦しみ、追い立てられて自分の家の内部でも屈辱的な低姿勢政策、北下命に屈従する政策と非難攻勢を数多く受けてきたからなのか、それでも今回だけは体面維持が切実だったようだ。
    여직껏 쓰레기들의 반공화국적대행위를 묵인했다는 우리의 다불림앞에 시달리고 쫓기우던데다 제 집안내부에서도 굴욕적인 저자세정책,북하명에 굴종하는 정책이라는 비난공세를 수다하게 받아왔은지라 그래도 이번만은 체면유지가 절실했던 모양이다.

    全ての民族と世界の前でした北南宣言と合意を紙くずにした張本人が誰だというのに、いったいその責任を誰に取れというのか。
    온 민족과 세계앞에서 한 북남선언과 합의를 휴지장으로 만든 장본인이 누구인데 도대체 그 책임을 누구보고 지란 말인가.

    我々が最も神聖視しているものに触れ、我々人民をそれほどまでに激怒させ、情勢を取り返しのつかない段階へと押しやった挑発者がいったい誰だというのに、こともあろうに誰それを叱って叩くというのか。
    우리가 가장 신성시하는것을 건드려 우리 인민을 그토록 격노하게 만들고 정세를 걷잡을수 없는 막바지에로 몰아온 도발자가 과연 누구인데 감히 누구에게 매를 들겠다는것인가.

    世の中は責任を取らなければならない張本人をあまりにも明白に指し示している。
    세상은 책임져야 할 장본인을 너무도 명백히 가려보고있다.

    相応な罪の対価を払うという恥をかいただけなのに、呵責を受けた代わりに低劣に事態の責任を論じ、我々にそれを持たせようとしているのだから、我々は喜んで責任を取る。
    응당한 죄값을 치르는 봉변을 당한것뿐인데 가책을 받을 대신 저렬하게 사태의 책임을 론하며 우리더러 그것을 지라니 우리는 기꺼이 책임질것이다.

    責任は取っても我々に対してできることは一つもないからだ。
    책임을 져도 우리에게 해될것은 하나도 없기때문이다.

    卑怯で、意気地なしで、いつになく汚い行動をしている相手と数百回向かい合って座ったところで、履行されることもなく、北南関係の将来も見えないのだから、責任を取ることなど何が怖いというのか。
    비겁하고 나약하고 때없이 께끈하게 노는 상대와 골백번 마주앉아야 리행될것도 없고 북남관계의 앞날도 보이지 않는데 책임진들 무엇이 두렵겠는가.

    我々は見守るほどに嫌悪を感じ、汚い南朝鮮当局とこれ以上向かい合って座りたい気持ちはない。
    우리는 지켜볼수록 혐오스럽고 께끈한 남측당국과 더는 마주앉고싶은 생각이 없다.

    だから、北南間の接触空間をなくすことを始めたのである。
    그래서 북남사이의 접촉공간들을 없애버리는 일을 시작한것이다.

    北南関係が総破産したことに対する責任を取ったところで、ピクピクする我々ではない。
    북남관계가 총파산된데 대한 책임을 진다고 하여 눈섭 하나 까딱할 우리가 아니다.

    得失関係を計算しても、我々にはいかなる損失もない。
    득실관계를 따져보아도 우리에게는 아무런 실도 없다.

    執権期間、実績の積み上げに没頭してきた南朝鮮当局者には利害関係がある問題であろうが、我々は今まで何か得をしようと南側を相手にしたのではない。
    집권기간 치적쌓기에 몰두해온 남조선당국자에게나 리해관계가 있는 문제이지 우리는 지금까지 무슨 득을 보려고 남측을 상대한것이 아니다.

    したがって、今後、南朝鮮当局とのいかなる交流も協力もあり得ない。
    따라서 앞으로 남조선당국과의 무슨 교류나 협력이란 있을수 없다.

    行き来する言葉さえもない。
    주고받을 말자체도 없을것이다.

    今まで北南間にあった全てのことは一場の夢と思えば、それだけだとうのが我々の立場である。
    지금까지 북남사이에 있었던 모든 일은 일장춘몽으로 여기면 그만이라는것이 우리의 립장이다.

    今回の事態を通じて、敵はやはり敵だという結論を再び確認したのがどれほど幸いだったことか。
    이번 사태를 통하여 적은 역시 적이라는 결론을 다시 확인한것이 얼마나 다행인지 모른다.

    我々が既に下しt決断が千万回正しかったことが証明された。
    우리가 이미 내린 결단이 천만번 옳았다는것이 증명되였다.

    主体109(2020)年6月17日
    주체109(2020)년 6월 17일
    平壌
    평 양(끝)

    ****************
    北朝鮮は韓国の特使派遣を拒否したが、これを読めばその背景が分かる。韓国との出来事は「一場の夢」。

    「北南関係総破産の不吉な前奏曲 北南共同連絡事務所完全破壊」 (2020年6月17日 「労働新聞」)

    17日、『労働新聞』に以下。

    **********
    北南関係破産の不吉な前奏曲
    북남관계총파산의 불길한 전주곡
    北南共同連絡事務所完全破壊
    북남공동련락사무소 완전파괴

    (平壌6月16日発 朝鮮中央通信) 北南共同連絡事務所が6月16日14時50分、大きな爆音の中で残酷に完全破壊された。
    【평양 6월 16일발 조선중앙통신】 북남공동련락사무소가 6월 16일 14시 50분 요란한 폭음속에 참혹하게 완전파괴되였다.

    我々の祖国の最も神聖な尊厳と挑戦してきた屑共と彼らの腸が煮えかえる犯罪行為を黙認した者共に対する我々人民の激怒した懲罰の熱気を込めて我々側の当該部門では、既に闡明にしたとおり開城工業地区にあった北南共同連絡事務所を爆破し、完全破壊する断固たる措置を実行した。
    우리 조국의 가장 신성한 존엄과 권위에 도전해나선 쓰레기들과 이들의 치떨리는 죄행을 묵인해온자들에 대한 우리 인민의 격노한 징벌열기를 담아 우리측 해당 부문에서는 이미 천명한대로 개성공업지구에 있던 북남공동련락사무소를 폭파하여 완전파괴시키는 단호한 조치를 실행하였다.

    北南当局間合意を緊密にし、交流と協力を円満に保障するために開城工業地区に設置された北南共同連絡事務所は、2018年4月の歴史的な板門店北南首脳会談の成果物として評価されてきたが、無脈無能な南朝鮮当局者共により今日、使い道がない家へと変わってしまった。
    북남당국간 협의를 긴밀히 하고 교류와 협력을 원만히 보장하기 위하여 개성공업지구에 설치하였던 북남공동련락사무소는 2018년 4월 력사적인 판문점북남수뇌회담의 성과물로 평가되여왔지만 무맥무능한 남조선당국자들에 의하여 오늘날 쓸모없는 집으로 변해버렸다.

    北南間の全ての通信連絡線を遮断したのに続き、今回の相応の措置は絶対に触れてはならない我々の最高尊厳に触れる者といかなる呵責も反省の様子もない者共から必ずや罪の対価を受け取るための我々の1次的な初段階の行動である。
    북남사이의 모든 통신련락선들을 차단해버린데 이어 단행된 이번 응징조치는 절대로 다쳐서는 안될 우리의 최고존엄을 건드린자들과 아무런 가책도 반성기미도 없는자들로부터 반드시 죄값을 받아내기 위한 우리의 1차적인 첫단계의 행동이다.

    我々は南朝鮮当局の態度を見守りながら、今後の身の振り方、行動如何により連続的な対敵行動措置の強度と結構時期を定める。
    우리는 남조선당국의 태도를 지켜보면서 차후 처신, 처사여부에 따라 련속적인 대적행동조치들의 강도와 결행시기를 정할것이다.

    今のような鋭敏な局面での南朝鮮当局の破廉恥で無分別な態度と対応は、より強硬な報復計画を誘発させる。
    지금과 같은 예민한 국면에서 남조선당국의 파렴치하고 무분별한 태도와 대응은 우리의 보다 강경한 보복계획들을 유발시킬것이다.

    20200617_page_2_image_0004.jpg
    Source: 『労働新聞』、2020/06/17
    ****************************

    昨夜の「朝鮮中央TV」では、「20時報道」で同じアナウンスを繰り返し、「今日の報道の中から」ではこの報道は繰り返されなかった。北朝鮮側が爆破シーンを初めて公開したのは、この『労働新聞』の記事になる。恐らく、今日の放送で爆破シーンを動画で出してくるのではないだろうか。

    「朝鮮中央通信」に2つの「談話」などが掲載されていて追って紹介するが、この記事では「南朝鮮当局の態度如何」としている。これまでは、何をやっても許さないという感じで、韓国側がどうしたら良いのかよく分からない「談話」等であったが、この記事では、爆破されても文句を言わなければ後続処置は留保するというニュアンスがある。韓国側は爆破を「非常識な行動」、「北朝鮮は相応の責任を取らなければならない」と抗議している。

    「面の皮が厚い甘言でのそそのかしを聞くと、虫唾が走る-金ヨジョン朝鮮労働党中央委員会第1副部長談話-」:実名は使わないが文在寅を完全個人攻撃、韓国の米国追従を非難、人民に文在寅の醜態を伝えようと「私が言葉爆弾を炸裂」と (2020年6月17日 「朝鮮中央通信」)

    17日、「朝鮮中央通信」に以下。

    ******************
    面の皮が厚い甘言でのそそのかしを聞くと、虫唾が走る
    철면피한 감언리설을 듣자니 역스럽다
    -金ヨジョン朝鮮労働党中央委員会第1副部長談話-
    --김여정 조선로동당 중앙위원회 제1부부장 담화--

    北南関係が戻ることができない最悪の破局へ至っている中、南朝鮮当局者がついに沈黙を破った。
    북남관계가 돌이킬수 없는 최악의 파국으로 치닫고있는 가운데 남조선당국자가 드디여 침묵을 깼다.

    去る15日、青瓦台の主席秘書官及び補佐官会議と「6.15宣言20周年記念行事」に送った映像メッセージなるものをとおして、連続2回も長ったらしい演説をした。
    지난 15일 청와대 수석비서관 및 보좌관회의와 《6.15선언 20주년 기념행사》에 보낸 영상메쎄지라는것을 통해 련속 두차례나 장황한 연설을 하였다.

    2000年の6.15共同宣言署署名の時、南側当局が着用していたネクタイまで借りて着用し、2018年の板門店宣言の時使用した円卓の前に来て象徴性と意味はいつものように苦労して付与しようとしたが、その内容を聞くとまたまた嫌悪感を禁じ得ない。
    2000년 6.15공동선언서명시 남측당국자가 착용하였던 넥타이까지 빌려매고 2018년 판문점선언때 사용하였던 연탁앞에 나서서 상징성과 의미는 언제나와 같이 애써 부여하느라 했다는데 그 내용을 들어보면 새삼 혐오감을 금할수 없다.

    一言で生水を飲んで胃がもたれているような面の皮が厚く、図々しい内容ばかりを汲々と並べ立てた。
    한마디로 맹물먹고 속이 얹힌 소리같은 철면피하고 뻔뻔스러운 내용만 구구하게 늘어놓았다.

    名前は「大統領」の演説であるが、民族の前で持った使命と意志、現事態収拾の方向と対策など見いだすことができず、自分の弁明と責任回避、根深い事大主義で点綴した南朝鮮当局者の演説を聞くと、自分も気付かないうちに、胃がムカムカしてくるのを感じた
    명색은 《대통령》의 연설이지만 민족앞에 지닌 책무와 의지,현 사태수습의 방향과 대책이란 찾아볼래야 볼수가 없고 자기변명과 책임회피,뿌리깊은 사대주의로 점철된 남조선당국자의 연설을 듣자니 저도 모르게 속이 메슥메슥해지는것을 느꼈다.

    本末転倒した美辞麗句の連続
    본말을 전도한 미사려구의 라렬

    重大な現事態が屑共の反共和国ビラ散布妄動とそれを黙認した南朝鮮当局のせいでもたらされたことは、誰もが皆知っている事実である。
    엄중한 현 사태가 쓰레기들의 반공화국삐라살포망동과 그를 묵인한 남조선당국때문에 초래되였다는것은 누구나 다 아는 사실이다.

    それならば、南朝鮮当局者の今回の演説は、それに対する謝罪と反省、再発防止に対する確固たる誓いがあって当然だ。
    하다면 남조선당국자의 이번 연설은 응당 그에 대한 사죄와 반성,재발방지에 대한 확고한 다짐이 있어야 마땅할것이다.

    しかし、本末は行き先がなく、責任回避のための弁明と内と外が異なる言葉で飾り立てた華麗な美辞麗句で一貫されていた。
    그러나 본말은 간데 없고 책임회피를 위한 변명과 오그랑수를 범벅해놓은 화려한 미사려구로 일관되여있다.

    平和は一朝一夕で訪れないだの、曲がりくねって流れて最後に海に向かう川の水のように楽観的信念を持たなければならないだの、ゆっくりでも一歩ずつ進まなければならないだのと言い、特有の語法と話法で「カッコイイ」ふりをしようと読む文書表現に手入れをするのにとても苦労したようだが、現事態の本質をいったい分かっているのか問わざるを得ない。
    평화는 하루아침에 오지 않는다느니,구불구불 흐르더라도 끝내 바다로 향하는 강물처럼 락관적신념을 가져야 한다느니,더디더라도 한걸음씩 나아가야 한다느니 하며 특유의 어법과 화법으로 《멋쟁이》시늉을 해보느라 따라읽는 글줄표현들을 다듬는데 품 꽤나 넣은것 같은데 현 사태의 본질을 도대체 알고나 있는것인지 묻지 않을수 없다.

    屑共が犯した反共和国ビラ宣布行為とこれを黙認した南朝鮮当局の行いは、抽象的な美化粉飾でごまかせる問題ではない。
    쓰레기들이 저지른 반공화국삐라살포행위와 이를 묵인한 남조선당국의 처사는 추상적인 미화분식으로 어물쩍해넘어갈수 있는 문제가 아니다.

    北南関係の基礎であり、出発点である相互尊重と信頼を南側が心に決めて毀損したことに根本的な問題がある。
    북남관계의 기초이며 출발점인 상호존중과 신뢰를 남측이 작심하고 건드렸다는데 근본문제가 있다.

    我々が神聖視している中でも、最も中心核である最高尊厳、われわれの委員長同志をこともあろうに冒涜し、同時に我々全ての人民を愚弄する天下の妄動を躊躇することなく行った。
    우리가 신성시하는것가운데서도 제일 중심핵인 최고존엄,우리 위원장동지를 감히 모독하였으며 동시에 우리 전체 인민을 우롱하는 천하의 망동짓을 꺼리낌없이 자행하였다.

    これをどうして「一部」の素行として、「不都合で困難な問題」と片付け、単純に「思い気持ち」とだけ言えるのか。
    이것을 어떻게 《일부》의 소행으로,《불편하고 어려운 문제》로 매도하고 단순히 《무거운 마음》으로만 대할수 있단 말인가.

    繰り返して付言するが、我々の尊厳の代表者であられる委員長同志をこともあろうに冒涜したのは、我々人民の精神的核に触れたのであり、それが誰であれこれだけは絶対に許すことができないのが全人民的な思想感情であり、我々の国風だ。
    거듭 부언하건대 우리의 존엄의 대표자이신 위원장동지를 감히 모독한것은 우리 인민의 정신적핵을 건드린것이며 그가 누구이든 이것만은 절대로 추호도 용납할수 없다는것이 전인민적인 사상감정이고 우리의 국풍이다.

    少し前、青瓦台が対北ビラ宣布は百害無益な行為だと公式に認め、それに対して断固として対応すると言ったのも南側自らがどれほど骨が痛い罪を犯したのかをよく知っているからである。
    얼마전 청와대가 대북삐라살포는 백해무익한 행위라고 공식 인정하며 그에 대해 단호히 대응하겠다고 한것도 남측스스로 얼마나 뼈아픈 죄를 범했는가를 잘 알고있기때문일것이다.

    ところが、南側当局者には何が誤ったのかについての認定もなく、少しの反省もなく、対策はさらにない。
    그런데 남조선당국자에게는 무엇을 잘못했는지에 대한 인정도 없고 눈곱만큼의 반성도 없으며 대책은 더더욱 없다.

    自分が犯した誤りについて責任をもとらず、他人に押しつけるのは卑劣な者がすることである。
    제가 저지른 잘못에 대해 책임을 지지 않고 남에게 넘기려는것은 비렬한들이나 하는짓이다.

    今回、図々しさと醜悪さが南朝鮮を代表する最高授権者の演説に投影されたのは、実に険悪なことに他ならない。
    이런 뻔뻔함과 추악함이 남조선을 대표하는 최고수권자의 연설에 비낀것은 참으로 경악스러운 일이 아닐수 없다.

    南北関係を止めてはならないという言葉は使いながらも、その出発点となっている彼らの誤りを正直に認めることは必死で避け、願ってもいない激浪に飛び込むことができるとおべっかを使いながらも、その解決策である屑共の妄動を阻止する対策を一つも出すことができていない底意は明白である。
    남북관계를 멈추어서는 안된다는 말은 하면서도 그 출발점으로 되는 저들의 잘못을 솔직히 인정하는것은 한사코 피하고 원하지 않는 격랑에 들어갈수 있다고 아부재기는 치면서도 그 해결책인 쓰레기들의 망동을 저지시킬 대책 하나 내놓지 않는 저의는 명백하다.

    邪悪な言葉遊びで罪悪を隠そうと、目前でぶつかった危機を無視するというだから、実に軽薄で愚かな考えである。
    요사스러운 말장난으로 죄악을 가리워버리고 눈앞에 닥친 위기나 모면하겠다는것인데 참으로 얄팍하고 어리석은 생각이다.

    信頼が言葉の根っこまで崩し、嫌悪は極度に達しているが、テカテカと光る言葉いくつかで北南関係を発展させられるのか。
    신뢰가 밑뿌리까지 허물어지고 혐오심은 극도에 달했는데 기름발린 말 몇마디로 북남관계를 반전시킬수 있겠는가.

    責任を転嫁する面の皮が厚い詭弁
    책임을 전가하는 철면피한 궤변

    南朝鮮当局者は、北南関係を牽引しなければならない責任ある当事者である。
    남조선당국자는 북남관계를 견인해야 할 책임있는 당사자이다.

    歴史的な板門店宣言と平壌共同宣言に署名しただけでなく、8千万民族の前で民族の運命と未来を公言した当事者として、北南関係がうまくいこうが、うまくいかなかろうが、それに対して全的に責任を取る姿勢と立場に立つことはあまりにも当然である。
    력사적인 판문점선언과 평양공동선언에 서명하였을뿐아니라 8천만 겨레앞에 민족의 운명과 미래를 공언한 당사자로서 북남관계가 잘되든 못되든 그에 대해 전적으로 책임지는 자세와 립장에 서는것은 너무도 응당한것이다.

    ところが、今回の演説をよく聞くと、北南関係が進展を達成できないでいるのが、結局のところ外的要因なるものにあるように押しつけている。
    그런데 이번 연설을 뜯어보면 북남관계가 진전을 이루지 못하고있는것이 죄다 그 무슨 외적요인에 있는듯이 밀어버리고있다.

    「政権」が替わったことにより、対北政策が一貫性を失いもした、国際情勢が揺動しているので北南関係が一直線に発展できなかったと、お笑い事ばかり並べたてているが、共同宣言履行のために彼らがすべきことはそもそもなかったと、率直に吐き出した方がまだましだった。
    《정권》이 바뀌는데 따라 대북정책이 일관성을 잃기도 하였다,국제정세가 요동치는 바람에 북남관계가 일직선으로 발전하지 못하였다고 우는소리만 늘어놓았는데 공동선언리행을 위해 저들이 할 일이란 애초에 없었다고 직방 터놓는것이 더 나았을것이다.

    演説どおりならば、北南関係が一歩も進めないのが、南朝鮮内部の事情であり、米国と国際社会の支持が伴わないからだとしているが、過去、それほどまでにしばしば口にした「運転者論」の色が薄れている弁明に他ならない。
    연설대로라면 북남관계가 한발자국도 나가지 못한것이 남조선내부의 사정때문이고 미국과 국제사회의 지지가 따라서지 못했기때문이라는것인데 과거 그토록 입에 자주 올리던 《운전자론》이 무색해지는 변명이 아닐수 없다.

    「期待ほど南北関係の進展がないことについて、私もまた残念な気持ちが大きい」と言っているが、漠然とした期待と残念さごときを吐露するのが、「国家元首」なる者が取る姿勢と立場なのか。
    《기대만큼 남북관계의 진전이 이루어지지 않은것에 대해 나 또한 아쉬움이 크다.》고 하였는데 막연한 기대와 아쉬움이나 토로하는것이 소위 《국가원수》가 취할 자세와 립장인가.

    見過ごすことができないのは、現事態と関連し、我々が屑共の対北ビラ散布と彼らを非難し、疎通を断絶しながら、過去の対決時代へ戻るのではないかと心配だの、疎通と協力で問題を解決することを望むだのと力説したことだ。
    간과할수 없는것은 현 사태와 관련하여 우리가 쓰레기들의 대북삐라살포와 저들을 비난하고 소통을 단절하면서 과거의 대결시대로 돌아갈가봐 걱정스럽다느니,소통과 협력으로 문제를 풀어나가기 바란다느니 하고 력설한것이다.

    一言一言に、面の皮の厚さと図々しさが、煙たくこびりついている詭弁だと言わざるを得ない。
    마디마디에 철면피함과 뻔뻔함이 매캐하게 묻어나오는 궤변이라고 해야 할것이다.

    北南関係に責任を持つ主人の姿勢と立場とに戻れという我々の勧めの言葉と忠告に耳が聞こえない、口がきけないフリをしながら、真義と約束を紙切れのように破り捨てたのは一体誰なのか。
    북남관계를 책임진 주인의 자세와 립장으로 돌아오라는 우리의 권언과 충고에 귀머거리,벙어리흉내를 내며 신의와 약속을 헌신짝처럼 저버린것은 과연 누구인가.

    それでも足りず、彼らが引き起こした事態の責任までも我々に転嫁しようとするのは、実に図々しく、傲慢不遜な行為に他ならない。
    그것도 모자라 저들이 빚어낸 사태의 책임까지도 우리에게 전가하려는것은 참으로 뻔뻔스럽고 오만불손한 행위가 아닐수 없다.

    板門店宣言2条1項には、軍事分界線一帯で拡声器放送やビラ散布をはじめとした全ての敵対行為を中止することについて明記されている。
    판문점선언 2조 1항에는 군사분계선일대에서 확성기방송과 삐라살포를 비롯한 모든 적대행위들을 중지할데 대하여 명기되여있다.

    2年という長い期間、一度や二度ではなく、自分の家で起こっている反共和国ビラ散布を見ないフリをしたまま放置したのは、誰が見ても南朝鮮当局の責任であることは明々白々である。
    2년이라는 긴 시간동안 한두번도 아니고 제 집에서 벌어지는 반공화국삐라살포를 못 본체 방치해둔것은 누가 보기에도 남조선당국의 책임이라는것이 명명백백하다.

    面の皮の厚さの極致は、彼らがまるで北南合意を履行するために多くの努力をしたように言葉を付け足していることだ。
    철면피함의 극치는 저들이 마치도 북남합의를 리행하기 위하여 많이 노력한듯이 중언부언한것이다.

    いったい板門店宣言と9月平壌共同宣言で南朝鮮当局が履行しなければならない内容を十分に実行したことが、一つの条項でもあるというのか。
    도대체 판문점선언과 9월평양공동선언에서 남조선당국이 리행해야 할 내용을 제대로 실행한것이 한조항이라도 있단 말인가.

    したことがあるのなら、主人の役割はできず、ボスの目の色を見ながら国際社会に物乞いするために出かけたのが全てなのに、それを「切れ目のない努力」、「疎通の紐」と包装することは、狐すら目を赤くする卑劣で卑怯な発想である。
    한것이 있다면 주인구실은 하지 못하고 상전의 눈치나 보며 국제사회에 구걸질하러 다닌것이 전부인데 그것을 《끊임없는 노력》,《소통의 끈》으로 포장하는것은 여우도 낯을 붉힐 비렬하고 간특한 발상이다.

    自分の口でも薄氷を踏むように注意深く対応したと吐いたが、事実、北南間で十分にできることも決起と覇気を持って推し進めることもできずに立ち止まっていたのが、まさに南朝鮮当局者である。
    제입으로도 얼음판을 걷듯 조심스럽게 림하였다고 토설하였지만 사실 북남사이에서 충분히 할수 있는것도 결패있게 내밀지 못하고 주저앉아있은것이 바로 남조선당국자이다.

    歴史の責任は転嫁してもなくなったり回避することはできない。
    력사의 책임은 전가한다고 하여 없어지거나 회피할수 있는것이 아니다.

    最小限、自分の責任は自分が取るという姿勢だけでも示さなければならないのに、見れば見るほど不審さを感じさせる人だ。
    최소한 자기의 책임은 제가 지겠다는 자세만이라도 보여야 하겠는데 볼수록 의아함을 일으키는 사람이다.

    卑屈さと屈従の表出
    비굴함과 굴종의 표출

    南朝鮮当局者は、今回「北南宣言は揺るがしてはならない確固たる原則」であることを云々しながら「条件造成」が駄目でも、北南関係で何それができるような戯言を吐いた。
    남조선당국자는 이번에 《북남선언들은 흔들려서는 안될 확고한 원칙》임을 운운하며 《여건조성》이 안되여도 북남관계에서 그 무엇을 할것처럼 객적은 소리를 늘어놓았다.

    しかし、北と南の意志だけで心ゆくまで走って行く情況ではない、国際社会の同意を得る努力も忍耐強くすると退屈な事大主義太鼓を叩いた瞬間、変われない事大依存の本性を残すところ無く露呈させた。
    그러나 북과 남의 의지만으로 마음껏 달려가는 상황이 아니다,더디더라도 국제사회의 동의를 얻어가는 노력도 꾸준히 하겠다고 지루한 사대주의타령을 한바탕 늘어놓는 순간 변할수 없는 사대의존의 본태가 여지없이 드러났다.

    いくらボスの目の色を伺いながらビクビクとしながら生きる惨めな立場だからといっても、北南関係が今日のような破局に至った時にまで、自分の家で暴れている強盗に物乞いの手を差し出さなければならないのか。
    아무리 상전의 눈치를 보면서 오금저리게 살아가는 가련한 처지이기로서니 북남관계가 오늘과 같은 파국에 이른 마당에 와서까지 제 집을 란도질한 강도에게 구걸의 손길을 내밀어야 하겠는가.

    自他が公認しているように、素晴らしかった北南合意が一歩も履行の光を見いだせなかったのは、南側が自ら自分の体にかけた親米事大の罠のためだ。
    자타가 공인하는바와 같이 훌륭했던 북남합의가 한걸음도 리행의 빛을 보지 못한것은 남측이 스스로 제 목에 걸어놓은 친미사대의 올가미때문이다.

    北南合意文のインクが乾く前に、ボスが脅迫する「韓米実務グループ」なるものにがぶりと噛みついて、一件一件の北南関係の全ての問題をホワイトハウスにお知らせしてきたのが今日の残酷な結果として戻ってきた。
    북남합의문의 잉크가 마르기도 전에 상전이 강박하는 《한미실무그룹》이라는것을 덥석 받아물고 사사건건 북남관계의 모든 문제를 백악관에 섬겨바쳐온것이 오늘의 참혹한 후과로 되돌아왔다.

    戦争騒動をしろと言えば戦争騒動をし、先端兵器を買えと言えばそそくさと天文学的血税を差し上げる時、彼らの惨めな行動が北南合意に対する乱暴な違反に繋がることを知らないはずはなかったはずだ。
    전쟁놀이를 하라고 하면 전쟁놀이를 하고 첨단무기를 사가라고 하면 허둥지둥 천문학적혈세를 섬겨바칠 때 저들의 미련한 행동이 북남합의에 대한 란폭한 위반으로 이어진다는것을 모를리 없었을것이다.

    しかし、北南合意よりも「同盟」が優先であり、「同盟」の力が平和をもたらすという盲信が南朝鮮を持続的な屈従と破廉恥な背信の道へと引っ張った。
    그러나 북남합의보다 《동맹》이 우선이고 《동맹》의 힘이 평화를 가져온다는 맹신이 남조선을 지속적인 굴종과 파렴치한 배신의 길로 이끌었다.

    去る2年間、南朝鮮当局は民族自主ではなく、北南関係と朝米関係の「善循環」という身勝手な政策に邁進してき、遅くなって「身動きの幅を広げる」と必死になっている時でさえ、「制裁の枠の中で」という前提条件を絶対的に貼り付けてきた。
    지난 2년간 남조선당국은 민족자주가 아니라 북남관계와 조미관계의 《선순환》이라는 엉뚱한 정책에 매진해왔고 뒤늦게나마 《운신의 폭을 넓히겠다.》고 흰목을 뽑아들 때에조차 《제재의 틀안에서》라는 전제조건을 절대적으로 덧붙여왔다.

    今日、北南関係が米国の籠絡物に転落したのは、全的に南朝鮮当局の執拗で、固執的な親米事大と屈従主義が産んだ悲劇である。
    오늘 북남관계가 미국의 롱락물로 전락된것은 전적으로 남조선당국의 집요하고 고질적인 친미사대와 굴종주의가 낳은 비극이다.

    問題は、ドブに落ちてジタバタしているこの瞬間までも南朝鮮当局者が外部勢力のズボンの裾を離すことができず、だらしない姿を見せていることだ。
    문제는 시궁창에 빠져 허우적거리는 이 순간까지도 남조선당국자가 외세의 바지가랭이를 놓을수 없다고 구접스러운 모습을 보이고있다는것이다.

    動物も一度はまった罠には二度とはまらないという。
    짐승도 한번 빠진 함정에는 다시 빠지지 않는다고 하였다.

    ところが、自分の手で自分の目を刺すという惨めな主文を一度や二度ではなく、演説の時毎に必ず正気もなくほざいているのを見ると、外面ではまともに見える人が、頭がおかしくなったのではないかと心配になる。
    그런데 제손으로 제눈을 찌르는 미련한 주문을 한두번도 아니고 연설때마다 꼭꼭 제정신없이 외워대고있는것을 보면 겉으로는 멀쩡해보이는 사람이 정신은 잘못된것이 아닌가 하는 걱정이 든다.

    事大と屈従は自滅を呼ぶ前奏曲である。
    사대와 굴종은 자멸을 부르는 전주곡이다.

    根深い事大主義根性に苦しめられ、汚辱と自滅へと疾走している、これほどまで卑屈で屈従的な事大とこれ以上北南関係を論じることができないというのが、十分に固まった我々の判断である。
    뿌리깊은 사대주의근성에 시달리며 오욕과 자멸에로 줄달음치고있는 이토록 비굴하고 굴종적인 상대와 더이상 북남관계를 론할수 없다는것이 굳어질대로 굳어진 우리의 판단이다.

    政治家であれば、理想も重要であるが、自分がすべきことを決心と覇気を持って実行していくことを知っている気質がなければならないのではないのか。
    정치인이라면 리상도 중요하지만 자기가 할 일을 결패있게 찾아할줄 아는 기질이 있어야 하지 않겠는가.

    まあ、行動よりも言葉がうまい人が、時たまいるけどね。
    하긴 행동보다 말을 더 잘하는 사람들이 간혹 있기는 하더라.

    いつも演壇や撮影機、マイクの前に出てくると、まるで幼い子供のように天真で希望に満ちた夢のようなことばかり吐き、ありとあらゆるよい子のフリ、正義の味方のフリ、原則的なフリをしながら、平和の使者のようなそぶりを虫唾が走るようにして徘徊しているかと思ったら、その見苦しさを一人で見るのが勿体なく、我々人民にも少し知らせようと私が今日再び言葉の爆弾を炸裂させることになった。
    항상 연단이나 촬영기,마이크앞에만 나서면 마치 어린애같이 천진하고 희망에 부푼 꿈같은 소리만 토사하고 온갖 잘난척,정의로운척,원칙적인척 하며 평화의 사도처럼 처신머리 역겹게 하고 돌아가니 그 꼴불견 혼자 보기 아까워 우리 인민들에게도 좀 알리자고 내가 오늘 또 말폭탄을 터뜨리게 된것이다.

    とにかく、今、南朝鮮当局者が我々とは何もできず、座視するだけになった。
    어쨌든 이제는 남조선당국자들이 우리와는 아무것도 하지 못하고 나앉게 되였다.

    今後、南朝鮮当局者ができることはといえば、後悔とため息だけである。
    앞으로 남조선당국자들이 할수 있는 일이란 후회와 한탄뿐일것이다.

    信義に背信したことがどれほど高い対価を支払うことになるのかを南朝鮮当局者達は流れる時間の中で骨が痛むほど感じることになる。
    신의를 배신한것이 얼마나 값비싼 대가를 치르게 될것인가를 남조선당국자들은 흐르는 시간속에 뼈아프게 느끼게 될것이다.

    主体109(2020)年6月17日
    주체109(2020)년 6월 17일
    平壌
    평 양(끝)

    北南共同連絡事務所完全破壊、爆音と共に完全に破壊されたと (2020年6月16日 「朝鮮中央TV」)

    日本語字幕付き。


    Source: KCTV, 2020/06/16


    「17時報道」の中で伝えられた北南共同連絡事務所破壊報道。韓国側からは「煙が見えた」、「爆音が聞こえた」という報道が流れていた。

    事務所爆破は、「屑共」が再びビラを散布すれば実行するものと思っていたが、言って直ぐに実行した。今回は、全ての流れが非常に速いのだが、このスピードはかなり危険な感じがする。北朝鮮は、金剛山の韓国側施設も解体するとしながら、現時点では解体されたという話はどこからも流れてきていない。ところが、今度は「第1副部長同志」の「談話」が出て、事態の管理を人民軍参謀部に任せ、そして爆破へと至っている。爆破した主体は報道では明らかにされていないが、爆破作業という性質からして、人民軍が関与している可能性は高い。爆破は北南関係破綻を象徴する行為なので、今夜の報道の中で「悲惨に破壊される」映像を流す可能性が高い。

    共同管理事務所がどちらの資産だったのかはきちんと調べていないが、名前の通り「共同」資産だったとすると、韓国側も黙っていることはできないのではないだろうか。

    「朝鮮人民軍総参謀部公開報道」:軍事境界線付近の哨所再設置、対南ビラ散布警護の意見を聞いた、と (2020年6月16日 「朝鮮中央通信」)

    日本語字幕付き。「第1副部長同志」の「談話」は結局放送されなかった。

    Source: KCTV, 2020/06/16

    16日、「朝鮮中央通信」に以下。

    **********************
    朝鮮人民軍総参謀部公開報道
    조선인민군 총참모부 공개보도

    我々軍隊は、最近、日を追う毎に北南関係が悪化一路へと走っている事態を鋭利に注視し、党と政府が取っているいかなる対外的措置も軍事的にしっかりと保障できるよう万端の態勢を整えている。
    우리 군대는 최근 각일각 북남관계가 악화일로로 줄달음치고있는 사태를 예리하게 주시하며 당과 정부가 취하는 그 어떤 대외적조치도 군사적으로 튼튼히 담보할수 있도록 만단의 태세를 갖추고있다.

    我々軍隊は、党と政府のいかなる決定や指示も迅速で徹底して貫徹する。
    우리 군대는 당과 정부의 그 어떤 결정지시도 신속하고 철저히 관철할것이다.

    我々は、党中央委員会統一戦線部と対敵関係部署から北南合意に従い非武装化された地帯に軍隊が再び進出し、戦線を要塞化し、対南軍事的警戒をさらに強化するための措置を取ることができるように行動方案を研究することに関する意見を摂取した。
    우리는 당중앙위원회 통일전선부와 대적관계부서들로부터 북남합의에 따라 비무장화된 지대들에 군대가 다시 진출하여 전선을 요새화하며 대남군사적경계를 더욱 강화하기 위한 조치를 취할수 있게 행동방안을 연구할데 대한 의견을 접수하였다.

    また、地上戦線と西南海上の多くの区域を開放し、徹底した安全措置を講究し、予想されている各界各層の我々人民の大規模的な対敵ビラ散布闘争を積極的に協調することに関する意見も摂取した。
    또한 지상전선과 서남해상의 많은 구역들을 개방하고 철저한 안전조치를 강구하여 예견되여있는 각계각층 우리 인민들의 대규모적인 대적삐라살포투쟁을 적극 협조할데 대한 의견도 접수하였다.

    我々は、以上のような意見を迅速に実現するための軍事的行動計画を作成し、党中央軍事委員会の承認を受けることになる。
    우리는 이상과 같은 의견들을 신속히 실행하기 위한 군사적행동계획들을 작성하여 당중앙군사위원회의 승인을 받게 될것이다.

    再び強調するが、我々軍隊は党と政府が取っているいかなる対外的措置も軍事的にしっかりと保障できる万端の態勢を整えている。
    다시한번 강조하는바 우리 군대는 당과 정부가 취하는 그 어떤 대외적조치도 군사적으로 튼튼히 담보할 만단의 태세를 갖추고있다.

    主体109(2020)年6月16日
    주체109(2020)년 6월 16일
    平壌
    평 양(끝)
    ************************

    北南軍事合意に伴い撤収された板門店の哨所を再設置し、対南ビラを散布する「人民」を警護する意見などを「摂取」したと。対南ビラ「散布」は簡単にできそうなので、実行する可能性はある。「地上戦線」と西南海上」と言っているので、境界線付近の地上からの散布だけではなく、NLL付近での散布もあり得る。地上では南側に侵入することはないだろうが、NLL付近ではNLLを越えて散布活動をする可能性がある。韓国軍の対応次第では、戦闘が起こる可能性もある。

    「偉大な霊将を頂き 31 -愛と信頼-」:南朝鮮を刺激する「朝鮮記録映画」 (2020年6月14日 「朝鮮中央TV」)

    14日、「朝鮮中央TV」で「新しく出た」と言わずに「朝鮮記録映画」が放送された。HDで撮影された「朝鮮記録映画」であるが、使われている映像は「朝鮮中央TV」でHD放送が開始される前のものも含まれている。したがって、最近の「元帥様」の活動を紹介する内容ではなく、これまでに見たことがあるシーンで構成されている。もちろん、全てかどうかは、私が持ち合わせている素材では検証するのが困難であるが、はっきりと言えることはSDかつ低解像度のストリーミングあるいは「uriminzokkiri」からダウンロードして見ていたシーンがHDではっきりと見られるとということである。

    最も印象的なのは、「元帥様」が軍事分界線北側哨所を「指導」した時の様子を紹介するシーンだが、南朝鮮側の哨所を望遠レンズで撮影して見せている。過去に放送された「朝鮮記録映画」でもこのシーンは見ているのだが、解像度が低い映像だったのであまりよくわからなかった。しかし、昨夜放送された映像でははっきりと分かる。その他にも、潜水艦内部や飛行士が模型飛行機を使って戦闘訓練をやっている際の地面に地形が描かれていることなどがはっきりと見えた。

    先に「新しく出た」と言わずに放送したと書いたが、「新しく出た」「朝鮮記録映画」ではないにしろ、「朝鮮中央TV」初登場なのかもしれない。韓国統一部のポータルで検索すると、昨日放送された「偉大な霊将」シリーズで金正恩時代の少し前から放送されたものは

    2011年4月9日 <조선기록영화> 위대한 령장을 모시여(26)(2011.1.8 再放送)
    2012年12月19日 <조선기록영화> 위대한 령장을 모시여(27)
    (28)は未放送
    2020年6月9日 <조선기록영화> 위대한 령장을 모시여(29) - 영생하는 삶 -
    2020年5月22日 <조선기록영화> 위대한 령장을 모시여(30) - 사랑은 대를 이어 -
    2020年5月5日 <조선기록영화> 위대한 령장을 모시여(32) - 당을 받드는 길에 인생의 영광이 있다 -

    そして昨夜放送された「(31)」になっている。こうみると、金正恩時代に放送されたのは「(27)」からだが、「(28)」は未放送、今年に入って「(29)」以降を放送している。しかも、放送順をみると「(32)」を先に放送しておき、続いて「(30)」そして、6月に入ってから「(29)」と「(31)」を放送している。5月放送分はまだ確認していないが、6月9日に放送された「(29)」にも境界線付近の南朝鮮哨所を望遠で撮影したシーンなどがある。

    こうしたことからすると、南朝鮮を「敵」と再指定する前は、こうしたシーンが出てくる「朝鮮記録映画」の放送は控えていたが、「敵」になったので放送をすることにしたということであろう。「新しく出た」と言わないのは、既に制作されていた「映画」だからなのか、あるいは最近の「元帥様」の「革命活動」の様子が紹介されていないからなのかは分からないが、「20時報道」の後というゴールデンタイムの放送なので、人民に見せたいのであろう。

    「第1副部長同志」の13日「談話」は「朝鮮中央TV」では放送されなかったが、『労働新聞』には掲載されているので、国内向けでもあることは間違いない。

    今日は6.15であるが、文在寅は今日午後、何かメッセージを出すのだろうか。

    日本語字幕なし。

    Source: KCTV, 2020/06/14
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR