FC2ブログ

    「自強力と朝鮮(1)」:「千里馬」とトラクター (2016年2月13日 「労働新聞」)

    13日の『労働新聞』に掲載された「自強力と朝鮮(1)」という記事に「千里馬」に関する興味深い記述があった。「元帥様」の「万里馬」時代に向かう昨今、その基礎となる「千里馬」を知る上で参考になる。以下、全文ではなく、関連部分のみ訳出。

    *************
    自強力と朝鮮(1)
    자강력과 조선(1)

    (前半部分省略)

    我々の首領様が抱かせて下さった自力更生の革命精神があるのに、与えられた条件が百、千と困難であると言って、トラクター1台作れないのか、これがまさに1ヶ月でトラクターを生産することを決起して立ち上がった彼らの山のような信念であった。
    우리 수령님 안겨주신 자력갱생의 혁명정신이 있는데 주어진 조건이 백가지,천가지로 어렵다한들 뜨락또르 하나 못 만들어내랴,바로 이것이 단 한달동안에 뜨락또르를 생산할것을 궐기해나선 그들의 산악같은 신념이였다.

    機械設備とは、何台かのの旋盤とボール盤がすべてであったが、「旋盤やボール盤に削れないならば、銃剣で削ろう!」と叫び、それを指に痣ができるのも忘れて銃剣で部品を削り出していった。
    기계설비라고는 몇대의 선반과 볼반이 전부였지만 《선반이나 볼반에 물릴수 없는것이라면 줄칼로 쓸자!》라고 웨치며 그들은 손가락에 멍이 드는것도 모르고 줄칼로 부속품들을 쓸어나갔다.

    当時、最も難問であったのは、錬磨盤がないということであった。加工した部品を錬磨することこそ、機会がなければ到底不可能な最も精密な作業と見なされていたからである。しかし、自力更生を体質化した我々の労働階級は、即時、農村へと走って行き、多くの藁を持って来て、昼夜なく藁でトラクターの部品を錬磨した。
    당시 가장 난문제는 연마반이 없는것이였다.가공한 부속품들을 연마하는것이야말로 기계가 없으면 도저히 불가능한 가장 정밀한 작업으로 간주되였기때문이였다.허나 자력갱생을 체질화한 우리의 로동계급은 즉시 농촌으로 달려나가 많은 벼짚을 실어다 낮과 밤을 이어 벼짚으로 뜨락또르부속품들을 연마하였다.

    トラクター部品の一つであるリフレクター・ケースを30回以上の失敗の末、作り上げたのだから、複雑な機関本体とギア-ボックス本体のようなものが、なんだ。10回、20回、失敗しても、また20回、やすりとハンマーをさらに高く持ち上げた。そして、1ヶ月も掛からない期間に2000種余りの大小のトラクター部品を立派に研磨した。
    뜨락또르 부속품들중의 하나인 반사경케스를 30여차의 실패끝에 만들어냈으니 복잡한 기관본체와 변속함본체 같은것이야 더 말해 무엇하랴.열번,스무번 실패하면 다시 스무번,서른번 줄칼을 으스러지게 틀어쥐였고 망치를 더 높이 추켜들었다.그리하여 한달 남짓한 기간에 2 000여종이나 되는 크고작은 뜨락또르의 부속품들을 훌륭히 연마해내고야말았다.

    自力更生の落とし子である初のトラクターに偉大な首領様は「千里馬」という実に意義深い名前を付けて下さったt。
    자력갱생의 산아인 첫 뜨락또르에 위대한 수령님께서는 《천리마》라는 참으로 뜻깊은 이름을 지어주시였다.

    事大主義、保守主義、技術神秘主義を焼き捨てながら生まれた初のトラクター「千里馬」号
    사대주의,보수주의,기술신비주의를 불사르며 태여난 조선의 첫 뜨락또르―《천리마》호,

    本当にそれは、生命体が水と空気を空気無しでは生きられないように、朝鮮の革命家達は自力更生がなければ自分の前途を開拓することができないことを生活と闘争の真理として刻んで下さった千里馬時代の高貴な産物であった。
    진정 그것은 생명체가 물과 공기를 떠나 살수 없듯이 조선의 혁명가들은 자력갱생이 없으면 자기 앞길을 개척해나갈수 없다는것을 삶과 투쟁의 진리로 새겨준 천리마시대의 고귀한 산물이였다.

    激動的な千里馬時代を当時の政論家達はこのように激賞した。
    격동적인 천리마시대를 당시의 정론가들은 이렇게 격찬하였다.

    「一歩進み、千里に到達する。二歩進み出せば、万里も進む。1日で一気に10年、20年を生きる朝鮮、我々の現実は、射られた矢のように前進する。昨日が既に昔だ!・・・1956年12月、英明な党が、首領が作り、展開したこの国の千里馬時代、聡明な朝鮮の勤労人民が創造した偉大な千里馬運動-それは、社会主義に向かって飛んでいく英雄朝鮮の気性である。この国の人民の偉大な創造力、不屈の気迫、美しい理想の発現である。党の意志、党の息遣いだ。」
    《한걸음 떼여 천리에 다닫는다.두걸음 내치면 만리도 간다.하루 한꺼번에 10년,20년을 사는 조선,우리의 현실은 쏜살같이 전진한다.어제가 벌써 옛날이다! … 1956년 12월,영명한 당이,수령이 마련하고 펼쳐놓은 이 나라의 천리마시대,슬기
    로운 조선의 근로인민이 창조한 위대한 천리마운동―그것은 사회주의를 향하여 나래치는 영웅조선의 기상이다.이 나라 인민의 위대한 창조력,불굴의 기백,아름다운 리상의 발현이다.당의 의지,당의 숨결이다.》

    今日、朝鮮の偉大な象徴である千里馬銅像を眺めながら、我が国を訪れた外国人は時々このような質問をする。
    오늘날 조선의 위대한 상징물인 천리마동상을 바라보면서 우리 나라를 찾아온 외국인들은 때로 이렇게 물어보군 한다.

    千里馬銅像には、なぜ手綱がないのか?
    천리마동상에는 왜 고삐가 없는가?

    答えは明白だ。
    대답은 명백하다.

    主体の気性も高く千里馬が行く道は、ただ、自力自強の一途であり、朝鮮が走る勝利の道には、些細な停滞や足踏みもありえないからである。
    주체의 기상높이 천리마가 가는 길은 오직 자력자강의 한길이며 조선이 달리는 승리의 그 길에는 사소한 침체나 답보도 있을수 없기때문이다.

    『労働新聞』、「자강력과 조선(1)」、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2016-02-13-4002
    ****************

    シリーズものの記事なので、これから「万里馬」へと話が進んでいくのか、楽しみだ。

    朝鮮総連、独自制裁の撤回要求=日朝合意「破棄する行為」:本国と連係プレー?、「我が国にはない」と言っても (2016年2月12日 「時事通信」)

    12日の『時事通信』によると、総連の南昇祐副議長が日本の独自制裁再開は、「ストックホルム合意を『一方的に破棄する行為』だと非難した」そうだ(12日18時51分配信)。北朝鮮の「談話」に先んじたはた発言ではあるが、当然、本国からのお墨付きをもらった上でのはずだ。綿密な打ち合わせに基づくものであれば、総連に「一方的に破棄」発言をさせておき、では「特別調査委員会」もと本国が「談話」を出したのかもしれないが、そこまで芸が細かいかどうかは分からない。

    同記事ではまた、管官房長官が12日の記者会見で「合意を破棄する考えは、わが国にはない。対話を継続し、一日も早い拉致被害者全員の帰国実現のため、しっかり取り組みたい」と述べたとも伝えているが、「合意を破棄する考えは、わが国にはない」のと北朝鮮がどう受け止めるかは全く異なる。官房長官なので、日本の立場を表明しているだけであろうが、秘策があるのであれば「しっかりと取り組」んでもらいたいものである。

    『時事通信』、「朝鮮総連、独自制裁の撤回要求=日朝合意『破棄する行為』」、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160212-00000131-jij-kr

    「敬愛する金正恩同志が朝鮮人民軍指揮官の軍事称号を昇格することに関する命令下達」:「航空軍」と「反航空軍」は別組織か?

    13日の「朝鮮中央通信」報道によると、金正恩「最高司令官」が、「金正日同志の誕生日に際して、12日、朝鮮人民軍指揮官の軍事称号を昇格」する命令を出した。

    昇格者は以下のとおり
    *******************
    명령에 의하면 김상갑,주동철,심정택,리영민,리송학이 륙군중장으로,허영호가 내무군중장으로,리수경,김광일,장춘원이 해군소장으로,안병칠,최철수가 항공군소장으로,남길학,김일웅이 전략군소장으로,김명호,김광철,배창남,김영군,최광철,리봉만,백성철,정성범,리정철,리남선,김일남,배훈,리주영,리익군,김용호,김정철,최재식,곽장국,홍성룡이 륙군소장으로,리명직,김성남,김경협이 내무군소장으로 되였다.

    (ボールドは筆者による)
    *****************

    「アン・ビョンチョル、崔チョルスが航空軍少将に」とあるが、「航空及び反航空軍」ではなく、「航空軍」となっている。「航空及び反航空軍」は一つの組織ではなく、「航空軍」と「反航空軍」をまとめて言っているだけで、航空軍少将と反航空軍少将は別々に存在するのであろうか。

    「偉大な我が党に栄光を捧げる 母なる党(2)」:「元帥様」帽子、「首領様」の帽子と同じ (2016年2月12日 「朝鮮中央TV」)

    12日に「朝鮮中央TV」で「偉大な我が党に栄光を捧げる 母なる党(2)」が放送された。この番組は、韓国統一部のDBによると、2015年10月6日に「(1)」が初回放送されている、「労働党創建70周年」関連の番組である。

    内容的は飛ばしながら見ていたのでよく分からないが、2015年12月20日の「敬愛する金正恩同志が我が国機械製作工業部門の手本、基準として立派に転変された1月18日機械総合工場を現地指導された」報道の中で初めて見せた帽子と同じものを「首領様」がかぶっている写真があった。

    20160212_kctvasf_003947142.jpg
    Source: KCTV, 2016/02/12

    以前から公開されていた写真であろうが、並べてみるとおもしろい。また一つ「全く同じお方」ぶりが確認できた。

    2015-12-20-01-17s帽子
    Source:『労働新聞』、「 경애하는 김정은동지께서 우리 나라 기계제작공업부문의 본보기,표준으로 훌륭히 전변된
    1월18일기계종합공장을 현지지도하시였다」、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2015-12-20-0001_photo

    この帽子、「光明星-4号発射準備の現地指導」に際してもしばしば着用していた最近お気に入りのアイテムのようだ。

    「我が国独自の対北朝鮮措置について」:日本国外務省、拉致問題解決の道筋が見えない「結果」 (2016年2月10日 「日本国外務省」)

    北朝鮮拉致被害者等「特別調査委員会」がストックホルム合意を「中断」することを発表したことについては昨夜書いたが、それに至らせた日本側の対北朝鮮制裁強化については書かなかった。以下、日本の外務省HPより引用。

    ****************
    第一に,人的往来の規制措置を実施する。具体的には,以下の措置を実施する。

    (1)北朝鮮籍者の入国の原則禁止
    (2)在日北朝鮮当局職員及び当該職員が行う当局職員としての活動を補佐する立場にある者の北朝鮮を渡航先とした再入国の原則禁止(対象者を従来より拡大)
    (3)我が国から北朝鮮への渡航自粛要請
    (4)我が国国家公務員の北朝鮮渡航の原則見合わせ
    (5)北朝鮮籍船舶の乗員等の上陸の原則禁止
    (6)「対北朝鮮の貿易・金融措置に違反し刑の確定した外国人船員の上陸」及び「そのような刑の確定した在日外国人の北朝鮮を渡航先とした再入国」の原則禁止
    (7)在日外国人の核・ミサイル技術者の北朝鮮を渡航先とした再入国の禁止

    第二に,北朝鮮を仕向地とする支払手段等の携帯輸出届出の下限金額を100万円超から10万円超に引き下げるとともに,人道目的かつ10万円以下の場合を除き,北朝鮮向けの支払を原則禁止する。

    第三に,人道目的の船舶を含む全ての北朝鮮籍船舶の入港を禁止するとともに,北朝鮮に寄港した第三国籍船舶の入港を禁止する。

    第四に,資産凍結の対象となる関連団体・個人を拡大する。

    日本国外務省HP、「 我が国独自の対北朝鮮措置について」、http://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/na/kp/page4_001766.html
    ********************

    上記は、「我が国は,拉致,核,ミサイルといった諸懸案を包括的に解決するために何が最も有効な手段かという観点から真剣に検討してきた結果」であるとしているが、何をどう「真剣に検討」して上のような「結果」に至ったのかはよく分からない。

    政府が、「『対話と圧力』,『行動対行動』という一貫した方針の下,拉致,核,ミサイルといった諸懸案の包括的解決に向けた北朝鮮の前向きな動きを強く求める」のは結構であるが、「求めた」先をどう考えているのかが全く見えない。

    そして「最重要課題である拉致問題の解決に向けた対話を継続し,ストックホルム合意に基づき,一日も早い全ての拉致被害者の帰国を実現すべく,全力を尽くしていく所存である」ことは当然とし、この空虚な「所存」をどのように「実現」するのかの道筋をきちんと説明すべきである。しかし、「ストックホルム合意」は北朝鮮側に「事実上の破棄」(「包括的調査を全面中止」が正確な表現。一方的ではなく、日本政府の制裁強化の結果。「破棄」ではないことに一抹の期待を掛けるべきか)されたわけだから、水泡と化した「合意に基づ」くことなどできないはずだ。そうなることも予想せず、このような名言を作成したのであろうか。「朝鮮中央TV」が放送する「元帥様の名言」のような空虚さが漂う。

    「内閣官房 拉致問題対策本部事務局HP」には、「北朝鮮に対する我が国独自の制裁措置に関する拉致被害者御家族等への説明会を行いました」というニュースが出ているが、「外務省黄川田大臣政務官、石兼アジア大洋州局長から政府の取組について」どのような説明をしたのかが書かれていない。どこかに詳細があるのかもしれないので、もう少し検索してみることにする。

    政府 拉致問題対策本部HP、「北朝鮮に対する我が国独自の制裁措置に関する拉致被害者御家族等への説明会を行いました」、http://www.rachi.go.jp/jp/archives/2016/0208setsumeikai.html

    「朝鮮民主主義人民共和国『特別調査委員会』談話」:「ストックホルム合意」中止、強力な対応措置、すべての責任は安倍政権にあると (2016年2月12日 「朝鮮中央通信」)

    12日、予想どおり「ストックホルム合意」中断。「強力な対応措置」まで。ただし、北朝鮮「外務省」ではなく、「特別調査委員会」による「談話」。「元帥様」に全権を委任された「委員会談話」なので、外務省のそれよりも強力。しかも、「解体」され、形式的にはパイプも消滅することになった。以下、全訳。

    *********

    主体朝鮮の水素弾実験と地球観測衛星「光明星-4」号発射の完全成功により、世界が激動で煮えたぎっている中、日本が米国、南朝鮮傀儡共と野合し、さらなる愚行を行っている。
    주체조선의 수소탄시험과 지구관측위성 《광명성-4》호발사의 완전성공으로 온 세계가 격동으로 끓어번지고있는 속에 일본이 미국,남조선괴뢰들과 야합하여 더욱 못되게 놀아대고있다.

    今回、我々が行った水素弾実験と衛星発射は、主権国家の合法的であり、自主的な権利行使であり、正々堂々とした措置で、日本ごとしが必死で騒ぎ立てる性格の問題ではない。
    이번에 우리가 진행한 수소탄시험과 위성발사는 주권국가의 합법적이고 자주적인 권리행사이며 정정당당한 조치로서 일본따위가 악청을 돋구어 시비할 성격의 문제가 아니다.

    しかし、日本政府は、10日、我々の水素弾試験と衛星発射を口実に、国連の対朝鮮制裁とは別途に、日本が独自的な制裁措置をまず取ることを決定した。
    그러나 일본정부는 10일 우리의 수소탄시험과 위성발사를 구실로 유엔의 대조선제재와는 별도로 일본이 독자적인 제재조치를 먼저 취한다는것을 결정하였다.

    そこには、2014年5月、朝日政府間のストックホルム合意により、日本が部分的に解除した制裁措置を再び発動することと共に、人的往来と送金規制、資金凍結対象の範囲を拡大強化する追加措置が含まれているという。
    여기에는 2014년 5월 조일정부간 스톡홀름합의에 따라 일본이 부분적으로 해제하였던 제재조치들을 다시 발동하는것과 함께 인적왕래와 송금규제,자금동결대상의 범위를 확대강화하는 추가조치들이 포함된다고 한다.

    元来、人を騙して自分の利益とする日本の姑息な手口を知らないわけではないが、初歩的な信義もなく、政府間会談で決定された合意まで躊躇なく破棄する日本政府の背信行為に対して、我々は極度の嫌悪感と煮え上がる憤怒を禁じ得ない。
    원래 남을 걸고 제 리속을 챙기는 일본의 고약한 심보를 모르는바 아니지만 초보적인 신의도 없이 정부간회담에서 이룩된 합의까지 서슴없이 파기하는 일본정부의 배신행위에 대하여 우리는 극도의 혐오감과 끓어오르는 분노를 금할수 없다.

    これまで、「特別調整委員会」は、朝日政府間で合意した通り、すべての日本人に関する包括的調査を幅広く、深く行ってきながら、できる限りの誠意と努力を尽くしてきた。
    지금까지 《특별조사위원회》는 조일정부간에 합의한대로 모든 일본인에 관한 포괄적조사를 폭넓고 심도있게 진행하면서 할수 있는 성의와 노력을 다하여왔다.

    朝日関係進展を妨害しようとする反共和国敵対勢力の策動により、隘路と難関が造成された中でも、我々は合意履行のために調査を中断することなく行った。
    조일관계진전을 가로막으려는 반공화국적대세력들의 책동으로 하여 애로와 난관이 조성된 속에서도 우리는 합의리행을 위해 조사를 중단없이 진행하였다.

    しかし、相手方の誠意を挑発の根源とする悪習が染みついている日本反動共は、今回、朝日政府間合意履行と何の関係もない問題を口実に、すべての約束を惜しげもなく破り、我々に正面から挑発をしてきた。
    그러나 상대방의 성의를 도발의 근원으로 삼는 악습에 쩔어있s는 일본반동들은 이번에 조일정부간 합의리행과 하등의 상관도 없는 문제를 구실로 모든 약속을 헌신짝처럼 줴버리고 우리에게 정면으로 도발을 걸어왔다.

    我々は、既に日本の無分別な措置が将来する結果について分かりやすく説明した。
    우리는 이미 일본의 무분별한 처사가 초래하게 될 후과에 대하여 알아들을만큼 말해주었다.

    それにもかかわらず、安倍政権が、既に解除した制裁措置を復活し、追加制裁までするのは、彼ら自らがストックホルム合意破棄を公言したこととなる。
    그럼에도 불구하고 아베정권이 이미 해제하였던 제재조치를 되돌리고 추가제재까지 취한것은 그들스스로가 스톡홀름합의파기를 공언한것으로 된다.

    日本が朝日関係を破局に向かわせ、我が共和国と最後まで対決する凶心を露わにした以上、我々の正当な立場を次のように表明する。
    일본이 조일관계를 파국에 몰아넣고 우리 공화국과 끝까지 대결할 흉심을 드러낸 이상 우리의 정당한 립장을 다음과 같이 천명한다.

    一、2016年2月12日から、朝日政府間のストックホルム合意により行われてきたすべての日本人に関する包括的調査を全面中止し、「特別調査委員会」を解体する。

    첫째로,2016년 2월 12일부터 조일정부간 스톡홀름합의에 따라 진행해온 모든 일본인에 관한 포괄적조사를 전면중지하고 《특별조사위원회》를 해체한다.

    二、日本の挑発的な反共和国敵対行為に対するより強力な対応措置が続くことになる。
    둘째로,일본의 도발적인 반공화국적대행위에 대한 보다 강력한 대응조치들이 뒤따르게 될것이다.

    今日の重大な結果を引き起こした責任は全的に安倍政権が取らなければならない。
    오늘의 엄중한 후과를 산생시킨 책임은 전적으로 아베정권이 져야 한다.

    主体105(2016)2月12日 平壌
    주체105(2016)년 2월 12일
    평 양 (끝)
    *************************

    「朝鮮中央TV」で12日夜22時(JST)頃放送された「特別調査委員会談話」に日本語字幕を付けてYouTubeにアップロードしておいた。内容は上と同じ。
    20160212tokubetsuchaki4332.jpg
    Source: YouTube, dprknow channel, https://youtu.be/4Vls2IWFES8

    「モランボン楽団」はまだだが、テレビ連続劇の新作 (2016年2月11日 「朝鮮中央TV」)

    2月12日の「朝鮮中央TV」番組予告があった。残念ながら、まだ「功勲国家+モランボン楽団」公演(新曲の筋から行くと合同になりそう)の予告はない。明日あたり、「元帥様」が科学者と観覧されたという報道があり、土曜日か日曜日に放送になることを期待したい。

    一方、明日から新たな「テレビ連続劇 輝く野山」が始まる。このところ連続放送していた「朝鮮映画 民族と運命」もそれなりにおもしろかったのだが、ナンバリングが(29)ということで、何がどこから始まっているのかよく分からず、あまりまともに見ていなかった。

    しかし、明日からの「輝く野山」は、韓国統一部DBで見る限りでは過去の放送データがないので、新作だと思う。「連続劇」なので、10回ぐらいのシリーズであろうが、どの時代が背景になるのかが楽しみである。

    「開城工業地区稼働を全面中断させた民族反逆集団、朴槿恵一味は、悲惨な代価を払うであろう-祖国平和統一委員会声明」:久しぶりに聞いた「朴槿恵クソ女」 (2016年2月11日 「朝鮮中央通信」)

    11日、「朝鮮中央通信」に掲載された「祖国平和統一委員会声明」が予想したとおりに出された。幸いなのは、地域内の韓国人を「追放」し、拘束はしていない点である(韓国側の報道は未確認であるが、日本のメディアには出ていないので、無事に撤収したことを願いたい)。「私物以外の持ち出しは禁止」とはしているものの、物の回収のために韓国も危険を冒すことはしないであろう。

    韓国政府は、しばらく情勢をみて、開城が再開されなければ、開城で操業していた韓国企業に何らかの補償する必要が出てくるはずである。過去記事でも紹介したように、朴大統領が「国民向け談話」でため息をつくほど経済関連の難題が多い中、さらなる悩みの種ならぬ「ため息の種」ができてしまった。

    北朝鮮側と交渉ができる雰囲気になれば、韓国側は「開城市人民委員会」の管理下におかれた韓国企業の資産等についての返還要求をし、北朝鮮側は北朝鮮労働者への未払い賃金の請求をすることになるであろう。

    北朝鮮側も「凍結」し「管理」するとしているところが微妙で、没収(圧収)という表現は使っていない。これで完全閉鎖とするのであれば、没収して売却なり何なりすればよいはずであるが、それをしないところは、「今後」を考えているからであろう。

    現実的に、製品を売却しようにも買い手は付かないであろうし、工場設備については、韓国側の管理者がいなければ長期的な運用は不可能であろう。

    そう考えれば、韓国にとっても北朝鮮にとっても、開城再開が望ましいわけであるが、今回は韓国側が先にカードを切っているので、落とし所がなかなか見えない。

    下の「声明」で北朝鮮も言っているように、「核とミサイル」という、南北関係とは直接的に関係ないところで出したカードなので、引っ込める口実を探すにも、南北間の問題だけではなく、国際的な説明も必要になるので、ますます難しい。南北双方の体面を維持しつつ国際的な理解を得る良い口実があるだろうか。

    別記事に書いた方が良いのかもしれないが、日本も制裁強化を12日に閣議決定し実施するとしている。実施が正式決定されれば、北朝鮮は翌日か翌々日に北朝鮮外務省声明を出して、「ストックホルム合意」無効、「特別調査委員会」解散を宣言するであろう。

    韓国も日本も、ある意味、痛い選択をしたわけであるが、これは北朝鮮に対する圧力であるのと同時に、中国に対する圧力としても
    使おうとしているのではないだろうか。もちろん、中国がそれを圧力と受け取るかどうかは分からないが、日韓が「我らも痛い選択をしたのだから」というメッセージは伝わると思う。

    以下、「祖国平和統一委員会声明」を全訳しておく。
    **********************
    開城工業地区稼働を全面中断させた民族反逆集団、朴槿恵一味は最も悲惨な代価を支払うことになる
    개성공업지구가동을 전면중단시킨 민족반역의 무리 박근혜패당은 가장 비참한 대가를 치르게 될것이다
    --조국평화통일위원회 성명--

    全世界を激動させた我々の水素弾実験と人工地球衛星「光明星-4」号発射の完全成功は、国の自主権と民族の生存権を守護し、朝鮮半島の平和と地域の安全を保証する自衛的措置であり、平和的宇宙利用権利を堂々と行使した科学技術重視政策の誇らしい結実として、我々民族の誇りを最上の高さで轟かせた民族史的大慶事であり、強大国家中心の世界政治地形を完全に変える人類史的事変である。
    전세계를 격동시킨 우리의 수소탄시험과 인공지구위성 《광명성-4》호 발사의 완전성공은 나라의 자주권과 민족의 생존권을 수호하고 조선반도의 평화와 지역의 안전을 담보하는 자위적조치이며 평화적우주리용권리를 당당히 행사한 과학기술중시정책의 자랑찬 결실로서 우리 민족의 긍지를 최상의 높이에서 떨치게 한 민족사적대경사이며 강대국중심의 세계정치지형을 완전히 바꾼 인류사적사변이다.

    今、全民族と世界平和愛好人民は、米国とその追従勢力の顔を強く殴った我々の正義の壮挙について、快く心から喜びの拍手を送っている。
    지금 온 겨레와 세계평화애호인민들은 미국과 그 추종세력들의 면상을 호되게 후려갈긴 우리의 정의의 장거에 대해 후련해하면서 진심으로 기쁨의 박수를 보내고있다.

    我々の水素弾実験と衛星発射は、誰も文句をいうことができない主権国家の合法的な主権的権利の堂々たる行使である。
    우리의 수소탄시험과 위성발사는 그 누구도 시비할수 없는 주권국가의 합법적인 자주적권리의 떳떳한 행사이다.

    いわゆる国連「決議」については、我々が強くなり、よい生活をすることを妨害し、強権と横暴で世界を自分が思いのままにできる世界にしようという米国をはじめとした敵対勢力と追従勢力がでっち上げたもので、我々は、一度もそれについて認めたこともなく、徹底して排撃した。
    그 무슨 유엔《결의》로 말하면 우리가 강해지고 잘사는것을 막고 강권과 전횡으로 세계를 저들이 판을 치는 세상으로 만들어보려는 미국을 비롯한 적대세력과 추종세력들이 조작해낸것으로서 우리는 언제한번 그에 대해 인정한적이 없고 철저히 배격하였다.

    それにもかかわらず、米国と朴槿恵一味は、我々の水素弾実験と平和的な衛星発射をいわゆる国連「決議」違反として騒ぎ立てながら、制裁騒ぎを繰り広げただけではなく、10日、開城工業地区の全面中断を宣言するに至った。
    그럼에도 불구하고 미국과 박근혜패당은 우리의 수소탄시험과 평화적인 위성발사를 그 무슨 유엔《결의》위반으로 떠들어대면서 제재소동을 일구다 못해 10일 개성공업지구의 전면중단을 선포하는데까지 이르렀다.

    こうして、6.15以後、全民族の関心と期待の中で10年余りも共同繁栄の音を響かせてきた開城工団地区は、万古逆賊朴槿恵「政権」になって、全面閉鎖状態に置かれた。
    이로써 6.15이후 온 겨레의 관심과 기대속에서 10여년간이나 공동번영의 동음을 울려온 개성공업지구는 만고역적 박근혜《정권》에 와서 전면페쇄상태에 놓이게 되였다.

    今回の挑発的措置は、北南関係の最後の生命線を切断する破綻宣言であり、歴史的な6.15北南共同宣言に対する全面否定であり、朝鮮半島情勢を対決と戦争の極限へと向かわせる危険千万な宣戦布告である。
    이번의 도발적조치는 북남관계의 마지막명줄을 끊어놓는 파탄선언이고 력사적인 6.15북남공동선언에 대한 전면부정이며 조선반도정세를 대결과 전쟁의 최극단으로 몰아가는 위험천만한 선전포고이다.

    よく知られているように、開城工業地区は、南朝鮮の企業家の要請により、我々が軍事的に敏感な最前線地域をそのまま開放してやり、建設した民族の和解と団合、協力の象徴であり、6.15の目玉である。
    다 아는바와 같이 개성공업지구는 남조선의 기업가의 요청에 따라 우리가 군사적으로 예민한 최전연지역을 통채로 내주어 건설한 민족의 화해와 단합,협력의 상징이며 6.15의 옥동자이다.

    ところが、それほど貴重な民族共同の結実が、今日、子供を産むことができず、女性が有する最も貴重な母性愛も、それが具現された自分の民族に対する愛の感情までも干からびさせてしまう、朴槿恵クソ女(=朝鮮語の女性蔑称)よって無残に踏みにじられ、永遠に消えてしまった。
    그런데 그처럼 소중한 민족공동의 전취물이 오늘은 아이도 낳아보지 못해 녀성들이 지니고있는 가장 귀중한 모성애도,그것이 구현된 제 민족에 대한 사랑의 감정까지도 메말라버린 박근혜년에 의해 무참히 짓밟히고 영영 사라지게 되였다.

    元来、朴槿恵一味は、執権した初日から、いわゆる「金づる」云々言いながら、開城工業地区をなくそうと悪辣に策動してきており、今回は理由もなく北南関係と何の関係もない問題を取り上げて、それを口実についに全面中断してしまった。
    원래 박근혜패당은 집권한 첫날부터 그 무슨 《돈줄》이니 뭐니 하며 개성공업지구를 없애버리려고 악랄하게 책동해왔으며 이번에는 터무니없이 북남관계와 아무 상관도 없는 문제들을 들고나와 그것을 구실로 끝끝내 전면중단해버리였다.

    これは、全的に米国に煽られた朴槿恵クソ女の体質的な事大売国気質と変態的な対決発作症の産物である。
    이것은 전적으로 미국의 부추김을 받은 박근혜년의 체질적인 사대매국기질과 변태적인 대결발작증의 산물이다.

    こうした愚かな行いに動じないまつげ1本動かす我々ではないということは、世の中の常識も知らない残忍な対決悪女でなければ、誰でも知っている事実である。
    그런 가소로운 놀음에 눈섭 하나 까딱할 우리가 아니라는것은 세상물정도 모르는 무지막지한 대결악녀말고는 누구나 다 아는 사실이다.

    傀儡共が、この種のはした金が我々の威力のある核兵器開発と衛星発射に使われたように騒ぎ立てるのは、初歩的な計算もできない荒唐無稽な詭弁である。
    괴뢰들이 그따위 푼돈이 우리의 위력한 핵무기개발과 위성발사에 들어간것처럼 떠드는것은 초보적인 셈세기도 할줄 모르는 황당무계한 궤변이다.

    開城工業地区で南朝鮮の120あまりの企業と6000あまりの関連企業が、どれほど莫大な利益をかすめ取ってきたのかも計算することができない朴槿恵こそが、阿呆な「大統領」でないはずがない。
    개성공업지구에서 남조선의 120여개 기업과 6 000여개의 관련기업들이 얼마나 막대한 리득을 챙겨왔는지도 계산할줄 모르는 박근혜야말로 머저리같은 《대통령》이 아닐수 없다.

    昼夜問わず、米国のボスにおべっかを使わなければ生きられず、外国を請託のために行脚し、自分の足で歩いて行くことは、全く学ぶことができなかった、いかれぽんちのような朴槿恵が、我々の自強力がどれほど強力で、誇り高いのか、我々の経済の潜在力がどれほど無尽強力なのか、知るよしもない。
    밤낮 미국상전의 사타구니에 붙어야 살수 있고 외국에 청탁하러 싸다니다나니 제발로 걸어가는 법이란 애당초 배우지 못한 얼간망둥이같은 박근혜가 우리의 자강력이 얼마나 위력하고 긍지높은것인지,우리 경제의 잠재력이 얼마나 무진막강한지 어떻게 알수 있겠는가.

    傀儡共が開城工業地区を破綻させ、我々の核兵器強化と衛星発射に影響を及ぼすことができると考えるなら、それほど愚かなことはない。
    괴뢰패당이 개성공업지구를 파탄시켜 우리의 핵무력강화와 위성발사에 영향을 줄수 있다고 생각한다면 그처럼 어리석은 일은 없을것이다.

    我々が自力自強で核強国となり、宇宙強国となったということは、世の中の誰もが知っているが、それを知らない青瓦台の田舎の鶏である朴槿恵が気の毒でならない。
    우리가 자력자강으로 핵강국이 되였고 우주강국이 되였다는것은 세상이 다 아는데 그것을 모르는 청와대의 촌닭인 박근혜가 불쌍하기 그지없다.

    南朝鮮人民が、激憤に溢れて糾弾するように、開城工業地区の全面中断は、自分の手で自分の足を切断する自殺行為に過ぎないもので、昼の雷に打たれるのは、南朝鮮企業と人民であり、厳しい代価を払うのは、他でもない朴槿恵逆賊一味自身である。
    남조선인민들이 격분에 넘쳐 규탄하듯이 개성공업지구 전면중단은 제손으로 제발등을 찍은 자살행위에 불과한것으로서 날벼락을 맞은것은 남조선기업들과 인민들이며 혹독한 대가를 치르게 될것은 다름아닌 박근혜역적패당자신들이다.

    我々の正々堂々とした自衛的措置であり、合法的権利行使である水素弾実験と衛星発射を云々し、開城工業地区事業を全面中断させた傀儡一味の挑発的妄動は、絶対に容認できない。
    우리의 정정당당한 자위적조치이며 합법적권리행사인 수소탄시험과 위성발사를 걸고 개성공업지구사업을 전면중단시킨 괴뢰패당의 도발적망동은 절대로 용납될수 없다.

    祖国平和統一委員会は、造成された事態と関連し、次のような重大措置を取るに至ったことを内外に厳粛に宣言する。
    조국평화통일위원회는 조성된 사태와 관련하여 다음과 같은 중대조치들을 취하게 된다는것을 내외에 엄숙히 천명한다.

    1.2016年2月11日10時から開城工業地区と隣接した軍事分解線を全面封鎖し、北南管理区域、西海線陸路を遮断し、開城工業地区を閉鎖して、軍事統制区域と宣言する。
    1. 2016년 2월 11일 10시부터 개성공업지구와 린접한 군사분계선을 전면봉쇄하고 북남관리구역 서해선륙로를 차단하며 개성공업지구를 페쇄하고 군사통제구역으로 선포한다.

    2.開城工業地区に入っている全ての南側の人員を2016年2月11日17時までに全員追放する。
    2. 개성공업지구에 들어와있는 모든 남측 인원들을 2016년 2월 11일 17시까지 전원 추방한다.

    3.開城工業地区にある南側の企業と関係機関の設備、物資、製品をはじめとした全ての財産を全面凍結する。追放される人員は、私物以外のものを一切持ち出すことはできず、凍結された設備、物資、製品は開城市人民委員会が管理する。
    3. 개성공업지구에 있는 남측 기업과 관계기관의 설비,물자,제품을 비롯한 모든 자산들을 전면동결한다.
    추방되는 인원들은 사품외에 다른 물건들은 일체 가지고 나갈수 없으며 동결된 설비,물자,제품들은 개성시인민위원회가 관리하게 될것이다.

    4.南側の人員追放と同時に、北南間の軍通信と板門店連絡通路を閉鎖する。
    4. 남측 인원추방과 동시에 북남사이의 군통신과 판문점련락통로를 페쇄한다.

    5.2016年2月11日、我々の勤労者は、開城工業地区から全て撤収する。
    5. 2016년 2월 11일 우리 근로자들은 개성공업지구에서 전부 철수한다.

    南朝鮮傀儡一味は、開城工業地区を全面中断した代価がどれほど大きく、骨身にしみるものであるかを身震いしながら体験することになるであろう。
    남조선괴뢰패당은 개성공업지구를 전면중단시킨 대가가 얼마나 혹독하고 뼈아픈것인가를 몸서리치게 체험하게 될것이다.

    主体105(2016)年2月11日 平壌
    주체105(2016)년 2월 11일
    평 양 (끝)

    *****************************

    久しぶりに聞いた、朴槿恵罵倒である。

    金正恩バッジ登場か? (2016年2月11日 「朝鮮中央TV」)

    ロケット発射の「朝鮮記録映画」を横目で見ていたのだが、最後のシーンに登場した円の中に「元帥様」の顔がある図柄、なんとなく金正恩バッジのデザインのような気がしてならない。背景を白くしているのは、「大元帥様達」と差を付けるためか。「大元帥様達」も背景が白のバッジはあるが、最近は付けている人をあまり見なくなった。

    20160211badgekju.jpg
    Source: KCTV, 2016/02/11

    バスの行列を見て思ったこと (2016年2月10日 「KCNA」)

    バスの行列に関するコメントを頂き、返信に書き込んでいたのだが長くなったので、こちらに転写しておく。

    バスの行列、型式も同じように見えるので、新車のバスを大量に中国から輸入したのではないだろうか。人民が使う大衆交通手段名目で輸入し、軍人やロケット技術者の行列に使うというのが、北朝鮮を経済的に締め付けろと国際社会に叩かれている中国の悩みなのかもしれない。

    原油パイプラインのバルブを閉め、輸出を止めてしまえば、「自強」の北朝鮮も経済的に崩壊するとはずである。「自強」とはいうものの、実は、中国への依存度、依存といっても援助ではなく、一般的な貿易関係を構築し、その限りにおいては「普通の国」となってきている北朝鮮なので、人民生活が向上すればするほど、「自強」はできなくなるというジレンマを抱えている。

    中国も、究極的には、北朝鮮の「自力更生」を破綻させ、「普通の国」化させようとしているのかもしれない。東北の4番目の省のような役割を担わせることができれば、それが一番ベストだと考えているのであろう。しかし、北朝鮮が「米帝との対決戦」に「平和協定締結」で終止符を打たない限り、「自強」路線の「水素弾」や「ロケット発射」をするので、中国は悩んでいるのだと思う。

    さらに、北朝鮮のロケット部品がほとんど国産化されており、一部、「扇風機に使われる部品」も使っているのであれば、民生品も軍用品も区別することができなくなる。それだけ、家庭電化製品がハイテク化したということであろうが、人民生活を向上させ、北朝鮮を「普通の国」にするために中国が輸出した扇風機の部品が、ロケットに使われてしまうのであれば、これはもう、中国としてもどうにもコントロールしようがないと思う。

    <追記>
    2013年1月、「光明星3-2」号機発射後に平壌を訪問、市民の見送りを受けながら平壌を去るバス行列を見た。バスは、同じようなペイントのものを使っている。今回のバス行列の車両、追って、確認する。

    2013-01-04-16flv_000452007.jpg
    Source: KCTV, 2013/01/04

    2016年2月のバス行列。
    20160211buseskms-4.jpg
    Source: KCNA, 2016/02/10

    見た感じは変わっていない。

    <追記2>
    知り合いからバスに関する情報を頂いた。以下、そのコピー。
    ***********
    今回のバスは、実は日本製で、ボディーは富士重工が作っています。エンジンシャーシは、三菱ふそう、日産ディーゼル、いすずから事業者が選ぶことができます。今回の写真だけではエンジンメーカーはわかりませんが、ボディ形式は1982年~1990年頃まだ作られていた“富士重工15型R3”という車種です。ご参考までに添付の写真をご覧いただければと思います。つまり、この車種の左ハンドル輸出車を購入したのだと思います。たなみにこの車種の輸出用左ハンドル車はかつて中国に大量に輸出していたので(外国人輸送用の観光バスとして)、その時に購入したのでしょうかね?それとも総連が日本から購入したのでしょうか?
    ***********

    <追記3>
    同じ方から、追加情報を頂いた。以下、そのコピー。
    ***********
    まず、2013年の写真ですが、この時点で既に生産から20年経っていますが、塗装状態も良く、車体に凹みなどもない感じです。

    2016年の車体ですが、画像の問題からか、2003年のものよりこちらの方がきれいに見えます。もしかしたら車体更新や再塗装などをしている感じがします。ただ、北に日本のバスメーカー並みの修理再生工場があるかは疑問ですが。

    というのは、日本のバスの場合、通常路線バスではバス会社は10-15年使用しますが、5年おきに再生、再再生といって外板を張り替えたり、外装内装部品を交換したり、再塗装を行って、ほぼ新車並みによみがえらせて使用しています。ちょうどこの再生工事をやったようなきれいな状態に見えます。ただし、前述のように北にそのような施設や設備、部品があるかが疑問なのです。

    次に、2016年のバスの行列を見て思ったのですが、全部全く同じ形式車両です。実は同じ形式車両でも、納入時期や使用者のニーズに応じて、ライトの位置や形などが任意に異なるのです。例えば、同じ年に再生された同型車でも東急バスと小田急バスでは、塗装が違うのみで他は全く同じということはなく、必ずどこかに違いがみられるのです。しかしこの行列を見る限り、本当にどれもまったく同じなので、これは絶対に一度に新車で購入しているということが見て取れます。
    *************

    フレームとエンジンはそのまま、ボディーだけ再塗装すれば、新車のように見えることは間違いない。同じ型式でもライトの形などが違うというのは、乗用車でいうところのマイナーチェンジだと思う。もしかすると、納入先の希望で一部仕様変更して納入していることもあり得る。しかし、情報を提供して頂いた方が言うように「絶対に一度に新車で購入している」とすれば、いずれかの年に大量一括購入したのであろうか。

    「光明星-4」号、科学者技術者、平壌到着放送中 (2016年2月11日 「朝鮮中央TV」)

    「4.25文化会館」の先の話があるかどうか。

    科学者、かなり待遇がよい。大型バス、1座席に1人乗車。ガラガラの車内。

    科学者にも格があるようで、2人で座っている人々もいる。

    「敬愛する金正恩同志の指導の下、地球観測衛星『光明星-4』号成功裏に発射」:「朝鮮記録映画」を見ながらのコメント、YouTubeに字幕付き動画アップロード (2016年2月11日 「朝鮮中央TV」)

    「朝鮮記録映画」は、ナレーションが多いので字幕付けに苦労した。変換ミスがたくさんありそうだが、取りあえず日本語字幕付き。衛星発射シーンだけを見るならば、19分頃から。
    20160211kjukms-4dfe.jpg
    YouTube, dprknow channel, https://youtu.be/sy5Xx7pO7fE

    今字幕を付けているのだが、「静止衛星の連続的な発射で」と「元帥様」。これは気付かなかった。
    もう一つ、「誰が何という言おうと、発射する」という下り。「誰が」=中国、しかも武大偉のことなのだろうか。

    ****************
    あと10分ほどで、「朝鮮記録映画」放送。

    「元帥様」、専用機で発射場に。このような動き、米韓両軍は、把握できてなかったのだろうか?

    「元帥様」カバーが掛けられた発射台も視察。John Hopkins大学の公開映像を下から見た感じ。

    コメントで話題になった、「光明星」の字体にも言及。「自分が字体を送ってやる」と、「元帥様」

    DPRK-NADA内部を色々見せている。なかなか興味深い動画。

    「科学者も追いつけないような兆人間的な知識」で、発射準備を指導した「元帥様」と。新たな、偉人のエピソードになりそうだ。

    1月29日の「親筆」命令文献公開。

    発射タワーの中で組み立ている様子も公開。

    発射塔が開く場面、サンダーバードみたいでなかなかカッコイイ。

    発射シーン、複数のカメラで撮影。準備万端。光明星3-2以上の演出。

    ロケットに設置されたカメラから、遠くなる地上を撮影。

    おっと、切り離し部分も動画で!!!!

    「光明星-4号」からの音楽でも聞かせてくれれば完璧なのだが。

    韓国のニュース画面をたくさん使用し通常はぼかしを入れる「北韓」の文字をそのまま見せている。よほど自信があるもよう。

    「元帥様」列車で、平壌に戻る。ということは、発射当日は、列車で移動したということか。

    平壌駅に、韓国メディアが「粛清された」とする、総参謀長がいたかは、追って要確認。

    その足で、「大元帥様達」の銅像にご報告。

    昨日紹介した、新曲『金正恩将軍に栄光』をBGMに使っている。「功勲+モランボン」のように聞こえる。

    「光明星-4号発射に寄与した人々、平壌到着」:「モランボン楽団公演」はこれからか? (2016年2月11日 「朝鮮中央通信」)

    10日、「朝鮮中央通信」が「光明星-4」号発射に貢献した人々が平壌に到着したと伝えた。金永南、黄炳瑞、朴奉珠などが出迎えたと伝えている。車列は、「4.25文化会館」に向かったとのことであるが、同会館でどのような行事が開催されたのかについては、言及がない。

    「光明星-4」号発射に貢献した科学者や技術者を乗せたバスの車列。最近開催された「拡大会議」参加者のために「4.25文化会館」前に駐まっていたバスと同じ車両のように見える。
    20162010busesto425.jpg
    Source: KCNA

    今日にも報道があるだろうが、「4.25文化会館」では、「元帥様」が出席した何らかの式典があり、記念撮影。既にロケット発射塔の前でしているが、写真を出しただけなので、「4.25文化会館」前で「元帥様」との正式な記念撮影があるのかもしれない。数が多いので開催されないかもしれないが、宴会も準備されるかもしれない。

    そして、科学者、技術者のための「モランボン楽団」公演となるとよいのだが。

    韓国統一部「開城工団全面中断」 (2016年2月10日 「韓国統一部」)

    10日、韓国統一部が『開城工団全面中断」を発表した。これは、これまでにない強力な措置である。開城工団は、北朝鮮側が操業を中断させたことがあるが、韓国側によるものはこれが初めてである。現状、開城工団内にどれだけの韓国人が残っているのかは不明であるが、場合によっては、北朝鮮側が韓国人の帰国を許さないこともあり、韓国人を奪還するために韓国側が軍事行動に出るような事態となれば、大変危険である。今後、北朝鮮がどのような反応を示すのか注目する必要がある。今日、明日中には、まず祖国平和統一委員会が「声明」を出すと思われる。

    韓国統一部facebook, https://www.facebook.com/unikorea/posts/1036606543047760

    「開城工団全面中断関連政府声明」
    <개성공단 전면중단 관련 정부 성명>

    ・北朝鮮は、国際社会の度重なる警告と苦痛を受けている住民の生活を顧みず、第4回核実験に続き、長距離ミサイルまで発射する極度な挑発を強行しました。
    □ 북한은 국제사회의 거듭된 경고와 고통받는 주민들의 삶을 외면한 채 4차 핵실험에 이어 장거리 미사일까지 발사하는 극단적인 도발을 감행하였습니다.

    ・こうした北朝鮮の挑発は、朝鮮半島と国際社会の平和と安定に対する全面的な挑発であり、決して容認することができない行為です。北朝鮮の核と長距離ミサイル開発を阻止するためのこれまでの国際社会の努力にもかかわらず、北朝鮮は最近の挑発に続き、これからも追加的な核実験とミサイル発射をすると公言するなど、核とミサイル開発放棄の意思を全く示していません。このような状況が変化しないまま継続することは、現状維持ではなく、北朝鮮の核能力が高度化されることで、破局的な災難へと繋がらざるをえません。北朝鮮の核とミサイル開発をこのまま放置する場合、朝鮮半島はもちろん、東北アジアの安保情勢に根本的な不均衡と危険が将来され、この地域の国家は、生存と安全を図るための措置を取らざるを得なくなり、これは結局、核ドミノ現象にまでも繋がり得るという憂慮があります。
    □ 이러한 북한의 도발은 한반도 및 국제사회의 평화와 안정에 대한 정면 도전이며 결코 용납할 수 없는 행위입니다.
    북한의 핵과 장거리미사일 개발을 저지하기 위한 그동안의 국제사회의 노력에도 불구하고, 북한은 최근 도발에 이어 앞으로도 추가적인 핵실험과 미사일 발사를 하겠다고 공언하는 등 핵과 미사일 개발 포기의사를 전혀 보이지 않고 있습니다.
    이런 상황이 변화없이 간다는 것은 현상유지가 아니라 북한의 핵능력이 고도화됨으로써 파국적인 재앙으로 이어질 수밖에 없습니다. 북한의 핵과 미사일 개발을 그대로 놔둘 경우, 한반도는 물론 동북아의 안보 지형에 근본적인 불균형과 위협이 초래되고, 이 지역 국가들은 각자의 생존과 안전을 도모하기 위한 조치를 취할 수밖에 없게 될 것이며, 이는 결국 핵도미노 현상에까지도 이를 수 있다는 우려가 있습니다.

    ・このような重大な状況で、既存の対応方式では北朝鮮の核とミサイル開発計画を挫折させることはできません。したがって、北朝鮮が間違った行動に対し必ず代価を支払うよう、国際社会と共に強力に対応し、北朝鮮が核を放棄し、変化せざるを得ないようにする特段の対策が求められています。
    □ 이러한 엄중한 상황에서 기존의 대응방식으로는 북한의 핵과 미사일 개발계획을 꺾을 수 없습니다. 따라서 북한이 잘못된 행동에 대해 반드시 대가를 치르도록 국제사회와 함께 강력히 대응하고, 북한이 핵을 포기하고 변화할 수밖에 없도록 하는 특단의 대책이 요구되고 있습니다.

    ・北朝鮮が、国連安保理決議に違反し、核実験と長距離ミサイル発射を強行したことにより、国際社会の制裁が推進されている状況で、核心的な当事国である我々もこれに主導的にコミットする必要があります。
    □ 북한이 유엔 안보리 결의를 위반하여 핵실험과 장거리미사일 발사를 감행한데 따른 국제사회의 제재가 추진되고 있는 상황에서 핵심당사국인 우리도 이에 주도적으로 참여할 필요가 있습니다.

    ・この間、我々政府は、北朝鮮住民の生活に役立ち、北朝鮮経済に端緒を提供し、南北朝鮮が共同発展できるよう、北朝鮮の繰り返される挑発と極度の状況にもかかわらず、開城工団を持続的に維持するために努力してきました。
    また、開城工団を国際的規模に基準に適合する工団として造成するという立場の下、開城工団が発展していけるよう最善を尽くしてきました。
    □ 그동안 우리 정부는 북한 주민들의 삶에 도움을 주고, 북한 경제에 단초를 제공하며, 남북한이 공동 발전할 수 있도록 북한의 거듭된 도발과 극한 정세에도 불구하고 개성공단을 지속적으로 유지하기 위해 노력해왔습니다.

    또한 개성공단을 국제적 규범에 부합하는 공단으로 조성한다는 입장하에, 개성공단이 발전해 나갈 수 있도록 최선을 다해왔습니다.

    ・しかし、そうした支援と我々政府の努力は、結局、北朝鮮の核兵器と長距離ミサイルの高度化に悪用される結果となりました。
    □ 그러나 그러한 지원과 우리 정부의 노력은 결국 북한의 핵무기와 장거리미사일 고도화에 악용된 결과가 되었습니다.

    ・これまで、開城工団を通じて北朝鮮に総6160億ウォン(5億6千万ドル)の現金が流入し、昨年だけでも1320億ウォン(1億2千万ドル)が流入しており、政府と民間から総1兆190億ウォンの投資がなされたのですが、それが結局、国際社会が願う平和の道ではなく、核兵器と長距離ミサイルを高度化することに使われたと考えられます。
    これは、我々政府と開城工団で操業している124の企業の努力を無残にも踏みにじり、我々国民の生命と安全を危険にするものです。
    □ 지금까지 개성공단을 통해 북한에 총 6,160억원(5억 6천만불)의 현금이 유입되었고, 작년에만도 1,320억원(1억 2천만불)이 유입되었으며, 정부와 민간에서 총 1조 190억원의 투자가 이루어졌는데, 그것이 결국 국제사회가 원하는 평화의 길이 아니라, 핵무기와 장거리미사일을 고도화하는 데 쓰여진 것으로 보입니다.
    이는 우리 정부와 개성공단 124개 입주 기업들의 노력을 무참히 짓밟고, 우리 국민들의 생명과 안위를 위협하는 것입니다.

    ・こうしたことからして、我々政府は、これ以上、開城工団の資金が、北朝鮮の核とミサイル開発に利用されることを防ぎ、我々の企業が犠牲とならないようにするために、開城工団を全面中断することを決定しました。
    □ 이제 우리 정부는 더 이상 개성공단 자금이 북한의 핵과 미사일 개발에 이용되는 것을 막고, 우리 기업들이 희생되지 않도록 하기 위해
    개성공단을 전면중단하기로 결정했습니다.

    ・政府は、このような決定を北朝鮮当局に通報し、我々国民の安全な帰還など、開城工団の全面中断による必要な協力を要求しました。
    □ 정부는 이 같은 결정을 북한 당국에 통보하고 우리 국민의 안전한 귀환 등 개성공단 전면중단에 따라 필요한 협력을 요구하였습니다.

    ・今後、政府は、我々国民の安全な帰還のための全ての措置を迅速に取り、「政府合同対策班(国務調整室主幹)を構成し、政府一丸となって我々の企業に必要な支援をして行くことにしています。
    □ 앞으로 정부는 우리 국민의 안전한 귀환을 위한 모든 조치를 신속하게 추진하고, 「정부합동대책반(국무조정실 주관)」을 구성하여 범정부 차원에서 우리 기업들에게 필요한 지원을 해 나갈 것입니다.

    ・今回の政府の開城工団全面中断が、朝鮮半島の重大な状況を考慮した不可避な決定であるという点について国民各位の十分な理解を求め、同時にこうした状況を共に克服できるよう協力いただくことをお願いいたします。
    □ 이번 정부의 개성공단 전면 중단이 한반도의 엄중한 상황을 고려한 불가피한 결정이라는 점에 대해서 국민 여러분들의 충분한 이해를 구하며, 더불어 이러한 상황을 함께 극복할 수 있도록 협력해 주실 것을 부탁드립니다.

    『金正恩将軍に栄光を』:『労働新聞』に掲載された新曲 (2016年2月10日 「労働新聞」)

    10日付けの『労働新聞』に「新しく出た歌」が紹介された。歌詞の日本語訳は、以下のとおり。

    1.
    白頭の強力な力 世界に轟かせた
    絶世の英雄を 仰ぎ見る
    強国の人民が 叫ぶ歓声
    三千里疆土を 揺らします
    栄光を捧げます 我々の将軍に
    栄光を捧げます 金正恩将軍に
    栄光を捧げます

    2.
    正義と平和の宝剣を下さった
    民族の恩人を 仰ぎ見る
    自由渡航副が 花咲く地で
    有り難いその恩徳 歌います
    栄光を捧げます 我々の将軍に
    栄光を捧げます 金正恩将軍に
    栄光を捧げます

    3.
    我が祖国の永遠の青い空を
    万古の霊将が 広げられました
    将軍の懐で 限りなく繁栄する
    白頭山大国は 無窮です
    栄光を捧げます 我々の将軍に
    栄光を捧げます 金正恩将軍に
    栄光を捧げます

    20160210roudounewsonngu.jpg
    Source: 『労働新聞』、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_04_01

    「万里馬」:「党第7回大会」を契機に「万里馬」時代に入るのか (2016年2月10日 「労働新聞」)

    10日付けの『労働新聞』に「万里馬」という随筆が掲載された。最後の数行を訳出しておく。

    **********
    我々の主体衛星「光明星-4」号は、万里馬の気性で走り、党第7回大会に誇らしい贈り物を準備した宇宙科学者、技術者達の偉勲の創造物であり、全ての人民を奇跡創造へと呼び起こ荘厳な砲声、遠からずこの地の上に展開させる勝利の旗印である。

    きょうは、万里馬の話で日が昇り、日が暮れる万里馬時代である。我々の宇宙科学者、技術者が今、万里馬の上に乗って全国の人民に心臓の訴えを呼びかけている。

    人々よ、我々の空に万里馬が飛んでいる。

    全て、党第7回大会が開催される勝利の5月に向かって、万里馬に乗っていこう!
    **********************

    金正恩時代の新たな「時代語」となりそうな「万里馬」、これから度々登場することになるのだろうか。

    『労働新聞』、「만리마」、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2016-02-10-0017

    <追記>
    『労働新聞』HPで検索できる「万里馬」は、2015年8月14日の「政論: 偉大な祖国を歌おう」の中で「10年が1年ではなく、たった8ヶ月に短縮された千里馬、万里馬の奇跡だ」という文で使われており、その後、いくつもの記事の中で使われている。

    『労働新聞』、「[정론] 위대한 조국을 노래하노라 」、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2015-08-14-0007

    また、2016年2月10日、上記の「随筆」が掲載された『労働新聞』の「社説 主体朝鮮の衛星を成功裏に打ち上げたその気勢でさらに高く飛躍しよう」という記事の中でも

    「強盛国家建設の最全盛期を開いていくための我々軍隊と人民に必勝の自信と勇気を百倍にしてくれ、社会主義朝鮮の無窮無尽な国力を世界に誇った『光明星-4』号は、自強力で世界を踏みしだき上がる我々の力強く気性であり、その道はこの世の如何なる力でも遮ることができない自主の不変軌道であり、主体衛星の速度は、新たな千里馬時代、万里馬時代を切り開きながら怒濤の如く前進する朝鮮の大飛躍の速度である」

    「강성국가건설의 최전성기를 열어나가기 위한 총진군길에서 우리 군대와 인민에게 필승의 신심과 용기를 백배해주고 사회주의조선의 무궁무진한 국력을 만방에 과시한 《광명성-4》호는 자강력으로 세계를 디디고 오르는 우리의 억센 기상이고 그 자리길은 이 세상 그 어떤 힘으로도 감히 막을수 없는 자주의 불변궤도이며 주체위성의 속도는 새로운 천리마시대,만리마시대를 펼치며 노도쳐 전진하는 조선의 대비약속도이다.
    『労働新聞』、「[사설] 주체조선의 위성을 성과적으로 발사한 기세로 더 높이 비약하자」、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2016-02-10-0001

    と使われている。

    「千里馬」は、「首領様」が使い出した言葉なので打ち消すことはもちろんできないが、「将軍様」の「先軍」がそうであったように、「千里馬時代」を強化発展させて「万里馬時代」にしていくことは可能である。

    また、uriminzokkiriの「朝鮮語大辞典」サイトで「万里馬」を検索すると、「千里馬より遙かに速く走る馬ということを強調する言葉」と書かれている。したがって、新しい言葉ではないが、用法として「青年大国」のような新たな「時代語」になっていく可能性は十分にある。

    「母性の目で見た核抑止力」:母の目と核抑止力がどう繋がるのか?、「母性」シリーズは「朝鮮中央TV」でも、「平壌のお母様」への布石か (2016年2月10日 「uriminzokkiri-TV」)

    10日、uriminzokkiri-TVが公開した動画、「母性の目で見た核抑止力(모성의 눈으로 본 핵엊게력)」。「母性」と「核抑止力」がどう繋がっているのかが見物であるが、何回も繰り返してきた北朝鮮の主張、「我々の銃隊の上に平和がある」の「母性」+「水素弾」バージョンである。

    それはそうとして、「母性」という言葉が気になっている。というのは、記事にはしなかったが、「朝鮮中央TV」でも、1月末に「母性の目で見た朝鮮」というシリーズを放送している。この番組はアイルランド女性が北朝鮮を訪問し、「母性の目」でいかに朝鮮が素晴らしい国で、子供たちが幸せであるかを紹介する番組である。アイルランド女性とはいうものの、彼女が話す英語はロシア語訛りがあるように聞こえるので、もしかするとロシア(あるいは東欧)からの移民なのかもしれない。

    「元帥様」の「平壌のお母様」に関しては、依然として公開されておらず、「母性」はその公開に向けた布石のような気もする。

    「母性の目で見た核抑止力」は、日本語字幕を付けてYouTubeにアップロードしておいた。
    201602010mosonpic1.jpg
    Source: YouTube, dprknow channel, https://youtu.be/JzJW0Whk478

    韓国国防部、「光明星-4」のペアリング部分を公開、シリアルナンバーは? (2016年2月9日 「FOCUS NEWS」)

    韓国国防部が回収した「光明星-4」号のペアリング(弾頭カバー)を公開したと韓国のFOCUS NEWSなどが写真付きで伝えている。7日11時23分発見、13時45分回収ということなので、かなりの早業である。

    2016020901172209627_M.jpg
    Source: FOCUS NEWS, 국방부, 북한 장거리 로켓(미사일) 페어링 부분 공개、http://m.focus.kr/view.php?key=2016020901172209627&sub_gdnum=270

    ペアリングには朝鮮文字と数字でシリアルナンバー書かれている。何を意味するのかは全く分からないが、「科学技術殿堂」に展示されている「銀河3-2」号ロケットにも似たようなシリアルナンバーが書かれている。

    20152010sirial3-2gou.jpg
    Source: YouTube, dprknow channel, https://www.youtube.com/watch?v=TV5Ah9eMf_o

    上の写真は、uriminzokkiri-TVの動画に日本語字幕を付けてYouTubeにアップロードしておいたものからであるが、こちらには、「ㅅㄱ3101092」と書かれている。「光明星4」号のシリアルナンバーとの共通点は、「ㅅㄱ」で始まっていることと、7桁の数字が使われているということだけであるが、「ㅅㄱ」はロケット系に使われるコードなのかもしれない。軍事パレードで登場したミサイルの機体にもこの種のシリアルが書かれている。

    下は、2015年10月10日、「朝鮮労働党創建70周年慶祝閲兵式」に登場した8輪車両に搭載された最も大きなミサイルに書かれているシリアルナンバーである。「ㅈ」から始まっており、ロケットとは異なっている。
    2mp4_003337633.jpg
    Source: KCTV, 2015/10/10

    こちらは、それより一回り小さな6輪車両に搭載されたミサイルであるが、こちらも「ㅈ」で始まっている。
    mp4_003299617.jpg
    Source: KCTV, 2015/10/10

    そして、さらに小さな5輪車両に搭載されたものも同様である。
    mp4_003227184.jpg
    Source: KCTV, 2015/10/10

    「モランボン楽団」でも「青峰楽団」でもよいので「光明星-4」号慶祝公演の期待を込めて (2016年2月9日 「朝鮮中央TV」)

    9日の「朝鮮中央TV」の10日18時以降の「放送順序」を見ていたが、18時以降の内容が薄い。

    18時34分~ 「2016年、旧正月名節慶祝舞台」
    20時~ 「報道」
    20時29分~ 「地球観測衛星光明星-4号を予定された軌道に正確に進入させた科学者、技術者を熱烈に祝賀する」
    20時49分 「軽喜劇 香り」
    22時5分 「今日の報道の中から」

    こんな内容である。「軽喜劇」がどれほどのものであるのかは分からないが、この辺りの番組が変更となり、「慶祝公演」をやってもらいたいものである。「科学者を祝賀する」の流れで、「元帥様が科学者・技術者のための特別公演を準備して下さった」というような。「光明星節」まで待たされるのかもしれないが、2月中には何かあることに期待をしている。

    「島尻沖縄北方担当相、歯舞『はぼ、なんだっけ』」:呆れてものも言えない (2016年2月9日 「朝日新聞デジタル」)

    9日、『朝日新聞デジタル』に掲載された記事、「島尻沖縄北方担当相、歯舞『はぼ、なんだっけ』」。呆れてものも言えない。

    『朝日新聞デジタル』、「島尻沖縄北方担当相、歯舞「はぼ、なんだっけ」」、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160209-00000039-asahi-pol

    ど忘れということもあるだろうが、自分の役職を考えれば、ど忘れするような地名ではない。

    内閣官房のホームページには、「我が国の将来を担う子供達が自国の領土を正しく理解することは極めて重要です」とした上で、「平成27年度現在、教科書については、小学校の社会の全ての教科書において北方領土、竹島、尖閣諸島について記述」となっている。

    「我が国の将来を担う子供達」の心配をする前に、自分の内閣の「沖縄北方担当相」が「正しく理解することは極めて重要」だと思うのだが。

    内閣官房HP、文部科学省 発達段階に応じた領土に関する教育、http://www.cas.go.jp/jp/ryodo/torikumi/mext.html

    『2月の春の空に輝く星』:「光明星-4」号の詩が放送される (2016年2月9日 「朝鮮中央TV」)

    9日、「朝鮮中央TV」で「光明星-4」号の詩が放送された。恐らく、「光明星-4」の詩としてはこれが初めてだと思う。日本語字幕を付けて、YouTubeにアップロードしておいた。「光明星」=ロケット=衛星=「(白頭山で誕生した)将軍様」という内容。「運搬ロケット」を「光明星」と名称変更したのは、「光明星節」と合わせただけなのかもしれない。

    20160209kms4sier.jpg
    Source: YouTube, dprknow channel, https://youtu.be/qkh20cCjo80

    「<対北朝鮮>政府、週内に独自制裁…再入国禁止拡大」:ストックホルム合意を破棄する覚悟で出直すならあり (2016年2月9日 「毎日新聞」)

    9日、『毎日新聞』が、「政府は8日、北朝鮮の事実上の長距離弾道ミサイルの発射を受け、北朝鮮に対する独自の制裁強化策を週内に決定する方針を固めた」と報じた。

    『毎日新聞』、「<対北朝鮮>政府、週内に独自制裁…再入国禁止拡大」、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160209-00000002-mai-pol

    過去記事にも書いたとおり、北朝鮮に対する制裁を復活・強化すれば、北朝鮮は「ストックホルム合意」の破棄と捉え、拉致被害者等に対する調査中止を通告してくるであろう。

    拉致被害者の帰国ということを前提に制裁の復活・強化をするというのであれば、北朝鮮側が「ストックホルム合意」に基づく拉致し被害者調査を履行しておらず、中身のある調査結果の報告も期待できないという確証があるか、より厳しい安保理決議と中国が北朝鮮に対する制裁を実行し、北朝鮮を経済的に追い込めることが確実になっているか、少なくともいずれかの条件が必要となる。

    北朝鮮が拉致被害者調査を履行し、中身のある調査結果を報告するのかどうかについては、いずれにしてもそろそろ結論を出すべき時に来ている。昨年11月頃だっただろうか、北朝鮮高官が「来年(2016年)初めには、結果が出せる」と日本政府関係者に語ったという日本メディアの報道があったが、既にその結果を日本が受け、その内容に失望をしているのであれば、「ストックホルム合意」を白紙撤回するのもよい。しかし、そうすれば、拉致被害者帰国は遠ざかることこそあれ、近づくことはない。

    しかし、中国が本腰を入れて制裁実施に踏み切るという確証があれば、話は変わってくる。もちろん、中国が憂慮しているように、それを実施した結果、拉致被害者帰国どころか、北朝鮮内で生存している拉致被害者が危険に晒されるような混乱が北朝鮮で発生する可能性はある。そうした混乱が発生することなく、北朝鮮に制裁の実質的効果が出てくるとすれば、北朝鮮側は拉致被害者の帰国について本気で日本と交渉してくる可能性はある。「本気で」というのは、これまでのように日本が制裁をしてもしなくても大して影響がないような状況ではないので、日本、あるいは在日朝鮮人コミュニティーから何らかの経済的な支援を引き出すための方策を得る切実な必要性が生じるからである。

    そのようなことからすると、安保理決議の結果が出る前に、慌てて制裁強化をする必要はないのだが、敢えてあるとすれば、「光明星節」関連で訪朝する総連関係者の流れに影響を及ぼすことは可能であろう。

    『毎日新聞』によると、「独自制裁を先行する理由について政府関係者は『堪忍袋の緒が切れたということだ』」と語ったそうであるが、言葉の綾であったとしても、「拉致被害者全員帰国を最重要外交課題の一つとする」としている(もしかすると「していた」、過去形か?)安倍政権としては、もっと慎重に事態に対応すべきである。

    米国務省報道官 「中国は北朝鮮にビンタをされた」 (2016年2月8日 「米国務省定例記者会見」)

    8日に開かれた米国務省定例記者会見の中で、報道官が「(ミサイル発射で北朝鮮を説得できなかったのだから)中国は北朝鮮にビンタをされた」と発言している。記者は、「そういうことを言って、中国を刺激しようとしているのではないか」と質問しているが、もちろん報道官は否定している。中国外国部報道官は、国名こそ出さなかったものの、米国が北朝鮮に「往復ビンタをされた」と発言している。今回の米報道官の発言は、それへのお返しであろうが、制裁決議に向けた安保理協議が中国の反対で米国の思惑通りに進んでいない苛立ちの表れでもあろう。

    U.S. Department of State, Daily Press Conference, http://www.state.gov/r/pa/prs/dpb/2016/02/252263.htm#DPRK

    2016年2月8日の「朝鮮中央TV」:「旧正月名節」と「光明星-4号完全成功」で盛り上がり (2016年2月9日 「朝鮮中央TV」)

    8日朝、「朝鮮中央TV」のオープニングについて少し書いたが、2015年2月8日と比べると「光明星-4号完全成功」があるので内容がかなり違っている。

    放送開始直後の、『金日成将軍の歌』、『金正日将軍の歌』に加え、「元帥様」称賛ソング、『燃える願い』が流されている。

    『金正日将軍の歌』で赤旗に描かれた「太陽像」
    20160208kctvasf_000000038.jpg
    Source: KCTV, 2016/02/08

    「我々の運命、我々の幸福、元帥様にかかっているので」と歌詞。「太陽像」のような笑顔。
    20160208kctvasf_000226769.jpg
    Source: KCTV, 2016/02/08

    こう並べてみると、さすがに血が繋がっているからか、3人とも顔は似ている。

    「金正恩同志の名言」で「人民軍隊は、首領の軍隊、党の軍隊、最高司令官の軍隊である。人民軍隊は先軍革命の基柱、主力軍である」が流れ、「功勲国家合唱団」による『朝鮮人民軍歌』、『革命武力は元帥様の領導だけに従う』(モランボン楽団)へと続く。2月8日「朝鮮人民軍正規軍化」が背景にあることは間違いない。下は、『朝鮮人民軍歌』のタイトル画面。「名言」から『革命武力は・・』までは、日本語字幕を付けてYouTubeにアップロードしておいた。

    20160209meigen1123.jpg
    Source: YouTube, dprknow channel, https://youtu.be/Po1Tb3MJB-I

    「我々には、銃隊の故郷がある」という詩も流れる。この詩は、「元帥様」が「水素弾」発言をした「ピョンチョン革命史跡地」を題材とした詩である。その中で、「だからではないのか。大洋を揺らしながら飛んでいく弾道弾の火柱」という一節がある。
    20160208kctvasf_006042030.jpg
    Source: KCTV, 2016/02/08

    「旧正月名節」関連の番組も放送されている。例えば、「ポンサン仮面舞踏」というドキュメンタリー番組では、 黄海道の鳳山に伝えられる仮面舞踊を紹介している。この番組、今まで放送されたことを認識していなかったが、韓国統一部のDBによると、2015年8月末に初回放送され、その後、同年9月末にも再放送されている。過去に紹介した、「開城高麗人参」や「東海探訪」同様、「朝鮮中央TV」の取材班が現地取材する番組で、なかなか面白い。いずれ、機会をみて詳細を紹介したいと思う。
    20160208kctvasf_018819240.jpg
    Source: KCTV, 2016/02/08

    別記事で紹介した「ユンインサン音楽研究所管弦楽団」の別の演奏も流している。曲は「モランボン楽団」の持ち歌である『旧正月の雪よ降れ』という曲。残念ながらストリーミングの状態が悪く、途切れている部分が多いが、YouTubeにアップロードしておくことにする。これまで、意識していなかっただけかもしれないが、「ユンインサン音楽研究所管弦楽団」小規模な編成でよい演奏をしている。以前の動画では、バイオリンを弾いていた人が、今度はギターを弾いている。「モランボン楽団」の持ち歌を編曲して他のプロ楽団(学生などによる演奏はこれまでもあった)にも演奏させるようにしているのかもしれない。
    20160209sorunu6587.jpg
    Source: YouTube, dprknow channel, https://www.youtube.com/watch?v=nNGy-7spEtA

    「光明星4号発射成功を祝賀する祝砲発射」もあった。
    20160208kctvasf_037621807.jpg
    Source: KCTV, 2016/02/08

    「地球観測衛星『光明星-4』号発射の成功を祝賀する平壌市軍民慶祝大会」で演説する人民武力部副部長、陸軍上将、尹ドンヒョン。韓国メディアは、この人を「ジェットコースター」と呼んでいる。金正恩時代に入ってから、軍の階級が少将から上将まで上がったり下がったりしているということがその理由である。しかし、演説する声は実に勇ましい。「先軍朝鮮が主導する情勢に逆行するならば、大洋を越えたアメリカ帝国と地球のどこに隠れている侵略者・挑戦者も正義の水素弾と最長距離運搬ロケットまで装備した人民軍での強大な威力の前に生きていけないことでしょう」と演説している。
    20160208kctvasf_040795494.jpg
    Source: KCTV, 2016/02/08

    そして、「2016年、旧正月慶祝舞台」が「20時報道」後のゴールデンアワーに放送される。2015年にも「慶祝舞台」は放送されているが、公演項目を見せる程度の内容となっており、今年とは演出が異なっている。
    20160208kctvasf_045912189.jpg
    Source: KCTV, 2016/02/08

    司会には、「青年大国」を象徴するのか、若手のアナウンサーを使っている。2人とも「朝鮮中央TV」のレギュラーではあるが、レギュラーの中では最も若いアナウンサーである。
    20160208kctvasf_045892553.jpg
    Source: KCTV, 2016/02/08

    20160208kctvasf_045906606.jpg
    Source: KCTV, 2016/02/08

    毎度おなじみの雪だるまは置かれているが、「光明星」ロケットはない。製作が間に合わなかったのかもしれない。
    20160208kctvasf_047710335.jpg
    Source: KCTV, 2016/02/08

    『海、満豊歌』などの歌があり、マジックや人間のような動きをするクマのサーカスが続く。このクマのサーカスは過去記事でも紹介したが、今回はおもしろい場面があった。調教師の女性が演技をしたクマに餌をやるのだが、餌をどこからも出さずにクマの口に手を出している。指の間にでも挟んでいたのかもしれないが、人間クマだから餌は食べないのかもしれない。サーカスの動物は食欲だけで動いているはずだから、餌がもらえないのなら演技などしないはずである。まあ、サーカスなのでおもしろければ、それでよいのだが。
    20160208kctvasf_048954046.jpg
    Source: KCTV, 2016/02/08

    「金ウォンギュン名称、音楽総合大学平壌第2音楽学院」の学生たちが『走って行こう、未来に』(달려가자 미래로)』を歌う。身振りも歌も完全な「モランボン楽団」のコピー。彼女たちの中から、将来の「声楽組」が出てくるのであろう。この歌も日本語字幕を付けてYouTubeにアップロードしておいた。
    20160208sidekibou745324.jpg
    Source: YouTube, dprknow channel, https://youtu.be/VIJr4wduzzA

    別記事でも紹介した、2015年放送の「テレビ連続ドラマ」『防弾壁』の主題歌を歌う歌手も登場している。司会者は、「大変人気のあったテレビドラマ」と紹介している。残念ながら、ストリーミングの状態が悪く、YouTubeにアップロードすることはできない。
    20160208kctvasf_050182837.jpg
    Source: KCTV, 2016/02/08

    そして最後は、粉雪が舞う中「青年学生の慶祝舞踏会」で踊る若者。
    20160208kctvasf_053939137.jpg
    Source: KCTV, 2016/02/08

    「朝鮮中央TV」を見ている限りでは、「光明星-4完全成功」で、「旧正月名節」の雰囲気を盛り上げ、「光明星節」に繋げていくことにも、とりあえずは「完全成功」しているようである。

    「春の香り化粧品」:CM風動画 (2016年2月8日 「uriminzokkiri-TV」)

    8日、uriminzokkiri-TVに掲載された、「春の香り化粧品」のCM風動画。「朝鮮中央TV」で再びCMを流す日が来るのだろうか。日本語字幕を付けてYouTubeにアップロードしておいた。

    20160208haruk.jpg
    Source: YouTube, dprknow channel, https://youtu.be/Pphmj2rALKo

    「<政論>天地を揺るがす」:「光明星-4」号発射に関する「政論」 (2016年2月8日 「労働新聞」)

    8日の『労働新聞』に「光明星-4」号発射関連の「政論」が掲載された。長い「政論」で、多くを「元帥様」の業績、そして「元帥様に従えば全てうまくいく」というような内容に割いている。以下、それ以外の部分で興味深いところを訳出しておく。

    民族最大のお目出度い名節である光明星節、正規軍革命武力の強化発展に特記する歴史の2月8日とより希望に満ちた明日を約束してくれた我々の旧正月の名節・・・
    민족최대의 경사스러운 명절인 광명성절,정규적혁명무력의 강화발전사에 특기할 력사의 2월 8일과 보다 희망찬 래일을 약속해주는 우리의 설명절…

    やはり、2月8日の人民軍「正規軍」化とロケット発射は関係があったようだ。

    その時(光明星1号発射)から、20年にもならない期間だ。小さな宇宙開発国から宇宙強国へと、我々は目を見張る飛躍を達成した。2回の試験衛星発射に続き、地球観測衛星への跳躍、傾斜軌道衛星から極軌道衛星への急速な発展、宇宙征服の歴史にこのような目を見張る成果が記録されたことはなかった。
    그때로부터 불과 20년도 안되는 기간이다.청소한 우주개발국으로부터 우주강국에로 우리는 눈부신 비약을 이룩하였다.두차례의 시험위성발사에 이어 지구관측위성에로의 도약,경사궤도위성으로부터 극궤도위성에로의 급속한 발전,우주정복의 력사에 이런 눈부신 성과가 기록된적이 과연 있었던가.

    やはり、「光明星-4」号は、「試験」ではなく、別記事の女性の発言は間違っていた。また、「傾斜軌道」から「極軌道」への変更が「発展」であるという北朝鮮の見解は注目しておく必要がある。今後、軌道が明らかになって行くであろうが、その時、「極軌道」かどうかの確認ができる。

    全ての面で朝鮮は自負堂々とした天下第一強国である。政治思想強国、軍事強国、核強国、宇宙強国・・・
    모든 면에서 보아 조선은 자부당당한 천하제일강국이다.
    정치사상강국에 군사강국,청년강국,핵강국,우주강국…

    残るは、「経済強国」であるが、ロケット発射が経済強国に繋がっていくのかどうかは、分からない。「自強」とはいえ、中国に怒られると「経済強国」への道筋は遠くなるばかりである。

    平時の衛星発射とその意味が異なる。初の水素弾試験の完全成功で帝国主義者達の悪辣さが限界を超えている厳しい情勢の中で、軍事分解線の向こうで侵略の毒の足を恐ろしく進めている敵共との砲声なき戦争の中で達成した、また一つの勝利である。
    보통때의 위성발사와 그 의미가 다르다.
    첫 수소탄시험의 완전성공으로 제국주의자들의 발악의 도수가 한계를 넘어서는 준엄한 정세속에서,저 군사분계선너머에서 침략의 독이발을 무섭게 가는 원쑤들과의 포성없는 전쟁속에서 이룩한 또 하나의 승리이다.

    「水素弾試験の完全成功」が「帝国主義者達」を怒らせているという認識はあるようだ。そして、敢えて、そうした状況の中でロケットを発射したことが、「砲声なき戦争の中で達成した勝利」ということになっている。

    『労働新聞』、「정론 하늘땅을 뒤흔든다 」、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2016-02-08-0005

    以下、上の記事ではないが、『労働新聞』が配信した、ロケット発射関連写真2枚。「元帥様」が「科学者、技術者」らしき人々と「光明星-4」号が飛び立った発射台の前で記念撮影をしている。『労働新聞』には、記念撮影に言及した記事はない。

    2016-02-08-02-01.jpg
    Source:『労働新聞』、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2016-02-08-0002_photo

    2016-02-08-02-16.jpg
    Source:『労働新聞』、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2016-02-08-0002_photo

    「朝鮮は決心すればやる」:平壌市民インタビュー (2016年2月7日 「uriminzokkiri-TV」)

    記事にするのを忘れていたが、7日、uriminzokkiri-TVが「光明星-4」号発射に関する平壌市民インタビュー動画を掲載した。「朝鮮中央TV」でも、いくつかインタビュー番組を報道番組前後で放送している。uriminzokiiri-TVの動画の中では、女性が「光明星-4号発射試験(実験)」と発言するなど、平壌市民にとっても突然の発射で、公式用語が定着していないことが分かる。ある男性は、興奮して「地球が全て朝鮮のものになったようだ」と言っている。

    日本語字幕付き動画は以下。
    20160208interviewanear5.jpg
    Source: YouTUbe, dprknow channel, https://www.youtube.com/watch?v=3cDFJ1C-JE0

    北朝鮮のミサイルは撃ち落とせるのか? (2016年2月8日)

    首相官邸の「人工衛星と称する『弾道ミサイル』」関連発表では、発車時刻は9時31分、沖縄県(石垣島)上空を通過したのが9時41分とされている。発射から上空通過までわずか10分。下の地図は、「西海衛星発射場」から福岡と東京に直線を引いてみた。黒い線が石垣島までの線であるが、これを基準にすると福岡までの青色い線は約半分、東京までの赤い線は3分の2ぐらいだろうか。線の長さを単純に時間に換算すると、福岡は5分、東京は7分ぐらいだろうか。北朝鮮が日本を奇襲攻撃する理由は現状ではほとんどないが、予告もせず7分で東京に飛来するミサイル(弾頭)を本当に打ち落とせるのかと心配になってしまう。

    20160208googlemap23423.jpg
    Source: google mapを筆者加工。

    「光明星-4号」、NORAD_CAT_ID、よく分からないが認識されているような? (2016年2月8日 「space-track.org」)

    北朝鮮が打ち上げた「光明星-4」について、「専門家」のコメントなどをメディアが伝えているが、NORADも「飛翔体」に番号を付けたようだ。調査不足で、それが何を意味するのかは全く分からないが、Space-Track.orgというページで見ると、下記のような数字が出てくる。

    1 41333U 16009B 16038.94279175 -.00000089 00000-0 00000+0 0 9999
    2 41333 97.5371 87.3471 0050400 332.8023 189.9418 15.32872019 130

    41333というのが「飛翔体」に付けられたナンバーで、97.5371というのが傾斜角らしいが、よく分からない。北朝鮮が発表した傾斜角は「97.4度」なので、近いことは近い。

    Space-track.org, https://www.space-track.org

    41332であるが、KMS-4(光明星-4号)の現在位置を下記でトラッキングできる。理論上の位置と思われる。

    N2YO.com, http://www.n2yo.com/?s=41332

    総務省、北朝鮮の「光明星-4」の電波確認できていない。
    hazarad.lab, 「北朝鮮の“人工衛星”「電波の受信確認できず」総務省」、http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/2/12558.html

    「朝鮮中央TV」:オープニング、『金日成将軍の歌』、『金正日将軍の歌』に続け「モランボン楽団」の『燃える願い(불타는 소원)』 (2016年2月9日 「朝鮮中央TV」)

    8日、「旧正月名節」なので、日本時間の8時30分から「朝鮮中央TV」が放送をしている。2015年は9時(当時、日朝では同じ時間帯)からの放送開始なので、北朝鮮時間で行くと1時間早く放送開始していることになる。やはり、「光明星-4号」スペシャルなのであろう。2015年2月8日の放送開始に流された曲はまだ確認していないが、今年は「首領様」、「将軍様」の歌に続けて、「元帥様」称賛ソングの一つ『燃える願い』を流している。
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR