FC2ブログ

    「朝鮮民主主義人民共和国外務省、チョ・チョルス交際機構局長談話」:ロシアのウクライナ併合を支持、米国を非難 (2022年10月4日 「朝鮮中央通信」)

    5日、「朝鮮中央通信」などに以下。

    *************
    朝鮮民主主義人民共和国外務省、チョ・チョルス国際機構局長談話
    조선민주주의인민공화국 외무성 조철수 국제기구국장 담화

    9月30日、国連安全保障理事会では米国が提出した反ロシア決議案に対する氷結が行われ、決議案はロシアの正当な拒否権行使で否決された。
    9월 30일 유엔안전보장리사회에서는 미국이 제출한 반로씨야결의안에 대한 표결이 진행되였으며 결의안은 로씨야의 정당한 거부권행사로 부결되였다.

    9月23日から27日までドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国、ヘルソン州とザポリージャ州で行われた国民投票は、人民の平等と自決権の減速を規定した国連憲章に合わせ、そして現地住民の意思が十分に反映できるよう合法的な方法と手続きで行われ、絶対多数の有権者がロシアとの統合を支持した。
    지난 9월 23일부터 27일까지 도네쯔크인민공화국과 루간스크인민공화국,헤르쏜주와 자뽀로쥐예주에서 진행된 국민투표는 인민들의 평등과 자결권의 원칙을 규제한 유엔헌장에 부합되게 그리고 현지주민들의 의사가 충분히 반영될수 있도록 합법적인 방법과 절차대로 진행되였으며 절대다수의 유권자들이 로씨야와의 통합을 지지해나섰다.

    我々はロシアへの統合を指向したドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国、ヘルソン州とザポロージャ州住民の意思を尊重し、上記地域を自己の構成に受け入れることに対するロシア政府の立場を支持する。
    우리는 로씨야에로의 통합을 지향한 도네쯔크인민공화국과 루간스크인민공화국,헤르쏜주와 자뽀로쥐예주주민들의 의사를 존중하며 상기지역들을 자기 구성에 받아들일데 대한 로씨야정부의 립장을 지지한다.

    覇権的な「一極世界」維持のために国連安全保障理事会を盗用し、自主的な国々の内政に干渉し、彼らの合法的な権利を侵奪するのは米国の常套的な手段であり、世界はそうした米国の不法無道な行為を20世紀に続き、21世紀にも数多く目撃している。
    패권적인 《일극세계》유지를 위해 유엔안전보장리사회를 도용하여 자주적인 나라들의 내정에 간섭하고 그들의 합법적인 권리를 침탈하는것은 미국의 상투적인 수법이며 세계는 이러한 미국의 불법무도한 행위를 20세기에 이어 21세기에도 수많이 목격하고있다.

    米国が、旧ユーゴスラビアとアフガニスタン、イラクをはじめとした主権国家に反対する侵略戦争を引き起こしたが、一度として国連安全保障理事会で問題視されたことはなかった。
    미국이 이전 유고슬라비아와 아프가니스탄,이라크를 비롯한 주권국가들을 반대하는 침략전쟁을 일으켰지만 언제한번 유엔안전보장리사회에서 문제시된적은 없었다.

    米国が自分の覇権維持のために国連安全保障理事会を盾、侵略手段として盗用した時代は終末を迎えている。
    미국이 자기의 패권유지를 위해 유엔안전보장리사회를 방패막이,침략수단으로 도용하던 시대는 종말을 고하고있다.

    米国の強権と専横、不公正で二重基準的な行動は、いかなる場合にも容認されない。
    미국의 강권과 전횡,불공정하고 이중기준적인 행태는 그 어떤 경우에도 용납될수 없다.

    国連安全保障理事会が国連憲章の目的と原則に反する非論理的で強盗的な二重基準を使って、主権国家の自主的権利と根本利益を侵害しようとするなら、それによりもたらされる結果に対して全的に責任を取ることになる。
    유엔안전보장리사회가 유엔헌장의 목적과 원칙에 배치되게 비론리적이고 강도적인 이중자대를 들이대면서 주권국가의 자주적권리와 근본리익을 침해하려든다면 그로부터 초래되는 후과에 대하여 전적으로 책임지게 될것이다.


    主体111(2022)年10月4日
    주체111(2022)년 10월 4일
    平壌
    평 양(끝)
    www.kcna.kp (주체111.10.4.)

    プーチン、「4州」併合演説:主体 (2022年9月30日)

    30日、プーチンの「4州」併合演説を聞いていた。朝鮮語と英語なら原語で聞いていられるが、ロシア語は全く分からないので日本語通訳を付いていたTBSのネット番組を見ていた。

    プーチンの演説は、「4州」併合の経緯についてよりも米国(と追従勢力)非難に多くの時間が割かれていた。米国は自国の価値観が最も優越しており、それを世界に押し付けようとしており、従わない国には「悪」のレッテルを貼って制裁を課している、と。

    ロシアはそうした米国の価値観に従うことなく、独自の道を進むと強調していた。

    「首領様」の「主体」の光がプーチンの頭上にも射し込んだようだ。

    「朝露政府間の飛行安全性を高めることに関する協定を締結」:単なる友好関係の演出目的なのか、朝露間の航空便を再開する予定があるのか (2022年8月19日 「朝鮮外務省」)

    19日、「朝鮮外務省」HPに以下。

    *****************
    朝露政府間の飛行安全性を高めることに関する協定を締結
    조로 정부사이의 비행안전성제고에 관한 협정 체결

    2022.8.19.

    朝鮮民主主義人民共和国政府とロシア連邦の政府間の飛行安全性を高めることに関する協定が17日、モスクワで締結された。
    조선민주주의인민공화국 정부와 로씨야련방 정부사이의 비행안전성제고에 관한 협정이 17일 모스크바에서 체결되였다.

    我々の側からシン・ホンチョルロシア連邦駐在我が国特命全権大使が、相手側からイコリ・チャリク、ロシア連邦交通省副相が協定文に署名した。
    우리측에서 신홍철 로씨야련방주재 우리 나라 특명전권대사가, 상대측에서 이고리 챨리크 로씨야련방 교통성 부상이 협정문에 수표하였다.(끝)
    ******************************

    なぜこのタイミングで「飛行安全性を高めることに関する協定」を締結したのだろうか。現時点では朝露間の空路は閉鎖されているはずで、「飛行安全性を高め」たところで、実質的な影響はない。単にロシアとの友好関係を演出するための「締結」だったのか、朝露間の航空便再開を前提としたもののなか。確かに、中国が厳しい防疫措置を取っている状況では、北京-平壌、瀋陽-平壌などの航空便を使った訪朝は現実的ではない。ロシアの場合、現状では入国後の隔離は必要ないようなので、それを活用することを考えているのだろうか。そもそも、北朝鮮が外国人観光客を受け入れるつもりがあるのかどうかすらよく分からないのだが。

    「金正恩同志にドネツク人民共和国首班が祝電を送ってきた」:ドネツクも「朝鮮人民のように」「歴史的正義を取り戻すために闘争」と (2022年8月17日 「朝鮮中央通信」)

    17日、「朝鮮中央通信」に以下。

    ***************
    敬愛する金正恩同志にドネツク人民共和国首班が祝電を送ってきた
    경애하는 김정은동지께 도네쯔크인민공화국 수반이 축전을 보내여왔다

    (평양 8월 17일발 조선중앙통신)

    朝鮮民主主義人民共和国国務委員長であられる敬愛する金正恩同志にドネツク人民共和国首班、ジェニス・プシルリンが15日、祝電を送ってきた。
    조선민주주의인민공화국 국무위원장이신 경애하는 김정은동지께 도네쯔크인민공화국 수반 제니스 뿌쉴린이 15일 축전을 보내여왔다.

    祝電の全文は次のとおりである。
    축전의 전문은 다음과 같다.

    尊敬する金正恩閣下。
    존경하는 김정은각하,

    私は、朝鮮解放の日に際して、あなたにドネツク人民共和国人民と私自身の名で、心から祝賀を送ります。
    나는 조선해방의 날에 즈음하여 당신에게 도네쯔크인민공화국인민들과 나자신의 이름으로 진심으로 되는 축하를 보냅니다.

    過去、朝鮮人民の歴史は、試練で溢れており、自由のための道には難関もたくさんありましたが、朝鮮人民はそれを勇敢に、そして堂々と勝ち抜きました。
    지난날 조선인민의 력사는 시련으로 가득차고 자유를 위한 길에는 난관도 많았지만 조선인민은 그것을 용감하게 그리고 당당하게 이겨냈습니다.

    今日、ドネツク地域の人民も77年前の朝鮮人民のように自由を願い、歴史的正義を取り戻すために闘争しています。
    오늘 돈바쓰지역 인민들도 77년전 조선인민처럼 자유를 위하여,력사적정의를 되찾기 위하여 투쟁하고있습니다.

    朝鮮人民の強さと勇敢さ、威力は歴史に刻まれており、他の多くの国において鏡となっています。
    조선인민의 강의성과 용감성,위력은 력사에 아로새겨졌으며 다른 수많은 나라들에 있어서 귀감으로 되고있습니다.

    私は、ドネツク人民共和国と朝鮮民主主義人民共和国間に両国人民の利益に合う互恵的な双務協力が形成されると確信しています。
    나는 도네쯔크인민공화국과 조선민주주의인민공화국사이에 두 나라 인민들의 리익에 부합되는 호혜적인 쌍무협조가 이루어지리라고 확신합니다.

    尊敬する金正恩閣下、
    존경하는 김정은각하,

    私はあなたが健康で、幸福であることと、良いことだけがあることを宿願します。
    나는 당신이 건강하고 행복할것과 좋은 일들만이 있기를 축원합니다.

    そして、全ての朝鮮人民に福利と新たな労力的成果、繁栄があることを願っています。
    그리고 전체 조선인민에게 복리와 새로운 로력적성과,번영이 있기를 바랍니다.

    敬意を示します。
    경의를 표합니다.(끝)
    www.kcna.kp (주체111.8.17.)

    「主権国家の正当な選択」 (2022年7月26日 「朝鮮外務省」)

    26日、「朝鮮外務省」HPに以下。

    *************
    主権国家の正当な選択
    주권국가의 정당한 선택

    2022.7.26.

    既に報道されたように、13日、朝鮮民主主義人民共和国はドネツク人民共和国とルハンスク人民共和国の独立を承認する決定をし、自主、平和、親善の理念に従いこれらの国と国家関係を発展させていく意思を表明した。
    이미 보도된바와 같이 지난 13일 조선민주주의인민공화국은 도네쯔크인민공화국과 루간스크인민공화국의 독립을 인정하기로 결정하였으며 자주, 평화, 친선의 리념에 따라 이 나라들과 국가관계를 발전시켜나갈 의사를 표명하였다.

    我が共和国がドンバス地域の共和国の独立を承認したという報道が発表されると、TASS、TVロシア24をはじめとしたロシアの多くのメディアがそれについて大書特筆し、政界と学界、社会界では我々の今回の措置を主権国家の自主的な決定として支持する声が高く響いてきた。
    우리 공화국이 돈바쓰지역공화국들의 독립을 인정하였다는 소식이 발표되자마자 따쓰, TV 로씨야24를 비롯한 로씨야의 많은 언론들이 이에 대해 대서특필하였으며 정계와 학계, 사회계에서는 우리의 이번 조치를 주권국가의 자주적인 결정으로 지지하는 목소리가 높이 울려나왔다.

    ロシア連邦共産党中央委員会委員長は、ドネツク人民共和国とルハンスク人民共和国の独立承認に関する朝鮮の決定を歓迎し、遠からず他の国々も朝鮮の模範を見本にするだろうと言明した。
    로씨야련방공산당 중앙위원회 위원장은 도네쯔크인민공화국과 루간스크인민공화국의 독립인정에 관한 조선의 결정을 환영하며 머지 않아 다른 나라들도 조선의 모범을 본받을것이라고 언명하였다.

    連邦評議会国際問題委員会第1副委員長をはじめとした国会の高位人物たちは、朝鮮が取った措置はロシアにおいて大きな鼓舞となるとしながら、困難跡期に真の友人を知ることができるように、ドンバス地域の共和国の主権を認めた朝鮮こそ、ロシアの真の友人だと称賛した。
    련방평의회 국제문제위원회 제1부위원장을 비롯한 국회의 고위인물들은 조선이 취한 조치는 로씨야에 있어서 커다란 고무로 된다고 하면서 어려울 때 진정한 벗을 알수 있는것처럼 돈바쓰지역공화국들의 주권을 인정한 조선이야말로 로씨야의 진정한 친구라고 찬양하였다.

    ロシアの各界人士も「朝鮮は自己の自主権をどのように守らなければならないのかを示してくれた見本国だ」、「世界のまた一つの地政学的中心である朝鮮の今回の措置は、米国の覇権主義に対する答え」などの評価を出しながら、我々の今回の措置を主権的な対外政策を実施している主権国家の正々堂々たる選択になることについて著しく強調した。
    로씨야의 각계인사들도 《조선은 자기의 자주권을 어떻게 지켜야 하는가를 보여준 본보기나라》, 《세계의 또다른 지정학적중심인 조선의 이번 조치는 미국의 패권주의에 대한 대답》 등의 평가들을 내놓으면서 우리의 이번 조치를 자주적인 대외정책을 실시하는 주권국가의 정정당당한 선택으로 된다는데 대해 두드러지게 강조하였다.

    特に、駐朝ロシア大使は、朝鮮は、親ナチ政府に反対するドンバス地域人民の闘争を正義のものとし、キエフ政権はウクライナ人民の血の対価としてロシアを圧迫しながら、彼らの地政学的問題を解決するワシントンのかかしとみなし、それでドンバス地域の共和国の独立を承認したと言明した。
    특히 주조 로씨야대사는 조선은 신나치스정부를 반대하는 돈바쓰지역인민들의 투쟁을 정의로운것으로, 끼예브정권은 우크라이나인민들의 피의 대가로 로씨야를 압박하면서 저들의 지정학적문제를 해결하는 워싱톤의 꼭두각시로 간주하고있으며 이로부터 돈바쓰지역공화국들의 독립을 인정하였다고 언명하였다.

    これは、我が共和国の反帝自主的な対外政策の正当性と生活力に対する支持と賛嘆の声が日々高まっていることを実証した。
    이것은 우리 공화국의 반제자주적인 대외정책의 정당성과 생활력에 대한 지지와 찬탄의 목소리가 날로 높아가고있는것을 실증해준다.

    我々は今後も共和国の自主権を尊重する世界の全ての国との親善関係を強化し、真の国際的正義を実現するために積極的に努力しする。
    우리는 앞으로도 공화국의 자주권을 존중하는 세계 모든 나라들과의 친선관계를 강화하고 진정한 국제적정의를 실현하기 위해 적극 노력해나갈것이다.(끝)
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR