FC2ブログ

    鉄道ミサイル報道まだなし:『20時報道』で報道中 (2021年9月16日 「朝鮮中央TV」)

    16日、「朝鮮中央TV」の『17時報道』で、巡航ミサイルのように『労働新聞』の写真だけの報道があるかと思ったが、報道はなかった。今、「今日の主要新聞から」を報道しているが、同発射は『労働新聞』1面に大きく出ている。扱いからすると、『20時報道』で動画付きの報道があるかもしれない。

    <追記>
    『20時報道』で動画付き報道中。

    「朴ジョンチョン秘書、鉄道機動ミサイル連隊の検閲射撃訓練指導」:「元帥様」以外が「指導」、初めての鉄道からのミサイル発射、日本のEEZ内を意図的に「標的」としたのか、「内燃機関車」、「元帥様」は「党秘書」に権限を一部委譲か、『20時報道』で動画発射シーン、鉄道発射北朝鮮では合理的とミサイル学者 (2021年9月16日 「労働新聞」)

    久しぶりにかなり派手なミサイル発射映像を公開した。貨車に格納されたミサイル2発が次々と発射されている。ただ、電動車両が走る線路なので、ミサイルを発射するために電線が上向きに移動されているように見える。もちろん、実戦の際には、電気を切断した上で、電線を切って発射することになるのであろう。

    オランダ国防大のミサイル学者と鉄道発射型のミサイルについてメールで情報交換をしたが、北朝鮮のように舗装路が少ない一方で日帝の残滓の線路が網の目のように張り巡らされている国では、鉄道からのミサイル発射は、ミサイルに与える振動を最小限にしながら運搬できるなど、極めて合理的であると評していた。かつてのソ連や米国でも鉄道発射型ミサイルを準備したり、配備したりした実績があるそうだ。

    今後は、さらに大型の鉄道ミサイル発射車両登場するのかも知れない。


    Source: KCTV, 2021/09/16

    16日、『労働新聞』などが15日に発射したミサイルについて報道。

    「元帥様」はまたもや「指導」しておらず。朴ジョンチョン「秘書」が指導と報道のタイトルに出している。13日の巡航ミサイル報道では、朴ジョンチョンはタイトルに出ず、しかも「指導」ではなく、「参観」だった。軍事部門の活動で「元帥様」以外が「指導」をするのは極めて異例だし、朴ジョンチョンを主語にしたタイトルも極めて異例。経済部門の活動では、「金ドクフン内閣総理、人民経済各部門の事業を現地確認」はあった。朴ジョンチョン、「常務委員」就任後、軍事部門における実態としての格を急上昇させているのか。

    さらに、「鉄道機動ミサイル」の発射は、金正恩時代では初めて。今回も「朝鮮中央TV」の報道は、巡航ミサイルの時と同じように『労働新聞』の写真を使っただけのシンプルなものになるのかも知れないが、こればかりは初めてとなるので、動画で詳細を報道して欲しい。

    20210916_page_1_image_0003.jpg
    Source: 『労働新聞』、2021/09/16

    記事訳出は追って。

    <追記>
    「鉄道機動連隊」が初めてなのは当然で、「党第8回大会」の決定を受けて「組織した」としている。今回の訓練は「不意」に行われたもので、その手順などを確認したとある。そして、今後は「旅団」規模へ拡大していくともしている。

    参観者の中に、「軍需工業部幹部」もいるので、「常務委員会候補委員」となったユ・ジンなども「参観」していた可能性がある。彼らは「参観」、朴ジョンチョンは「指導」とある。

    さらに、これ程重大で、初めて行われる「検閲訓練」にもかかわらず、「元帥様」の「直接の指導」がなく、巡航ミサイル発射の時とは異なり、「党中央」に報告したという記述すらない。形式的には「元帥様」はこの訓練には全く係わっていないことになるのだが、このような重要な訓練に「元帥様」の関与がないのも極めて異例である。朴ジョンチョンの軍事部門における権威を高めるためなのか、軍事部門の権限の一定部分を「秘書」に委譲したのかは今のところ分からないが、チョ・ヨンウォン「組織秘書」が「労農赤衛軍」の「閲兵報告」を「元帥様」にしたことなどから、「秘書」を前面に出すことで「党の軍隊」カラーをより鮮明にする目的があるのかもしれない。

    ミサイルは、「800km飛行」とあるだけで、高度や飛行パターンなどの諸元については明らかにされていない。「正確に打撃」としているので、それが事実であるならば、「標的」は意図的に日本のEEZ内に設定されたということになる。これまでの短距離ミサイル発射でも、残骸が日本のEEZ内に落下することはあったが、「標的」をEEZ内に設定した上で「正確に打撃」しているのも今回が初めてのことだと思う。

    昨日だったか、自民党総裁選で候補者がことごとく中国をネタに使っていると中国外交部が非難したという報道があったが、北朝鮮もSFのような電磁パルス兵器での敵基地攻撃を言い出す候補や、突然、ブルーリボン・バッジを着用し出す候補がいたり、相手に会う気もないのに米国に追従しながら「元帥様」と「無条件会う」と気勢を上げる候補がいて、完全に総裁選挙のネタに使われている。誰も彼も、出来もしない元気の良いことばかり言いながら、北朝鮮を国内政治のネタに使っており、誰が総裁になっても、実効性がある拉致被害者問題解決への取り組みなど出来ないのだろうと、今から予想される。本気で解決するつもりがあるのなら、どのみち国会も開いていないのだから、派閥の領袖に媚びを売っていないで、横田さんが拉致された現場に足を運ぶぐらいしたら良いと思う。

    と、話がそれたが、北朝鮮もそんなことは十分に意識しているはずで、日本のEEZ内に敢えて「標的」を設置した可能性はある。

    鉄道移動など、電気を止められたら終わりだと直ぐに思ったが、そこはさすがにパンタグラフがない「内燃機関車」を使っていることが公開された写真から分かる。しかし、実戦運用するためには、ミサイルもそうだが、運搬手段としての性能が良い「内燃機関車」を開発する必要もあろう。

    ***********************
    朴ジョンチョン秘書、鉄道機動ミサイル連隊の検閲射撃訓練指導
    박정천비서 철도기동미싸일련대의 검열사격훈련 지도

    朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員であり、党中央委員会秘書である朴ジョンチョン同志が、鉄道機動ミサイル連隊の検閲射撃訓練を指導した。
    조선로동당 중앙위원회 정치국 상무위원회 위원이며 당중앙위원회 비서인 박정천동지가 철도기동미싸일련대의 검열사격훈련을 지도하였다.

    朝鮮労働党中央委員会政治局指導部と軍需工業部幹部、朝鮮人民軍総参謀部と国防科学研究部門の指導幹部が鉄道機動ミサイル連隊の検閲射撃訓練を参観した。
    조선로동당 중앙위원회 군정지도부와 군수공업부 일군들, 조선인민군 총참모부와 국방과학연구부문의 지도간부들이 철도기동미싸일련대의 검열사격훈련을 참관하였다.

    党第8回大会は、新たな国防戦略樹立の一環として、必要な軍事作戦状況の時、脅威となる勢力に対する同時多発的な集中打撃能力を高め、脅威により積極的に対処できる対応能力を強力に向上させるために、鉄道機動ミサイル連隊を組織した。
    당 제8차대회는 새로운 국방전략수립의 일환으로 필요한 군사작전상황시 위협세력에 대한 동시다발적인 집중타격능력을 높이며 각종 위협들에 보다 적극적으로 대처할수 있는 대응능력을 강력히 향상시키기 위하여 철도기동미싸일련대를 조직하였다.

    検閲射撃訓練は、初めて実戦導入された鉄道機動ミサイルシステムの実用性を確証し、新たに組織された連隊の戦闘準備態勢と火力任務遂行能力を不意に評価し、実戦行動順序に熟達させる目的の下で行われた。
    검열사격훈련은 처음으로 실전도입된 철도기동미싸일체계의 실용성을 확증하고 새로 조직된 련대의 전투준비태세와 화력임무수행능력을 불의적으로 평가하며 실전행동절차를 숙달할 목적밑에 진행되였다.

    鉄道機動ミサイル連隊は、9月15日早朝、中部山岳地帯へと機動し、800km地点の標的機地域を打撃することに関する任務を受け、訓練に参加した。
    철도기동미싸일련대는 9월 15일 새벽 중부산악지대로 기동하여 800km계선의 표적지역을 타격할데 대한 임무를 받고 훈련에 참가하였다.

    鉄道機動ミサイル連隊は、鉄道機動ミサイルシステム運営規範と行動順序に従い、迅速機動及び展開を終え、受けた訓練任務に従い、800km水域に設定された標的を正確に打撃した。
    철도기동미싸일련대는 철도기동미싸일체계운영규범과 행동순차에 따라 신속기동 및 전개를 끝내고 받은 화력임무에 따라 조선동해상 800km 수역에 설정된 표적을 정확히 타격하였다.

    朴ジョンチョン同志は、鉄道機動ミサイル連隊の検閲射撃訓練が党の軍事戦略、戦術的構想と企図に合うよう、成功裡に行われたことについて評価した。
    박정천동지는 철도기동미싸일련대의 검열사격훈련이 우리 당의 군사전략전술적구상과 기도에 맞게 성과적으로 진행된데 대하여 평가하였다.

    朴ジョンチョン同志は、鉄道機動ミサイルシステムは、全国各地における分散的な火力任務遂行により、脅威となる勢力に甚大な打撃を与えられる効果的な対応打撃手段になるとしながら、軍隊と当該部門では、我が国の地形条件と実情に合うよう、このシステムを正しく利用するための戦法方案を不断に完成させていくことについて強調した。
    박정천동지는 철도기동미싸일체계는 전국각지에서 분산적인 화력임무수행으로 동시다발적으로 위협세력에게 심대한 타격을 가할수 있는 효과적인 대응타격수단으로 된다고 하면서 군대와 해당 부문에서는 우리 나라의 지형조건과 실정에 맞게 이 체계를 옳게 리용하기 위한 전법방안들을 부단히 완성해나갈데 대하여 강조하였다.

    彼は今後、早い期間内に鉄道機動ミサイル連隊の実戦運営経験を積み、鉄道機動ミサイル旅団へと拡大改編することに関する問題も具体的に協議した。
    그는 앞으로 빠른 기간안에 철도기동미싸일련대의 실전운영경험을 쌓고 철도기동미싸일려단으로 확대개편할데 대한 문제도 구체적으로 협의하였다.

    朴ジョンチョン同志は、我が党第8回大会が提示した軍隊現代化路線と方針に従い、鉄道機動ミサイルシステムを実戦導入したことは、国の戦争抑止力強化において非常に大きな意義を持つと高く評価した。
    박정천동지는 우리 당 제8차대회가 제시한 군대현대화로선과 방침에 따라 철도기동미싸일체계를 실전도입한것은 나라의 전쟁억제력강화에서 매우 커다란 의의를 가진다고 높이 평가하였다.

    【조선중앙통신】
    **********************

    北朝鮮、日本海に向けて飛翔体発射、弾道ミサイル2発と韓国合同参謀本部 (2021年9月15日 「聯合ニュースTV」)

    韓国の合同参謀本部が発表。詳細はまだ。

    短距離ミサイルではないだろうか。

    <追記>
    弾道ミサイル2発と合同参謀本部が発表。

    「17時報道」で巡航ミサイル報道:ナレーションと『労働新聞』の写真のみ (2021年9月13日 「朝鮮中央TV」)

    放送中。

    「国防科学院、新たに開発した長距離巡航ミサイル試験発射を行った」:8の字型に7580秒飛行して1500km先の目標に命中、「元帥様」は視察せず朴ジョンチョンらが「参観」、新型エンジンで高速化、複数の誘導システムで敵の妨害を回避、弾道ミサイル発射前にイージス艦を撃破 (2021年9月13日 「朝鮮中央通信」)


    Source: KCTV, 2021/09/13

    13日、「朝鮮中央通信」などが、「「国防科学院、新たに開発した長距離巡航ミサイル試験発射を行った」と報じた。

    8の字型飛行軌道で、7580秒間飛行、飛行距離は1500km先にある目標に命中したとしている。「元帥様」は「現地指導」せず。朴ジョンチョンらが観覧。

    巡航型であるので、長距離でも安保理決議に対する直接的な違反はない。また、11日と12日、2回以上発射されているにもかかわらず、米韓軍当局は発射を把握できなかった模様。「7580秒」とあるので、2時間6分飛行したことになる。「8の字」飛行なので、北朝鮮領海を8の字型に飛行したのであろう。

    20210913_page_2_image_0003.jpg
    Source: 『労働新聞』、2021/09/13

    記事の詳細は追って。
    ***************************
    国防科学院、新たに開発した長距離巡航ミサイル試験発射を行った
    국방과학원 새로 개발한 장거리순항미싸일시험발사 진행

    (平壌9月13日発 朝鮮中央通信)
    (평양 9월 13일발 조선중앙통신)

    朝鮮民主主義人民共和国国防科学院は、9月11日と12日、新たに開発した新型長距離巡航ミサイル試験発射を成功裡に行った。
    조선민주주의인민공화국 국방과학원은 9월 11일과 12일 새로 개발한 신형장거리순항미싸일시험발사를 성공적으로 진행하였다.

    朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員であり、党中央委員会秘書である朴ジョンチョン同志が、党中央委員会副部長である金ジョンシク同志、チョン・イルホ同志と共に試験発射を参観した。
    조선로동당 중앙위원회 정치국 상무위원회 위원이며 당중앙위원회 비서인 박정천동지가 당중앙위원회 부부장들인 김정식동지,전일호동지와 함께 시험발사를 참관하였다.

    国防科学部門の指導幹部と科学者が試験発射に参加した。
    국방과학부문의 지도간부들과 과학자들이 시험발사에 참가하였다.

    党第8回大会が提示した国防科学発展及び兵器システム開発5カ年計画の重点目標達成に大きな意味を持つ戦略兵器である長距離巡航ミサイル開発事業は、過去2年間、科学的であり、信頼の置ける兵器システム開発工程に従って推進されてきており、この過程で細部的な部分試験と数十回のエンジンの地上噴出試験、様々な飛行試験、操縦誘導試験、戦闘部の威力試験などを成功裡に終えた。
    당 제8차대회가 제시한 국방과학발전 및 무기체계개발 5개년계획 중점목표달성에서 커다란 의의를 가지는 전략무기인 장거리순항미싸일개발사업은 지난 2년간 과학적이며 믿음직한 무기체계개발공정에 따라 추진되여왔으며 이 과정에 세부적인 부분시험들과 수십차례의 발동기지상분출시험,각이한 비행시험,조종유도시험,전투부위력시험 등을 성과적으로 마쳤다.

    党中央の特別な関心の中で、中核的な事業として頑強に推進されてきた兵器システムの開発は、我が国の安全をさらに固く保障し、敵対的な勢力共の反共和国軍事的蠢動を強力に制圧するまた一つの効果的な抑止手段を保有するという戦略的意味を持つ。
    당중앙의 특별한 관심속에 중핵적인 사업으로 완강히 추진되여온 이 무기체계의 개발은 우리 국가의 안전을 더욱 억척같이 보장하고 적대적인 세력들의 반공화국군사적준동을 강력하게 제압하는 또 하나의 효과적인 억제수단을 보유한다는 전략적의의를 가진다.

    試験発射は、成功裡に行われた。
    시험발사는 성공적으로 진행되였다.

    発射された長距離巡航ミサイルは、我が国の領土と領海上空に設定された楕円及び8の字型飛行軌道に従い、7580秒を飛行し、1500km地点の標的に命中した。
    발사된 장거리순항미싸일들은 우리 국가의 령토와 령해상공에 설정된 타원 및 8자형비행궤도를 따라 7,580초를 비행하여 1,500㎞계선의 표적을 명중하였다.

    試験発射を通して、新たに開発したタービン扇風機式発動機の推進力をはじめとした技術的指標とミサイルの飛行操縦性、複合誘導結合方式による末期誘導命中正確性が設計上の要求を全て満足させた。
    시험발사를 통하여 새로 개발한 타빈송풍식발동기의 추진력을 비롯한 기술적지표들과 미싸일의 비행조종성,복합유도결합방식에 의한 말기유도명중정확성이 설계상요구들을 모두 만족시켰다.

    総評として、兵器システム運用の効果と実用性が優秀だと確証された。
    총평 무기체계운용의 효과성과 실용성이 우수하게 확증되였다.

    朴ジョンチョン同志は、党中央委員会の委任により、長距離巡航ミサイルの成功裡な開発を達成した国防科学者と軍需労働階級に熱烈な祝賀と感謝を伝えた。
    박정천동지는 당중앙위원회의 위임에 따라 장거리순항미싸일의 성공적인 개발을 이루어낸 국방과학자들과 군수로동계급에게 열렬한 축하와 감사를 전하였다.

    朴ジョンチョン同志は、今日の成果は、我が党の国防科学技術重視政策がもたらした輝かしい結果であり、党第8回大会の決定貫徹のために立ち上がった国防部門で達成した画期的な成果であるとしながら、我が国の国防科学技術と軍需工業の無尽蔵な能力に着いてのまた一つの一大誇示になると述べた。
    박정천동지는 오늘의 이 성과는 우리 당의 국방과학기술중시정책이 안아온 빛나는 결과이며 당 제8차대회 결정관철을 위해 떨쳐나선 국방부문에서 이룩한 획기적인 성과이라고 하면서 우리 나라의 국방과학기술과 군수공업의 무진장한 능력에 대한 또 하나의 일대 과시로 된다고 말하였다.

    彼は、国防科学部門で、国の防衛力、戦争抑止力を強化するための事業にさらに邁進、奮闘し、我が党第8回大会が提示した相応で全面的な戦争抑止力目標達成で継続する成果を戦い取っていかなければならないと強調した。
    그는 국방과학부문에서 나라의 방위력,전쟁억제력을 강화하기 위한 사업에 더욱 매진분투하여 우리 당 제8차대회가 제시한 웅대하고 전망적인 전쟁억제력목표달성에서 계속되는 성과들을 쟁취해나가야 한다고 강조하였다.(끝)
    *****************

    弾道ミサイルではなく、巡航ミサイル、しかし短距離ではなく長距離を北朝鮮領海内で飛行させ、「元帥様」は自ら「現地指導」することなく、朴ジョンチョンを通じて「祝賀と感謝」を伝えるという、微妙なミサイル発射となった。米国を過度に刺激せず、一定のインパクトを与えるという戦略であろう。

    巡航ミサイルの飛行高度については明らかにされていないが、2時間以上、しかも複数回発射されたミサイルを韓米軍が発表できなかった、つまり発射を探知できていなかったというところもポイントとなる。11日と12日とあるが、深夜0時を前後しての発射だとすると、そんなに時間をおかずの発射ということになる。写真を見る限り、夜間の発射である可能性は高い。

    7580秒と飛行距離を公開しているのは、ミサイルの飛行速度の誇示であろう。ざっと計算してみただけなので間違っているかも知れないが、このミサイルは毎秒198m飛行し、マッハにするとマッハ0.6ということになる。巡航ミサイルの飛行速度として、これが速いのかどうかはもう少し調べてみないと分からないが、「新たに開発したタービン扇風機式発動機」、「朝鮮中央通信」の英訳を見ると「turbine-blast engine」と書かれており、この用語で検索してみると、このタイプのエンジンは「高速化」のために使われているということが分かる。

    さらに、「複合誘導結合方式」、「朝鮮中央通信」の英訳で「combined guided mode」という言葉も使われており、複数の誘導システムを同時に使用することで命中精度を高めるだけではなく、敵の妨害によりいずれかのシステムに障害が発生しても、別の誘導システムにより正確な飛行を続けられるような設計になっているのであろう。

    1500kmという飛行距離について確認しておくと、平壌から東京まで余裕で直線飛行できる距離である。それだけではなく、迎撃を免れるために複雑の飛行パターンをしても、余裕がある。韓国について言えば、中朝露国境付近から発射しても、韓国全土は余裕で射程距離に入る。

    20210913 pyon tokyo kyoiu goadgakhjd gag
    Source: Google Earth

    では、グアム島はどうかというとさすがに飛行距離の遙か彼方にある。そもそも、3000kmも飛行する巡航ミサイルがあるのかすら分からない。
    20210913 drk guam w45ewgffdffdd
    Source: Google Earth

    また、海上を航行する敵艦船を攻撃する目的で使われると、下のような海域が射程に入り、射程という意味からは、北朝鮮に向けて航行している敵艦船を海上で撃破できるということになる。北朝鮮が弾道ミサイルを発射する前に、敵の迎撃を避けるためにこのミサイルで日本海などにいるミサイル迎撃用のイージス艦を撃沈しておくという使い方も可能になろう。
    20210913 hankei 750 jlkdh f89utg huiafdjkg
    Source: Google Earth

    こうしたことからすると、「国家核武力を完成」させた北朝鮮は、これ以上、長距離ミサイルや核爆弾を作る必要はなく、今、必要になっているのは「国家核武力」を有効に運用するためのこうした兵器であり、まさに「大きな意味を持つ戦略兵器」ということになる。

    公開された写真は上の2枚だけであるが、「朝鮮中央TV」報道があれば、さらなる写真が出てくる可能性はある。ただ、「元帥様」が「指導」していないので、どの程度の報道になるのかは、見てみないと分からない。いずれにせよ、『労働新聞』でも国内向けに報じられているので、何らかの形での報道はあるはずだ。

    以前の軍事パレードに類似した車両が出てきたか、追って探してみる。このパイプ型のサイロを搭載したトラックはたくさん見たのだが・・・

    <追記>
    2021年1月15日に「朝鮮中央TV」で放送された「朝鮮労働党第8回大会記念閲兵式」の映像を見ていたら、類似した車両が登場していた。

    20210913 kakono parade 09238 093wthjdaskgad hgfdajghq
    Source: KCTV, 2021/01/15

    サイロの数、前輪の並び方などは、今回の発射に使われた車両と同じように見えるが、搭載されているミサイルの弾頭部分の形状や色は異なっているように見える。

    2020年10月の閲兵式にもこの車両は出ているが、やはり搭載されているミサイルは異なる。
    20210913 maeno o8243ut ohdgkja hgkj
    Source: KCTV, YouTube, 2020/10/10

    <追記2>
    韓国のミサイルを少し調べてみたところ、韓国が2010年に量産体制に入った「玄武-3C」と射距離や速度は近いようだ。同ミサイルのペイロードは450kg、CEPは2mとされている。

    CSIS Missile Threat, Hyunmoo-3, https://missilethreat.csis.org/missile/hyunmoo-3-abc/
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR