FC2ブログ

    「児童放送時間」:バイオリン独奏「ありがたい私たちの太陽」:ソヌ・ヒャンヒを思い出した (2020年9月13日 「朝鮮中央TV」)

    13日、「朝鮮中央TV」の「児童放送時間」枠で放送されたアンサン幼稚園の子供による演奏。奏者の名前を出すことが多いのだが、この番組では出ていない。

    この子のおすまし顔を見ていたら、ソヌ・ヒャンヒを思い出した。この子も名バイオリン奏者に成長するのだろう。


    Source: KCTV, 2020/09/13

    「社会文化常識:モロコシ麺」:料理番組も進化、「親人民」的に (2020年9月13日 「朝鮮中央TV」)

    13日、「朝鮮中央TV」の「社会文化常識」シリーズとして「モロコシ麺」の作り方を紹介する料理番組が放送された。料理番組はしばしば放送されているが、久しぶりに落ち着いてみたら進化していた。いつ制作された番組なのかは分からないが、新型コロナ前には目にすることがなかったアクリルガードを使用しているので、恐らくは新型コロナ後に制作された番組であろう。

    これまでの料理番組では、講師が調理法を紹介するか、映像だけで調理法を紹介するスタイルだった(その間の見落としがなければ)。しかし、この番組ではアシスタントと調理した一緒に料理をする手法を使っている。また、アシスタントが実際に調理をしてみたり、調理に関する質問をしたりしている。

    画面上での食材の提示、最後に調理法のポイントの提示など、「親人民」的な工夫も施されている。「親人民」的放送は、気象予報のみならず、色々なところで進行しているようだ。


    Source: KCTV, 2020/09/13

    北朝鮮 「白系の色や明るい色が流行」:会議に参加する幹部の服、元帥様の帽子 (2020年9月10日 「朝鮮中央TV」)

    10日、「朝鮮中央TV」の『20時報道』を見ていたら、最近朝鮮で白系や明るい色の服が流行っているという報道があった。このところ、労働党の会議を見ていると、「元帥様」のみならず、参加者も白いシャツを着ていることが多くなった。また、台風被災地を視察した「元帥様」は、淡いカーキ色の人民帽をかぶっていた。そんなこともあり、この報道を聞いてなるほどと思った。

    ファッションが流行する理由は色々あるのだろうが、日本でも「誰それが着ていたから」ということが理由で流行することもある。朝鮮の場合はどうなのだろう。以前、北朝鮮のファッション関係の雑誌について拙ブログで取り上げたが、そういう雑誌が発信源になっているのだろうか。

    李雪主同志が、このところ全く登場しなくなってしまったが、同同志などは朝鮮女性達にとってファッションをコピーしたいモデルとなるのだろう。「元帥様」というと、「最高尊厳」との関連もあり分からないが、淡い色の人民帽がこれから流行るかどうかで分かりそうだ。


    Source: KCTV, 2020/09/10

    おもしろい朝鮮語の用法:幼児の言葉か? (2020年9月5日 「朝鮮中央TV」)

    5日は、「首領様」が「社会主義教育に関するテーゼ」を発表してから43周年になる日だ。それと関連して、「朝鮮中央TV」では、普段あまり聞くことがない教育に関する歌がたくさん流されている。歌については、後でまとめて字幕を付けてYouTubeにアップロードしようと思う。

    「20時報道」では、各教育機関の教材開発などについて紹介されているが、その一つにピョンソン市ユンドク幼稚園があった。この幼稚園では「教育の質改善」のために成長記録簿を作っており、子供達の「個性的特徴を落とさぬように観察している」とのことである。

    それは良いのだが、この成長記録簿のタイトルがおもしろい。朝鮮語でそのまま書くと「크는 나」で、成長記録簿ということを前提に日本語に訳すと「大きくなる私(僕)」という感じであろう。

    何が興味深いのかというと、成長記録簿のタイトルに敢えて文法的に誤った朝鮮語を使っている点である。「크다」=「大きい」は、日本語同様「形容詞」であり、uriminzokkiriの「朝鮮語大辞典」で確認するも、「動詞」はなかった。若干細かい話になるが「는」という部分は、動詞現在の連体形を作るための語尾であり、文法的には形容詞である「크다」には付けられない。正しい用法であれば「큰 나」となるが、意味は「大きな私(僕)」となってしまい、成長記録簿には相応しくない。

    もし、「大きくなる私(僕)」を文法的に正しい朝鮮語で表現するのであれば、形容詞「크다」に動詞「가다(行く)」を連用形で繋げて、「커가다」となるはずだ。「가다」の代わり形容詞に繋げて「~くなる」という動詞を作る「지다」と連用形接続をして「커지다」とすることも可能だが、「成長していく」という語感からすると「커가다」の方が相応しい。

    いずれにせよ、「크는 나」という朝鮮語は文法的には明らかに間違っている。それをこともあろうに幼稚園の成長記録簿のタイトルにするとはと思ってしまうが、もしかすると幼児が使う幼児語として「成長する」という意味で「크다」が動詞のように使われているのかも知れない。だとすれば、幼児が日常的に使っている言葉で成長記録簿を作ってやった方が子供達にフレンドリーだという判断もあり得る。

    と、「크는 아바이」(成長するオッサン)の戯言だ。

    20200905 kokanu023948029
    Source: KCTV, 2020/09/05

    <追記>
    コメントを頂きuriminzokkiriの朝鮮語大辞典を見直したところ・・・

    ********
    II(動詞として使われ)育つ。
    例句:背がぐんぐん~。木がはやく~。


    (동사로 쓰이여) 자라다.
    례구: 키가 부쩍부쩍 ~. 나무가 빨리 ~.
    ************

    「動詞として使われ」というところが肝で、「動詞ではない」が動詞のようになのだろう。

    朝鮮語が深いことを知った크는 아바이であった。

    「青年節慶祝野外公演『青春よ、支えよう我々の党を』開催」:野外ではあるがコロナ後初の音楽公演、「出演者」とあり楽団名なし、密のようだが、<追記>29日のテレビ放送はなく報道のみ (2020年8月29日 「労働新聞」)

    29日、『労働新聞』などに以下。恐らく「朝鮮中央TV」で公演の様子は放送されるので、久しぶりに公演の歌を聞くことができそうだ。記事には「出演者」とだけ書かれており、特定の楽団名はない。新型コロナとの関係もあるからか、野外での公演。写真を見る限りでは密になっているようだが。


    청년절경축 야외공연 《청춘들아 받들자 우리 당을》 진행
    untitled-1.jpg
    Source: 『労働新聞』、2020/08/29

    <追記>
    残念ながら、29日にはこの公演は放送されなかった。30日も「番組順序」には含まれていないが、夜、「朝鮮芸術映画」が1本入っているので、これが差し替えられてこの公演の「録画実況」放送となる可能性に期待しよう。

    「20時報道」

    Source: KCTV, 2020/08/29
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR