FC2ブログ

    パソコン急死、復旧は面倒 (2023年9月27日)

    26日朝、いつものようにパソコンのスイッチを入れ、「朝鮮中央通信」の記事を確認しようとしたのだが、電源が一瞬入るだけで切れてしまうトラブルが発生した。10年以上、パーツを交換・追加しながら使ってきたパソコンなので、いつ壊れても不思議ではないが、今までこうした経験はなかった。電源ユニットの不良だと思い、別のパソコンから外した電源ユニットをつないでみたが症状は同じ。その後、メモリを外したり、BIOSをクリアしたりしたが、結局、回復しなかった。CPU以外の全てのパーツを外しても症状は変わらないので、CPUかマザーボードの不良だと思う。見た目は大丈夫そうだが、マザーの電解コンデンサの容量抜けだと思っている。古い受信機やラジオなら交換して修理する気になるが、マザーボードでは・・・

    SSDは生きているようなので、データはコピーできると思うが、面倒なことになった。同じマザーボード(あるいは同系のCPU)を買って、再構築してみるという手もあるのだが、WIN11以降問題も2年後には出てくるので、新しく作り直すことにした。WIN10は、使っていたディスクをそもまま別のマザーボードにつなげて使え、認証も簡単にできるというので安心していたら、なんと旧PCで使っていたSSDはBOOTディスクとして認識されないというトラブルに遭遇した。理由はよく分からないが、SSD自体は生きているようなので、UEFIブートが問題になっているような気がしている。

    結局、クリーンインストールをすることにしたのだが、インストール先のSSDが届くのを待っている。

    ブログのようにオンラインで対処できるものは、今使っているノートPCでも大丈夫なのだが、SSDに入れたファイルやプログラムを使うものは、復旧に手間がかかる。

    「米中海戦20XX年:悪魔のシナリオ」:北朝鮮の秘密兵器が炸裂 (2023年9月16日)

    加入していながらほとんどビデオを見るのには使わないAmazonプライムであるが、何となく思い出して無料で見られるビデオを眺めていた。「北朝鮮」云々の文字が説明に並んでいるビデオがあったので何となく見た。

    ストーリーの設定自体からかなり無理があるのだが、米帝侵略軍に侵攻されてもこれといった反撃もできず、黙って負ける北朝鮮かと思って腹立たしく思って見ていたら・・・


    「共和国創建75周年」は「大韓民国」で、「長白山」とハルラ山は征服、「白頭山」が最後の課題 (2023年9月13日)

    「共和国創建75周年」は「大韓民国」で「慶祝」することになった。

    「共和国創建75周年」の翌日はハルラ山に登った。あいにく頂上には雲がかかっており見えなかったが、登山にはちょうど良い天気だった。

    これで「長白山」とハルラ山は征服したことになるのだが、「白頭山」は征服できていない。ハルラ山の頂上下で「白頭からハルラまで」を歌おうと思ったが、これは白頭山の頂上を征服した時にとっておくことにした。

    PXL_20230910_041233144.jpg

    「朝鮮中央TV」は少し見ていたが、まだ閲兵式すら見ることが出来ていない。

    「チョットマッテクダサイ」:ゴールデン・ハーフの名曲、突然聞きたくなって・・・ (2023年8月14日)

    ゴールデン・ハーフの「チョットマッテクダサイ」が突然聞きたくなった。理由は分からないが、夢の中でこの歌が出てきて、それでYouTubeで聞いていたのだが、それでは満足できず、メルカリでレコードを買った。ハード・オフで探すという手もあったのだが、時間と手間を考えると、メルカリでの購入は正解だったと思う。

    ちょうど60年代製造の米国製扇風機を買った。AMAZONでアイリスの扇風機を買ってもよかったのだが、これもメルカリで調べていたら、一応「可動」するものがアイリスよりも少し高い値段で出ていたので買ってみた。扇風機はモーターが焼けていればアウトで飾りにするしかないが、「可動」と書かれていたようにモーターは回った。

    この扇風機は鉄製でナットとネジを外せば分解できるし、とてもシンプルな構造だった。可動部分をグリスアップし、スイッチ周りの危険そうな部分を少し直した。一番悩んだのは首振りを止める機構が動かなかったことだ。これまで使って来た扇風機は、ノブを引き出すと首回りが止まり、ノブを押し込むと首が回りだすものばかりだった。しかし、この扇風機は、ノブに左右に回すような指示が書かれている。しかし、回らない。

    YouTubeというのは素晴らしいもので、この扇風機の動画があった。見るとやはりノブを左右に回すことで首振りの制御をしている。


    Source: SmartSped1984, YouTube

    ノブは固着していたが、怪しいところにCRCをふきかけておいたので、しばらく時間が経って染みこんだようだ。それでも手では全く動かず、プライヤーで壊れない程度にガタガタ動かしていたら、カチッと外れて、首振り制御のノブが回るようになった。上のYouTube動画がなかったら、壊すのが心配でプライヤーは使わなかったと思う。

    ということで、想定外にも扇風機の風がハワイの風のような音になった。

    この歌、「Never leave me ください」という部分が一番良い。「please」を「ください」としているのであろうが、何とも風情がある。なので、朝鮮語訳字幕もその「風情」を生かして付けておいた。



    14日に「朝鮮中央通信」などで報じられた「元帥様」の「革命活動」は、22時過ぎの最後の報道でやっと静止画が使われた。ということで、この報道は明日にでもアップロードしようと思う。

    <追記>
    書き忘れたが、この曲は「青峰楽団」が歌ったら絶対に良いと思う。「モランボン」同様、「青峰」も解散してしまったのだろうけど。

    YouTube 出鱈目なブロック多発 (2023年8月5日)

    YouTubeで出鱈目なブロックが発生して困っている。

    7月13日に「朝鮮中央TV」で放送された「火星砲-18型」発射に関する報道はベトナムの放送局にブロックされ、今度は戦勝70周年慶祝閲兵式が南朝鮮のKBSにブロックされた。

    以前は、収益化不可程度だったので、そもそも収益は目的としていないので放置しておくケースが多かったが、最近はブロックをして視聴者が動画を見られないようにしてくる。

    恐らく、YouTubeが自動的に検出して、当事者が知らないところで勝手にブロックするような仕様に変更したのであろう。閲兵式は放送数日後にYouTubeにアップロードしたが、「火星砲-18型」については、初回放送後1時間そこそこの掲載で、世界で一番早く「字幕付き」でYouTubeにアップロードしているはずだ。それをニュースの1シーンに使った放送局が著作権を主張してブロックしてくるなど出鱈目もいいとこだ。

    朝鮮中央放送局が傀儡のベトナムの放送局や(北朝鮮の)傀儡の(南朝鮮)KBSを使ってブロックをかけているなら話は別だが・・・
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR