FC2ブログ

    「2022、サッカー・ワールドカップ、コスタリカ対日本」放送中 (2022年11月28日 「朝鮮中央TV」)

    28日、「朝鮮中央TV」でワールドカップ、コスタリカ対日本を放送している。全てを確認してはいないが、日本が出場した試合は初めてかも知れない。

    <追記>
    2件のコメントを頂き、26日夜に日独戦を放送していたとのことだ。韓国統一部のデータを見ると、15時44分からの放送のようだ。ソウルからの帰国の日だったので、全く見ることができていない。

    金剛山歌劇団2022年巡回公演「あの青い空」 (2022年11月27日)

    26日夜遅く、韓国から帰国した。韓国入国は事実上、普通と変わりなかった。到着便が重なったことで、インチョン空港の入管が多少込んでいた程度であろうか。Qコードなるものは、できるならばスマホアプリで先にやっておいた方が良い。やらなくても、空港で黄色い紙に必要事項を記入すれば良い。

    それよりも重要なことは、日本入国に際して検疫関連のQRこーどを取得しておくことである。日本入国は「コロナワクチン接種アプリ」での接種記録提示ができれば良いとばかり思っていたが、このQRコードがないと案外面倒なことになる。時間にして少なくとも30分ぐらいは無駄になるので登録しておくべきである。

    話がそれたが、そんな火の翌日、群馬県高崎市で開催された金剛山歌劇団の公演を観覧しに行った。ほぼ一年前、西東京公演を見たのだが、その時は右翼団体の街宣車は1台もおらず、警官の姿も見られなかった。ところが、27日の公演では右翼団体の街宣車が出ており、会場付近には多数の警官が配備されていた。

    公演は15時半から始まり、1時間半ほど続いた。今回はチャリティー公演ということになっており、事前問い合わせの際には、チケットは会場で「受け取り」、寄付金はチャリティーボックスへという形式だった。「1000円以上」という設定だったからか、チャリティーボックスには1000円札がいっぱいはいっていたが、オッサンは見栄を張って同行者の分と合わせて5000千円札を入れた。万札でなくはなかったが、それなりに目立っていた。

    今回の公演のタイトルは「あの空に」で、オープニングは「私の国の青い空」だった。この曲はもちろん「朝鮮中央TV」でもおなじみのきょくなのだが、総連バージョンの別の曲だとさほど期待していなかった。ところが、なんと「あの」「私の国の青い空」で、オープニングからかなり私の中では盛り上がった。2曲目は、「思郷歌」、偉大な「首領様」が肉声で歌った曲であるが、「首領様」の肉声よりも、ステージで演じられた「チョンセナブ」と「ソヘグム」の演奏は素晴らしかった。「ソヘグム」4重奏とピアノの伴奏は素晴らしくかった。ベースとしてカヤグムのような音が入っていたが、カヤグムだったのかデジタル音源だったのかはよく分からない。「思郷歌」は適当な歌で終わるのかと思ったが、この演奏は素晴らしかった。「ソヘグム」の音色があれほどまできれいに聞こえたことは「朝鮮中央TV」の演奏でもなかった。感動的な演奏だった。

    次に素晴らしかったのは、「ブランコに乗る乙女」なる「女声独唱」だった。これ、まずプログラムの作詞と作曲が「チェ・ロサ、金・ジュンド」となっているように朝鮮の楽曲で、歌手の金ユジュンが最高だった。何が最高かというと、声が「朝鮮の声」だからだ。「金剛山歌劇団」は頑張って「朝鮮」に近づこうとしているが、この人ほど朝鮮の声で歌う歌手は日本で聞いたことがない。声が朝鮮だけではなく、歌声も美しい。朝鮮民謡を見事に歌い上げた感じで感動した。この曲はシングルCDになれば絶対買うべきだ。

    その後、西東京公演の時のように「我々の学校」系の歌があった。これらの歌は、歌詞からして泣かしてくれる。今回の公演も朝鮮学校へのチャリティー公演だったので、こうした歌を聞きながら「1000円以上」の貢献をしたのは悪くなかったと感じた。

    フィナーレ前に「渡り鳥に願いを込めて」という「群舞」があった。これは非常にきれいな群舞で、祖国が「日帝」あるいは「米帝」によって踏みにじられて「鳥」は弱り果てたが、「太陽」が射し込んで復活したという感じのストーリーになっている。もちろん、革命精神を持つ者以外は説明がないので分からないが、鳥が死んで生き返るところで「民族の太陽」らしきライティングがあれば、そういう設定だということがわかる。

    帰路に「朝鮮飯店」に行ったが、これまで思っていたのとは異なり、普通の焼き肉屋だった。「朝鮮飯店」というネーミングで普通の焼き肉屋をやっている、日本でも少ない店舗であろう。高崎公演にもかかわらず、パンフレットへのコントリビューションがないので不思議だと思ったのだが、朝鮮とは実体として無関係な店のようだ。一般的な焼き肉屋で、肉は美味しく、ビールも安かった。「朝鮮」を求めなければお勧めなことは間違いない。

    ソウルから高崎へと「激動」の1週間だったが、久しぶりに楽しかった。

    ソウルで「脱北者食堂」に行ったが、それはいずれかまた。

    「総連、金剛山歌劇団2022年巡回公演開催」 (2022年11月20日 「朝鮮中央通信」)

    20日、「朝鮮中央通信」に以下。

    ****************
    総連の金剛山歌劇団2022年巡回公演開催
    총련 금강산가극단 2022년 순회공연 진행

    (평양 11월 20일발 조선중앙통신)

    権威ある海外民族芸術団体、総連と在日同胞の誇りとして名を轟かせている金剛山歌劇団が、2022年を歴史的進軍の年として輝かせるための巡回公演活動を展開している。
    권위있는 해외민족예술단체로,총련과 재일동포들의 자랑으로 이름떨치고있는 금강산가극단이 2022년을 력사적진군의 해로 빛내이기 위한 순회공연활동을 전개하고있다.

    巡回公演は、我が祖国の強勇な気性、祖国人民の不屈の闘争精神を在日同胞の胸の中に深く植え付け、同胞社会に祖国愛、民族愛の熱風が吹きまくるようにした。
    순회공연은 우리 조국의 강용한 기상,조국인민의 백절불굴의 투쟁정신을 재일동포들의 가슴속에 깊이 심어주어 동포사회에 조국애,민족애의 열풍이 휘몰아치게 하였다.

    巡回公演「あの空に」の初幕を9月11日、岐阜県で開けた。
    순회공연 《저 하늘에》의 첫막을 9월 11일 기후현에서 올렸다.

    女声独唱と舞踊「私の国の青い空」で始まった公演舞台では、ジャンセナップ(木管楽器)とソヘグム(弦楽器)重奏、不屈の古典的名作「思郷歌」、女性2重唱「雲に乗って行きましょうか」、群舞「あの空を飛ぶ渡り鳥」、民俗舞踊「能楽舞」などの演目が演じられた。
    녀성독창과 무용 《내 나라의 푸른 하늘》로 시작된 공연무대에는 장새납과 소해금중주 불후의 고전적명작 《사향가》,남성2중창 《구름타고 갈가요》,군무 《저 하늘을 나는 철새》,민속무용 《농악무》 등의 종목들이 올랐다.

    民族教育を愛する同胞の心を反映し、我々の学校に通っている学生達の笑いが溢れる姿を込めた画面と共に、舞台で演じられた女性重唱「我々の学校は、我々の故郷だ」は、観覧者の感動を呼び起こした。
    민족교육을 사랑하는 동포들의 마음을 반영하여 우리 학교에 다니는 학생들의 웃음 가득찬 모습을 담은 화면과 함께 무대에 오른 녀성중창 《우리 학교는 우리 고향이다》는 관람자들의 감동을 자아냈다.

    公演は、同胞社会を我々の歌、我々のリズム、我々の踊りで盛り上げ、民族愛、祖国愛で煮えたぎらせた。
    공연들은 동포사회를 우리 노래,우리 장단,우리 춤으로 흥성이고 민족애,조국애로 끓어넘치게 하였다.

    一方、金剛山歌劇団は、9月29日、日朝文化交流協会結成50周年を記念し、特別講演「追憶」を行った。
    한편 금강산가극단은 9월 29일 일조문화교류협회 결성 50돐을 기념하여 특별공연 《추억》을 진행하였다.

    総連中央委員会副委員長と局長、関東地方総連本部委員長、中央団体、事業体の責任幹部、各地の幹部と同胞、そして日本の各界人士、連帯性団体が公演を観覧した。
    총련중앙상임위원회 부의장들과 국장들,간또지방 총련본부 위원장들,중앙단체,사업체 책임일군들,각지 일군들과 동포들 그리고 일본의 각계인사들,련대성단체 책임자들이 공연을 관람하였다.

    金剛山歌劇団は、大流行伝染病拡散により、公演活動に大きな隘路と難関が醸成され、我が共和国と総連に対する日本反動共の敵対視政策などが極度に達している中でも愛族愛国の公演の道を歩み続けている。
    금강산가극단은 대류행전염병확산으로 공연활동에 많은 애로와 난관이 조성되고 우리 공화국과 총련에 대한 일본반동들의 적대시책동이 극도에 달하고있는 속에서도 애족애국의 공연길을 이어가고있다.(끝)
    www.kcna.kp (주체111.11.20.)
    *******************************

    20221120 kumugan 333
    Source: 金剛山歌劇団HP、https://www.kongozan-ot.com/

    「大阪ディナーショー」に行きたいが、身内のみなのかチケット情報がない。高崎公演を観覧後、高崎の「朝鮮飯店」で焼肉を食べるという手もあるが・・・

    「日本反動共の反共和国、反総連策動は高い対価を支払うことになる」:10月4日の「新型中長距離ミサイル」は警告、ターゲットには日本も含まれる、在日朝鮮人に対する迫害・弾圧は「共和国への挑戦」 (2022年11月16日 「朝鮮中央通信」)

    16日、「朝鮮中央通信」に以下。

    ******************
    日本反動共の反共和国、反総連策動は高い対価を支払うことになる
    일본반동들의 반공화국,반총련책동은 비싼 대가를 치르게 될것이다
    조선중앙통신사 론평

    (평양 11월 16일발 조선중앙통신)

    日本反動共が反共和国、反総連敵対視策動がさらに悪辣になった。
    일본반동들이 반공화국,반총련적대시책동에 더욱 악랄하게 매여달리고있다.

    今月初め、我が国が正常的な武器開発計画にしたがい行った弾道ミサイルの試験発射を事実と異なるようにミスリードしながら、様々な地域でJアラートを稼働させると共に、大々的なメディア報道を通して軍事的緊張感と反共和国世論を流布させている。
    이달초에 우리 공화국이 정상적인 무기개발계획에 따라 진행한 탄도미싸일의 시험발사를 사실과 다르게 오도하면서 여러 지역에 전국순시경보체계를 가동시키는것과 동시에 대대적인 언론보도를 통하여 군사적긴장감과 반공화국여론을 류포시키고있다.

    日本反動共の対朝鮮敵対野望は米国と南朝鮮の対朝鮮核先制攻撃演習をはじめとした危険千万な軍事的策動に全面加担し、先頭に立って奔走していることを通してさらに明々白々になっている。
    일본반동들의 대조선적대야망은 미국과 남조선의 대조선핵선제공격연습을 비롯한 위험천만한 군사적책동들에 전면가담하여 앞장서 날뛰고있는것을 통하여 더욱 명명백백해지고있다.

    日本は去る2月と3月、米国・日本・南朝鮮外交長官会議と合同参謀議長会議で朝鮮半島周辺で米国・日本・南朝鮮郷小津軍事演習を行うことを積極的に提案し、それにより去る9月30日、朝鮮東海の独島近隣水域で我々の潜水艦に対する探知と攻撃を目的として行った連合反潜水艦訓練に「自衛隊」のイージス駆逐艦「あさひ」号を参加させた。
    일본은 지난 2월과 3월 미국일본남조선외교장관회의와 합참의장회의에서 조선반도주변에서 미국일본남조선합동군사연습을 벌릴것을 적극 제안하였으며 그에 따라 지난 9월 30일 조선동해 독도린근수역에서 우리 잠수함에 대한 탐지와 공격을 목적으로 감행된 련합반잠수함전훈련에 해상《자위대》의 이지스구축함 《아사히》호를 참가시켰다.

    少し前、日本の港へ入った米国の核航空母艦打撃集団が朝鮮東海に再進入し、米国・日本・南朝鮮海上連合機動訓練に狂奔したのも、首相、岸田がボスに頼み込んで実現したものだと最近、明らかになった。
    얼마전 일본의 항구로 돌아가던 미국의 핵항공모함타격집단이 조선동해에 재진입하여 미국일본남조선해상련합기동훈련에 광분한것도 수상 기시다가 상전에게 입김을 불어넣어 실현된것이라는것이 최근 밝혀졌다.

    去る10月6日にも岸田は南朝鮮当局者に電話をかけ、米国と日本、南朝鮮の反共和国軍事協力強化を要求して出た。
    지난 10월 6일에도 기시다는 남조선당국자에게 전화를 걸어 미국과 일본,남조선의 반공화국군사협조강화를 요구해나섰다.

    これだけではない。
    이뿐이 아니다.

    日本反動共は、我が国を直接的な目標として行った米国と南朝鮮の大規模連合空中訓練である「ビジラント・ストーム」に列島の一部を出撃基地として提供することで、対朝鮮侵略策動で必ずや一役買おうという彼らの下心を再び満天下にさらした。
    일본반동들은 우리 국가를 직접적인 목표로 삼고 감행된 미국과 남조선의 대규모련합공중훈련인 《비질런트 스톰》에 렬도의 한 부분을 출격기지로 제공함으로써 대조선침략책동에 기어이 한몫 끼우려는 저들의 속심을 다시금 만천하에 드러내놓았다.

    こうした日本が我々の正常な軍事活動を「脅威」と『挑発」だと取り上げ、反共和国旋風を巻き起こしていることこそ、破廉恥の極致に他ならない。
    이런 일본이 우리의 정상적인 군사활동을 감히 《위협》과 《도발》로 걸고들며 반공화국선풍을 일으키는것이야말로 파렴치의 극치가 아닐수 없다.

    過去の犯罪を正直に認め、我々人民に謝罪と賠償をする代わりに、我々民族の神聖な領土である独島と全朝鮮半島に対する侵奪企図を少しも隠していない。
    과거범죄를 솔직히 인정하고 우리 인민에게 사죄와 배상을 할 대신 우리 민족의 신성한 령토인 독도와 전조선반도에 대한 침탈기도를 조금도 숨기지 않고있다.

    さらに、日本反動共は総連と幼い朝鮮学校の学生達にまで威嚇、恐喝の魔手を深く伸ばしている。
    더우기 일본반동들은 총련과 나어린 조선학교 학생들에게까지 위협,공갈의 마수를 깊숙이 뻗치고있다.

    最近、右翼のチンピラ共を煽り、総連機関と在日朝鮮人に対する卑劣な悪行を繰り返している中、我々の学校と学生に脅迫と暴行、暴言を吐く事件だけでも12件になる。
    최근 우익깡패들을 부추겨 총련기관들과 재일조선인들에 대한 비렬한 악행을 거듭하고있는 가운데 우리 학교와 학생들에게 협박과 폭행,폭언을 감행한 사건만도 12건이나 된다.

    特に、群馬県のある鉄道駅内では「在日朝鮮人を殺せば金をやる」という内容の悪辣極まりない落書きが発見され、県の朝鮮初中級学校には「日本から朝鮮人を絶滅させる会群馬県支部長」名で民族排他主義的内容の奇怪な文書まで飛び込んできた。
    특히 군마현의 한 철도역구내에서는 《재일조선인을 죽이면 돈을 준다.》는 내용의 악랄하기 그지없는 락서가 발견되고 현의 조선초중급학교로는 《일본에서 조선인을 절멸시키는 회 군마현지부장》의 이름으로 된 민족배타주의적내용의 괴이한 문서까지 날아들었다.

    過ぎた世紀の関東大震災の時を彷彿させている今回の荒涼たる日本の殺風景は、明白に我が共和国と総連を抹殺しようという当局者の計画的な策動により醸成されたものなので、我々に対するまた一度の重大な政治的挑発、何を持っても正当化できない低劣で汚い反人倫的妄動、政治チンピラ行為である。
    지난 세기 간또대지진때를 방불케 하는 오늘의 스산한 일본의 살풍경은 명백히 우리 공화국과 총련을 말살하려는 당국자들의 계획적인 책동에 의해 조성된것으로서 우리에 대한 또 한차례의 엄중한 정치적도발,그 무엇으로써도 정당화될수 없는 너절하고 더러운 반인륜적망동,정치깡패행위이다.

    日本反動共が反共和国、反総連策動に狂乱的に奔走している目的は他でもない。
    일본반동들이 반공화국,반총련책동에 광란적으로 매달리는 목적은 다른데 있지 않다.

    日本人民の中に我が共和国と総連に対する極度の敵対感、恐怖心を植え付けることで、彼らの対朝鮮侵略策動を正当化する一方、軍事大国化を完成するのに有利な状況を作ろうということである。
    일본인민들속에 우리 공화국과 총련에 대한 극도의 적대감,공포심을 불어넣음으로써 저들의 대조선침략책동을 정당화하는 한편 군사대국화를 다그치는데 유리한 형세를 마련하자는것이다.

    我々は既に去る10月4日にあった新型地上対地上中長距離弾道ミサイルの発射が、持続されている朝鮮半島の不安定な情勢に対処し、敵共に送る警告であることを厳粛に表明した。
    우리는 이미 지난 10월 4일에 있은 신형지상대지상중장거리탄도미싸일의 발사가 지속되고있는 조선반도의 불안정한 정세에 대처하여 적들에게 보내는 경고임을 엄숙히 천명하였다.

    この警告が実際的な結果に繋がるのか繋がらないのかは、全的に日本をはじめとした敵対勢力共の態度如何に懸かっている。
    이 경고가 실제적인 결과로 이어지는가 마는가 하는것은 전적으로 일본을 비롯한 적대세력들의 태도여하에 달려있다.

    在日朝鮮人は不敗の国力を持つ共和国の堂々たる海外公民である。
    우리 재일조선인들은 불패의 국력을 갖춘 공화국의 당당한 해외공민들이다.

    我々は総連と在日朝鮮人に対する迫害と弾圧を共和国の尊厳と自主権に対する挑戦と、蹂躙と見做す。
    우리는 총련과 재일조선인들에 대한 박해와 탄압을 곧 우리 공화국의 존엄과 자주권에 대한 도전으로,유린으로 간주한다.

    日本反動共の反共和国、反総連敵対視策動は高い対価を支払うことになる。
    일본반동들의 반공화국,반총련적대시책동은 비싼 대가를 치르게 될것이다.

    (끝)
    www.kcna.kp (주체111.11.16.)

    北朝鮮のミサイルが日本上空を通過するまでの時間、Jアラートは有効 (2022年11月4日)

    4日、政府がJアラートを発したことについて色々と言われているが、Jアラートの機能と限界からすれば、問題はない。それは、繰り返し書いているように、迎撃ミサイルであれ、ましてや「敵基地攻撃能力」であれ、北朝鮮のミサイル攻撃から日本を無傷で守る手段など存在しないからだ。つまり、Jアラートもその被害、とりわけ人的被害を減らす手段の1つであり、昨日の状況からすれば、日本上空を通過してもしなくても、発したのは適切だったと考える。昨夜あった北朝鮮のミサイル発射と関連して「オオカミ少年効果」と書いたが、Jアラートも発しすぎると「オオカミ少年効果」に至ってしまうので、その点についてはある程度慎重であるべきだが、発射後に考えている余裕など無いはずなので、一定の要件を満たせばほぼ自動的に発するように設定されているのは当然である。

    オランダ国防大のミサイル学者サベルスブルグ氏に10月4日に日本上空を通過した「新型」ミサイルの弾道軌道と時間の相関関係に関するグラフをお願いしておいたら、送られてきた。

    20221104 ralph 1004 mis trajectory
    Source: Ralph Savelsburg, Netherlands Defence Academy

    サベルスブルグ氏のグラフから得られる時間データを地図上に書き込んでみた。
    20221104 jalart missile to jpn F

    この時の事例からすると7時27分にJ-Alertが発せられてから約4分後に日本の上空を通過していることになる。J-Alertを7時27分に聞き、2分以内に北朝鮮の核ミサイル攻撃の被害を最小化する人はゼロではないはずなので、その点からは十分に意味はある。

    10月4日に発射された「新型」ミサイルは、4500km離れた海上に落下していることから分かるように、日本を目標とした軌道で発射されたミサイルではない。そこで、サベルスブルグ氏に日本を標的として発射されたミサイルについてもグラフを描いてもらった。

    下のグラフは北朝鮮の任意の地域から三沢基地を標的として発射された弾道ミサイルを想定している。ノドンミサイルが三沢基地を攻撃するための最適発射角で発射されたという想定である。
    nodong_misawa_trajectory.png
    Source: Ralph Savelsburg, Netherlands Defence Academy

    上記グラフから得られた時間データを地図に入れてみたの下の図である。
    20221104 misawa ab map FF

    北朝鮮の任意の場所から1200km先の三沢基地までの到達時間は10分以内となっている。10月4日に発射された「新型」ミサイルが日本上空を通過するよりも3分ほど時間がかかっているが、最適発射角で大気圏内を通過する時間が長いからなのか、ノドンという古いミサイルを使っているからなのかはサベルスブルグ氏の意見を聞いてみたいと思う。また、このミサイル攻撃に対して発されるJ-Alertが「新型」の時と同じであれば5分ぐらい後に発され、3分だけ退避時間は増えることになる。しかし、これも低発射角で発射された場合、水平線通過までの時間が長くかかり発令時間が遅くなる可能性がある(日本のミサイル監視システムについては無知なので仮定)。

    以上のことから、J-Alertは、一人でも二人でも人的被害を減らすには有効であることが分かる。しかし、上の仮想攻撃はノドンという古く配備数が多いと想定されるミサイルである点からすれば、今回北朝鮮がやっているように複数のミサリルを同時多発的に発射し、ミサイル監視能力を混乱させることも可能となる。さらに、変則軌道で飛行するミサイルも使われてば、その予測はますます難しくなる。

    「敵基地攻撃能力」を高める理由として「抑止力」が上げられているが、北朝鮮が日本「だけ」と戦争をする理由は全くない。朝鮮半島で米国も含めた戦争が勃発した際に日本に向けてミサイルを発射するわけで、その意味からすれば日本が「抑止力」を高めることが日本に向けて発射されるミサイルの数を減らすことには繋がらない。朝鮮半島で戦争が勃発し、北朝鮮が核ミサイルを韓国に向けて発射した時点で北朝鮮は滅亡する。絶対に口にしないが、「元帥様」そのことはよく分かっているはずである。だから、その際、日本の「抑止力」など計算しないし、「抑止」にもならない。もちろん平時の米・韓・日トータルでの「抑止力」を強化することには繋がるが(一方で北朝鮮による攻撃対象も増える)、「敵基地攻撃能力」を議論する際にはそれをきちんと分けて議論すべきである。
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR